ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャリア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック
「キャリアとスキル」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

キャリアニュース:
ワーキングケアラーの4割が、介護と仕事の両立を「相談したことがない」
「LIFULL 介護」が「ワーキングケアラーの実態調査」の結果を発表した。約3割が介護していることを職場の人に伝えておらず、約4割が仕事の両立について誰かに「相談したことはない」と回答した。(2024/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜アリシアさん from マレーシア(後):
「ハードに」ではなく「スマートに」仕事をしていきたい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もNTTデータ ニューソンのセキュリティ担当、Alicia Lee(アリシア・リ)さんにお話を伺う。アリシアさんが実感したという「複数の言語を操れること」の最も大きなメリットとは何か。(2024/2/20)

プレミアムコンテンツ:
「できるエンジニア」が使う“魔法の言葉”と、絶対に言わない“あのワード”
職場でさまざまな問題にぶつかる若手技術者が、自分の能力を最大限に発揮できるようになるためには、行動を変えることが役立つ場合がある。何をどのように変えればよいのか。キャリアアドバイザーの助言をまとめた。(2024/2/16)

セキュリティニュースアラート:
ISC2とIBMがセキュリティ専門家育成に向けたトレーニングコースを提供
ISC2とIBMがサイバーセキュリティスペシャリスト・プロフェッショナル認定コースを開始した。4カ月間の初級レベルトレーニングコースを提供し、サイバーセキュリティのキャリア構築を目指す人に教育を提供する。(2024/2/16)

「私の仕事は経理事務です」は通用しなくなる:
AIで「将来仕事がなくなるぞ」という脅しはもういらない 今伝えたい、建設的な経理のキャリアチェンジ
AIの普及により「将来、事務仕事はなくなる」――そんな話を耳にする機会が増えた。AIの企業導入や活用はいまだ発展途上にあることも事実だが、DX推進による業務のデジタル化が現在進行形であることに変わりはない。中でも、影響が色濃いと考えられる職種は経理だ。(2024/2/16)

8割の社会人が「学歴はキャリアに影響する」と回答 その理由は?
学歴とキャリアには、どのような関係があるのか。Job総研が調査結果を発表した。(2024/2/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(110):
エンジニアに「キャリア安全性」はあるのか
働き方が変わろうとしているいま、「将来も、きっと大丈夫だ」と思えていますか?(2024/2/14)

“キラキラ若手”が会社を辞める3つの要因
就業者の幸せな活躍にとって重要な社会へのエンゲージメントを「ソーシャル・エンゲージメント」という。このソーシャル・エンゲージメントという概念を用いながら、若者の仕事意欲の低下や離職リスクなどについて解説する。(2024/2/6)

キャリアニュース:
業務で生成AIを使用している人は18%、仕事への影響に不安も
「ミドルの転職」は「生成AIの活用」についてのアンケート調査結果を発表した。生成AIを業務で「使用している」と18%が回答し、生成AIが仕事へ及ぼす影響に対して27%が不安を感じていた。(2024/2/1)

Q&A 働き方のお悩み相談:
秘書検定にITパスポート……「資格沼」から抜け出せない、どうしたら?
キャリアアップ、ワークライフバランス、リスキリング――この先どうすれば自分が納得できるキャリアを歩んでいけるのだろうか。多くのビジネスパーソンの働き方を見つめてきたワークスタイル研究家の川上敬太郎さんが回答する。(2024/1/30)

キャリアニュース:
男性上司より女性上司のいる管理職の方が「今の仕事が好き」の割合が高い
JTBコミュニケーションデザインが「女性管理職の本音とマネジメント行動に関する調査」の結果を発表した。男性上司よりも女性上司がいる管理職の方が「今の仕事が好きである」の回答割合が高かった。(2024/1/26)

「部下に任せられない管理職」が実はやっている、”間違った動機付け”
「メンバーの力量が不足しており、プレイヤー業務を代わりにやらざるを得ない」「仕事を任せられる人材がいない」──そんな悩みを抱える管理職は多いようですが、実は部下に対し気付かぬうちにNG対応をしている可能性があります。(2024/1/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナ「淡路島移転」はどうなった? 3人のシングルマザーが語った「仕事」「教育」「島民の気質」
パソナグループが2020年に淡路島へ本社機能を一部移転すると発表して大きな話題を呼んだ。その後、続々と「移住」が進み、進化を遂げているようだ。実際にU・Iターンした人に話を聞いた。(2024/1/26)

「心理的安全性」は自ら高める “あの人”が周囲と軋轢ばかり抱える理由
心理的安全性を整えるは組織側の問題だと考えるビジネスパーソンもいるのではないか。個々人があるスキルを磨くことで組織の心理的安全性の向上に貢献し、自身のキャリアアップにも役立つ。どのようなスキルなのか。(2024/1/31)

大学1、2年生のキャリア意識 方向性が決まっている人はどれくらい?
マイナビは「マイナビ 大学生低学年のキャリア意識調査(2026・27年卒対象)」の結果を発表した。大学1、2年生でキャリアの方向性が決まっている学生は40.5%だった。(2024/1/19)

活躍する若手は「何のため」に働いているのか 「会社のため」ではない
これまでのような「社内のキャリアの上昇」という誘因だけでは、従業員のポジティブな関わりが引き出しにくくなっている。こうした若手に対し、どのように関わるべきなのか。(2024/1/17)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
プロは「上手なウソ」をつく 関根勤や小堺一機を世に出した、大御所マネジャーの仕事術
「上手な嘘をつけるのが良いマネジャーだ」――ENPASSの川岸咨鴻(かわぎし・ことひろ)名誉会長は、芸能マネジャーとして浅井企画で関根勤、小堺一機、柳沢慎吾、竹中直人、飯尾和樹といった人気タレントを続々と見出し、世に送り出してきた。本記事では川岸氏が身をもって体感した「良いマネジャーとは何か」「仕事はどう進めるべきか」について聞き、そのマネジメント論の本質に迫る。(2024/1/16)

営業コミュニケーション大解剖:
「個人目標は達成したので、もう営業しなくていいですか?」 部下の困った質問、どう返す
営業マネジャーをしていると、部下から「困った質問」が飛んでくることもあるのではないでしょうか? 「個人目標は達成したので、もう営業しなくていいですか?」「営業の仕事を辞めて、別の部署に異動できませんか?」──こういった質問への適切な返しを考えてみましょう。(2024/1/10)

年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか
年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか。ビズリーチ(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2024/1/7)

未経験転職をした理由 3位「やりがいを求めて」、2位「現状の業種・職種に不満」、1位は?
経験のない仕事へ転職する「未経験転職」。どのような理由で踏み切る人が多いのか。調査結果が明らかになった。(2024/1/5)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「できるエンジニア」が使う“魔法の言葉”と、絶対に言わない“あのワード”
職場でさまざまな問題にぶつかる若手技術者が、自分の能力を最大限に発揮できるようになるためには、行動を変えることが役立つ場合がある。何をどのように変えればよいのか。キャリアアドバイザーの助言をまとめた。(2024/1/4)

心筋炎経験の志尊淳、12年間所属の事務所から独立「仕事観・人生観が変わり」 “出資約束”の古巣に感謝「15歳の何者でもない僕を拾って」
新たな個人会社には旧事務所からの出資も。(2023/12/29)

「資格取得はゴールではない」:
PR:「AWS認定資格取得で仕事の幅が広がった」 エンジニアの体験を紹介
資格試験はともすると「取得すること」そのものが目的になりがちだ。しかし、習得した知識を業務に生かせなければ宝の持ち腐れとなる。実際の業務に確実に役立ち、エンジニアとしてのキャリアを大きく変え、仕事の幅を広げるのがAWS認定資格だ。(2023/12/27)

なぜメンバーが急速に育つのか:
PR:モチベーション、スキル、チャンスを伸ばすSBテクノロジーのチームマネジメントと「ServiceNow」ベースのDXの特徴
「ServiceNow」をビジネス展開しているSBテクノロジー。ServiceNowの存在は、自社のビジネス強化だけでなく、携わるメンバーのキャリアや業務のやりがいなど、多くの価値があるという。同社がServiceNowを扱う中で感じた気付きやメリットとはどのようなものか。(2024/1/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
自ら“窓際社員”になる若者──「静かな退職」が増えるワケ
最近の若い人たちは、人生設計がしっかりしている。しかし、仕事のプライオリティは確実に下がっている──。そんな悩みを、リーダー職に就く方々から聞くことがよくあります。米国では「必要以上に一生懸命働くのをやめよう」という「静かな退職」が話題になりました。なぜ、このような現象が起きるのか、そしてマネジャー層はどのように対応すべきなのか。健康経営学者の河合薫氏が解説します。(2023/12/22)

「ITの多重下請け構造は最悪」 エンジニアの“報酬中抜き”が許せないと考えた理由
PE-BANKは日本でフリーランスの働き方が一般的ではない時代から、ITフリーランスエンジニアの働き方を支援するエージェント事業に取り組んできた。今回、所属するエンジニアのキャリア自律を支援する福利厚生サービス「Pe-BANKカレッジ」の提供を始めた。その理由を社長に聞いた。(2023/12/21)

25卒が「キャリアは自分で決めたい」と思うワケ 変化する就労観
就職活動を控える2025年卒の学生は、「自律的なキャリア形成」にどの程度関心を持っているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/18)

仕事を楽しむための「セルフリーダーシップ」入門(1):
このまま今の仕事をしていて良いのか──「キャリア迷子」から脱却するヒント
キャリアの方向性を定めていく20〜30代のビジネスパーソンを中心に、自分の将来を考える際「本当に今の状況で良いのか?」と不安になる方は少なくないでしょう。本記事では、たとえどのような状況に置かれても、その状況を自分のプラスに変えていくヒントをご紹介します。(2023/12/13)

25年卒に聞いた:
成長できそうな企業の特徴 「資格支援制度あり」「研修が充実」を超えた1位は?
就職活動を控える2025年卒の学生は、仕事における「自身の成長」をどのように捉えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/8)

管理職とプロフェッショナル職 どちらを選べばより稼げる? 人事のプロが解説
従業員のキャリアに、マネジメント職(組織長)とプロフェッショナル職(非組織長、専門職)の2つの選択肢を設ける企業が増えてきました。両者の給与をどのように設定・調整するかは、自社の人事制度を試行錯誤する人事職のみならず、キャリアに悩む多くのビジネスパーソンにとっての関心事でしょう。マネジメント職とプロフェッショナル職、どちらを選ぶ方が給与処遇面で有利になるのでしょうか。(2023/12/8)

キャリアニュース:
働く男性の54.6%が、職場で「男性ゆえの困難」を経験
Indeed Japanが「職場における男性特有の困難や障壁に関する調査」の結果を発表した。「職場での男性特有の困難」を54.6%が経験し、そのうち79.7%が、困難が自身の働き方やキャリアに影響したと回答した。(2023/11/30)

「パラレルキャリア」「副業」成功者は何を得た? ミドル世代1700人に聞いた
「パラレルキャリア」や「副業」など、本業以外の仕事に取り組むことでスキルアップを目指す人が増えている。35歳以上のミドル世代でパラレルキャリアや副業に成功した人は、何を得たのか。転職サイトを運営するエン・ジャパンが調査した。(2023/11/22)

社員が課題に感じていること、3位「上司とのコミュニケーション」 同率1位は?
グロービスの調査「学習実態や仕事への課題」から、正社員の約6割が「将来のキャリア目標がない」(59.0%)ことが分かった。社員が抱える課題についてはどのような回答が見られたのか?(2023/11/21)

キャリアニュース:
若手ハイキャリアが働きたい企業の総合ランキング、1位は「グーグル」
スカウト転職「AMBI」が、39歳以下のユーザーを対象にした「働きたい企業」についての調査結果を発表した。働きたい企業の総合ランキングトップ3は「グーグル」「トヨタ自動車」「キーエンス」だった。(2023/11/17)

若手技術者に向けたアドバイス6選【前編】
若手でも「できるエンジニア」が心得ている“仕事の流儀”とは?
若手技術者は職場でさまざまな困難に直面し、思うように仕事を任せてもらえないことがる。ただしある基本行動を重視することで、そうした状況を打開できる可能性がある。どう行動すればいいのか。(2023/11/11)

労働市場の今とミライ:
政府による「転職のススメ」 失業給付のタイムラグ解消で何が起きる?
政府が「雇用の流動化」つまり転職の推進に熱心だ。これにより日本の賃金を上げることを狙っているが、転職の推進によって本当に賃上げが実現できるのだろうか。失業給付のタイムラグ解消やキャリアコンサルタントの支援などの具体的な施策で見込める効果と懸念点について言及する。(2023/11/9)

ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【前編】
「ネットワークエンジニア」と「ソフトウェアエンジニア」とはどんな仕事?
ITエンジニアを目指す時に、ネットワークエンジニアになるかソフトウェアエンジニアになるかを選ぶ必要がある。両者の違いを解説する。(2023/11/8)

職場で「無意識の偏見」を感じた質問 「子ども・出産の有無」を抑えた1位は?
無意識の思い込みに基づいた言動を受けたビジネスパーソンはどれくらいいるのか。ライボ(東京都渋谷区)が運営するキャリア調査機関「Job総研」が男女約800人から回答を得た。(2023/10/26)

仕事のできる新入社員ほど「ビジネスマナー」を重視していない なぜ?
「配属後に最も意識していきたいこと」について、配属後のパフォーマンス発揮度合いが高い人と低い人の間で、回答差があったことがNEWONE(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。パフォーマンス発揮度が高い新入社員はどのようなことを意識しているのか。(2023/10/24)

キャリアニュース:
新入社員の理想は「丁寧な指導をする上司や先輩」、79.0%が回答
日本能率協会が「2023年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。79.0%が「仕事について丁寧な指導をする上司、先輩」が理想と考えており、78.4%が「会社の将来性が見込めなくなったときに転職を考える」と回答した。(2023/10/20)

約半数が「マネジメントや起業よりエンジニアとしてのスキル向上」を重視:
約8割は「ヘッドハンターからのお誘い」を待っている @IT読者調査の結果から見えた最新のキャリア意向
@ITはキャリア意向調査を実施した。それによると20〜40歳代の読者が転職で改善したい要素は「給与面」で、次に転職するときには「勉強会、コミュニティーでの紹介」を使いたいと考えている人が多かった。(2023/10/13)

元モー娘。が今度はアイドルプロデュース アイドルの“サードキャリア”として注目「目指せ女版つんく」
“かつての自分のような女の子”の夢をかなえる手助けがしたいと語った尾形さん。(2023/10/3)

女性の副業経験者は、月にどれくらい稼いでいるのか
ライフイベントがキャリアに影響しやすいと考えられる女性は、物価高や賃上げの少ない状況下において、副業に対してどのような意識を持っているのか。働き方に関する調査機関「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区 )が、社会人女性を対象に「2023年 女性の副業実態調査」を実施した。(2023/9/29)

使われ方に違和感:
日本で「リスキリング」という言葉が空回りし続けるワケ
日本では「リスキリング」という言葉がバズワード化しつつある。反射的に「面倒だなあ。できればやりたくないなあ」と感じる人も多いはずだ。しかし、これは自分自身のキャリアに投資し、収入を上げる機会を損なっているに等しい。日本の「リスキリング」を取り巻くイメージ、そしてそのリスクとは。(2023/9/28)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
「Galaxy Z Fold5」に物理キーボードを接続すると、オールマイティーな端末に化ける
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/9/25)

25年卒の就活生、ChatGPTどう活用? 「自己分析」上回った1位は?
97%の学生が秋冬インターンへの参加を希望していることが、ワンキャリア(東京都渋谷区)の調査で明らかとなった。25年卒予定の学生がインターンに期待することは何か。(2023/9/20)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(105):
「技術力が大事」だと思っていた元エンジニア でも、30年でたどり着いたのは……
「仕事で大切なのは、技術力だ」と思っているエンジニアは多いでしょう。僕も若いころはそうでした。でも、社会人になって30年たったいま、その考え方はずいぶん変わりました。結局は……(2023/9/20)

「経営陣は俺たちを軽視している」 ガートナー調査で判明したIT運用担当者の“不安と不満”
ガートナーの調査によると、多くのIT運用担当者がキャリアパスと待遇に不安や不満を感じている。その理由とは。(2023/9/18)

新卒入社3年以内に辞めなかった理由 2位「次の仕事が見つからなそう」、1位は?
新卒で入社したものの、3年以内に辞める人も少なくない。では、3年以内に辞めなかった人はどのような理由で、その会社で働いているのか。(2023/9/18)

女性の技術者育成を目指すAWS【前編】
AWSの教育プログラムで「女子生徒が開発した有望アプリ」とは?
AWSはキャリア支援のプログラム「AWS GetIT 2023」を実施した。10代の女子生徒がITのキャリアに関心を持てるようにすることが目的だ。その具体的な中身とは。(2023/9/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。