ニュース
» 2010年01月15日 08時31分 UPDATE

IBMのLotusLiveをパナソニックが採用へ、28万人ユーザー獲得

パナソニックがIBMのLotusLiveを採用し、メールや予定表をMicrosoftのExchangeから移行する。

[ITmedia]

 パナソニックが米IBMのクラウドベースのグループウェア「LotusLive」を採用する。IBMが1月14日、明らかにした。

 LotusLiveは、IBMがパートナー企業のために用意し、パートナー各社がSaaSプラットフォームとして顧客に提供するメール、ミーティング、メッセージング、コラボレーションアプリケーションのスイート。

 パナソニックは現在メール、予定表、連絡先管理に利用している米MicrosoftのExchangeをLotusLiveに移行するほか、社内でのWeb会議、ファイル共有、インスタントメッセージング、プロジェクト管理に同サービスを使う。またSNS機能の「LotusLive Connections」をパートナー企業やサプライヤーとのコミュニケーションに利用する。

 パナソニックはグローバル戦略を推進しており、全社員を世界規模に結びつける手段としてIBMのメールおよびコラボレーションプラットフォームを採用した。パナソニックの連結会社を含めた現在の全社員数は約28万4000人。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -