キーワードを探す
検索

「警察」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

インターネット上の「闇バイト」の多くで、犯行グループがアプリ「Telegram」を使っていたことが分かった。メッセージのやり取りが一定時間で自動的に消える機能を悪用し、関与した証拠の隠蔽を図った疑いがあり、警察当局は警戒を強めている。

()

警視庁公安部が、2016年にJAXAなど国内約200の組織を狙ったサイバー攻撃に関わった疑いが強まったとして、中国籍の30代の男を書類送検する方針を固めた。、男は中国共産党員で、攻撃は中国人民解放軍のサイバー攻撃専門部隊「61419部隊」が主導した疑いがある。

()

フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さんがSNSで誹謗中傷を受けた後に死去した問題で、警視庁はTwitterで悪質な中傷を繰り返したとして、福井県に住む30代男を侮辱容疑で書類送検した。

()

ソフトバンクの5Gの移動通信システムをめぐり、楽天モバイルに転職した技術者の男が、大容量で高速通信が可能な5Gなどに関するソフトバンクの営業秘密を流出させたとして1月、警視庁に逮捕された。業界の技術競争激化の一端も浮き彫りになったが、転職時に情報を「手土産」として流出させる同種事件は後を絶たない

()

情報発信の顔として、タレントなどの著名人を起用する警察や自治体は多い。著名人側もイメージアップにつながると協力に積極的だ。SNSの普及とともに、YouTuberやVOCALOIDキャラを起用するなど、その戦略にも変化が現れているようだ。

()

 金塊約120キロを中国から密輸しようとしたとして、大阪府警が10月、関税法違反などの疑いで中国人5人を摘発した。金の密輸は近年、水際対策が強化される一方で、犯行グループの手口も巧妙化。さらに新型コロナウイルスの感染拡大で経済不安が広がる中、世界情勢の影響を受けにくい「現物資産」として金の価値は高まっており、警察当局や税関は警戒を強めている。(北野裕子)

()

ディープフェイク動画がインターネット上で増加し、世界中で懸念が高まっている。個人が被害に遭う可能性もあり、警察関係者も危機感を募らせる。SNS各社が対応策を打ち出している他、ディープフェイク動画を検知する研究も進んでいる。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る