ニュース
» 2010年08月20日 12時53分 UPDATE

Dell増収増益、サーバおよびサービス事業が前年同期比50%以上の伸び

Dellの5〜7月期決算は、企業のIT需要回復に支えられ、2けた台の増収増益となった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dellが8月19日(現地時間)に発表した第2四半期(5〜7月期)決算は、売上高が前年同期比22%増の155億3400万ドル、純利益は同16%増の5億4500万ドル(1株当たり28セント)だった。景気回復による顧客企業のITインフラ買い換え需要に支えられ、サーバやネットワークシステムの売り上げが好調だった。

 営業利益は11%増の7億4500万ドル、利益率は、部品価格の高騰の影響で前年同期の18.7%から16.6%に下がった。

 売上高を部門別に見ると、ラージエンタープライズ部門は前年同期比38%増の45億ドルだった。特にサーバ事業、サービス事業、モバイル事業が好調で、前年同期比50%以上の伸びを示した。サービス事業には、2009年に買収した米Perot Systemsの製品が含まれる。中小企業部門は25%増の35億ドル、公共機関部門は同21%増の46億ドル、コンシューマー部門は横ばいの29億ドルだった。コンシューマー部門の出荷台数は前年同期比で17%増加した。

 マイケル・デル会長兼CEOは「引き続きデータセンター向けソリューションの拡充を進め、顧客のIT需要に対応する製品やサービスを提供していくことに注力していく」と語った。

 第3四半期の見通しについては、米政府および企業の需要が季節要因で上向くことを見込み、1けた台前半の増加と予測した。通年の見通しは、売上高が14〜19%、非GAAPの営業利益が18〜23%伸びるとしている。

変更履歴:本文中「営業利益が18〜23%」とすべきところを「1株当たり純利益が18〜13%」としていました。お詫びして訂正いたします。[2010/08/21 4:55]

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

Dell(デル) | サーバ | ストレージ | データセンター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ