ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「辞書」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「辞書」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Python入門:
[Python入門]辞書
Pythonには「キーと値」の組を管理するためのデータ構造として「辞書」がある。その基本的な使い方とリストやタプルとの違いなどについて触れる。(2019/6/19)

「行けたら行きます」は「絶対に果たされない約束」の意 辞書にないコトバを収録した『妄想国語辞典』があるあるだらけ
映画「カメラを止めるな!」主演の濱津隆之さんの撮りおろしグラビアも収録しています。(2019/6/11)

ヴィンケルメッサー=分度器 無駄にカッコいいドイツ語を闇の言葉から自然現象まで収録した中二病的辞典が登場
アッカーマンもイェーガーもジークフリートも全部ドイツ語!(2019/6/7)

「自撮り」「ふわとろ」「エモい」辞書に載ってるのはどれ? 『三省堂国語辞典』第7版
新語に強い『三国』。(2019/6/13)

水曜インタビュー劇場(阪神・広島公演):
市場は縮小しているのに、なぜトラとコイの国語辞典は好調なのか
三省堂の国語辞典が売れていることをご存じだろうか。昨年「タイガース仕様」を発売したところ売れて、今年「カープ仕様」を発売したらまた売れて。「辞書」といえば「カタイ」イメージがあるが、なぜ同社は球団愛に満ち溢れた辞書をつくったのか。(2019/5/15)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

水曜インタビュー劇場(客の声公演):
ネットに接続できなくても、カシオの電子辞書が売れている秘密
国内の電子辞書は苦戦しているのに、長年にわたって売れ続けている商品がある。カシオ計算機のエクスワードだ。スマホがあれば英単語などの意味を調べることができるのに、なぜカシオの電子辞書は売れているのか。その秘密を聞いたところ……。(2019/4/10)

最も必要な条件:
来月から新元号「令和」 経済成長最優先で若者に希望を
来月から「令和」時代に入る。漢和辞典によれば、「令」の原義は神々しいお告げのことで、清らかで美しいという意味にもなるという。万葉集以来の日本の伝統とも言える「和」の精神にふさわしいが、経済ではグローバリゼーションのもとタフで無慈悲な競争を強いられる。にもかかわらず、清らかで和やかな社会を築くために最も必要な条件は経済の成長である。(2019/4/5)

勉強道具として定着するか:
電子辞書、「低年齢化」で復権 市場10年ぶりプラス、小学校英語必修が追い風に
春の新生活シーズンを前に、家電量販店などの電子辞書売り場がにぎわっている。スマートフォンに押され縮小が続いていた電子辞書市場は昨年、10年ぶりにプラスに転じた。高校・大学生の電子辞書保有率は約7割に上り、ユーザーの低年齢化も進む。勉強道具としての定着が“復権”を後押ししている。(2019/3/28)

辞書アプリを統合版に移行すべき理由とその手順
物書堂がiOS辞書アプリを統合した。単体版アプリからの移行を早急に行う必要がある。(2019/3/6)

山市良のうぃんどうず日記(142):
Windows 10のIME、郵便番号辞書の更新はどうなっている?
平成最後の師走となりました。年賀状作成の時期でもあります。最近は年賀状を出す人が減ったようですが、年賀状の文面や宛名書きのために、この時期だけ自宅のPCとカラープリンタが大活躍、という人もいると思います。宛名書きで重要なことと言えば「郵便番号」です。Windows 10標準の「Microsoft IME」には郵便番号辞書が付属していますが、この辞書の更新はどうなっているのでしょうか?(2018/12/10)

2018年の新語に「ばえる(映える)」「モヤる」「わかりみ」「尊い」 三省堂、辞書のプロが選ぶベスト10
「寄せる」や「VTuber」「マイクロプラスチック」などもランクイン。(2018/12/6)

国語辞典『大辞泉』が選ぶ今年の新語大賞が「空白恐怖症」に決定 次点は「卒婚」と「ご飯論法」
まんじゅうこわい的なやつかと思った。(2018/12/3)

『建築知識12月号』の特集「一生使えるサイズ辞典」が便利と話題 イラストを描くときなどにも重宝しそう
寸法やバランスを知りたいときのバイブルだ! (2018/12/3)

焼肉博士になれそう 焼肉にまつわる言葉を収録した『焼肉語辞典』発売
読むだけでよだれが出てくるジューシーな1冊。(2018/10/16)

「愚か」→「烏滸の沙汰」「児戯に類する」 『ことば選び辞典』から文豪っぽい言葉集めた『美しい日本語選び辞典』登場
「あかい」なら「赤い」「紅い」「朱い」など漢字表記に悩みがちな言葉を集めた『漢字の使い分け辞典』も発売。(2018/10/12)

アナログ絵描きさん必見! トンボ鉛筆の色辞典に「36色セレクトセット」が登場 新色「烏賊の墨色」「卵色」「深海」など10色も追加
めっちゃキレイ!(2018/10/3)

ガラケーあるある 「電池パック裏にプリクラ」から始まる夫婦漫画が胸キュンすぎる
このふたりの辞書には黒歴史なんてないんだ。全部神々しい光で包んでしまうんだもの。(2018/10/2)

マウスオーバーで瞬時に和訳 Chrome拡張の英和辞書「Mouse Dictionary」がめっちゃ便利
辞書データがローカルに置かれているので、手間なくパッと引けます。(2018/9/8)

NTTテクノクロス、AIで台帳作成を効率化するIT資産管理ツール「iTAssetEye」の新バージョン 2018年11月に提供開始
NTTテクノクロスは、AIを活用して管理台帳の作成を効率化するソフトウェア資産管理ツール「iTAssetEye」の新バージョンを発表。未知のインベントリが検出された際には、AIが収録数約14万件のソフトウェア辞書の中から候補となるソフトウェアを特定する。(2018/9/7)

ロゴヴィスタがiOSアプリをコンテンツストア型に移行 その理由は「スパム」か
物書堂に続いてロゴヴィスタも辞書アプリをコンテンツストア型に移行すると発表。その理由は?(2018/8/7)

トラウマをテーマにした創作活動向けの『トラウマ類語辞典』発売 いじめ、ストーカーなどのトラウマが与える影響を解説
創作のお供に。(2018/7/18)

「十」を認識させたい人間VSなかなか認識しない電子辞書 ファイッ!
終わらない戦い。(2018/7/16)

『ボディビルのかけ声辞典』登場 「肩にちっちゃいジープ乗せてんのかい!」など見習いたい語彙力
アルファツイッタラーみたいな言い回し。(2018/7/11)

「青菜に塩」をやってみた ことわざや四字熟語を写真で再現した辞典が便利そう
状況がよく分かります。(2018/7/9)

Tech TIPS:
Google日本語入力の辞書に単語を登録する(Windows OS編)
Google日本語入力は高い変換効率を誇るが、それでもうまく変換されない単語もある。そのような場合、ユーザー辞書に単語を登録するとよい。よく利用する長い単語を短い「読み」で登録しておけば、入力効率を上げることも可能だ。Google日本語入力で単語を登録する方法を紹介する。(2018/6/12)

ハムスターたちの気持ちを読み取ろう! 仲良くなれるヒントがいっぱいの『ハム語辞典』が発売
ハムたんたちをもっと理解できちゃうかも。(2018/5/25)

どう聞こえる? 「Laurel」か「Yanny」かで論争中
録音された男性の声が「Laurel」と聞こえるか「Yanny」と聞こえるかでネットが2つに分かれている。オリジナルは辞書サイトの「Laurel」の項の音声なのだが、「Yanny」にしか聞こえないという人もいる。(2018/5/16)

「ジーッ」と見るのはどんなとき? ねこの気持ちをしぐさや行動から読み取る「ねこ語辞典」が登場
分かって欲しいニャ。(2018/5/2)

校則「PC持ち込み禁止です」高校生「Windows10搭載の“電子辞書”を自作しました」 天才すぎると話題に
ルールを全力で守った結果。(2018/4/2)

老舗辞書Merriam-Websterに「ビットコイン」や「ブロックチェーン」
Merriam-Websterのオンライン版辞書に「blockchain」「Bitcoin」「cryptocurrency」「initial coin offering」などの単語が追加された。(2018/3/6)

「e5489」「仮乗降場」「側面よし」――奥深すぎる“テツ語”満載『テツ語辞典』はいかにして作られたか テツな著者2人に聞いた
『カレチ』作者でも知られる池田邦彦さんと鉄道フォトライターの栗原景さんに裏話を聞きました。(2018/2/5)

「1人で爆笑」は誤用じゃない! 辞書に翻弄された言葉の数奇な運命
1人でも爆笑できるもん。(2018/1/26)

電子辞書に「シスプリ」、目の付けどころがシャープすぎると話題に 辞書の担当編集者に収録理由を聞いてみた
意外な言葉が収録されていると話題に。(2018/1/22)

帯には「六甲おろし」:
ファンの愛で誕生 「阪神タイガース」仕様の国語辞典
三省堂が「阪神タイガース」仕様の国語辞典を発表。インパクトの強い装丁に仕上げた。作った狙いは?(2018/1/19)

阪神タイガース仕様の「三省堂国語辞典」 ケースは縦縞、表紙は黄色、一部用例も球団仕様に変更する力の入れよう
帯には「六甲おろし」の歌詞が入っています。(2018/1/19)

言葉はいつの間にか生まれ、死んでいく:
「広辞苑」10年ぶり改訂 編集者が語る“言葉選び”の裏話
2018年1月に、国民的辞書「広辞苑」の第7版が発売される。「アプリ」「クラウド」「ビットコイン」などのIT用語や、「萌え」「クールビズ」など過去に掲載を見送った言葉が新たに追加されるという。広辞苑の編集者は、どのような方針や考え方で項目を選んでいるのだろうか。(2017/11/16)

『ことば選び辞典』シリーズの新作『創作ネーミング辞典』『難読漢字選び辞典』発売 創作活動するアナタに
創作活動の友として。(2017/10/24)

「ビットコイン」「自撮り」なども:
「広辞苑」10年ぶり改訂 「アプリ」「小悪魔」など追加
岩波書店が、辞書「広辞苑」第7版を2018年1月12日に発売すると発表。広辞苑が改訂されるのは10年ぶりで、「アプリ」「小悪魔」「LGBT」など時代背景を踏まえた約1万語を追加した。(2017/10/24)

「インターネット」が初めて国語辞典に載ったのはいつなのか?
説明文も「板チョコ」から「チューインガム」に進化。(2017/7/26)

ペン型スキャナー辞書「ナゾル」に和英モデル追加
国語モデルと英和モデルに次いで。(2017/6/15)

なぞって調べるペン型辞書「ナゾル」に和英モデル シャープが発売
ペン型スキャナー辞書「ナゾル」に、和英辞書モデルが登場。グランドコンサイス和英辞典(約21万項目)を収録している。(2017/6/14)

小説執筆などに使えそう! 状況描写の方法をコンビニから核シェルターまで紹介する「場面設定類語辞典」
特に実体験できない場所を扱うときには、便利なはず。(2017/5/12)

Appleユーザー、老舗辞書Websterの新語「sheeple」の用例に登場
Merriam-Websterの辞書に新語として追加された「sheeple」という単語の用例に、iPhoneケースについての米ジャーナリストのコメントが採用された。(2017/5/1)

広辞苑に実際に載っている「つきじです」とは一体どんな意味なのか? 「たほいや甲子゛園」を国語辞典マニアと一緒に鑑賞してきた
伝説のテレビ番組「たほいや」復活イベント第2弾!(2017/4/19)

一切合切西尾維新! 初の展覧会「西尾維新大辞展」この夏東京大阪で開催決定
最高にして“最広”の辞典感。(2017/3/21)

ATOK、PCとスマホで辞書の双方向同期が可能に
PCとMac、Android間で、変換辞書を同期できる。(2017/3/15)

なつかしのゲーム電卓も! カシオの歴代製品が「学びと遊びの電卓・電子辞書展」に勢ぞろい
3月21日から5月10日まで。見学は完全予約制。(2017/3/11)

カシオが歴代「関数電卓」「ゲーム電卓」「電子辞書」展示 約40年前の関数電卓を見てきた
ファンにはたまらないイベントだ。(2017/3/9)

ロゴヴィスタ、「英和和英200万語専門用語対訳大辞典」をMac App Storeで販売開始
ロゴヴィスタは、同社製の専門用語対訳辞典「英和和英200万語専門用語対訳大辞典」をMac App Storeで発売した。(2017/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。