ニュース
» 2009年07月13日 14時12分 UPDATE

IDC Japan調べ:CRMアプリ市場、成長路線への回復は2010年後半

IDC Japanによると、CRMアプリケーション市場の前年比成長率が底を打つのは2009年の3.2%。2010年の後半には成長路線に回復する。

[ITmedia]

 国内におけるCRM(顧客関係管理)アプリケーションの市場規模(2008年)は507億4900万円で、前年より5.0%のプラス成長を遂げたことが調査会社IDC Japanの発表で分かった。CRMアプリケーションは不況下においても成長する数少ないパッケージ製品だが、2007年の前年比成長率と比べて10.1ポイントの減少となった。

 IDC Japanによると、CRMアプリケーション市場の前年比成長率が底を打つのは2009年の3.2%。2010年の後半には成長路線に回復する。2009年から2013年において、市場規模は年平均成長率4.3%で成長し、2013年には625億7000万円に達する。

 同社はCRMアプリケーションに対するユーザー企業の評価も集めた。その結果、「顧客情報管理やデータベースの構築」といった面での導入効果は評価されているものの、売り上げの拡大やコスト削減に直結する「既存顧客のリピート率の向上、新規顧客の獲得」などは評価されていないことが明らかになった。

国内CRMアプリケーション市場の規模と前年比成長率の推移 国内CRMアプリケーション市場の規模と前年比成長率の推移、2006〜2008年(出典:IDC Japan)

関連ホワイトペーパー

CRM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -