ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「RAIDコントローラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RAIDコントローラ」に関する情報が集まったページです。

PR:「あれ、消えている……」 そんな“絶望”を防げ! ファイルサーバのデータ保全とセキュリティを両立、ソリトンシステムズの新提案
基幹システムならばともかく、ちょっとした拠点でのデータ共有・保存となると、予算の制約もあって現場の運用頼り、あるいは市販のNAS頼りというケースは少なくない。ソリトンシステムズではそんな悩みを抱える現場に新たな選択肢を提供する。それも監査・セキュリティ機能付きでだ。(2019/5/30)

用途に応じて選ぶ
いまさら聞けない「RAID 6」「RAID 10」の違い 比較のポイントは?
RAID構成にはさまざまな選択肢がある。それぞれの微妙な違いを理解するのは難しい。広く利用されている「RAID 6」と「RAID 10」のどちらにも明確な長所と短所がある。(2019/4/4)

ラックスケールPCIeの落日?
「高価でも価値がある」PCIeがNVMe-oFに負けた理由とは
NVMe-oFの普及は目覚ましい。NVMe-oFプロトコルを採用したストレージシステムが増える中、ラックスケールのPCIeが衰退した理由を探ってみる。(2018/11/15)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(120):
こんにちはWindows 10 October 2018 Update、さようならRemoteFX 3Dビデオアダプター
2018年10月2日(米国時間)、最新のWindows 10とWindows Server 2019がリリースされました(その後、重大な問題が報告されたようで、10月6日に提供が停止されました)。筆者がInsider Previewビルドで気が付いた、Hyper-Vから表面上、消えてなくなってしまう機能を正式版(RTM)で確認してみました。(2018/10/9)

ビジネスにお得なサーバを探している人のための必須知識:
PR:企業やクラウドサービス事業者が採用するサーバ、5つの「Did You Know?」
「サーバなど、もうどれも変わらない」「サーバは安ければ安いほどいい」――。そう考えている人こそ知っていただきたい、いわば「Did You Know(知っていましたか)?」と言いたくなるポイントがある。表面的なコストではなく、TCO(総所有コスト)を下げるために、どれも欠かすことはできない。今回ご紹介したいのは、意外なほどハードウェアの差別化に執心する、サーバベンダーの話だ。(2018/4/23)

週末アキバ特価レポート:
プレクの1TB SSDがアウトレットで税込み1万6200円に
オリオスペックが20周年を記念した大規模なアウトレットセールを実施。SSDやHDDの他、RAIDカードや音響アイテムまで特価を用意している。(2018/4/14)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
最終回 NASで断捨離すると、いいこともいろいろ
ファイルサーバとしてNASを導入してみよう。今回は、管理する立場から見た、WindowsファイルサーバとNASの管理機能の違いや、NASだと便利な機能などについて解説する。(2018/1/31)

さらなる“次世代”も視野に
SSD市場の主流に躍り出るNVMe SSDストレージ、なお残る課題は?
ストレージベンダーは、「NVMe」がSSDの業界標準の接続規格になるとの見解で一致している。だが、NVMeにはコストや構成の課題があり、それらが克服されなければならない。(2018/1/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
4面ガラス張りケースのホワイトモデル登場でアキバが沸く理由
コルセアのガラス張りケース「Crystal 570X RGB」に赤と白モデルが登場した。なかでも注目を集めているのは白だ。そのほか、Ryzen 3やPCIe x16接続のM.2 RAIDカードもデビューしている。(2017/7/31)

PR:HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.2】
2017年7月20日、企業のITインフラやクラウド基盤の在り方を変える「新たな指針」が示された。顕在化しつつあるハードウェアレベルまで深化したセキュリティリスクを、「ハードウェア主導のセキュリティ技術で未然に防ぐ」という革新的なアプローチだ。ついに登場したHPE Gen10 サーバー プラットフォームが打ち出したコンセプトは、『世界標準の安心サーバー』である。HPEのキーパーソンに聞いた。(2017/7/24)

PR:HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.1】
デジタル化は、ビジネスやサービス、暮らしの中の体験にまで大きな変革をもたらした。イノベーションが従来の常識を次々と変えていく中、これを支える情報テクノロジーもまた大きな進化を遂げている。今、ITの世界でどんな変化が起こりつつあるのか、そして、これからどう変わるのか。日本ヒューレット・パッカード(以下、HPE)でデータセンター・ハイブリッドクラウド製品ビジネスの指揮を執る本田昌和氏に聞いた。(2017/6/22)

他の製品とどこが違う?:
PR:ついに日本上陸! ハイパーコンバージドインフラの本命SimpliVityの魅力を一挙紹介
ハイパーコンバージドインフラの最有力製品「SimpliVity」が、とうとう日本に上陸した。しかも、日本ヒューレット・パッカードの充実したワンストップサポートを受けることができる。この製品はなぜ高い評価を受け、多くの企業に採用されてきたのか。その魅力をまとめて紹介する。(2017/6/16)

メモリとストレージの混載でOpenStackが変わる
未来の規格「NVDIMM」がOpenStackローカルストレージを画期的に変える
OpenStackのローカルストレージの選択肢は多岐にわたる。依然としてHDDが適切な場合もあればNMVe準拠のSSDのニーズもある。ベストな選択肢について考える。(2017/6/15)

「ストレージ」から見る仮想化の今【前編】
VMware vs. Microsoft“仮想化戦争”の舞台が「内部ストレージ」に移った訳
仮想化ベンダーが技術開発の中核にストレージを据え始めている。前編では、特に動きが活発なサーバの内部ストレージを活用した仮想化技術の最新動向を追う。(2016/11/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(61:特別編):
「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その2)
本連載では、Windows Server 2016による「Windows Hello for Business」のオンプレミス展開を実機で検証し、実装のポイントやユーザーエクスペリエンスをレポート。今回は、検証に必要な要素とクラウドのAzure ADを準備するまでを解説します。(2016/11/4)

週末アキバ特価レポート:
今回は早い者勝ち! オリオが「ストレージ処分市」を開催
9月10日、オリオスペックが大量のNASキットやRAIDカードを放出特価で売り出す「ストレージ処分市」を開催する。恒例のアウトレットセールと違い、今回は早い者勝ちでいくとのこと。(2016/9/10)

病院内の限られたスペースに設置可能なコンバージドインフラとは?:
PR:高性能な画像診断支援システムを、コンパクトな共有インフラストラクチャに統合して仮想環境を実現
(2016/6/9)

富士通セミコンダクター MB85RQ4ML:
従来比4倍の速度でデータのリード/ライトができるクアッドSPI FRAM
富士通セミコンダクターは、54Mバイト/秒のデータ転送が可能な4Mビット クアッドSPI FRAM「MB85RQ4ML」を開発し、サンプル提供を開始した。(2016/3/10)

Silverstone、USB 3.1 Type-C増設カードなど計3製品を発売
ディラックは、台湾SilverStone Technology製となるPCIe接続対応拡張カード計3製品の取り扱いを開始する。(2016/3/9)

富士通セミコンダクター MB85RQ4ML:
54Mbpsのデータ転送ができるクワッドSPI FRAM
富士通セミコンダクターは、4Mビット クワッドSPI FRAM「MB85RQ4ML」のサンプル提供を開始した。108MHz動作で54Mバイト/秒のデータ転送速度を可能にしている。(2016/3/4)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第10回 オブジェクトストレージの宿命、容量効率を高める方法とは?
大量のデータを効率的に扱えるオブジェクトストレージですが、データの堅牢性を高めようとすれば、やはり容量が増えてしまいます。今回は容量を押さえつつ堅牢性を高める「イレージャーコーディング」をご紹介します。(2016/2/10)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第14回 「延命措置」で旧システムからDocker環境に移行する方法
古いIT資産をDocker環境へ移行するには多面的な検証が必要です。今回は「延命措置」のシナリオから、実際に古い物理サーバからDocker環境へ移行する手順を紹介します。(2016/1/20)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
「SSD最強説」はなぜ生まれたのか
現在、企業システムへの導入が進んでいるSSD。その勢いはどこまで続くのでしょうか。最新記事ランキングから編集部のお薦め記事を紹介します。(2015/12/22)

自社の環境に適した製品を選ぶコツを紹介
成熟へと向かう「ハイパーコンバージドインフラ」、“鉄板”製品の選び方は?
ハイパーコンバージド市場が競合ベンダーの製品によって膨らんだ結果、ハイパーコンバージドシステムの選定が困難になっている。選定に欠かせない条件を紹介する。(2015/12/7)

@IT編集部が性能を検証! 最新サーバーはここがスゴイ:
PR:スモールビジネスやブランチオフィスに最適な「ThinkServer TS140」〜小さなボディに詰め込まれた欲張りな価値〜
レノボ・ジャパンの「ThinkServer」シリーズのエントリーモデル「ThinkServer TS140」は、省スペース、静音設計でありながら、エンタープライズクラスの性能と信頼性、管理性を併せ持つタワー型サーバーです。その実力を@IT編集部が独自に検証しました。(2015/11/30)

VSANの性能向上に期待:
VMware Virtual SANでNVMeフラッシュを選択可能に
VMware Virtual SAN(VSAN)でNVMeフラッシュが正式に利用可能に。性能評価の資料を含む情報をJohn Nicholson氏がブログで公表した。(2015/11/19)

集結! 栄誉ある人柱たち:
PR:マスターたちが考えた「さいきょうのZ170A GAMING M5しすてむ」はこれだ!
インテルの最新CPUアーキテクチャを採用した“Skylake”こと第6世代Coreプロセッサー・ファミリーが登場。対応する最新マザーボードを使い倒してもらった!(2015/9/30)

DRBDの仕組みを学ぶ(1):
DRBD(Distributed Replicated Block Device)とは何か
障害監視ツールなどと一緒に使うことで、サービスの継続提供を助けるDRBD。Linuxカーネルに統合されている機能ですが、上手に使いこなしているでしょうか? 本連載では、DRBDの動作や使いどころを順を追って紹介していきます。(2015/9/4)

200GバイトのmicroSDXCカードも登場
HDDよさらば システムが「SSD一色」になる日は近い
HDDの先行きは日ごとに厳しくなっている。SSDストレージが高密度化し、RAIDアルゴリズムが時代遅れになり、高速な相互接続によってフラッシュの優位性が高まっていることが要因だ。(2015/7/22)

ESEC2015特別企画ブースリポート(東芝社会インフラシステム社):
PR:東芝の産業用PCはどうやって「高信頼」を実現したか、その秘密を探る
産業用PCには、24時間動き続ける信頼性とさまざまな現場で使える耐環境性、それに長期間使える長期供給が欠かせない。設計から部品選定、メンテナンスまでを“オール東芝”で提供する同社の産業用PCがなぜ高信頼なのか、ESEC2015で担当者に話を聞いた。(2015/6/17)

1ランク上のNAS専用HDD:
“WD Red”を超える高信頼性HDD――「WD Red Pro」を選ぶ理由
NASに搭載するHDDは「WD Red」で決まり!? ……いえいえ、上には上がいるんです。(2015/5/14)

HDDメーカーならではの安心感:
外付けHDDに「My Book Duo」を選ぶ8つ理由
大容量化するデジタルコンテンツを保存するために外付けストレージが欲しい、そんな人は外付けHDDながら高速かつ大容量の「My Book Duo」に注目!!(2015/1/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
来るか、新“光モノ”時代――虹色に光るキーボードが続々登場
バックライトを1680万色でカスタムできるゲーミングキーボード「BlackWidow Chroma」が注目を集めている。ほかにも複数の“虹色発光キーボード”が人気を集め、新たなブームの兆しが見られる。(2014/11/4)

「NAS専用」はダテじゃない:
PR:NASキット導入で気をつけたいHDD選びのポイント
家庭内でマルチデバイス化が進み、ますます活躍の場が広がったNASキット。しかし、NASを導入する際には注意しておくべきことがある。それがHDD選びだ。(2014/9/30)

Tech TIPS:
STOPエラーからWindows 7を回復させる
突然Windows 7が青色の画面を残して起動できなくなった! 何度再起動してもSTOPエラーの画面が表示されてしまう。この状態からWindows 7を回復させるための基本的な手順を説明する。(2014/8/25)

@IT編集部が徹底検証!最新サーバーはこんなにイイ!:
PR:Windows Server 2003からの移行に NEC Express5800シリーズを選ぶワケ
今でもWindows Server 2003ベースの古いファイルサーバーを運用しているならば、できるだけ速やかに新しいサーバーへ移行することをお勧めしたい。その理由はハードウェアの故障率の高まりや製品サポート終了によるセキュリティリスクの増大の問題だけではない。最新環境に移行することで、ファイルサーバーの性能とデータ格納効率は向上し、社員のPC環境を大幅に改善できるからだ。(2014/6/23)

価格は約50万円!!:
「MASTERPIECE i1440PA1-SP-DOC-CL」――圧倒的なスピード! すべてが豪華仕様のオーバークロックゲーミングPC
オーバークロック(OC)というのは、実際には簡単なのだが、どこかとっつき難さがある。しかし、そんなOCが保証された範囲内で、さらにボタン1発でできるとしたらどうだろう。G-Tuneブランド「MASTERPIECE i1440PA1-SP-DOC-CL」を試した。(2014/5/8)

サードウェーブテクノロジーズ、Xeon E5を採用した1U/2Uラックマウントサーバ
サードウェーブテクノロジーズは、中小規模向けのXeon E5搭載ラックマウントサーバ「RS5221-1U」「RS5221-2U」を発売する。(2014/4/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
“XP乗り換え需要”で512バイトセクタHDDの人気が上昇中
物理フォーマットが512バイトセクタのHDDやPCI Express x1接続のグラフィックスカード、ECC対応の高速DDR3メモリなど、ピンポイントで需要があるパーツをチェック。(2014/2/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
2.5インチベイつきCore i5搭載NUC登場で「大本命、でも品薄かも……」
NUCのなかでも売れ筋のCore i5搭載NUCに新モデルが登場し、「最強のヒット候補」として話題を集めている。ただし、初回の流通量を懸念する声も。(2014/2/10)

サーバからシステム運用を変える:
PR:製品開発者に聞く、サーバ起点でシステム運用を変えるアプローチ
富士通はPCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY」において、「統」「柔」「省」という視点からシステム運用の変革に取り組んでいる。これら漢字一文字それぞれには、富士通が企業の課題を解決するモノづくりを継続して追求していくという意味が込められている。(2014/2/4)

NEC、最大20%処理性能を向上させたIAサーバ7機種を発売
「Express5800シリーズ」の新機種では最大10コアの「インテル Xeon プロセッサー E5-2400v2製品ファミリー」などを採用する。(2014/1/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
単品で買えるDSP版Windows 7が登場するも「まずは従来版が売れていくでしょう」
マシン組み込みかパーツとのセット販売が前提であるDSP版のWindows 7に、単品で買える新パッケージが登場した。ただし、パーツとセットのほうが安かったりする……。(2014/1/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
ファン穴のSSDベイ化やタブレットのサブ液晶化――技アリ系新製品ラッシュ
年の瀬に向けて新製品ラッシュが起きているアキバ。超ハイエンド級製品が次々に投入される中、経験豊富な店員たちに発想と実用性で高評価されるアイテムが独特の存在感を放っていた。(2013/12/24)

年末ファン感謝祭:
玄人志向ファンがアキバに集う!! 「玄人志向大感謝祭 2013」
玄人志向が年末のユーザー参加型イベントを実施。来年投入予定の未発表製品を紹介しよう。(2013/12/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
板状ボディで静音! AVラックに似合う新型QNAPが登場
年の瀬はNASが売れる季節。データ整理目的だけでなく、マルチメディアファイルの貯蔵庫としてNASを求める人も多い。そこに突き刺さる新モデルが売り場に並んで話題を集めている。(2013/12/16)

アユート、mSATA対応RAIDカード「PM-MSATA22GT-R」
mSATA SSDを2枚使ってPCI Express接続のSSDに変えるRAIDカード。(2013/12/11)

PR:オープンソースによるスケールアウト型NASがストレージの新たな地平を切り開く!
ビッグデータ時代の到来により、多様なデータの管理を目的に企業導入が進められてきたネットワーク接続ストレージ(NAS)。ただし、データが急速に増加する中、NASに対する企業ニーズと実際の機能の間にかい離が生じている。そうした状況を打破するのが、レッドハットのスケールアウト型NASストレージソフトウェア「Red Hat Storage Server」と、それを軸に展開するパートナー各社のソリューションである。(2013/11/13)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第2回 Hyper-Vと最新のストレージ・テクノロジの併用
Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する設計ガイド。今回はHyper-Vの性能を引き出すストレージ技術のトレンドや機器選択ガイド、設計上の注意点などについて解説する。(2013/9/26)

NEC、最新版Xeonプロセッサ搭載のサーバ新製品を発売
「インテル Xeon プロセッサー E5-2600v2」を採用したExpress5800シリーズの新製品4モデルを発表した。(2013/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。