MetaのSNS「Threads」で何ができる? Twitterに似て非なる新勢力を解説(1/3 ページ)

» 2023年07月07日 00時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 7月6日から日本でも利用可能になった米Metaの「Threads(スレッズ)」。Instagramの基板を活用したテキストベースでやり取りができる新たなSNSだ。サービス開始から約7時間で1000万ユーザーに達したことや、大手企業の公式アカウントが登録されるなど、開始直後にも関わらずアクセスが増えているようだ。

 そんなThreadsについて、興味はあるものの、具体的に何ができるのかが分からず、様子見をしている人もいるだろう。Threadsでできること/できないことをまとめたので、利用を検討している人や、使い方が分からない人は参考にしてほしい。

 なお、利用開始までの手順は別の記事で解説している。

Threads Meta 利用可能 設定手順 使い方 7月6日から日本でも利用可能になった米Metaの「Threads」

Threadsはどのようなサービス?

 Instagramの基盤を活用するThreadsは、コミュニティが集い、関心のあるトピックから次のトレンドまで、あらゆる情報についてオンラインで会話できる場となる。興味や関心のジャンルが何であれ、気に入ったクリエイターや、自分と同じ趣味や関心を持つ人をフォローし、直接つながることが可能だ。フォロワーを増やし、自分の日々の活動や、宣伝などの情報を世界へ向けて発信することもできる。

 対応言語は日本語や英語を含む31言語。すでに日本のユーザーがさまざまな内容を投稿している他、それについて日本語でやり取りをしているようだ。

 キャッチコピーに「Instagramのテキストベースの会話アプリThreadsでコミュニケーションをより豊かに」とあるように、Threadsはテキストでの投稿ややり取りが主となる。Instagramのプロフィールを含むアカウント情報を流用(※1)できるため、例えば、貴重な思い出を写真としてInstagramに、日々の出来事を文字でThreadsに投稿し、同じアカウントで用途に応じて使い分けることが可能だ。

(※1)16歳未満(国によっては18歳未満)の人がThreadsに参加すると、デフォルトで非公開プロフィールになる

Threads Meta 利用可能 設定手順 使い方 Instagramアカウントを使って、Threadsの利用を開始できる

 1度に投稿できる文字数など、気になる仕様がInstagramの公式ブログで明らかにされたため、こちらの情報をもとに「何ができて、何ができないのか」を以下に記載する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー