ニュース
» 2009年11月09日 21時54分 UPDATE

仕事耕具:カシオが中国語対応のラベルライター、読めない文字は手書きで

カシオ計算機は、中国語のラベルを作成できるラベルライター「KL-T100」を発売する。業界初の手書き文字認識機能を備えて、読めない文字は手書きで入力できる。

[鷹木創,Business Media 誠]
st_kl01.jpg KL-T100

 カシオ計算機は、中国語のラベルを作成できるラベルライター「ネームランドBiZ(ビズ)KL-T100」を12月10日に発売する。同社によると、業界初の手書き文字認識機能を備えており、オープンプライスで実売価格は2万円前後。

 KL-T100は、英語と日本語のほかに中国語にも対応したラベルライター。中国語の発音が分かればキーボードからピンインを入力することでラベルを作成できるほか、発音が分からない場合は手書き入力で文字を探せる。また、手書きのイメージもそのまま印刷可能で、PCの書体を使用したラベルも作成できる。中国語辞書は熟語変換が約7万7000語、単漢字変換が約2万7000語、日本語辞書の熟語変換は約18万5000語、単漢字変換は約1万5000語となっている。

 「カード支払いOK」「フラッシュ撮影禁止」「禁煙席」「図書室」など、案内表示によく使われる言葉1086語を収録した3言語対応の単語集を搭載。観光や飲食、交通、料金、注意など12のシーン別に日本語の単語を選択することで、中国語や英語が入力できる機能も搭載した。言語の選択時に「全部」を選択すると、1枚のラベルに3言語の併記も可能だ。

 ハーフカット機能付きオートカッターを装備。3.5ミリ、6ミリ、9ミリ、12ミリ、18ミリ、24ミリの幅に対応したテープが利用できる。電源は付属のACアダプターか、単三形アルカリ乾電池(×8個)で動作。eneloopなどのニッケル水素充電池も使える。大きさは204×231×65.5ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは約890グラム(乾電池、テープ含まず)

 カシオ計算機ではこのほか、KL-T100から中国語入力機能を省いた日本語・英語入力モデル「KL-T50」も発売。こちらの実売価格は1万5000円前後の見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ