ニュース
» 2020年09月16日 11時01分 公開

日本HP、Core i9+RTX 2080 Tiの搭載にも対応した新ボディー採用ゲーミングデスクトップ(後日RTX 30も選択可)

日本HPは、新デザイン筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「OMEN 25L Desktop」「OMEN 30L Desktop」の発表を行った。

[ITmedia]

 日本HPは9月16日、新デザイン筐体を採用した“OMEN”シリーズのゲーミングデスクトップPC新モデルを発表、本日から順次販売を開始する。ボディーサイズの差異で「OMEN 25L Desktop」と「OMEN 30L Desktop」(以下、OMEN 25L/OMEN 30L)の2タイプを用意。同社直販「HP Directplus」販売価格はそれぞれ15万8000円〜、29万8000円〜だ(税別、以下同様)。

photophoto OMEN 25L Desktop 水冷構成(左)、OMEN 30L Desktop(右)

 ともに第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したゲーミングデスクトップPCで、本体幅165mmの新デザインボディーを採用(OMEN 25Lは奥行き370mm、OMEN 30Lは奥行き424mm)。LED発光ギミックも備えており、前面のロゴやボディー内部など各部の発光カスタマイズを行える(モデルにより発光ゾーンの数は異なる)。

photo フロントアクセスは天板側にある

 OMEN 25LはCore i7-10700FとGeForce GTX 1660 SUPER〜同 RTX 2070 SUPERを、OMEN 30LはCore i7-10700F/同 i9-10900KFとGeForce RTX 2080 SUPER/同 2080 Tiを搭載。またOMEN 30Lは最新のGeForce RTX 3080/同 3090への対応もうたわれている(同シリーズ搭載製品は11月中旬発売予定)。


 この他、ワイヤレス接続に対応したゲーミングキーボード「OMEN Spacer ワイヤレス TKL ゲーミングキーボード」、ゲーミングマウス「OMEN Vector ワイヤレスマウス」、ヘッドセット「OMEN Frequency ワイヤレスヘッドセット」の3製品も合わせて発表した。

 発売時期はOMEN Spacer ワイヤレス TKL ゲーミングキーボードが9月30日、他2製品が12月中旬の見込みだ。

photo
photophoto OMEN Spacer ワイヤレス TKL ゲーミングキーボード(上)、OMEN Vector ワイヤレスマウス(左下)、OMEN Frequency ワイヤレスヘッドセット(右下)

 3製品はいずれも2.4GHz接続に対応したワイヤレスモデルで、遅延を抑えた「Warp Wireless Technology」を採用しているのが特徴だ。

 OMEN Spacer ワイヤレス TKL ゲーミングキーボードはCHERRY MX“茶軸”キースイッチを用いたテンキーレス配列を採用。内蔵バッテリー駆動時間は最大75時間で、USB接続での有線利用にも対応している。直販価格は1万5800円。

 OMEN Vector ワイヤレスマウスは、最大解像度1万6000DPIの光学式センサーを搭載。バッテリー駆動時間は最大180時間で、30秒の充電で1時間駆動が可能なファストチャージ機能も利用できる。直販価格は9800円。

 OMEN Spacer ワイヤレス TKL ゲーミングキーボードは、最大30時間のバッテリー駆動が可能なワイヤレスヘッドセットで、C-Media Xear対応の7.1chサラウンドもサポートした。PCでの利用に加えPS 4/Xbox/Nintendo Switchとの接続も可能だ。直販価格は1万4800円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう