ニュース
» 2010年04月28日 15時58分 UPDATE

Salesforce.comとVMware、Javaクラウド「VMforce」を発表

MicrosoftのAzureやGoogleのApp Engineと競合するPaaS「VMforce」がこの秋登場する。

[ITmedia]

 米Salesforce.comと米EMC傘下のVMwareは4月27日(現地時間)、Java開発者向けPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)「VMforce」を発表した。この秋に開発者向けプレビュー版を公開する予定で、価格はその際発表する計画だ。

 開発者は、Salesforce.comのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Force.com」上で、EclipseベースのIDEを使ってJavaアプリを開発し、運営できる。また、ダッシュボードやモバイルプラットフォーム、ChatterなどのSalesforce.comのサービスや、VMware vCloudなどを利用することもできる。VMforceは、POJO、JSP、Java Servletsなどもサポートする。

vmforce

 両社によると、現在エンタープライズのJava開発者は600万人に上り、そのうち200万人はSpringコミュニティーに属しているという。

 PaaSとしては、米Microsoftの「Azure」や米Googleの「App Engine」といったサービスが提供されている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -