ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャリア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック
「キャリアとスキル」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

成長に伴い考えるべき請求業務の課題
「売り上げとともに増え続ける帳票問題」の対処にExcel活用が得策ではないワケ
売り上げに比例して請求書の作成といったバックオフィス業務の量も増加する。しかし管理部門は今の仕事で手いっぱいだ。かといって人員補強をする余裕はない。そうした状況の中での最適解とは。(2020/2/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(62):
予測不可能なVUCA時代に「将来のキャリアが描けず不安」と悩んだら?
会社に入ってある程度の経験を積むと、「将来のキャリアが描けず、不安」と悩む人が少なくありません。そんな、未来が心配なあなたへの処方箋。(2020/2/19)

“かけ算”思考で! 藤原和博さんが語る「100万人の1人」になる方法 
教育、働き方など、多様なテーマの著作がヒットしている“教育改革実践家”の藤原和博さん。今回出版した、『100万人に1人の存在になる方法』では、将来の仕事人生に不安を持つ人に向け、希少価値の高いキャリアを積んでいくノウハウを惜しみなく披露している。(2020/2/18)

能力開発・スキル向上支援にも積極的:
マスコミ業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」サイバーエージェント、NHKを抑えての1位は?
「仕事のやりがい」評価の平均値が高い順にランキングした「マスコミ業界の“仕事にやりがいを感じる企業”ランキング」。2位「サイバーエージェント」、3位「NHK」、4位「ベネッセコーポレーション」、5位「ドワンゴ」と続いた。1位になったのは?(2020/2/12)

快適さと失業リスクは表裏一体?
「AI」「自動化」に9割の若者が歓喜し、6割の若者が恐怖する理由
1990年代以降に生まれた「ジェネレーションZ」世代にとって、人工知能(AI)技術と自動化技術は仕事を助ける手段だが、不安の声もある。それはなぜなのか。(2020/2/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Juan Martinez編(後):
「勉強にコツはない」――両手で考え両手でプログラミングするドクターマルティネス
エルサルバドル出身のJuan Martinez(ファン・マルティネス)氏。「不得意を得意に変える」ことでキャリアを積み重ねた同氏が教える「物事を学ぶコツ」とは。(2020/2/6)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
ブラック企業、セクハラ、解雇、引きこもり……38歳女性に刻まれた「氷河期という呪い」
国などによる支援が始まったロスジェネ。この世代が負った“傷”は、果たしてキャリアや金銭の損失だけか。ブラック企業勤務から一時は引きこもりになった女性の半生から追う。(2020/2/5)

3割は1年以内の退職意向:
「3年後は今の会社で働いていない」若手社員は47% 年収別にみると……
リスクモンスターが発表した「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査結果によると、若手社員の半数が3年以内の転職・退職を考えている。その理由は「給料」が最も多かった。(2020/2/4)

保険業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 並みいる外資系企業を抑えて1位になったのは?
「保険業界の“ホワイト度が高い企業”ランキング」。2位「メットライフ生命保険」、3位「アクサ生命保険」、4位「ジブラルタ生命保険」、5位「東京海上日動火災保険」と続いた。1位は?(2020/1/22)

キャリアニュース:
精密機器業界のやりがいを感じる企業ランキング――1位は東京エレクトロン
企業口コミサイト「キャリコネ」が「精密機器業界の仕事にやりがいを感じる企業ランキング」を発表した。1位は「東京エレクトロン」、2位「村田製作所」、同率3位が「ブラザー工業」「ソニー」だった。(2020/1/20)

行政へ不満の声も:
氷河期世代、仕事に関する調査で不名誉な「3冠王」 バブル世代、ゆとり世代と比較して悲惨な結果に
Indeed Japanが就職氷河期世代の仕事に関する調査結果を発表。バブル世代、ゆとり世代と比較を行った。非正規雇用の経験率、非正規雇用での転職回数、仕事に関する意識の3分野で、不名誉な「3冠王」となる悲惨な結果に。(2020/1/16)

人と仕事のマッチングをサポート:
ITエンジニアになった場合、あなたは心理的に満足できるのか?
メルボルン大学などオーストラリアの研究チームが、さまざまな仕事の人格的な側面を理解することが、自分に合った職業を見つける鍵になることを示唆する研究論文を発表した。デジタル行動には個人の特性や価値が反映されるという作業仮説から始め、「デジタル指紋」を作りあげて、デジタル指紋と職業の関係を調べることでレコメンデーションシステムを作り出した。(2020/1/14)

「収入さえあればよい」「組織に縛られないスキルほしい」 今どき大学生のキャリア観は?
マイナビが大学1、2年生を対象にしたキャリア意識調査の結果を発表した。(2020/1/10)

チャレンジしやすい環境か:
精密機器業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 2位村田製作所、3位ブラザー工業とソニー、1位は?
「キャリコネ」は、精密機器業界の”仕事にやりがいを感じる企業”ランキングを発表した。2位は村田製作所、3位はブラザー工業とソニーが並んだ。1位は?(2020/1/10)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
国の支援も手遅れ……「就職氷河期第一世代」の女性が味わった絶望とは
今更ながら国が支援を始めた就職氷河期世代。その女性たちが味わった就職や仕事の苦難は実は多様だ。「第一世代」の女性は果たしてどんな人生をたどったか?(2020/1/6)

キャリアニュース:
ITエンジニアの約6割が「技術的スキルだけでは生き残れない」と回答
VSNが、ITエンジニアを対象とした仕事に関する意識調査の結果を発表。「技術的スキルだけでは生き残れない」と55.9%が考えていた。また、今後高めたい能力として、自身で解決策を提案できる「コンサルティング力」を挙げた人が最も多かった。(2019/12/19)

FacebookとGoogleが、Glassdoorの「働きやすい企業」ランキングでトップ10圏外に
米キャリア情報サイトGlassdoorによる毎年恒例の「雇用者が選ぶ最も働きやすい企業」ランキングの米国版で、上位の常連だったGoogleとFacebookがそれぞれトップ10圏外に落ちた。(2019/12/12)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
データサイエンティストの素養は「獣神サンダー・ライガー選手」に学べ
将来のキャリアに悩むデータサイエンティストは少なくありません。今後の方向性に悩めるデータサイエンティストは、あの業界の“レジェンド”に学んでみてはいかがでしょうか?(2019/12/5)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
転職で「嫁ブロック」発動。意見を聞き入れるべき? 説得すべき?
オートモーティブ・ジョブズの自動車業界採用アナリスト 関寺庸平が、キャリアに関するお悩みにお答えします。今回のお悩みは「嫁ブロック」です。(2019/12/4)

女子と労働:
「キャリア、ライフステージ、そしてオタク事が三つ巴」――“オタク女子と労働”の大変さと楽しさを『本業はオタクです。』劇団雌猫かんさんに聞いた
みんなラクラク両立できてるわけではない!(2019/11/30)

仕事ができるOLの正体は美「少女」戦士!? 社会人が納期と世界平和を守る漫画がTwitterで人気
社会人になったプリキュアやセーラームーンはこんな感じなのかも。(2019/11/21)

Go AbekawaのGo Global!〜Li Rutong編(後):
「エンジニアの本当の技量が問われる、だから楽しい」――コーディングを楽しむCTOがエンジニアに伝えたい“焼脳”とは
コンテンツ配信を担う「U-NEXT」でCTOを務めるLi Rutong(リー・ルートン)氏。一番大切な仕事は「自分がいらないシステムを作ること」と語るルートン氏がエンジニアに伝えたい“焼脳”とは何か。(2019/11/12)

キャリアニュース:
日本での仕事に「良い」印象があると在留外国人の64%が回答
「Guidable Japan」が、外国人労働者を対象とした日本国内での労働イメージ調査の結果を発表した。回答者の64%が、日本の労働システムに良い印象を持っており、職種では「技術職」や「教師」の人気が高かった。(2019/11/8)

7割以上の男性が「男だから」に生きづらさ 若年層は「人間性」、高年層では「仕事」に影響
長く続いてきた「文化」を変えるのには大きな力が必要(2019/11/7)

多様化するキャリア設計:
「転職が前提」ではないキャリア相談、パーソルキャリアが開始 B2Cでもコーチングは広がるか
総合人材サービスを手掛けるパーソルキャリアは10月31日、展開しているハイクラス人材向けプラットフォーム「iX」において、キャリア相談に関するサービス「クラウドキャリアコーチ」を開始した。1回30分程度の電話によるコーチングを4回、1万9800円(税別)で提供する。「転職」を前提とせずにコーチングすることで、キャリアに関する幅広い選択肢をユーザーに提供する狙いがある。(2019/10/31)

キャリアニュース:
仕事に関する学びの実態――労働時間の短縮は必ずしも学びにつながらない
リクルートマネジメントソリューションズが「職場での個人の学びに関する実態調査」の結果を発表した。「過去1年で仕事に直結する新しい学びがあった」と59.7%が回答し、労働時間が最も多いグループが多くを学んでいることが分かった。(2019/10/31)

データサイエンティストの仕事は奪われない 「Kaggle Grandmaster」が語るデータ分析の本質
データサイエンティスト協会のシンポジウムに、日本に10人ほどしかいないというKaggle「Grandmaster」が登壇。Kaggleで培った経験や、ビジネスでの機械学習の応用などについて語った。(2019/10/21)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
「アニメの絵を自動で描く」AIが出現――アニメーターの仕事は奪われるのか?
手描きが主流だったアニメ制作でも自動化が到来。ソフトやAIが自動で描画や彩色する技術開発が進む。果たして、人間のアニメーターは不要になるのか、最前線を追う。(2019/10/21)

ビジネスを通して実現したいこと:
ラグビー選手から起業家へ 前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が示す「セカンドキャリア」の作り方
空前のラグビーブームに沸く一方、まだまだ課題があるのが、選手たちが引退した後の「セカンドキャリア」だ。ラグビー日本代表のキャプテンをかつて務めていた廣瀬俊朗さんは選手たちの「セカンドキャリアの道筋を示したい」と語る。廣瀬さんに、日本代表を率いてきたリーダーシップの秘訣や、引退後のキャリア、起業した経緯について聞いた。(2019/10/20)

キャリアニュース:
転職コンサルタントの6割が「応募書類を改善すべきミドル層が多い」
ミドルの転職が「職務経歴書、履歴書のポイント」についての調査結果を発表した。転職コンサルタントの61%が「応募書類を改善すべきミドルが多い」と回答。また、応募書類の作成でやりがちな失敗の1位は「仕事の成果に具体性がない」だった。(2019/10/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
休日も“心”は疲弊 働きがいに影を落とす「休み方」の落とし穴
2019年版の労働経済白書では「働きがい」を数値化して分析。「休み方」と働きがいの関係も調査された。ただ休むだけでなく、仕事から心理的距離を置いたり、仕事以外の時間をチャレンジのきっかけにしたりできる休み方をしないと、“心の疲れ”は癒やせない。(2019/10/11)

新連載「ロスジェネ女子の就職サバイバル」:
36歳ロスジェネ女子がはまった“やりがい搾取”に見る日本企業の闇
不景気と男社会の悪影響を受けたロスジェネ世代の女性。働き方改革やセクハラ対策も浸透していない時代で就職したためだ。仕事への「やりがい」に搾取された1人の女性のキャリアを追う。(2019/10/11)

「YouTuber」は副業扱い:
新たな働き方に前向きな若手エンジニア、25%がフリーランス希望 インターノウス
インターノウスが若手エンジニアを対象に実施したキャリアについての調査結果によると、生涯エンジニアとして働き続けたいと考えている割合は9割。「リモートワークの正社員」を希望する割合が最も多く、副業にも積極的に取り組んでいることが分かった。(2019/10/4)

女性活躍企業 「ローソン」トップ 役員41.7%、育休復職93.9%、男性育休90%超
 女性活躍推進法が平成28年に施行され、今年で4年目。女性が結婚や出産などを経ても仕事を続け、キャリアアップができる環境を作ることは、企業や団体だけではなく社会の大きな課題だ。そうした女性活躍を客観的に評価する指標「女性活躍インデックス」を東洋大学がつくり、毎年公表している。これにもとづいたランキングで、トップとなった会社はどのような取り組みをしているのか。(2019/9/30)

世界基準の部下育成法とは?:
上司はなぜ部下の価値観を「無視」してしまうのか?――元GE「リーダー育成専門家」が斬る
部下の価値観に合わせて仕事を設計する……。言葉では簡単でも実はハードな管理職の仕事だ。GEでリーダー育成に携わった筆者が具体的にレクチャーする。(2019/10/2)

キャリアニュース:
機械業界の「仕事にやりがいを感じる企業」ランキング
企業口コミサイト「キャリコネ」が「機械業界の“仕事にやりがいを感じる企業”ランキング」を発表。1位は「小松製作所」だった。(2019/9/19)

ジャニーズは努力が9割【後編】:
ジャニー喜多川が育成 TOKIO国分太一、V6井ノ原快彦に学ぶ「最強のコミュニケーション術」
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする後編。ジャニーズの中でも特にコミュニケーション技術を学べるのがTOKIO国分太一とV6井ノ原快彦だ――。(2019/9/4)

“昭和の常識”が会社を滅ぼす:
働き方改革の旗手、白河桃子と沢渡あまねが対談! ――会社を滅ぼす「仕事ごっこ」をやめる方法
働き方改革が国策になって久しい中、なぜ、日本の働き方はいつまでたっても変わらないのか――。本質的な改革とは程遠い「仕事ごっこ」がはびこる日本企業の現状と、令和の時代にふさわしくアップデートする方法について“働き方改革の旗手”の二人に大いに語ってもらった。(2019/9/5)

人材流出を防ぐために:
ワーキングマザーを“戦力外”にするな 企業の「小1の壁」「小4の壁」の乗り越え方
いまだに難しい育児と仕事の両立。小学校就学後も子どものケアを理由に退職する女性は多い。パーソル総研の研究員が調査結果を元に処方箋を提案する。(2019/8/30)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」in 沖縄:
起業、パラレルキャリア、はたまた奴隷? 「個の時代」、人生ゲームの勝者は誰だ
終身雇用や年功序列といった日本的経営に陰りが見え始める中、「会社に頼らない生き方」をするためにはどんなキャリア設計をすればいいのか――。働き方改革の先駆者たちに聞いた。(2019/9/3)

個人でなく構造的な問題:
アパレル、ウエディング……「キラキラ系業界の接客女子」が転職に行き詰るワナとは
アパレルやウエディングなど華やかな接客業は女性に人気。しかし、離職率が高い上に異業種へ転職しにくい傾向も。構造的なキャリアの断絶問題を解き明かす。(2019/8/26)

“脱Excel”か“活Excel”か
「Excel職人」が生まれる理由――課題を解決するほど仕事が増えるジレンマ
企業活動において、「Microsoft Excel」を使う仕事は「必要な業務」であっても「重要な仕事」とまでは言えない場合があります。このことが、Excel業務に従事する人のモチベーションに大きく影響しています。(2019/8/26)

ジャニーズは努力が9割【中編】:
滝沢秀明がジャニー喜多川の「後継者」となった理由
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする中編。なぜ滝沢秀明はジャニー喜多川の「後継者」となれたのか? その理由に迫る。(2019/8/17)

ジャニーズは努力が9割【前編】:
ジャニーズという「努力の天才たち」から学んだ仕事哲学
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を前・中・後編の3回に分けてお届けする。今回は前編――。(2019/8/16)

モノづくり業界転職トレンド(11):
お勧めしたい「夏休み」の過ごし方
まとまった時間が取れる夏休みにこそ、自分のこれからの仕事についてじっくり考えてみるのもいいのではないだろうか。転職を考えている方はもちろん、転職を考えていない人にもお勧めしたい夏休みの過ごし方について転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/8/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
組織の体幹=共通言語。探す、みつける、鍛えることがリーダーの仕事
皆さんの組織には「共通言語」はあるか。共通言語が無い組織では、どのようなことが起こるのだろうか。(2019/8/8)

知の賢人・田坂広志が語るキャリア論【前編】:
田坂広志が社会人1年目に味わった絶望感――逆境を越えられた理由は「研究者視点」と「心の師匠」
7年遅れで実社会に出た研究者上がりの若者が、ビジネスの世界で道を拓けたのは、仕事を深く研究するという「反省の技法」と、優れた上司からその技術や心得を徹底的に学ぶ「私淑の技法」の賜物だった――。(2019/8/6)

職業人生で、「キャリア・アンカー」を意識することは重要だ
米国の心理学者、エドガー・シャインが提唱した有名な「キャリア・アンカー」は、職業人が自らのキャリアの形成・選択を考える際に、もっとも大切にしたい価値や欲求のことを言う。ちなみに、アンカー(anchor)は船の錨(イカリ)のことで、“動かせない点”といった意味である。(2019/8/8)

フリーだからこそ実現できる、「Work」と「Life」のバランス:
PR:プロエンジニアの道を選んだ4者4様のスタイル
プロフェッショナルエンジニアとしてフリーで働くとはどんな感じなのか、仕事と生活、趣味のバランスがどのように取れるのか――30年にわたってフリーランスエンジニアを支援してきたPE-BANKが開催した「プロエンジニアフォーラム 2019 -WORK FOR GOOD LIFE -」で、その実践例が紹介された。(2019/7/29)

チャレンジするマーケター:
ビッグイベントを成功へ導くSansan松尾佳亮氏の仕事に対するこだわりとは
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。