キーワードを探す
検索

「BYOD(Bring Your Own Device)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

テレワークにおいてモバイルセキュリティは喫緊の課題だ。しかし大企業向けの高機能な製品は中小企業にとって過剰である可能性がある。コストと運用負荷を抑えてシンプルかつ必要十分な「セキュリティの最適化」を図る方法とは。

()

コロナ禍の中、企業はテレワーク(リモートワーク)の導入と継続を求められ、それが長期化しています。既にテレワーク環境を整備した企業でも、セキュリティの強化や運用コストの面から定期的に見直すべきです。今回は、Windows/Windows Serverの標準機能、Microsoft Azureのサービスとして利用可能なリモートアクセス環境を簡単にまとめました。

()

社内、社外を問わず、全てのユーザーやデバイス、接続元の場所を「信頼できない」ものと捉え、アクセスの際に適宜正当性を検証して安全性を確保するゼロトラストセキュリティ。その仕組みを取り入れる企業が増えており、導入の第一歩として認証の強化がある。複雑な製品を導入することなく、柔軟に認証を強化するにはどうすればよいのだろうか。

()

県立学校におけるICT化を進めるべく、岐阜県教育委員会が慶應義塾大学SFC研究所、日本マイクロソフトと連携協定を締結した。岐阜県立学校では既に1人1台の学習用端末の配備が完了しているが、その利活用を通して児童/生徒の個別最適化された学習を実現すると同時に教員の業務負担の軽減も推進する。

()

情報処理推進機構は、「ニューノーマルにおけるテレワークとITサプライチェーンのセキュリティ実態調査」の最終報告を発表した。一部の企業では、新型コロナウイルス感染症対策としてやむを得ず認めたサービスを継続利用していた。

()

自然災害やサイバー攻撃への対策の鍵となるデータ保護だが、近年は運用負荷の増大、リモートワーク対応、復旧の遅延といった課題に悩まされるケースが増えている。これらを解消するためには、どんなバックアップ製品を選ぶべきか。

()

大企業がテレワークの整備を済ませた一方で、それ以外の企業は、支給の端末を用意できず、従業員の「BYOD」でテレワークを実施するところも少なくありません。セキュリティ対策が丸投げされる可能性がある今、私たち従業員は何から始めれば良いのでしょうか。

()

医療の現場が大きな負担と緊張にさらされる一方、患者のデータや治療情報といったセンシティブなデータは、残念ながら多くのサイバー攻撃者にとって格好の“的”でもあります。セキュリティのレベルは強化しなければならないけれど、とても人を割く余裕がない――。そんな現場でも今からできる対策を取り上げました。

()

連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2020年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つ製品ベスト5をピックアップする恒例の企画。あなたのベスト5は何ですか?

()

コロナ禍で働き方が大きく変わったことをきっかけに、セキュリティを見直す組織は少なくない。数千人規模のセキュリティをゼロトラストに刷新した古河電工だが、情シスも“想定外”だったというスピード導入が成功した背景には、現場と経営陣の納得を得る、同社ならではのやり方があった。

()

Qualcommが新たに発表した「Snapdragon 888」は、865から25〜35%程度の性能向上が図られている。従来の2チップソリューションから1チップソリューションへと変更されたことで、デバイス省電力や設計面で優位になった。12月2日(米国時間)に開催したイベントでは、カメラやゲームなど、具体的なシーンでユーザーがどんな恩恵を受けるかの説明に時間を割いた。

()

ノートPCでデスクワークをする際にキーボードやマウス、ディスプレイなどを一気につなぐのは意外と骨が折れる。外出先で画面を映し出すために、複数の変換アダプターを持ち歩くと、カバンの肥やしになってしまう。デル・テクノロジーズのドッキングステーションや変換アダプターなら、これらの問題を解決できる。特にお勧めする製品を紹介していこう。

()

テレワークが定着した中、オフィス外から重要なデータにアクセスする機会が増えている。サイバー攻撃や情報漏えいに対抗するには侵入を前提とした対策が必要であり、データの暗号化が有効だ。暗号化データを守るにはデータそのものではなく、暗号鍵の管理が重要であり、そのためにはハードウェアベースのソリューションが望ましいという。中堅中小企業が導入しやすいソリューションとはどのようなものだろうか。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る