ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「統合開発ツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

Google、VSCodeの代替を狙う「Eclipse Theia」コードエディタをクラウド統合開発環境として採用 Google Cloud Shellに統合を発表
Googleが、「Cloud Shell」の新機能としてコードエディタ「Cloud Shell Editor」を統合。開発者はプログラムをすぐにデプロイし、実行し、デバッグできる。クラウド主要3社がWeb IDEを自社サービスに統合した。(2020/11/17)

人工知能ニュース:
IoTサービスの統合開発環境を提供する「Vieurekaプラットフォーム」の可能性
パナソニックは2020年9月23日、エッジAIカメラ「Vieureka」シリーズ上で動作するアプリケーションの管理、開発環境をクラウド上で提供する「Vieurekaプラットフォーム」のオンラインセミナーを開催した。セミナーではVieurekaプラットフォームの採用事例として、顔認証機能を用いたIoTサービスがワンストップで導入できる「IoTスターターパック Vieureka顔認証スタートパック」なども紹介した。(2020/9/28)

電子ブックレット(製造マネジメント):
三菱電機がIoT統合開発基盤を構築/LIXILのトイレIoTサービス
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年4月から6月にかけて掲載された、三菱電機が全社横断のIoT開発基盤を構築したことを報じた記事など、注目の製造業向けIoTニュースをまとめた「製造IoTニュースまとめ(2020年4〜6月)」をお送りします。(2020/9/7)

6大Java向けIDEを比較【後編】
「NetBeans」「JDeveloper」「BlueJ」「Eclipse Che」 4大Java向けIDEの違い
「Java」向け統合開発環境(IDE)の「NetBeans IDE」「Oracle JDeveloper」「BlueJ」「Eclipse Che」は何が違うのか。それぞれの特徴と、Java向けIDE選びのポイントを解説する。(2020/8/7)

6大Java向けIDEを比較【前編】
「Eclipse」と「IntelliJ IDEA」の違いとは? Java向けIDE比較のヒント
複数あるJava向けIDEのうち、自社の要件に合ったものはどれなのか。まずは主要なJava向けIDE「Eclipse IDE」と「IntelliJ IDEA」の特徴と違いを整理しよう。(2020/7/31)

組み込み開発ニュース:
組み込み開発向け統合開発環境がLinuxに対応
IAR Systemsの統合開発環境「IAR Embedded Workbench」が、Linux向けビルドツールとして利用可能になった。Linux環境で自動化アプリケーションビルドとテストプロセスの大規模なデプロイができる。(2020/6/24)

Google、「Android Studio 4.0」リリース 約3年ぶりのメジャーアップデートで新機能多数
GoogleがAndroidアプリ向け統合開発環境(IDE)「Android Studio」のバージョン4.0をリリースした。「Motion Editor」や「Layout Inspector」などの新機能が追加された。新機能は6月3日の「Android 11」の一般向けβローンチイベントでも紹介される見込み。(2020/5/30)

Microsoft、Webブラウザで動作する開発環境「Visual Studio Codespaces」発表 Visual Studio Onlineを名称変更、料金も値下げ
米Microsoftが、Webブラウザで動作する統合開発環境「Visual Studio Codespaces」を発表。「Microsoft Build 2019」で発表した「Visual Studio Online」の名称を変更し、機能追加、値下げなどの一部変更を行ったもの。現在はパブリックプレビューとなっており、誰でも試すことができる。(2020/5/7)

「Visual Studio Code」向け拡張を実行可能:
Google、IBM、Red Hat、SAP、Arm、Arduinoが使う「ベンダー中立」のオープンソースIDEプラットフォーム「Eclipse Theia 1.0」が登場
Eclipse Foundationは、ブラウザとデスクトップで動作する「ベンダー中立」のオープンソースIDEプラットフォーム「Eclipse Theia 1.0」を発表した。(2020/4/9)

PR:学生に最適な学習用PCを! TSUKUMO×MSIがUnityを全力でバックアップする理由
さまざまな企業だけでなく、教育機関にも広く浸透している統合開発環境のUnityだが、快適に利用するにはPCが欠かせない。この日本で数々の推奨PCを手がけてきたProject White(以下、TSUKUMO)が、長年Unityと手を携えてきたその歩みと、教育機関にかける熱い思いを聞いた。(2020/3/24)

IoTセキュリティ:
PR:組み込み機器のセキュリティ対策に内在する“2つの問題”とは
IoTが当たり前になる中で組み込みシステムに関わる技術者にとって大きな課題になっているのがセキュリティ対策だ。実際には「具体的に何をやる必要があるのか」「それをどうやって実装するのか」という2つの問題にぶつかることになるが、統合開発環境「IAR Embedded Workbench(R)」で知られるIARシステムズが最適なソリューションを提供している。(2020/2/19)

VRニュース:
マルチプラットフォーム向け統合開発環境を学べる企業向け公式教育施設
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設した。企業を主な対象とし、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の各種トレーニングを実施する。(2020/1/28)

AWS re:Invent 2019:
AWS、機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」提供開始 コード、ノートブック、データセットを1つのツールで
AWSが米ラスベガスで、年次イベント「AWS re:Invent 2019」を開催。機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」を発表した。コード作成ツール、ノートブック、データセットを1つのツールにまとめたもの。(2019/12/5)

ET&IoT Technology 2019:
ザイリンクス、新たな統合開発環境を提供開始
ザイリンクスは、「ET&IoT Technology 2019」で、新たな統合ソフトウェアプラットフォーム「Vitis」や、データセンターワークロード向けアクセラレーターカード「ALVEO」などを紹介。ALVEOを用いエッジ側でAI処理を行い、人の顔や物体を認識するデモ展示を行った。(2019/11/28)

人工知能ニュース:
深層学習開発クラウドサービスで、高速かつ安価なGPUが利用可能に
深層学習のプログラムを生成する、ソニーの統合開発環境「Neural Network Console クラウド版」において、産業技術総合研究所が運用する「AI橋渡しクラウド」のGPUが選択可能になった。高速のGUI開発環境を低コストで利用できる。(2019/5/7)

組み込み開発ニュース:
リアルタイムOSが産業用ロボットや自動運転車向けフレームワークに対応
Green Hills SoftwareのRTOS「INTEGRITY」と統合開発環境「MULTI」が、ROSフレームワークに対応した。ROSの開発者は、電子機器や自動車に関する機能安全規格の要件を満たす、高度なソフトウェアやROSアプリケーションを迅速に開発できる。(2019/5/1)

クラウドアプリ開発が容易に:
Googleが「Cloud Code」を発表、使い慣れたIDEでクラウドネイティブアプリ開発が可能に
Googleは、「IntelliJ IDEA」や「Visual Studio Code」でのクラウドネイティブアプリケーション開発を支援するプラグイン「Cloud Code」を発表した。IDEの機能を生かした開発ができる。(2019/4/12)

ディープラーニングのGUI開発で産総研ABCIのGPUを利用可能に――ソニーと産総研が連携サービス、AI開発促進へ
ソニーは、ディープラーニングの統合開発環境「Neural Network Console Cloud」のアップデートとして、産総研のAI処理向けスパコン「ABCI」との連携を発表。ニューラルネットワークの学習・評価に用いる計算リソースとして、ABCIのGPUを選択できるようになった。(2019/4/10)

GitHubとの連携などを強化:
Microsoft、「Visual Studio 2019」の一般提供を開始
Microsoftは、統合開発環境の最新版「Visual Studio 2019」の一般提供を開始した。ボタンをクリックするだけで警告や推奨を解決できる「ワンクリックのコードクリーンアップ」や、実際のコードベースから学習するAI支援の提案機能「Visual Studio IntelliCode」、コードを共有してリアルタイムの共同開発が行える「Visual Studio Live Share」などを利用できる。(2019/4/4)

「Visual Studio 2019」正式版公開 AIが“コードの入力候補”を提示
Microsoftが、統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」の提供を始めた。AI(人工知能)がコーディングを支援する「IntelliCode」などを搭載。(2019/4/3)

Community版でCodeLensが利用可能に:
Microsoft、「Visual Studio 2019」のリリース候補版(RC)を公開
Microsoftは、統合開発環境「Visual Studio 2019」のリリース候補版(RC)を公開した。(2019/3/1)

Knative Build-Pipeline対応ツールも開発中:
Red Hat、ブラウザIDEのCodeReady Workspacesについて説明
「初のKubernetesネイティブな統合開発環境(IDE)」をうたうRed Hatの「Red Hat CodeReady Workspaces」について、同社の米国レッドハット OpenShiftおよび開発ツール技術担当バイスプレジデント、カール・トリエフ氏が東京都内で説明した。(2019/2/21)

共有ワークスペース機能も特徴:
Red Hat、「Kubernetesネイティブ」なブラウザIDEツール、「Red Hat CodeReady Workspaces」を発表
Red Hatは2019年2月5日(米国時間)、Webブラウザベースの開発環境ツール「Red Hat CodeReady Workspaces」を発表した。「業界初のKubernetesネイティブなIDE(統合開発環境)」だという。(2019/2/6)

「Visual Studio 2019」プレビュー公開
Microsoftは次期統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」のプレビュー版を公開した。WindowsおよびmacOS版を専用サイトからダウンロードできる。(2018/12/5)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeでPythonコードのデバッグも楽々!!
ブレークポイント、ステップ実行など、本格的なIDEと遜色ない機能を使って、VS CodeでPythonコードをデバッグしよう。(2018/6/5)

Neural Network Console:
ソニー「Neural Network Console」が複数GPUでの高速化に対応
ソニーは、深層学習のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」のクラウドサービスにおいて、複数GPUによる高速学習サービスの提供を開始した。(2018/6/4)

人工知能ニュース:
深層学習開発クラウドサービスで複数GPUによる高速化が可能に
ソニーは、深層学習のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」のクラウドサービスにおいて、複数GPUによる高速学習サービスの提供を開始した。(2018/5/28)

de:code 2018 基調講演:
インテリジェントなエッジとクラウドの連携からマイクロソフトが生み出すもの
日本マイクロソフトが開発者向け年次イベント「de:code 2018」(2018年5月22〜23日)を開催。初日の基調講演では、クラウドプラットフォーム「Azure」や統合開発環境「Visual Studio」、MR(複合現実)などの最新技術について来日した米国本社の担当者が紹介した。(2018/5/23)

組み込み開発ニュース:
Armプロセッサに対応するT-Kernel 2.0ベースのオープンソースパッケージ
日立超LSIシステムズは、Armの「Cortex-A」や「Cortex-R」に対応し、「IAR Embedded Workbench for Arm」をレファレンス統合開発環境として採用したT-Kernel 2.0ベースのオープンソースパッケージ「OpenTK」を発売した。(2018/3/8)

Dev Basics/Keyword:
Power Commands for Visual Studio
Power CommandsはVSのIDEをより便利に、より使いやすいものにしてくれる機能を詰め合わせた拡張機能だ。(2018/2/27)

中間層の開発者が対象
IDE「AWS Cloud9」の注目度が高まる、Microsoftの開発者基盤を脅かすか
Amazon Web Services(AWS社)は統合開発環境(IDE)「AWS Cloud9」を携えて、Microsoftが最重点分野として長年支配してきた開発者コミュニティーに挑戦する。(2018/2/27)

組み込み開発ニュース:
HDLを知らなくてもFPGAの力を引き出せる、インテルが無償のOpenCL開発環境
日本アルテラは、FPGAでOpenCLを扱うためのソフトウェア開発環境「Intel FPGA SDK for OpenCL」の最新バージョン「17.1」について説明。従来のコマンドラインベースのツールから、GUIを用いた統合開発環境となるとともに、新たに高速のエミュレータとコンパイラが加わった。(2018/1/24)

Visual Studio最新プレビュー版に多数の新機能を追加:
Microsoft、Windows用/Mac用の「Visual Studio 2017」最新バージョンのプレビュー版を公開
Microsoftは、Windows用の統合開発環境の最新バージョンのプレビュー版「Visual Studio 2017 version 15.6 Preview 2」とMac用の「Visual Studio for Mac version 7.4 Preview」を公開した。(2018/1/16)

組み込み開発ニュース:
組み込みシステム向けArmマイコン統合開発環境のベンダーを買収
STマイクロエレクトロニクスは、ソフトウェア開発ツールのベンダーであるスウェーデンのAtollicを買収した。統合開発環境TrueSTUDIOとSTの開発エコシステムを組み合わせ、統合ソリューションを提供する予定だ。(2018/1/11)

製造IT導入事例:
IDEC、グローバル対応のためERPソリューションを導入
日本オラクルは、同社のERPソリューション「Oracle Enterprise Resource Planning Cloud」を制御機器メーカーのIDECが採用し、稼働を開始したと発表した。同ソリューションの多くの国際財務報告基準対応実績などが評価された。(2017/12/13)

人工知能ニュース:
深層学習プログラムの統合開発環境クラウド版、無償提供開始
ソニーは、深層学習プログラムの統合開発環境コンソールソフトウェア「Neural Network Console」のクラウドサービスを、オープンβ版として無償で提供を開始した。インストールが不要で、さまざまなOSで利用できるようになる。(2017/11/27)

Ethereumではじめる“スマートコントラクト開発”(2):
手軽に“Solidity”言語でスマートコントラクト開発、開発環境「Remix」ってどう使う?
Ethereumでスマートコントラクトを開発する場合、何を準備して開発すればいいのだろうか。本稿では、コンパイラ兼統合開発環境である「Remix」をサンプルコードと一緒に紹介する。(2017/11/22)

ベースの「Neural Network Libraries」は「aibo」にも採用:
ソニーがディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」クラウドサービス版を無償公開
ソニーは、ディープラーニング統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」のクラウドサービス版をオープンβ版として無償公開した。ニューラルネットワークの設計や学習、評価などをWebブラウザで可能にする。(2017/11/10)

ソニー、クラウド版のディープラーニング開発環境を無償で提供
ソニーが、GUIベースのディープラーニングの統合開発環境「Neural Network Console」のクラウド版をリリース。制限付きながら無償で使えるオープンβ版として提供している。(2017/11/9)

ルネサス e2 studio:
自動運転向けのSoC開発をC言語で、「e2 studio」が対応拡大
Eclipseベース統合開発環境「e2 studio」のサポート対象に、ADAS用SoC「R-Car V3M」が追加。対応バージョンは2018年第1四半期より提供開始される。(2017/10/26)

インテルPSG:
「CPU+FPGAで機能するIDEを提供したい」インテルがFPGA開発環境を整える狙い
インテルによるアルテラ買収から2年が経過し、CPU+FPGA環境の採用事例も散見されるようになってきた。インテルはFPGAに何を期待し、どのように育てようとしているのか。(2017/10/19)

IoT製品の開発を支援:
サイプレス、PSoC 6 MCUの開発キットを出荷
Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は、PSoC 6 MCU(マイクロコントローラー)搭載のIoT(モノのインターネット)機器を、効率よく開発するための開発キットと統合設計環境の最新バージョン「PSoC Cretor 4.2 IDE」を発表した。(2017/10/3)

初心者のためのAndroid&Javaで始めるプログラミング入門(2):
Android Studio超入門――ダウンロード、インストール(Macもあり)、使い方を総まとめ
初心者が、Java言語を使ったAndroidのスマホアプリ開発を通じてプログラミングとは何かを学ぶ連載。今回は、Androidアプリの統合開発環境「Android Studio」やエミュレーターの使い方を解説する。(2017/9/4)

ソニー Neural Network Libraries:
ソニーの深層学習はIoTデバイス開発に最適、GUI開発環境も提供
ソニーは、ディープラーニング(深層学習)ソフトウェア「Neural Network Libraries」とノンプログラミングで手軽に利用できる統合開発環境「Neural Network Console」をオープンソースで無償公開した。より多くの技術者への浸透を目指す。(2017/8/28)

特集:Visual Studio Codeを使いこなそう!:
Visual Studio Codeの設定「虎の巻」:IDE編
Visual Studio Codeは多くの部分をユーザーが自由に設定できる。その基本と、IDEを中心とした設定項目を取り上げる。Visual Studio Codeを自分色に染めてみよう!(2018/4/17)

ディープラーニングの開発環境を無料で ソニーが「Neural Network Console」を提供
ソニーが、ディープラーニング(深層学習)の統合開発ツール「Neural Network Console」を公開。GUIによる直感的な操作で、ディープラーニングのプログラムを開発できる。(2017/8/18)

人工知能ニュース:
ソニーの深層学習はIoTデバイスの開発に最適、ノンプログラミング開発環境も提供
ソニーは、ディープラーニング(深層学習)ソフトウェア「Neural Network Libraries」とノンプログラミングで手軽に利用できる統合開発環境「Neural Network Console」をオープンソースで無償公開した。より多くの技術者への浸透を目指す。(2017/8/18)

Dev Basics/Keyword:
Rider
RiderはJetBrainsが提供するクロスプラットフォームな.NET用の統合開発環境(IDE)。Windowsのみならず、macOSやLinuxでもさまざまなアプリの開発を快適に行える。(2017/8/8)

NXP MCUXpresso:
「LPC」と「Kinetis」の双方に対応する統合開発環境
NXPセミコンダクターズは、「LPC」と「Kinetis」の両マイクロコントローラーファミリーの全ポートフォリオに対応する「MCUXpresso統合開発環境(IDE)」の提供を開始した。(2017/5/1)

組み込み開発ニュース:
「LPC」と「Kinetis」の両方に対応する統合開発環境の提供を開始
NXPセミコンダクターズは、「LPC」と「Kinetis」の両マイクロコントローラーファミリーの全ポートフォリオに対応する「MCUXpresso統合開発環境(IDE)」の提供を開始した。(2017/4/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。