ニュース
» 2009年09月10日 12時00分 公開

SSDでクラウド支援:アダプテック、SSDベースのキャッシュアーキテクチャ製品を出荷

データセンター向けストレージソリューションを提供するアダプテックはデータセンターやクラウドコンピューティング環境の効率性を向上させる「MaxIQ SSDキャッシュパフォーマンスキット」を9月30日に出荷開始することを発表した。

[ITmedia]

SSDの強みを既存機器で活用

 「MaxIQ SSDキャッシュパフォーマンスキット」(MaxIQ)はMaxIQ SSDキャッシングソフトウェアと32Gバイトのインテル製SSDキャッシュを組み合わせたもの。読み出し頻度の高いデータを見分けて、このデータをSSDキャッシュ内に格納し、次に読み出し要求があった際により速く取り出すことで、リード性能を最適化する。この機能は特許出願中の「ラーンドパス」アルゴリズムをベースにしている。

 MaxIQはデータセンターなどで採用されている業界の標準的なサーバを、コスト効率が高いハイパフォーマンスサーバにすることを可能にする。活用の際には、1つのMaxIQ SSDキャッシュプールとSATAまたはSASハードディスクとで構成されたハイパフォーマンスハイブリッドアレイ(HPHA)を作成することで、サーバプロセッサとハードディスクサブシステム間のパフォーマンスギャップを小さくする。

 データセンター管理者は、HDDだけのアレイに比べてアプリケーションのパフォーマンスを最大で5倍加速することが可能だという。

 クラウドシステムの構築件数が加速し、利用者の増加が進行すると、データセンター事業者や企業ユーザーにとって機器の追加負担が大きくなる。I/O負荷が集中する状況で、エンドユーザーの利便性を確保する方策として、HDDに比べファイルへのアクセススピードが早いSSDは注目されている。しかしデータを読み込むデバイスがSSDのみの機器はコスト高になるという欠点があった。MaxIQは頻繁にアクセスするファイルを独自のアルゴリズムで解析してSSDにキャッシュとして格納するので、利用期間が長くなればなるほど、利便性が高くなるという。また同製品は既存のサーバに装着するだけでいいので、コスト負担も低くなる利点がある。

MaxIQ SSDキャッシュパフォーマンスキット

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -