ニュース
» 2009年12月02日 07時38分 UPDATE

Googleの2009年検索ランキングも1位はマイケル・ジャクソン

米国では「Twitter」がマイケル・ジャクソンを抑えて1位だった。

[ITmedia]

 米Googleは12月1日、毎年恒例の検索語ランキング「Year-End Zeitgeist」の2009年版を発表した。zeitgeistとはドイツ語で「時代精神」という意味で、このランキングでは検索された回数だけでなく、前年に比べて頻度が高くなったかどうかも加味しているという。

 世界全体での急上昇ワード1位は6月に亡くなったマイケル・ジャクソンと、BingYahoo!のランキングと同じ結果になった。2位はFacebook、3位はTuenti(スペインのSNSサイト)、4位はTwitterと、上位をソーシャルネットワーキングサービスが占めた。Twitterは米国ではマイケル・ジャクソンを抑えて1位になっている。日本のGoogleでは別途「○○とは?」のランキングも発表しており、Twitterはこちらで1位になっている。

 世界、米国、日本の2009年の急上昇ワードランキングは以下の通り。

検索急上昇語トップ10
順位 世界 米国 日本
1 michael jackson twitter ドラゴンクエスト 9
2 facebook michael jackson 田中 美絵子
3 tuenti facebook bing
4 twitter hulu 北野 誠
5 sanalika hi5 シンケンジャー
6 new moon glee デモンズソウル
7 lady gaga paranormal activity 酒井 法子
8 windows 7 natasha richardson ダンプ 松本
9 dantri.com.vn farrah fawcett 銭ゲバ
10 torpedo gratis lady gaga 仮面ライダー ディケイド
(出典:Google)

 ランキングには入っていないが、新型インフルエンザについては「schweinegrippe」「gripe porcina」「豬流感」「h1n1」「swinskiej grypy」「sikainfluenssa」とさまざまな用語で検索されたとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -