ニュース
» 2009年12月09日 08時17分 UPDATE

Google ChromeのMac、Linux向けβ版および機能拡張のβ版がリリース

GoogleがWebブラウザ「Google Chrome」のMac版、Linux版をようやくβ公開した。同時に、こちらも待たれていた機能拡張を300以上のツールを登録したギャラリーとともにβ公開した。機能拡張は最新β版にのみ対応する。

[ITmedia]

 米Googleは12月8日、Webブラウザ「Google Chrome」のMac版、Linux版および機能拡張を、それぞれβ版として公開したと発表した。

 Mac版は、2008年9月にGoogle ChromeがWindows向けにリリースされた直後から望まれていたが、ようやくβ公開となった。Mac OSのパスワード管理機能「キーチェーン」への対応、操作でのアニメーション表示など、Macに最適化しつつ高速だという。Mac向けβ版はGoogle Chromeのサイトからダウンロードできる。

chrome mac アーティストによるテーマも適用できる

 Linux版はGNOMEKDEに対応し、アップデートはパッケージ管理システムで行う。Linux版の開発にはGoogle社外の50以上の開発者がコードを提供しているという。Linux向けβ版もGoogle Chromeのサイトからダウンロードできる。

 機能拡張は、WindowsとLinux向けのβ公開。正式版Google Chromeではまだ使えず、最新のβ版にのみ対応する。Mac版はβとして公開できるレベルではないが、近く開発者向けにプレビュー公開する予定という。ギャラリーには既に300以上の機能拡張が登録されている。Twitterのタイムラインをチェックできる「Chromed Bird」やToDo管理ツールRemember the MilkのChrome版「ChromeMilk」など、サードパーティー製ツールも多数あるようだ。

extentions

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Google | β版 | Google Chrome | Mac | Linux | ブラウザ | GNOME | HTML5 | KDE


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ