ニュース
» 2010年01月18日 19時15分 UPDATE

仕事耕具:沖データの5年間無償保証プリンタにA4カラー機、印刷速度はA3機並――菅野美穂も登場

沖データは、オフィス向けA4カラーLEDプリンタ「C610dn」「C711dn」の2機種を発表。A4用紙の印刷速度はカラー毎分34枚、モノクロ同36枚と、20万円以下の国内A4カラープリンタとしては「A3カラー機に匹敵するクラス最速レベル」だという。

[杉本吏, 鷹木創,Business Media 誠]

 沖データは1月18日、オフィス向けA4カラーLEDプリンタ「C610dn」「C711dn」の2機種を発表した。1月中旬発売で、価格はC610dnが12万3900円、C711dnが15万5400円。

st_oki01.jpgst_oki02.jpg C610dn(左)とC711dn(右)

A3カラー機に匹敵するスピード

 C610dn/C711dnは、沖データの5年間無償保証つきブランド「COREFIDO(コアフィード)」シリーズの新機種。専用LSIの開発により、スリープ時の消費電力を従来機種の17ワットから0.9ワットまで低減。エコマークグリーン購入法、国際エネルギースタープログラムの基準に適合している。

 A4用紙の印刷速度はカラー毎分34枚、モノクロ同36枚と、20万円以下の国内A4カラープリンタとしては「A3カラー機に匹敵するクラス最速レベル」(沖データ)。標準搭載している自動両面印刷時はA4用紙でカラー同25.5枚、モノクロ同27枚となっている。ウォームアップ時間(摂氏25度で定格電圧時)は、パワーセーブ復帰時が約35秒以内、パワーオン時が約60秒以内。ファースト印刷時間は、カラーが約9秒、モノクロが約8秒だ。

 印刷解像度は600×600dpi/600×1200dpi。給紙はC711dnが最大で1850枚、C610dnが最大で1600枚の大容量給紙にも対応する。また、多目的トレイの通紙性能を向上することで、1平方メートルあたり250グラムの厚紙にも印刷できるなど、用紙対応力を強化したという。このほかSDHCに対応したSDカードスロットを搭載。100BASE-TX/10BASE-Tに対応したネットワーク機能も備える。このほかインタフェースとしてIEEE std 1284-1994準拠双方向パラレルインタフェース(C711dnのみ)やUSB2.0を装備した。大きさと重さは、C610dnが435×604×340ミリ(幅×奥行き×高さ)、約23.9キロ(消耗品含まず)、C711dnが同じく435×604×389ミリ、約26キロ。

COREFIDOの売り上げは前年比120%増、菅野美穂「LEDの研究すごい」

st_kannno01.jpg 発表に駆けつけた菅野美穂さん

 沖データでは2011年に国内プリンタ市場で10%のシェアを狙う。「80万台が国内のプリンタ市場。COREFIDOの売り上げは昨年度比で120%で推移しているので、8万台の手応えは感じている。今年中にA3カラーのCOREFIDO化し、2011年度10%を目指す。また今後は複合機のCOREFIDOシリーズをラインアップしていく予定」(沖データ)

 沖データのプリンタラインアップは海外売り上げが8割だという。沖データの森丘正彦副社長は、「グローバルのマーケットということだと、(不況の影響で)欧米中心に厳しい情勢。対前年比では縮小しているし、プリンタの消耗品関係も各企業が抑制している状況だ。ただ、沖データとしてはマーケット全体の影響を受けるほどのシェアではないので、対前年比を地道に増やしていく」という。今回のC610dnとC711dnも官公庁など1日に印刷枚数の多いところや、装置の耐久性を求めるところに注力して販売する方針だ。

 沖データの杉本晴重社長は、新製品のコンセプトを「エコ」「タフ」「エコノミー」の3点と説明。「近年LED技術が注目を集めているが、沖データは30年前からLEDプリンタの研究開発を進めてきた」とし、「コスト面や耐久性にも優れオフィスの共有プリンタとして最適な製品」と自信を見せた。

 発表会場には沖データのCMキャラクター、菅野美穂さんも駆けつけた。「30年なんて、わたしの年齢と同じくらいです。そんなに長くLEDを研究しているなんてすごい」と感心。エコロジーについても「沖データのエコの取り組みを応援してください!」とアピールした。

 なお今回の両機種に併せて、回収リフィルリサイクルを前提とした純正トナーカートリッジ「Grow the Futureトナー(GFトナー)」も発売する。ブラック、イエロー、マゼンダ、シアンの4色を用意し、C610dn向けが1万4280円〜1万7640円、C711dn向けが2万3730円〜2万4400円。沖データによると、「価格は非リサイクル品よりも10%安い。対応機種は今後順次拡充していく」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ