ニュース
» 2019年03月05日 14時50分 公開

USB 4がついに船出 Thunderbolt 3ベースで最大40Gbpsを実現

IntelやHP、Appleなどで構成されるUSB推進団体「USB Promoter Group」が、3月4日に次世代USBアーキテクチャ「USB 4」の仕様を発表した。USBの帯域幅が現行のUSB 3.2の2倍になる他、細かい仕様は2019年半ばに公表される見込みだ。

[田中宏昌,ITmedia]

 3月4日(現地時間)、USB Promoter Groupが次世代USBアーキテクチャとなる「USB 4」規格の仕様を発表した。あわせて、IntelもThunderbolt 3プロトコル仕様をUSB Promoter Groupに提供したとのリリースを行っている。

 これにより、USB Promoter GroupはUSB 4の標準仕様としてThunderboltプロトコルを採用し、USB Promoter Groupの参加企業は無償でThunderbolt互換のチップを作れるようになった。

USB 4 USB 4ではUSB 3.2やUSB 2.0、Thunderbolt 3との互換性が維持される

 USB 4は現行のUSB 3.2の2倍となる帯域幅を備え、USB 3.2やUSB 2.0、Thunderbolt 3との互換性を維持するという。現状、50以上の企業がドラフト仕様のレビューに参加しており、2019年半ばに仕様を公表できる見込みとしている。

現時点で明らかになったUSB 4の特徴は下記の通りだ。

  • 既存のUSB Type-Cケーブルを使用した2レーン動作と40Gbps認証ケーブルを使用した最大40Gbpsの動作
  • データおよびディスプレイの複数プロトコルにより、バス上の総利用可能帯域を効率的に共有
  • USB 3.2、USB 2.0、Thunderbolt 3との後方互換性
USB 4 Intelは2017年にThunderboltのプロトコル仕様をロイヤリティフリー(ライセンス使用料無料)で公開すると発表していたが、それが実現した格好だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう