ニュース
» 2010年07月16日 08時51分 UPDATE

AMD決算、GPUが過去最高の出荷数で40%増収

過去最高の増収増益を発表したIntelに続き、AMDの4〜6月期業績も好調だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AMDは7月15日(現地時間)、第2四半期(4〜6月期)の業績を発表した。売上高は前年同期比40%増の16億5000万ドル、純損失は4300万ドル(1株当たり6セント)で、前年同期の3億3000万ドル(1株当たり49セント)より大幅に縮小した。粗利益率は前期比では2ポイント下がったが、前年同期比8ポイント増の45%だった。売上高はThomson Reutersがまとめたアナリスト予測の15億5000万ドルを上回った。これを受け、同社の株価は時間外取引で4.7%上昇した。

 分野別では、マイクロプロセッサの売上高が前年同期から31%、前期比で4%伸びた。Netbook向けMPUおよびチップセットの出荷の伸びが主要因という。平均販売価格(ASP)に動きはなかった。グラフィックスプロセッサ分野の売上高は前年同期比で87%、前期比でも8%増加した。GPUの出荷数は過去最高だったが、ASPの下落が売上高に影響した。

 第3四半期の予測については、季節的要因もあり、第2四半期よりも増加するとみている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

AMD | GPU | 決算 | AMD Fusion | CPU | Netbook | 半導体 | 株価


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -