「Threads(スレッズ)」が節目の1周年 テキスト基盤のSNSはどう進化し、どこに向かうのか(1/2 ページ)

» 2024年07月09日 19時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 テキストベースのSNS、「Threads(スレッズ)」がサービス開始から1周年を迎えた。米Metaの日本法人、Facebook Japanが7月9日にオンラインでイベントを開催し、Threadsがどのように活用されているのかや、重点的に開発している機能などを紹介した。

Threads 1周年 「Threads(スレッズ)」は「Facebook」「Instagram」を手掛ける米Metaが提供する、テキストベースのSNSだ

Threadsとはどのような存在か

 Threadsが日本でも利用可能になったのは1年前の2023年7月6日。コミュニティーが集い、関心のあるトピックから次のトレンドまで、あらゆる情報についてオンラインで会話できる場となる。

 キャッチコピーに「Instagramのテキストベースの会話アプリThreadsでコミュニケーションをより豊かに」とあるように、Threadsはテキストでの投稿ややりとりが主となる。

 貴重な思い出を写真としてInstagramに、日々の出来事を文字でThreadsに投稿させようとする、Metaの思惑は手に取るように分かる。InstagramをテキストベースのSNSとせず、あえて別サービスのThreadsを用意した、という点は正解だろう。

Threads 1周年 日本でも2023年7月6日に利用できるようになった。iOSとAndroidの両OSに対応する

 Instagramのプロフィールを含むアカウント情報を流用できるのも利点で、Instagramを既に持っている人をも巻き込み、同じアカウントで用途に応じて使い分けてほしい、という意図も当時のニュースリリースからは伝わってきた。

 サービス開始当初、呼び名は「スレッズなの? スレッドなの?」とする疑問をTwitter(現X)で多く見かけたThreadsだが、サービス開始から約7時間で1000万ユーザーに達した他、大手企業公式アカウントが登録されるなど、当時の勢いは計り知れないものだった。

 Threadsの登場と同じ時期、Twitter(現X)は混乱の最中にあった。投稿やそれに付随する画像などが一時的にできない他、ログインしなければまったく閲覧できなくなるなど、以前に比べて制限事項が多くなっていたため、乗り換え先としてThreadsが注目されていた。

Threads 1周年 Threadsの登場時、混乱の最中にあったTwitter。一時的な利用制限が混乱の一因となり、乗り換え先としてThreadsが注目されていた

 それから約1年後の2024年7月3日、MetaはThreadsの月間アクティブユーザーが1億7500万人を超えたと発表。Threadsのプロダクト開発を担当するチームは「誰の発言にも価値がある」と考え、「利用者が自身の考えやアイデアを気軽にシェアできる場所を作ることを目指している」ことを明かした。

Threads 1周年 Metaのニュースリリース(2024年7月3日)

Threadsはどのように活用されているのか

 ここからは、この1年でThreadsがどう変化したのか、そして、何を重視しているのかを紹介する。

 Facebook Japanの山谷道裕氏によると、Threadsでテキストだけで投稿する人が全体のうちの63%で、投稿に写真を含める人が25%となっている。山谷氏は「Threadsが写真を10枚貼れることや、Instagramより小さく写真が表示されることから、気軽に投稿できるとの意見をもらうことが多い」と話す。

 これまでに作成されたトピックの数は約5000万。Threadsにおけるトピックは旧Twitterの「トレンド」に相当する。ユーザーが何に関心を持っているのかや、話題となっていることが分かる。

Threads 1周年 これまでに約5000万ものトピックが作成されたThreads。月間アクティブユーザーは既に1億7500万人を超えている

 2023年12月には投稿にタグ(ハッシュタグ)を付けられるようになり、投稿内容に関連するトピックをタグとして追加することで、世の中のトピックをカテゴリー分けできるようになった。いわばInstagramに近い機能がThreadsでも徐々に利用できるようになった。

 山谷氏は「世界中で最もアクティブにThreadsを利用しているユーザーは日本、インド、台湾など、アジア太平洋地域の国々にいる」とし、「日本のApp Storeにおける人気アプリランキングのトップ5入りするのがThreadsである」と胸を張り、日本でも多くの人がThreadsを使っていることを明かした。

Threads 1周年 世界中で最もアクティブにThreadsを利用している国に日本が含まれる

 ちなみに、他の国ではどのようにThreadsが使われているのか。例えば、台湾では引用投稿が多く、「Threadsに存在する投稿に自分の意見や情報を加えて発信する人が多い」(山谷氏)という。インドでは「メンションの利用と動画を含む投稿が多い」そうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  2. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  3. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  4. 約11万円の「Apple Watch」が6万円台に 「AirPods Pro(第2世代)」もお買い得【Amazonプライムデー先行セール】 (2024年07月11日)
  5. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  6. SIMセットで中古iPhoneが最安1円に ゲオがセール開催 (2024年07月12日)
  7. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  8. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
  9. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  10. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー