ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本語入力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本語入力」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
「データの入力規則」でどんと来い全角・半角【Excel】
Excelで表を作成する際、入力項目ごとに日本語入力システムをオン/オフしたり、入力モードを切り替えたりするのは意外と手間だ。セルに入力するデータが決まっているならば、「データの入力規則」で事前に入力モードなどを設定しておくとよい。その方法を紹介しよう。(2024/5/27)

小寺信良のIT大作戦:
そろそろ「日本語入力」にもAIパワーを注入してみないか?
AIの活用が十分になされていないのではないかと思われる分野が、「日本語入力」だ。OS標準の入力変換エンジン以外にも、Google日本語入力やATOKといった選択肢もあるが、AIの華々しい進化の恩恵にあずかっているようには思えない。「AIが自然な言葉で受け答え」も結構だが、まずは同音異義語の正しい選択や誤変換はどうにかならないのか。(2024/5/25)

ジャストシステム、音声入力もサポートする「一太郎2024」を発表 ATOK Passportも強化
ジャストシステムは、日本語ワープロソフト「一太郎」シリーズの最新版を発表した。2024年2月9日に発売される予定で、日本語入力アプリ「ATOK Passport」の機能強化も行われる。(2023/12/1)

Z世代が選ぶ「勉強になる漫画」 2位『【推しの子】』、1位は?
日本語入力・きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人は、Z世代が選ぶ「勉強になる漫画TOP10」を発表した。(2023/11/7)

CEATEC 2023:
簡単な日本語入力から1分で最適な触媒を発見、PFNのバーチャル材料研究所
Preferred Networks(PFN)は、「CEATEC 2023」において、大規模言語モデル「PLaMo」と汎用原子レベルシミュレーター「Matlantis」、深層学習用プロセッサ「MN-Core」などを組み合わせた「バーチャル材料研究所」のデモンストレーションを披露した。(2023/10/24)

Z世代が選ぶ:
冬を感じるアーティスト 3位「back number」、2位「広瀬香美」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!冬を感じるアーティストTOP10」を発表した。(2023/10/17)

Z世代が高いと思うもの 3位「ゲーム/アプリへの課金」、2位「洋服」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は「Z世代が選ぶ!!“高い”と思うものTOP10」を発表した。(2023/9/3)

Z世代が選ぶ:
推し活の方法 3位「記念日をお祝い」、2位「常に情報チェック」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!推し活の方法TOP10」を発表した。(2023/8/23)

祖父母宅編:
お盆帰省あるある 3位「暇を持て余す」、2位「親戚大集合」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「お盆帰省あるある(祖父母宅編)TOP10」を発表した。(2023/8/12)

Z世代が選ぶ:
好きな甲子園ソング 3位「栄光の扉」、2位「夢わたし」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、Z世代を対象に実施した「好きな甲子園ソングTOP10」を発表した。(2023/8/6)

Z世代が選ぶ:
2023年上半期好きなアニメ主題歌 『鬼滅の刃』オープニングを抑えた1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!2023年上半期好きなアニメ主題歌TOP10」を発表した。(2023/7/4)

Z世代が選ぶ「お父さん」になってほしい有名人 2位「花江夏樹」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、Z世代を対象に実施した「お父さんになってほしい有名人」調査のTOP10を発表した。(2023/6/18)

Z世代が選ぶ「お父さんあるある」 2位「お母さんに聞いてが口癖」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!お父さんあるあるTOP10」を発表した。(2023/6/17)

Z世代が選ぶ「梅雨あるある」 3位「外出が面倒」、2位「自転車通学は地獄」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!梅雨あるあるTOP10」を発表した。(2023/6/3)

Z世代が選ぶ「テスト期間中あるある」 3位「掃除したくなる」、2位「捨て科目がある」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!テスト期間中あるあるTOP10」を発表した。(2023/5/21)

Z世代が選ぶ「好きなUSJアトラクション」 2位「マリオカート」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!好きなUSJのアトラクションTOP10」を発表した。(2023/5/21)

Z世代が選ぶ「アーティストとしても活躍する俳優」 2位「上白石萌音」さん、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!! アーティストとしても大活躍!歌う俳優・女優TOP10」を発表した。(2023/5/20)

5月14日は母の日:
Z世代が選ぶ「お母さん」になって欲しい有名人 3位「フワちゃん」、2位「水卜麻美」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「お母さんになって欲しい有名人TOP10」を発表した。(2023/5/14)

Z世代が選ぶ「お母さんあるある」 3位「家では母が最強」、2位「なくしたものをすぐ見つける」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「お母さんあるあるTOP10」を発表した。(2023/5/13)

Z世代が選ぶ、色気がある40〜50代俳優 3位「小栗旬」さん、2位「大泉洋」さん、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!! 色気を感じる40代・50代俳優TOP10」を発表した。(2023/4/16)

Z世代がSNSに求めること 3位「ライブ配信」、2位「投稿の公開範囲」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!SNSに求めることTOP10」を発表した。(2023/4/11)

人気YouTuberが上位に:
Z世代が上司にしたい有名人ランキング 1位は?
日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥは、Z世代が選ぶ「上司にしたい有名人」を調査。人気YouTuberが上位を独占する中、1位に選ばれたのは?(2023/4/1)

Z世代の花粉症あるある 3位「集中できない」、2位「目玉を取って洗いたい」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!花粉症あるあるTOP10」を発表した。(2023/3/26)

Z世代の卒業式あるある 2位「黒板アート」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!! 卒業式あるあるTOP10」を発表した。(2023/3/4)

Z世代トレンドアワード2022 顔文字のトップはアーニャの「ふっ」
 日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、10〜24歳の男女を対象とした「Simeji presents Z世代トレンドアワード 2022」を発表した。その結果、年間トレンド大賞には芸人なかやまきんに君の元気な掛け声「ヤー!パワー!」が選ばれた。(2022/12/7)

Z世代が選ぶ「朝起こされたい声優」ランキング 3位「水瀬いのり」、2位「梶裕貴」、1位は?
日本語入力やきせかえ顔文字のキーボードアプリ「Simeji」を提供する中国バイドゥの日本法人は、Z世代のSimejiユーザーを対象に「朝起こされたい!声優」について調査を実施した。(2022/10/23)

10月10日は「スポーツの日」:
Z世代が選ぶ「体育の先生になってほしい有名人」 3位「横浜流星」、2位「フワちゃん」、1位は?
10月10日の「スポーツの日」を前に、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を手掛ける中国バイドゥ(東京都港区)が、Z世代のユーザーを対象に「体育の先生になってほしい有名人」についてアンケート調査を実施した。その結果、ランキング1位は「なかやまきんに君」だった。2位には「フワちゃん」、3位「横浜流星」がそれぞれランクインした。(2022/10/9)

(^_-)-☆:
若者が「おじさんだなぁ」と感じる顔文字ランキング 3位は「\(^o^)/」
バイドゥ(東京都港区)が提供する、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」は、Z世代のユーザーを対象に「おじさんと感じる顔文字」についてアンケート調査を実施した。(2022/8/17)

「Android 13」は日本語の改行が自然に TextViewに新機能
現在ベータ版が配布されている「Android 13」の日本語関連機能として、「TextView」での文節による改行と、IMEの未確定の変換候補をアプリ側が取得できるようになった。(2022/7/14)

小寺信良のIT大作戦:
文字起こしと日本語入力の未来
LINEがCLOVA Noteという文字起こしアプリを無料公開した。これをきっかけに、高度な文字起こし機能が日本語入力をどう変えていくか、考えてみた。(2022/5/30)

明日から使えるITトリビア:
Amazonの商品画像に「あ」 原因はMicrosoft IME?
「Amazonさん、プリントスクリーンでやらかす」──そんなツイートが記者のタイムライン上に流れてきた。投稿をみると、ネット通販サイト「Amazon.co.jp」のある商品画像に、「あ」の文字が写りこんでいるという。(2022/3/29)

Z世代の上司にしたい有名人、「HIKAKIN」「ひろゆき」を抑えた第1位は?
 日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、Simejiユーザーの10〜24歳のZ世代を対象とした「上司にしたい有名人」のランキングを発表した。その結果、1位は人気YouTuberの「はじめしゃちょー」が選ばれたことが分かった。(2022/3/26)

Tech TIPS:
ご存じでしたか? Microsoft IMEの設定方法が変わりました【Windows 10 バージョン2004以降/11】
Windows 10/11に標準搭載されている日本語入力システム「Microsoft IME」では、デフォルトで[半角/全角]キーがIMEのオン/オフの切り替えキーとなっている。このキーはホームポジションから遠いため、頻繁に切り替えるには不便だ。そこで、IMEのオン/オフの切り替えキーを[変換]キーなどに変更する方法を解説しよう。(2022/2/17)

Tech TIPS:
Windows 11のMicrosoft IMEで、いつものキーカスタマイズができないときの対処法
Windows 11標準の日本語入力システム(Microsoft IME)では、自由にキー設定が行えないため、困っている人も多いのではないだろうか。そこで、Microsoft IMEを古いバージョンに戻すことで、キー設定を自由にできるようにする方法を紹介しよう。(2021/11/29)

「SPAJAM2021」の最優秀賞は、漢字力の低下を解決するIMEアプリ
モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、11月20日〜21日に「SPAJAM2021」の本選を開催。最優秀賞には漢字力の低下を解決するIMEアプリ「イメチェン(IME-CHANGE)」が選ばれた。(2021/11/22)

Windows 11でSnipping Toolなどが開けない問題の緊急パッチ公開
Microsoftは「Windows 11」向けの帯域外更新「KB5008295」をリリースした。IMEやSnipping Toolなどが開けない問題を解決する。適用には再起動が必要だ。(2021/11/6)

iOS版ATOK、サブスクで復活 月額550円で ただし「Smart Keyboard」などに非対応
ジャストシステムがサブスクリプション型の日本語入力アプリ「ATOK passport」にiOS版を追加した。Windows/mac OS/Androidに加え4つのOSに対応する。(2021/11/1)

スマホ向けATOKの買い切り版、10月末でサポート終了へ Android版はサブスクで継続
ジャストシステムは、日本語入力アプリ「ATOK for Android」「ATOK for iOS」のサポートを10月末で終了する。Android版はサブスク型の「ATOK passport」で利用可能だが、iOS版はいったん終了となる。(2021/10/6)

「ATOK for Mac」がM1 Macに正式対応
ジャストシステムは、Mac用日本語入力システム「ATOK for Mac」がM1チップ搭載Macに正式対応したと発表した。(2021/6/1)

“神奈川県町田市”を防ぐ新ATOK、2021年2月公開 Android版にAI活用の入力ミス防止機能も
ジャストシステムが月額制の日本語入力ソフト「ATOK Passport」を2021年2月にアップデートする。「神奈川県町田市」などの入力ミスなどを防げるという。(2020/12/1)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】Windowsを更新したら、IMEでいつものキー設定ができなくなった
Windows 10 May 2020 Update以降で日本語入力システム(Microsoft IME)が大きく変更になり、キー設定に大きく制限が加わった。これまでと同じキー設定が行えなくなってしまい困っている人も多いのではないだろうか。そこで、これまでのMicrosoft IMEと同じようにキー設定を可能にする方法を紹介しよう。(2020/11/13)

超小型PCの道:
実は一番日本語入力をしやすい? ゲーミング超小型PC「OneGx1」で文字入力をしてみよう
ゲーミングに焦点を当てた超小型PC「OneGx1」だが、特徴的なゲームコントローラーを取り外すと、よりコンパクトな超小型PCとしても使えなくもない。キーボードでの文字入力がどんなものか、試してみようと思う。(2020/11/10)

Tech TIPS:
「Google日本語入力」を統合する「Gboard」で単語をユーザー登録する方法
スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEの辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Gboard」で単語を登録する手順を解説。(2020/9/30)

「F(x)tec Pro1」レビュー ポケットに収まるサイズ感、QWERTYキーは日本語入力が快適
「F(x)tec Pro1」は、スレートスタイルとクラムシェルスタイルとを使い分けることができる、ハードウェアQWERTYキーボード搭載のAndroidスマートフォンだ。本記事ではそのサイズ感やキーボード入力について検証していこう。(2020/8/10)

「Cosmo Communicator with HDMI」レビュー サイズ感からQWERTYキーの使い勝手までを検証
英国のPlanet Computersが開発した「Cosmo Communicator with HDMI」は、本体にQWERTYキーボードを搭載する、日本語対応のAndroidスマートフォンだ。そこで今回はキーの入力方法や日本語入力の仕方について解説していこう。(2020/7/30)

Oculus Quest、待望の日本語キーボード対応
ついに日本語キーボードがサポートされることがなかったOculus Goとは違い、Questは日本語入力が純正で可能になる。(2020/7/22)

Tech TIPS:
Windows PC買ったらまずはこれ [CapsLock]キーの有効活用法
日本語入力していたのにアルファベット入力になってしまった、といったことはないだろうか。これは、入力途中で誤って[CapsLock]キーを押してしまったためだ。このように[CapsLock]キーは、入力ミスを起こしがちだ。[CapsLock]キーはほとんど使うことがないので、無効化するか、[Ctrl]キーなどに割り当ててしてしまえばよい。その方法を紹介しよう。(2020/7/10)

富士通の「親指シフトキーボード」が2021年5月をもって終息 関連ソフトも販売終了へ
1980年に誕生した富士通の「親指シフトキーボード」。その販売が2021年5月をもって終息することになった。これに伴い、同キーボードをサポートするワープロソフト「OASYS」とIMEソフト「Japanist」などの販売も順次終了する。(2020/5/19)

iPad Pro用「Magic Keyboard」を試す プロ仕様のキーボードと日本語入力に満足
フルディスプレイを採用するiPad Pro用の純正アクセサリー「Magic Keyboard」が発売される。このキーボードは、Macと同じシザー構造のキーと、「Magic Trackpad」が一体となった製品。一足先に12.9型版iPad Pro用のMagic Keyboardを試用できたので、レビューをお届けする。(2020/4/20)

300g超えの重量級スマホ「Unihertz Titan」のQWERTYキーボードをじっくりと試す
中国のUniherzが開発した「Unihertz Titan」は、スレートボディーにハードウェアQWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォンだ。クラウドファンディングで目標額を超える支援者が集まり、2019年12月末から出荷された。約2週間使ってみたが、ハードウェアキーボードと日本語入力の使い勝手を評価した。(2020/2/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。