ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不況」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不況」に関する情報が集まったページです。

2023年の倒産、8479件でバブル後の最多を更新 「飲食店」など3業種で急増
2023年の倒産件数は8497件で、バブル崩壊後で最も多かった。そんな結果が帝国データバンクが実施した調査で分かった。(2024/3/1)

「14億人でも住み切れない」空き家で中国不況深刻化、ジレンマは?
中国人民銀行(中央銀行)が20日、住宅ローン金利の目安に絞って利下げに動いた。住宅購入を促し、不況が深刻化している不動産市場の改善を狙うが、供給過剰といった問題を抱えて市況には浮上の兆しが見えない。(2024/2/21)

2023年に倒産した企業は8000件超 前年からの増加率はバブル崩壊以降で最悪に
帝国データバンクが企業倒産に関する集計結果を発表した。2023年は前年から2000件以上の増加となり、増加率はバブル崩壊以降で最悪となった。(2024/1/26)

小売・流通アナリストの視点:
本当の「消費」といえるのか? 大手百貨店の増収増益を手放しで賞賛できないワケ
物価上昇に多くの消費者が苦労している一方、好調を報じられているのが百貨店業界だ。長年、売り上げの右肩下がりが続き、構造不況業種ともいわれていた上に、コロナ禍で甚大なダメージを受けた百貨店業界。本当に回復期を迎えているのか、その現状を見てみよう。(2023/12/13)

スピン経済の歩き方:
ゼクシィの「同性カップル広告」狙いはどこに? 背景に未曾有のブライダル不況
結婚情報誌「ゼクシィ」の広告が話題になっている。JR渋谷駅の近くに、同性カップルや事実婚のカップルを起用したところ、賛否両論の声が……。(2023/12/5)

蔵出しブックレット
PCが全然売れなくなった「不景気」だけじゃない“もっと深い理由”って?
PCの売れ行きが世界的に芳しくありません。その理由の一つは不景気による買い控えだと考えられますが、専門家は「それだけではない」と指摘します。PCが売れなくなった“本当の理由”とは何なのでしょうか。(2023/11/25)

プログラミングのこれまでとこれから【第4回】
大人気になるプログラマーやエンジニア職「10選」はこれだ
世界的な不況が起きても、プログラマーやエンジニアなど技術職の雇用市場は活況だ。その中でもこれから特に需要が高まり、“引く手あまた”になる職種「10選」と、その仕事を紹介する。(2023/10/30)

プログラミングのこれまでとこれから【第1回】
不況でも稼げるプログラマーが知っている「プログラミング」の基本はこれだ
プログラマーの雇用市場は活況を呈している。雇用市場の概況から特に需要のある分野を見つつ、プログラミングの基礎知識をおさらいする。(2023/10/11)

企業の安易な姿勢:
リーマンショック15年 非正規の割合はどうなった?
米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破綻し、世界同時不況を引き起こしたリーマン・ショックから15日で15年を迎えた。世界を襲った金融危機の影響は遠く離れた日本にも波及。製造業を中心に非正規社員の雇い止めなどが相次ぎ、非正規雇用の待遇の悪さや不安定さが浮き彫りとなり社会問題に発展した。(2023/9/17)

湯之上隆のナノフォーカス(65):
史上最悪レベルの半導体不況に回復の兆し、生成AIという新たな“けん引役”も
“コロナ特需”から一転、かつてないレベルの不況に突入した半導体業界だが、どうやら回復の兆しが見えてきたようだ。本稿では、半導体市場の統計や、大手メーカーの決算報告を基に、半導体市場の回復時期を探る。さらに、業界の新たなけん引役となりそうな生成AIについても言及する。(2023/9/8)

就職氷河期世代「預貯金なし」単身世帯は3割超 老後はどうする? 
バブル崩壊で、就職が特に難しかった「就職氷河期世代」。氷河期世代は二極化が進み、単身世帯で貯蓄ゼロの人は、50代が39.6%、40代は35.8%とのデータもあり、老後資金の確保が課題となっている。(2023/9/7)

2023年前半のスマートフォン市場動向【前編】
AppleもSamsungも売れず好調なのは“あのスマホ”だけ 大不況の理由は?
かつては破竹の勢いだったスマートフォン市場に逆風が吹いている。一部のベンダーを除いて主要ベンダーの苦戦が続いている。需要低迷の理由や、その背景とは。(2023/8/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中国製BEVは今後どうなるか 避けられない現実
深刻なバブル崩壊を迎えている中国では、2022年にBEVへの補助金が終了した。今後BEVを生産するメーカーの行方は。(2023/8/21)

Cybersecurity Dive:
セキュリティ業界における資金調達額が大幅に減少、ベンダーにもたらす影響は?
インフレと景気後退に対する懸念によって、第2四半期のサイバーセキュリティ業界における資金調達額が大幅に減少した。こうした市場の混乱の影響で人員削減を余儀なくされた企業もある。(2023/8/13)

セキュリティ課題と企業経営【後編】
「不景気」「コロナ変異株」よりも脅威? サイバー攻撃に負けない企業になるには
PwCのレポートは、英国の経営層が抱くサイバー攻撃への危機意識を明らかにした。危機意識を持つことから脱出して、サイバー攻撃に強い企業になるために必要な能力とは。(2023/7/27)

サイバーエージェント、ゲーム事業で1億円の赤字 「ウマ娘」ヒット以来初の赤転 バブル崩壊か
サイバーエージェントは、2023年9月期第3四半期(4月〜6月)の連結決算を発表した。ゲーム事業の売上高は337億円、営業利益は1億円で赤字となり、同社は「収益性の高いゲーム事業が大幅減益となった」と理由を説明している。(2023/7/26)

「AI競争に打ち勝つために備えることが求められている」:
82%が「DXに投資しなければ取り残される」と回答 なぜ不況でもIT投資に注力するのか
Insight Enterprisesは、企業のデジタル投資についての調査結果を発表した。今回の調査では、10人に8人以上(82%)が、企業はDXに投資しなければ取り残されると回答した。(2023/7/13)

Cybersecurity Dive:
CISOの5人に3人が「2023年のサイバーセキュリティ予算は増加」
景気後退や経済の減速に対する懸念が広がる中、企業はサイバーセキュリティ予算を増やしている。(2023/7/9)

中小企業が重視するインフラ【前編】
中小企業が「不景気の今こそネットの速さが必要」だと考える理由
調査によれば英国の中小企業は、先行き不透明な経済状況で事業を維持するのに「高速なインターネット」が不可欠だと考えている。背景にあるのはどのような事情か。(2023/6/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「にじさんじ」ANYCOLORが“Google並み”急成長 YouTube不況にも強い納得の理由
VTuber事務所「にじさんじ」を運営するANYCOLOR(東京都港区、エニーカラー)が、黎明(れいめい)期のGoogleをほうふつとさせるような圧倒的な成長を遂げている。主流VTuberの引退が相次いだことで、一部では「VTuberはオワコン」などと言われる中、なぜ成長を維持できるのか。(2023/6/23)

海外セキュリティリーダーからの提言:
不況でも攻撃者は待ってくれない リソース不足の企業がまず検討すべき優先事項
不況下においては、限られたリソースで最大限効果的なセキュリティ対策を講じ、自社を守る必要があります。そのために検討すべき優先事項とは何でしょうか。(2023/6/22)

「2023年はオーケストレーションが成長を遂げる」:
データエンジニアリングは世界的な景気減速に直面 データエンジニアリングの現状をlakeFSがレポート
オープンソースのデータレイクバージョン管理システムを提供するlakeFSは、公式ブログで2023年のデータエンジニアリングの現状についてまとめたレポートを紹介した。(2023/6/16)

2023年2Q業績に見るAppleの戦略【後編】
不況でもAppleの「デバイス以外」が売れる理由とは
Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「Apple Pay」や「App Store」といったサービス事業の業績と、今後の同社の狙いを紹介する。(2023/6/13)

2023年2Q業績に見るAppleの戦略【前編】
「iPhone」「Mac」も“世界的不況”の渦中 その影響とは
Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「iPhone」「Mac」など各デバイスの業績や、同社のデバイス事業の戦略について解説する。(2023/6/6)

Google CloudのESG調査から【前編】
Google調査で分かった「景気悪化でESGを後回しにする企業」が直面するリスク
Google Cloudの調査によると、企業は景気悪化を背景にESG活動の優先度を下げる傾向が強まっている。経営幹部がESGの予算を削減しようとする動きに対して、専門家は警鐘を鳴らす。なぜなのか。(2023/5/30)

プレイバック注目コンテンツ:
忍び寄る不況が広告業界に及ぼす影響を占う
2023年のマーケターが向かうのは天国か地獄か。(2023/4/30)

大山聡の業界スコープ(64):
想定以上に深刻な半導体不況、待たれる5Gサービス
今回の半導体不況の実態や回復の見込み、そのタイミングについて考えてみたい。(2023/4/12)

2023年以降、企業が投資を増やすITサービスは? IDCが予測
世界的なインフレや景気後退懸念といった不安材料がある中で、2023年以降の国内ITサービス市場はどうなるか? IDCの予測から、国内企業が先行き不透明な中でも積極的に投資するITサービスがみえてきた。(2023/4/10)

ハルメク編集長に聞く:
【後編】新規上場ハルメクの快進撃 爆売れの裏側にある、地道な作業と圧倒的データ量
ハルメクホールディングス(新宿区)が3月23日、東京証券取引所グロース市場に新規上場した。同社は年間定期購読誌「ハルメク」の出版を柱に、Webメディア「ハルメク365」、通販、セレクトショップの運営など幅広いシニア女性向け事業を展開することで知られている。出版不況が続く中、シニア女性向けというニッチな領域で、かつ定期購読という特殊なプロダクトをどのように成長に導いたのか。山岡朝子編集長に話を聞いた。(2023/3/31)

ハルメク編集長に聞く:
【前編】新規上場ハルメクの快進撃 「こんなの全然読みたくない」といわれた雑誌が無双するまで
ハルメクホールディングス(新宿区)が3月23日、東京証券取引所グロース市場に新規上場した。同社は年間定期購読誌「ハルメク」の出版を柱に、Webメディア「ハルメク365」、通販、セレクトショップの運営など幅広いシニア女性向け事業を展開することで知られている。出版不況が続く中、シニア女性向けというニッチな領域で、かつ定期購読という特殊なプロダクトをどのように成長に導いたのか。山岡朝子編集長に話を聞いた。(2023/3/30)

“SaaSバブル崩壊”でも54億円調達、京都のスタートアップが実現できたワケ 経営陣に裏側を聞いた
2月に54億円の調達を発表した京都のスタートアップ・Baseconnect。”SaaSバブル崩壊”が叫ばれる中で、調達に成功した理由は。経営陣に聞いた。(2023/3/20)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
グーグル・メタを差し置いて、アマゾンの広告事業が伸び続ける3つの理由
米国のテック業界で不景気が続いている。グーグルやメタの広告収入が大きく減少している中、アマゾンの広告事業は前年同期比19%増と好調だ。なぜ、アマゾンの広告事業は伸び続けるのか、その裏側とは──?(2023/2/28)

働き方をさらに変える「人事トレンド」4選【第3回】
「テレワーク終了のお知らせ」が不況で続出か “テレワーク定常化”の可能性も
テレワークは今後も“当たり前の働き方”になるかどうかは定かではない。専門家の間には「不況でテレワークを終わらせる動きが加速する」との見方がある一方で、“別の可能性”を指摘する声もある。(2023/2/27)

不況で「サイバーセキュリティ部門の優位性」が高まる:
日本は「他社で解雇されたサイバーセキュリティ人材採用」に前向き (ISC)2
(ISC)2は、調査レポート「How the Cybersecurity Workforce Will Weather a Recession」を発表した。景気後退局面がサイバーセキュリティ部門に与える影響を評価したもので、同社は「サイバーセキュリティ部門の戦略的優位性が高まっている」としている。(2023/2/27)

景気後退がセキュリティ部門に与える影響は? (ISC)2が調査レポートを公開
(ISC)2は「景気後退期におけるサイバーセキュリティ業界への影響」に関する調査レポートを公開した。同調査から、レイオフの影響を受けやすい部門や優先的に採用・再雇用する部門が明らかになった。(2023/2/24)

ついにAlphabetも 吹き荒れる人員削減の嵐【後編】
IT大手“人材削減の嵐”の影にあった「不景気」よりも深刻な事情
Alphabetが1万2000人の削減を発表する数カ月前に、同社の大株主であるTCI Fund Managementは、Alphabetに“ある苦言”を呈していた。その内容は。(2023/2/23)

CIO Dive:
Microsoftの「損して得を取る」戦略の行方は? 大口顧客に節約ムード
8年ぶりの低成長率となったMicrosoft。景気減速を受けて顧客企業に節約ムードが広まる中、同社は「損して得を取る」戦略をとるようだ。順調な成長が続く“虎の子”のクラウドでMicrosoftがとる戦略は吉と出るか、それとも…。(2023/2/21)

トレンドは「データ管理」――企業のデータ戦略を調査 先進技術活用も
IT投資の腰が重い日本も、データ管理への投資は積極的であることが分かった。景気後退で予算縮小傾向にあっても各社積極投資を進める。先進企業は既にその「先」の施策に移りつつあるようだ。(2023/2/20)

苦戦するPC市場 その変化とは【後編】
PC不況でもLenovoのPCを買い続ける“あの国”とは?
2022年第4四半期、大きく落ち込んだ世界のPC出荷台数。PCベンダーごとのPC出荷台数の内訳を見ると、国や地域によって市場の動きに微妙な差異が生じていることが分かる。Gartnerの見解を基に、実態を探る。(2023/2/17)

Marketing Dive:
ChatGPTは不況で広告予算を削られまくるマーケターを救うか?
対話型AIツール「ChatGPT」が広告業界でも注目を集めている。このツールは、広告の世界をどのように変えるのか。(2023/2/13)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
米国IRA法で盛り上がる製造業、盛り上がらない製造業
全体的には不景気が予測されています。(2023/2/6)

Marketing Dive:
不況下で注目を集める新興ソーシャルメディアの「意外な名前」
不況下の米国では広告予算の再配分が重要な課題となっている。調査会社Advertiser Perceptionsのレポートによると、かなりの数の広告主が最近ソーシャルメディア予算を増やしている。(2023/2/6)

Marketing Dive:
パンデミック特需終了でもモバイルアプリは成長を持続、2023年のマーケターの生きる道は?
2022年のアプリインストールの成長率は、不況への懸念やAppleのプライバシーポリシーへの対応、デジタル投資の後退傾向など、さまざまな事情を反映しているように見える。(2023/1/26)

CIO Dive:
レイオフの中でも求められ続けるIT人材は?
2022年は景気悪化もあり米国企業ではレイオフが頻発した。多くの労働者が解雇されたが、そんな中でも技術職の需要は高まっており、失業率は低下している。2023年もDXに注力する企業は多く、エンジニアの争奪戦が続きそうだ。(2023/1/25)

トップの英国は9.119%、日本は1.989%:
G7で最も低いインフレ率の日本は世界的な経済環境の変化にどう立ち向かう? ガートナーが調査
ガートナージャパンは、世界的なインフレや景気後退が日本企業に与える変化とIT投資への影響に関する調査結果を発表した。ビジネス成長にとっての脅威は、制御不能なインフレと景気後退で、これらが日本企業に影響を及ぼしている。(2023/1/12)

アナログ・デバイセズ 代表取締役社長 中村勝史氏:
PR:「顧客第一」を貫き安定供給目指す、産業・医療・自動車で成長狙うアナログ・デバイセズ
アナログ・デバイセズは、2020年以降の急激な半導体需要の拡大に対し積極的な生産能力拡大を図ることで多くの需要に対応。直近の2022年10月通期業績でも過去最高売上高を更新した。「まだ一部で需要はひっ迫している」とし2023年も積極投資を継続しながら「景気後退が生じても中長期的に半導体需要は拡大が続く。成長が続くアプリケーション分野での課題解消に向けたソリューションを顧客第一の姿勢で提供する」と語るアナログ・デバイセズ日本法人代表取締役社長の中村勝史氏に2023年の事業戦略を聞いた。(2023/1/12)

Microchip Technology 社長兼CEO Ganesh Moorthy氏:
PR:2023年も成長の勢いは止まらない、優先納品プログラムで需給の不均衡に対処するMicrochip Technology
5GやIoT、自動運転、AIなどの「6つのメガトレンド」およびトータルソリューションを成長の鍵とするMicrochip Technologyは、サプライチェーンの制約が厳しい状況にあった2022年も、堅調に成長を続けた。足元では世界的な景気後退の懸念が高まるが、同社は2021年に導入したPSP(優先サプライヤープログラム)を活用しながら、引き続き生産能力の増強などを進めていく方針という。「2023年も成長の勢いが続く」と語るMicrochip Technologyの社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるGanesh Moorthy氏に、2023年の事業戦略を聞いた。(2023/1/10)

Marketing Dive:
2023年の広告費を「堅調」と予測 不況の香りがしても広告代理店が強気な理由
決して好景気が続くとは言えない状況の中でも、広告代理店の幹部たちは2023年の広告費は堅調だと予測する。その理由とは。(2023/1/9)

ウツクシルエットパンツ:
アパレル大不況の中、爆売れした“きれいめパンツ” 背景にある緻密な戦略とは?
コロナ禍で外出着の需要が減り、アパレル業界は大きな打撃を受けた。そんな中でも、右肩上がりに売れ続けているアイテムがある。アダストリアのブランド「グローバルワーク」が提供する「ウツクシルエットパンツ」だ。通常、オフィスで働く女性からの需要が多い“きれいめパンツ”がなぜ今、売れているのか。ヒットの秘訣を聞いた。(2022/12/29)

IT人材採用市場の好景気は続くのか【後編】
不景気でも引く手あまたの“売れ筋ITスキル”とは?
景気後退の中でも、IT職の“売り手市場”はしばらく続く見通しだ。特にどのようなスキルを持つIT職へのニーズが高いのか。専門家の見解は。(2022/12/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。