ニュース
» 2020年10月05日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:連続読み出し毎秒7000MBのPCIe 4.0 M.2 SSD「980 PRO」がデビュー (1/4)

PCIe 4.0に対応するサムスンのM.2 NVMe SSD「980 PRO」が売り出され、そのスピードに注目が集まっている。また、Antecの高級キロワット電源やRazerのワイヤレスキーボードも登場した。

[古田雄介,ITmedia]

 先週はサムスンの新しいSSD「980 PRO」シリーズが複数のショップで話題を呼んでいた。1TB/500GB/250GBの3モデルがあり、価格は順に2万5000円前後と1万6000円前後、1万円前後となる(税込み、以下同様)。

→・“異次元の速度”を達成 コンシューマー向け最速クラスの「Samsung SSD 980 PRO」 の実力を試す

Samsung SSD 980 PRO サムスンの「980 PRO」シリーズ

「970 EVO Plusの2倍速い」――980 PROに注目が集まる

 2019年2月に登場した「970 EVO Plus」に続く、同社のM.2 NVMe SSDの最新モデルで、PCIe 4.0をサポートし、シーケンシャル速度が大幅に向上したのが特徴だ。1TBモデルで比較すると、シーケンシャルリードは毎秒3500MBから7000MBに、同ライトは毎秒3300MBから5000MBにいずれも上がっている。

Samsung SSD 980 PRO Type 2280のM.2 SSDだ

 入荷したパソコンSHOPアークは「PROシリーズの系譜でみても、(2018年5月発売の)970 PROの2倍かそれ以上にアップしています。NANDが2bit MLCから3bit MLC(TLC)に切り替わって、パフォーマンス重視の仕様になった感がありますね」と話していた。

 この高速化を受けて、オリオスペックはHighPointのRAIDカード「SSD7505」に980 PRO 1TBを4枚装着してRAID 0のベンチマークテストを実施。シーケンシャルリードが毎秒25GB、同ライトが毎秒19GBのハイスコアをたたき出したという。

 同店は「PCIe 4.0の帯域を堪能できるカードですね」と高く評価する。モデルごとの人気は1TBモデルが他を圧倒しているそうだ。

Samsung SSD 980 PRO オリオスペックのベンチマーク結果

 次に、トレンドが続くキロワット級電源の動きを追った。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう