ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  S

「SNS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Social Network Service

質問!SNS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSNS関連の質問をチェック
「SNS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

スマホユーザー500人に聞く:
動画、SNS、メール スマホですること、各世代の特徴は?
NEXERが運営するスマートフォンメディア 「スマートフォンPLUS」が、スマートフォンの使用に関する調査を実施した。1日のスマートフォンの使用時間について尋ねたところ、21.4%が「3〜5時間未満」と回答し、最多となった。(2022/5/25)

東京工科大学が新入生1400人にアンケート:
大学の新入生が使うSNS 女子に人気の「Instagram」、男子に人気は?
東京工科大学は2022年度の新入生を対象に、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査を実施。その結果、最も利用率が高いSNSは「LINE」で、「Instagram」の利用率が7年連続で増加していることが明らかになった。(2022/5/25)

この頃、セキュリティ界隈で:
言論の自由かコンテンツ規制か――銃撃映像ネットで拡散、模倣犯後を絶たず
大手SNSサービスでは暴力的なコンテンツを締め出す一方で、匿名掲示板の4chanなどのWebサイトは、大手から締め出されたユーザーが過激な内容を共有できる場として存続。そこで見たコンテンツから刺激を受け、犯罪に手を染めるユーザーが後を絶たない。(2022/5/25)

我慢の限界に達する現場:
正座で軟禁・盗撮しSNSに投稿…「カスハラ」の深刻な実態と従業員の「怒りの声」
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が深刻度を増している。暴力行為、土下座の強要、無断撮影しSNSに投稿――。度が過ぎた行為に、現場は苦悩を募らせる。体調不良や離職にもつながりかねないカスハラ被害に、有効な手立てはあるのか。鉄道や航空、輸送などの現場で働く人が集い、カスハラの実態と対策について話し合った。(2022/5/25)

従業員の身元調査にまつわる是非【後編】
米国の事例に見る、従業員の「犯罪歴」や「SNSの発言」を継続調査することの是非
企業や事業内容によっては、従業員の採用後にも継続的な身元調査をする場合がある。企業は「犯罪歴」や「ソーシャルメディアの発言」などを継続調査する意義をどのように捉えているのか。米国の事例を紹介する。(2022/5/25)

面識のない人と「SNSのメッセージ上」でやり取りをしたことがある人は7割 恋愛関係への発展も
ウェブスターマーケティングは、全国の10〜60代の男女に、「SNSの出会い」に関する調査を実施した。面識のない人とSNSのメッセージ上でやり取りをしたことがある人は70%に上った。(2022/5/24)

つちやかおり、元夫・布川敏和と家族で孫娘の1歳バースデーを祝福 
誕生日会の様子をSNSに投稿。(2022/5/23)

趣味が合いそう:
若手社会人、4人に1人が「SNSで友達を作る」 使っているのは?
SNSの利用者が年々増えている。近年はSNSで友達を作る人も多い。ALL CONNECTの調査では、若手社会人の4人に1人が「SNSで友達を作っている」ことが分かった。(2022/5/23)

防災業界のアップデート目指す:
ネコを広報課長に起用 大阪の老舗・中小企業が編み出したSNS発信戦略
大阪で防災設備業を営む中小企業のSNS投稿が、多くのユーザーの心をつかんでいる。昨年、創業60年を迎えた青木防災(大阪市平野区)。広報課長に起用したネコのタマスケが人気を博し、フォロワー数は3万6000人を超える。情報発信の極意、そして、発信に込める「防災のプロ」としての思いを聞いた。(2022/5/21)

SNSで毎日誹謗中傷、開示請求の結果相手はまさかの“親友” 衝撃的な事実に怖がる声や似たような話を呟く人も
こんな事例が複数あるなんて、怖すぎる……!(2022/5/21)

iPhone Tips:
iPhoneのカメラで「SNSアイコンに適した写真」を撮影する方法
iPhoneのカメラには縦横比(アスペクト比)を変更する機能がある。この機能を使えば、SNSで使える正方形の画像や一般的なカメラと同じ4:3の比率の画像、PCなどの壁紙に使いやすい16:9の比率の画像を撮影できる。(2022/5/18)

SNS利用に関するアンケート:
LINE利用率、10〜50代で8割超 TikTokは10代に支持
NTTドコモのモバイル社会研究所は「スマホ・ケータイ所有者のSNS利用動向についての調査」を実施。全世代でLINEの利用率が他のSNSよりも高く、10〜50代で8〜9割以上が利用していることが判明した。(2022/5/17)

実写映画「天間荘の三姉妹」が10月28日公開 メインキャストはのん、門脇麦、大島優子
5月15日にはSNSで自身の出演シーンを公開していた3人。(2022/5/17)

低価格の秘密は?:
ワークマンの人気商品「真空ハイブリッドコンテナ」 担当者も予想外なアウトドア以外のニーズ
キャンプ用品の本格展開を開始したワークマン。その人気商品の1つが「真空ハイブリッドコンテナ 4.6リットル」(2500円)だ。少量のドリンクや食料を保冷したり保温したりすることができるアイテムでSNSなどで話題に。担当者によると、アウトドアシーン以外でも活用されているという。(2022/5/17)

10〜50代の約8割がLINEを利用、10代はFacebookよりTikTok
NTTドコモのモバイル社会研究所が、SNS利用動向(2022年1月)の調査結果を発表。LINEの利用率は81.6%で、10〜70代で幅広く利用されている。10代のTikTok利用率は約4割で、Facebookより高い。(2022/5/16)

VTuberが武道館ライブ 花譜 「XRライブ体験で過去最大の挑戦」
人気VTuber「花譜」(かふ)が武道館ライブを行うと発表。VTuberが武道館ライブを行う例は珍しく、SNSなどで話題になっている。(2022/5/16)

第3子妊娠中の鈴木亜美、5歳長男の“顔出し終了”を宣言 あっという間の成長で驚く声も「来年には小学生ですか」
子どもたちの様子は今後もSNSで伝えるそうです。(2022/5/15)

イマドキの子供はいつSNSデビューする? “複垢”の有無は? スタディプラス調査
今どきの子供はいつごろSNSデビューするのか──スタディプラスがこんな調査結果を発表した。調査は中高生1800人超を対象に実施。持っているアカウントの数やその使い道なども調べた。(2022/5/13)

「自殺報道、SNSでの拡散・閲覧気を付けて」厚労省などが注意喚起 「心が苦しいときは距離置いて」
芸能人の自殺報道があったことを受け、厚労省がSNSでの影響などについて注意喚起した。「自殺報道は、SNS上で拡散させるだけで自殺リスクを高める可能性がある」という。(2022/5/11)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
社員のSNSの炎上が心配……会社がしておくべき準備とは?
社員が会社の風景などを個人のSNSに書き込みをしています。ニュースでは炎上した事案なども見かけるので心配です。会社としてはどのように対応すれば良いでしょうか?(2022/5/11)

金融庁の高校生向け教材「バズった」 SNSで反響
学習指導要領の改訂で4月1日から高校家庭科で本格的な金融教育が始まり、金融庁が作成した教材がTwitter上で反響を呼んでいる。具体的な事例をクイズ形式で盛り込み、イラストやデータを交えてやさしく解説しているのが特徴だ。(2022/5/9)

SNS誹謗中傷の被害者向けサイト、女性クリエーターが目指す「被害者のよりどころ」
ネット上の誹謗中傷について裁判例や体験などを共有するサイト「TOMARIGI」を関口舞さんらが立ち上げてから約3カ月、徐々にユーザーに浸透しはじめ、被害に悩む人たちへの支援の広がりに期待がかかる。(2022/5/9)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
“残念企業”がやっぱり知らない「Twitter」「Instagram」「TikTok」運用術
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「愛される企業のSNS活用」です。(2022/5/12)

動画バブル時代のマーケティングメソッド:
B2B動画マーケティング 「オウンドメディア」だからこそできること
マーケティングファネル全体で動画を活用するならば、YouTubeやSNSだけでなくオウンドメディアの活用が不可欠。これはとりわけB2Bにおいて重要です。(2022/5/9)

SDGsへの興味関心の高まりを感じさせるワードも:
今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など 日経BP調べ
日経BPは「トレンドマップ 2022上半期」を発表した。2022年はどんなキーワードが注目されるのだろうか。今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など。(2022/5/6)

Social Media Today:
Twitter「スペース」が“Clubhouseのパクリ”と呼ばれなくなる日
Twitterが「スペース」から30秒の音声をキャプチャしてツイートで共有可能にする「クリップ」機能をテストしている。音声SNSで先行するClubhouseとのギャップを埋め、新たな市場で飛躍できるか。(2022/5/6)

SNS中心に「短歌」ブームが到来? 歌人でヒット小説家・錦見映理子さんに聞く、めくるめく短歌の魅力
著書『恋愛の発酵と腐敗について』がヒット中の錦見映理子さんを取材しました。(2022/5/5)

「SNS上での交友関係が豊かでも、現実世界でそうとは限らない」 中高年を対象にした調査で明らかに
Facebookの友人数をもとに調査。(2022/5/4)

スピン経済の歩き方:
知床遊覧船のような「観光ブラック企業」は、どのような特徴があるのか
北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船が沈没した事故で、運営会社「知床遊覧船」のブラックぶりが次々と明らかになっている。「観光ブラック企業」にどのような特徴があるのか。知床遊覧船の公式WebサイトやSNSを見ると、そのヒントが詰まっていて……。(2022/5/3)

アレクサンダー&川崎希、ペルー大使館の“SNS広報大使”に任命 地元の魅力を伝える「食べ物が美味しいことでも有名なんだ」
ペルー出身のアレクサンダーさん。(2022/5/1)

イーロン・マスク氏によるツイッター買収は終わりの始まりか、あるいは何かの始まりなのか
イーロン・マスク氏によるTwitter買収が世界中で波紋を起こしている。彼が目指す自由な発言の場とはどういうことか。TwitterというSNSの特性から読み解く。(2022/4/28)

povo2.0、GWに「データ使い放題(24時間)」をプレゼント 公式SNSで配布
KDDIは、4月29日に「データ使い放題(24時間)」を1回分無料で利用できるプロモコードをpovo2.0の公式SNSアカウントで配布。利用期間は5月8日まで。(2022/4/28)

「SNSで交友関係が豊かでも現実がそうとは限らない」 東京都健康長寿医療センター研究所が調査
東京都健康長寿医療センター研究所が、SNSでの交友関係が豊かでも現実でそうとは限らないとする調査結果を発表した。Facebookの友達数が多くても困ったときに助けてくれる人は一部に限られるとしている。(2022/4/27)

AIキャラ同士が交流するSNS、rinnaが公開 AIに会話を教えておしゃべりさせよう
rinnaが、対話AIを育成して交流させるSNSアプリ「キャラる」を正式リリースした。ユーザーがAIに会話を教えて育てると、人間対AI、AI対AIで対話できるようになる。(2022/4/27)

「Twitterは欧州の規則に従う必要がある。マスク氏はよくご存じだろう」と欧州委員会のブルトン委員
イーロン・マスク氏によるTwitter買収合意の発表を受け、欧州委員会のブルトン委員が「自動車であれSNSであれ、欧州では欧州の規則に従う必要がある」とツイートした。欧州連合はプラットフォーム企業にコンテンツの責任を問う新規則「DSA」に合意したばかりだ。(2022/4/27)

「Twitterの“これ”が腹落ちすると心穏やかに暮らせます」 SNSをスパイスに例えた医師のツイートが真理をついてる
スパイスだけに使いすぎ注意。(2022/4/27)

トランプ元大統領、「マスク氏がTwitterを買収しても戻らない」とFox Newsに語る
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏は「すべてのユーザーを認証する」と語った。だが、昨年アカウントを永久凍結されたドナルド・トランプ前米大統領はたとえ凍結を解除されてもTwitterには戻らないと語った。同氏が立ち上げたSNS「Truth」にとどまるとしている。(2022/4/26)

4月26日発売:
ローソン、餅や淡雪を使用した和洋折衷菓子「コーラ餅」「ふぁふぁメロンクリームソーダ味」を発売 若者に訴求
ローソンが餅や淡雪を使用した「コーラ餅」「ふぁふぁメロンクリームソーダ味」を発売。若者をターゲットに、「和菓子なのに和菓子じゃない」という点を訴求していく。前回発売した「ラムネ餅」「生チョコ餅」がSNS映えすると話題だった。(2022/4/25)

コロナ禍で大量離職:
背景にあるブラック企業の実態 知床観光船事故の背景に何が
北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I」が浸水した事故。重大事故の背景には、運航会社が強引な出港をしていた可能性が指摘される。船長はSNSで「ブラック企業で右往左往」ともらしていた。(2022/4/25)

動画バブル時代のマーケティングメソッド:
YouTubeやSNSだけではなぜ不十分? マーケティングにおける動画活用の目的を考える
ウェビナーをはじめ、昨今はマーケティングにおける動画の活用が活発化している。しかし、動画があふれる中で新たな課題が見え始めているのも事実。成果が出ている企業とそうでない企業の違いは何か。(2022/4/25)

お台場に「キラキラドンキ」オープン 若者をターゲットにしたドン・キホーテの新業態
アジアンコスメやSNS映えするお菓子、オリジナルのモバイルフードなどを展開。(2022/4/25)

Social Media Today:
ザッカーバーグ氏が再び世界を仕切る日――メタバース徹底入門【後編】
FacebookからMetaへ、メタバースに全振りのリブランディングを実施したマーク・ザッカーバーグ氏。頭打ち感のあるSNSビジネスの現状を乗り越え、新たな領域に描く未来像とは。(2022/4/23)

SNSをやっていない人「なぜみんな買ったものをSNSにアップするの?」 → これに対する答えが秀逸だと話題に
フォロワーは飼い主だった……?(2022/4/23)

釣り人に120万円支給するスポンサーシップ制度、新たに最大160人募集 総支給額は約2億円規模に
釣りSNSアプリ「ANGLERS」を運営するアングラーズは、釣り人に年間120万円(毎月10万円)の支援金を支給するスポンサーシップ制度「アングラーズマイスター」の参加者を新たに最大160人募集する。(2022/4/22)

電動キックボード開発者が“免許不要”のリスクを指摘 「後で大きなしっぺ返しが来る」
最高速度が時速20km以下の電動キックボードは16歳以上であれば免許不要で乗車できるようになったが、これについてSNS上ではさまざまな意見が飛び交った。中でも、ある電動キックボード開発者の投稿がTwitter上で話題となっている。(2022/4/22)

オバマ元米大統領、「SNSは米国の二極化に影響を及ぼした」と語り対策を提示
バラク・オバマ元米大統領はスタンフォード大学のイベントの基調講演で、SNSの問題について語った。SNSが広告収入のために選択したプラットフォームの設計が米国の二極化に影響を及ぼしたと批判した。(2022/4/22)

根性論はもう古い:
「営業配属だけはイヤだ」 新卒は、なぜ営業職にアレルギーを持つのか?
「企業の人材不足」に関する調査によると、「営業職」の人員不足が最も高いことが分かった。「営業はキツい」「新規営業をやっている女の子が泣いていた」などSNS上では営業職に関するネガティブなエピソードも見られる。しかし、総合職の約7割が営業職に配属される時代だ。企業側は苦手意識を持つ新卒をどのようにマネジメントすべきか?(2022/4/22)

「キラキラドンキ」お台場に開店 SNSに着目した新業態
ドン・キホーテは21日、新業態店舗「キラキラドンキ ダイバーシティ東京 プラザ店」を5月3日にオープンすると発表した。(2022/4/21)

Coinbase NFTマーケット、β公開 SNS機能も搭載
Coinbaseが昨年10月に予告したNFTマーケットプレイスのβ版を公開した。コメント機能やアルゴリズムによるお勧めなどのSNS的な機能を盛り込んだものになっている。Mastercardによる支払いにはまだ対応していない。(2022/4/21)

越智岳人の注目スタートアップ(4):
変形バイクを開発するICOMA――金型レス製造で目指す令和のバイクとは
四角形の形状から変形して、電動バイクとして使用できる「タタメルバイク」。開発段階からSNSで話題を呼び、多くのメディアにも取り上げられてきたこのプロダクトを手掛けているのは、タカラトミーで変形ロボットの設計に携わり、ハードウェアスタートアップ2社でエンジニアとしての経験を積んできた生駒崇光氏が代表を務めるICOMAだ。ICOMAが目指すモビリティ社会の未来について取材した。(2022/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。