ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「景気回復」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「景気回復」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

脱炭素:
日立が脱炭素に取り組むきっかけは「コロナ禍が生み出した青空」
日立 執行役副社長のアリステア・ドーマー氏は、2021年11月に開催される「COP2」に協賛する「プリンシパル・パートナー」に同社が就任したいきさつを説明。「2021年の世界的なイベントとして東京オリンピック・パラリンピックに次ぐ2番目の規模となるCOP26が、地球環境の保全に向けた解決案を見いだすことに貢献したい」と述べた。(2021/10/25)

製造マネジメントニュース:
SEMIジャパンが帰国後行動制限緩和を嘆願、国内半導体関連企業の競争力低下を懸念
SEMIジャパンが海外渡航者の帰国後の行動制限緩和に関する嘆願書を経済産業省に提出したと発表した。海外渡航者が帰国した際に課せられる10日間の行動制限が、世界市場に半導体製造装置・材料・部品を供給する国内企業の大きな負担となっているため、一定の条件での行動制限緩和を求めた内容となっている。(2021/10/25)

コロナ禍後、36%の企業が「人員拡充」 デジタル人材に需要
経営悪化などを背景に、回答企業の2割超がコロナ禍前より人員を減らしているが、アフターコロナ(コロナ収束後)では3割超が増やす意向を示すなど、企業の採用意欲が改善の見通しであることが明らかになった。(2021/10/22)

2021年は過去最高となる見通し:
ウエハー出荷面積、2024年まで旺盛な成長続く
SEMIは、半導体向けシリコンウエハーの出荷面積を予測した。2021年は前年に比べ13.9%増加し、過去最高の約140億平方インチとなる見込み。さらに、2024年までは旺盛な成長が続くと予想した。(2021/10/22)

“令和オイルショック”か 原油、ガソリン価格高騰 納豆メーカーやクリーニング店も悲鳴
 令和のオイルショックは来るのか。原油価格が年初から約7割も上昇し、7年ぶりの高値水準となった。これに伴いガソリン価格も値上がりが続いているが、納豆メーカーやクリーニング店など生活に密着した事業者も対応に苦慮している。(2021/10/21)

世界の成長、IMFが5.9%に下方修正
【ワシントン=塩原永久】世界経済の回復ペースが新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)流行で鈍化している。国際通貨基金(IMF)は12日発表した経済見通しで、2021年の世界成長率を5.9%と予測。7月段階の予測から0.1ポイント下方修正した。デルタ株の打撃や、供給網の混乱が長期化するリスクがあると分析。回復の勢いを取り戻せるかの岐路にあると警鐘を鳴らしている。(2021/10/13)

ガソリン価格、約3年ぶり160円台 原油高が影響、家計などに逆風
経済産業省が6日発表した4日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、9月27日時点の前回調査と比べて1円30銭高い160円ちょうどだった。原油高の影響で2018年10月以来、3年ぶりに160円台となった。値上がりは5週連続。加工食品など幅広い商品で値上げが相次ぐ中、ガソリン価格上昇は家計へのさらなる逆風となる。(2021/10/6)

岸田流「新資本主義」に3つのキーワード
岸田文雄政権の発足で、格差是正を重視した「新しい資本主義」が動き出す。「分配なくして次の成長なし」との考えの下、過去の構造改革路線が生んだ所得格差の是正と中間層への手厚い分配による「令和版所得倍増計画」を掲げる。特徴的な3つのキーワードで新政権の方向性を探る。(2021/10/6)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(前編)
市場が急成長している採用テック。テクノロジーをてこに、採用の世界が効率化・高度化が進む「採用テック」が、今求められる理由は主に2つあるという。(2021/10/1)

自動車メーカー生産動向:
2021年7月の新車生産は前年割れ、半導体不足と東南アジアからの部品供給難で
半導体など世界的な部品供給の混乱による自動車生産への影響が月を追うごとに広がっている。日系乗用車メーカー8社が発表した2021年7月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で生産活動が停滞した2020年7月に比べても減少傾向を示すなど、深刻な状況を物語っている。(2021/9/24)

コロナ禍の影響は?:
金持ち企業ランキング 「パナ」「ファストリ」を抑え1位になったのは?
リスクモンスターが企業のネットキャッシュを比較する「金持ち企業ランキング」を発表した。(2021/9/1)

米バイデン政権、若いIT技術要員育成の「US Digital Corps」立ち上げ
米バイデン政権はIT人材プログラム「US Diigtal Corps」を発表した。新型コロナ対策やサイバーセキュリティで必要な技術者を育成・採用する2年間のフェローシップ。今秋まずは30人で開始する。(2021/8/31)

自動車メーカー生産動向:
2021年上期の新車生産は2019年比13%減、変異株や半導体不足で回復半ば
2021年1〜6月(上期)の自動車産業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による世界的な市場低迷から着実に回復している様子が伺える結果となった。日系乗用車メーカー8社の2021年上期のグローバル生産は、全社が前年実績を上回り、8社合計では前年同期比30.0%増と2桁パーセント増となった。(2021/8/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食用油、大豆、小麦、肉、卵の「値上げ」が連鎖! 背景にある中華料理の“爆食い”と不作
食用油、大豆、小麦、コーヒー、卵、肉などの値段が上がっている。食用油は今年に入って3度目の値上げとなっている。背景に何があるのか?(2021/8/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
小判、ギョーザ、からあげクン オリンピック効果に沸いた“注目”商品とは
東京オリンピックが終わった。オリンピックに関する商戦や経済効果はどうだったのか? 選手村で絶賛されたギョーザや、コンビニだけではない“注目”商品とは。(2021/8/20)

GDPプラス転換 コロナ対策漂流で今後の回復に影
16日発表された4〜6月期の実質国内総生産(GDP)は2四半期ぶりのプラス成長だったが、新型コロナウイルス禍の長期化で前期の落ち込みを取り戻すには至らなかった。政府のコロナ対策は自粛要請を無視する人が増えたことで実効性が揺らぎ始めており、変異株の急速な拡大が経済活動の正常化に影を落とす。(2021/8/16)

4〜6月期GDP、2期ぶりプラス成長 年1.3%増
内閣府が16日発表した4〜6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.3%増で、2四半期ぶりのプラス成長となった。このペースが1年続いた場合の年率換算は1.3%増。(2021/8/16)

「九州経済はV字回復見込める」三菱UFJ九州・沖縄本部長の笠晶氏
三菱UFJ銀行の笠晶(りゅうあきら)九州・沖縄本部長(52)が産経新聞のインタビューに応じた。新型コロナウイルスで打撃を受けた九州経済について「コロナが落ち着けばV字回復が見込める」と語り、今後はスタートアップ企業の育成や事業承継支援に力を入れていく考えを示した。詳細は次の通り。(2021/8/13)

聞いたことがない:
沖縄の最低賃金に異変 使用者側が発効延期を要求、理由は?
沖縄県の最低賃金額を議論する沖縄地方最低賃金審議会の専門部会で、使用者側が最低賃金の発効日を現行の10月1日以降に延期するよう求めていることが分かった。(2021/8/6)

自動車大手、7社そろって増収 コロナ禍から回復
自動車大手7社の令和3年4〜6月期連結決算が5日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ販売が回復し、7社がそろって増収。トヨタ自動車とスズキは大幅増益となり、前年同期に赤字だった5社は黒字転換した。(2021/8/6)

自動車大手、7社そろって増収 3年4〜6月期 コロナ禍から回復
新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ販売が回復し、7社がそろって増収。(2021/8/6)

製造マネジメントニュース:
黒字回復で日産は輝きを取り戻せるか、内田社長「ここから真価が問われる」
日産自動車が2021年度(2022年3月期)第1四半期(4〜6月期)の連結業績を発表。売上高は前年同期比71%増の2兆82億円、営業利益は同2296億円改善の757億円、経常利益は同3226億円改善の903億円、当期純利益は同4001億円改善の1145億円とコロナ禍の影響を大きく受けた前年同期から大幅な回復を遂げた。(2021/7/29)

NY株、一時800ドル下げ コロナ再流行で売り加速
【ワシントン=塩原永久】週明け19日のニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルス感染症の再拡大への懸念から大幅続落して始まった。ダウ工業株30種平均は、前週末終値に比べた下げ幅が一時800ドルを超え、世界経済の先行きを不安視する投資家の売りが広がっている。(2021/7/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
「インフレ」になると、どうなるのか? 残念ながら
米国の景気が回復基調にあることから、このところ「インフレ」という言葉をよく耳にするようになった。もし日本でもインフレが進んだ場合、国民の生活はどうなるのか。筆者の加谷氏が解説したところ……。(2021/7/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
「民泊」が盛り上がる? 欧米の「今」と日本の「これから」
再び緊急事態宣言に突入した。インバウンド需要はほぼ消滅し、多くの宿泊施設は苦戦しているわけだが、そうした中でもとある民泊は好調だという。どういうことかというと……。(2021/7/15)

株価3指数いずれも最高値はバブルか? コロナ前を超えてきた経済の読み解き方
米国の株価が絶好調だ。7月13日の終値では、S&P500、ダウ工業株平均、ナスダック総合指数と主要株価3指数がいずれも最高値を更新した。これは果たしてバブルなのだろうか?(2021/7/13)

モノの値段が安いのに貧しくなるばかり インフレ米国とデフレ日本の憂鬱 
 米国では、原油価格が高騰し、消費者物価を押し上げている。物価が下がり続けるデフレから一転して、今度はインフレ懸念であり、金利先高観が市場を覆い、株価を押し下げる。(2021/7/2)

キャリアニュース:
2021年5月の転職求人倍率は1.85倍、前月比マイナス0.03ポイント
転職サービス「doda」が2021年5月の転職求人倍率を発表した。転職求人倍率は前月比−0.03ポイントとなる「1.85倍」で、求人数はコロナ前の2019年5月の約8割まで回復していることが分かった。(2021/7/1)

経理職が会社から消える? 進むデータ化、インボイスが拍車
新型コロナウイルスの感染拡大を機に、経理業務にAIを活用する例が増えている。特に日本では、2023年10月から始まる「インボイス制度」の影響で、中小企業での導入がさらに進む可能性がある。(2021/6/29)

場所によっては2倍以上…東京都心「局地バブル」の理由
 東京都心や城南、湾岸エリアなどでは、ここ8年ほどマンションの値上がりが続いてきた。場所によっては2倍以上だ。(2021/6/25)

「慢性的人手不足」の原因を探る【後編】
「AI」が数百万種の仕事をなくす? BCG調査から探る人材不足の原因
自動化技術やAI技術の普及は「数百万種の仕事をなくし、特定の仕事は今後も戻らない可能性がある」と、調査会社BCGらは指摘する。それはどういうことなのか。技術は企業の人材獲得にどのような影響を及ぼすのか。(2021/6/25)

「本格再開は2023年以降」:
関東、東海、近畿地方はIT支出が拡大 IDCが国内IT支出の地域別予測を発表
IDC Japanは、国内IT市場の地域別予測を発表した。2021年3月末時点の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した。2021年の市場規模は、対前年比2.7%増の18兆3772億円と予測する。IT支出の本格的な再開は2023年以降になる見込みだ。(2021/6/18)

2020年よりもハイペース:
希望退職者数が1万人超 募集人数が最も多い企業は?
新型コロナウイルスの長期化で希望退職者が増加している。6月3日時点で募集を呼び掛ける上場企業数は50社にのぼった。2020年よりもハイペースだ。最も多くの希望退職者を募集している企業は?業種別ではどうなっているのだろうか?(2021/6/11)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ウエハー掲げて笑顔のメルケル首相、ドイツでも半導体ニュースは盛ん
菅さんも、ウエハー掲げてみましょうか。(2021/6/10)

飲食サービス業が招く空洞化 雇用消え日本経済は「下方屈折」
 東京都などへの緊急事態宣言が20日まで延長され、4〜6月期の国内総生産(GDP)が2期連続のマイナス成長になる可能性が高まってきた。問題は飲食業を中心にした対面型サービス企業が持ちこたえることができず、この分野の雇用が「空洞化」する危険性が出てきたことだ。(2021/6/10)

国内エンタープライズインフラ市場、プラス成長への復帰はいつになる?――IDC予測
IDC Japanによると、国内エンタープライズインフラ市場は、コロナ禍の需要低迷期から回復期へと向かう見通しであるものの、2021年は前年比マイナス9.0%となり、2022年にプラス成長に復帰すると予測している。(2021/6/7)

KAMIYAMA Report:
これからのリスクを考える
最初に、「テーパリング(tapering)」の意味がしばしば誤解されているので明確にする。テーパリングとは、「先細り」を意味するtaperから派生した言葉であり、量的緩和そのものが終わるのではなく、スピードダウンすることだ。(2021/6/1)

政府の方針には従う:
ワタミ、ワクチン2回接種で生ビール1杯無料キャンペーン 規制解除後に実施店舗を徐々に拡大
緊急事態宣言が延長される見込みとなった。ワタミは対象地域における居酒屋の休業を延長する。一方、ワクチンを接種した人を対象に生ビールを無料にするキャンペーンを実施する。(2021/5/28)

帝国データバンク調べ:
コロナ前より和らぐも企業の37.2%が正社員不足 業種別では?
帝国データバンクの調査によると、37.2%の企業で正社員が「不足」していることが分かった。(2021/5/28)

国内IT市場は回復の兆し コロナ禍の新生活様式はどのように影響したか――IDC
IDCによると、2020年にマイナス成長となった国内IT市場は、今後2025年まで年平均2.6%で成長し、20.3兆円に達する見通しとなった。テレワークやクラウド化など、コロナ禍で進む生活様式の変化により、通信インフラ、ソフトウェア、IaaSによる市場けん引が予測されるという。(2021/5/26)

引き上げ求める政府に日商など抵抗:
「時給1000円を目指す」 最低賃金めぐる攻防激化
全ての労働者に適用され、下回った場合は使用者に罰金が科される最低賃金をめぐる攻防が今年は例年より早く始まっている。(2021/5/18)

KAMIYAMA Reports:
インフレと金利と株式市場
製造業の急回復で銅などのコモディティ価格が上昇し始め、米国経済が正常化すれば労働力不足となり、インフレが起こりやすくなるのでは、といったことが心配されている。しかし、これらは株価下落をもたらすとは思えない。“経済回復・正常化”→モノの価格・賃金の上昇→インフレ懸念・金利上昇→“経済悪化・株価下落”という因果は、経済回復・正常化→経済悪化・株価下落であり、矛盾しているからだ。(2021/5/17)

自動車メーカー生産動向:
2020年度の新車生産、各社が受けた新型コロナのダメージは
2020年度の自動車産業は、通期で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に左右される1年となった。日系乗用車メーカー8社の2020年度(2020年4月〜2021年3月)のグローバル生産は、全社が前年度実績を下回り、8社合計では前年度比12.1%減と2桁%減となった(2021/5/11)

独りで悩まず専門家に相談
「中小企業の経営者は下を向いては駄目」森永卓郎氏が今伝えたいメッセージとは
景気回復の見通しが立たない昨今、日本の中小企業はさまざまな問題に頭を抱えている。経済アナリストの森永卓郎氏は「詳しくないことで悩み続け、貴重な時間を無駄にすべきではない」と中小企業に向けたアドバイスをする。その真意とは。(2021/5/6)

主要企業アンケート:
LINE問題“氷山の一角”か 7社が個人情報を中国に
無料通信アプリ「LINE」の利用者情報が中国企業から閲覧できた問題にからみ、同社以外でも国内大手企業の少なくとも7社で、保有する個人情報について、中国に移転したり、中国企業が閲覧できたりする状態になっていることが、産経新聞社が行った117社の企業アンケートで1日、分かった。(2021/5/3)

建設業の人材動向レポート(32):
「建設総合統計」に見る建設市場の動向、「手持ち工事高は豊富で短期は堅調」
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポート。今回は、国交省の「建設総合統計」を基礎資料に、建設市場の動向を探っている。(2021/4/30)

コロナ禍でお金が減った人の使い方1位は“食事” 「お金が増えた人の使い方」1位は?
全国の20代〜70代を対象に「コロナ禍で変わったお金と時間の使い方」について調査。結果は?(2021/4/14)

回復続く経済における3つのリスク 財政、ワクチン、貯蓄率
コロナ禍を乗り切ったかに見える経済にはどんなリスクがあるのか。日興アセットマネジメントのチーフ・ストラテジスト神山直樹氏は、財政、ワクチン、貯蓄率について、3つのリスクがあると言う。(2021/4/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
物価は上昇しても「給料」は上がらない、根本的な問題
4月から公共料金や食品など多くの商品が値上がりしているが、ビジネスパーソンの給与も上がるのだろうか。筆者の加谷氏は否定的な見方をしていて、さらに下落するかもしれないと予測している。なぜかというと……。(2021/4/13)

スピン経済の歩き方:
こんなに頑張っているのに、なぜ日本だけGDPが回復しないのか
日本経済の復活がうかがえるような、データがなかなか出てこない。先進国と比べて、GDP増加率は低く、賃金も低い。多くのビジネスパーソンは懸命に働いているのに、なぜパッとしないのか。筆者の窪田氏は「日本社会のシステムがブラック企業化しているから」と見ていて……。(2021/4/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。