ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「やりがい」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「やりがい」に関する情報が集まったページです。

キャリアニュース:
会社を辞めたい理由、1位は「職場の人間関係が悪い」
Biz Hitsが「会社を辞めたい理由ランキングと辞めたいときの対処法」を発表した。会社を辞めたい理由のトップ3は「職場の人間関係が悪い」「理不尽な扱いを受けた」「仕事量や残業が多い」だった。(2022/7/7)

若手が働きがいのある会社ランキング 大企業の2位はセールスフォース 1位は?
若手が働きがいのある会社はどこか。Great Place to Work Institute Japan(GPTWジャパン)が企業規模ごとに3部門で調査した結果を発表した。(2022/7/6)

「2022年は副業に割ける時間が減っている」:
コロナ禍の転職は「やりがい」重視、副業は陰り? ウォンテッドリーが調査
ウォンテッドリーは、「コロナ禍の転職と副業に関する調査」の結果を発表した。転職時に最も重視する項目は「仕事内容のやりがい」、副業時に重視するのは「勤務形態の柔軟性」だった。(2022/7/5)

教えて、キラキラお姉さん:
女性エンジニアって、特別な人がなるんでしょう?
エンジニアは普通の人でもなれるし、男女の区別はないし、私みたいに創作活動に熱中し過ぎて大学受験に失敗した人でも活躍できるんですよ。(2022/7/4)

飼い主の朝食に、猫ちゃんがまさかの……!? キレッキレで砂かけする姿に「汚物扱いされてる」「なぜ……」
四方八方から砂かけ。(2022/7/6)

転職するごとに:
転職で重視することランキング 3位「給与水準」、2位と1位は?
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、「コロナ禍の転職と副業に関する調査」を実施。転職時の重視項目を尋ねたところ、1位は……。(2022/7/1)

AI×教育でミドル層の生徒を磨く 過去20年の記録で最適な学習ポイント導く スプリックス・常石社長
1校舎当たりの生徒数が最も多い個人指導塾「森塾」を運営、傘下に進学塾「湘南ゼミナール」などを置くスプリックスの常石博之社長は、AIを取り入れた教材開発などユニークな取り組みを進めている。(2022/6/29)

教育プロセス全体の見直しを:
「インターンシップ」小手先のルール見直し アンフェアな就活モード“押しつけ”の現状
インターンシップを通して取得した学生情報を企業が広報・採用選考活動に活用することを可能にする政府のルール見直し。しかし、そもそもインターンシップは学生にとって仕事選びに有効な場になっているのだろうか。(2022/6/29)

スマートファクトリー:
PR:製造業の課題をローカル5GとAIで解決、愛媛県が挑む「地域シェア型スマート工場」
製造業における少子高齢化による労働力不足、技能伝承に関する問題が顕在化している。特に地方での人材不足は深刻化しており、課題解決に向け試行錯誤が行われているところだ。その中でデジタル技術を活用した独自のアプローチで地域製造業の活性化に取り組んでいるのが愛媛県だ。愛媛県が進めた「ローカル5Gを活用した地域シェア型スマート工場」の実証実験について紹介する。(2022/6/27)

溝にはまり鳴いていた子猫を保護→たった一晩で…… 先住猫より前でゴハンを待つ姿に「堂々としてる」「ちっちゃい!」
お座りして待ってる姿がかわいい。(2022/6/24)

PR:コンタクトセンターに蓄積された“顧客の声”、活用できていますか? 顧客ロイヤルティを高める「VOCデータ」という一手
現在はSNSやWebサイトの充実により、顧客は自ら大量の情報を取りに行くことができる。つまり、「代わりの商品やサービスはすぐに見つかる」「一度でも対応に不満があればいつでも乗り換えられる」という、サービス提供者側からするとシビアな状況だ。デジタルシフトが今後ますます進むと考えられる中で、顧客体験(CX)向上に努め、再購入比率や継続利用率を高めるためにはどうすればいいのか? CXのプロ集団に聞いた。(2022/7/5)

23〜34歳の人に聞く:
仕事で不満を感じていること 3位「やりがい」、2位「収入が少ない」、1位は?
現在、働いている会社の労働環境や業務内容にどのような不満を感じている人が多いのだろうか。転職活動を始めているまたは転職が決まっている人に聞いた。(2022/6/23)

【独自】くら寿司元店長が語る労働環境 「休みは取れず、上司は壁をたたきながら……」
くら寿司にアルバイトとして入社し、その後社員として店長まで勤め上げた元社員にインタビューを実施した。当時の働き方を聞くと、違法性が疑われる労働環境が明らかになった。くら寿司で何が起きているのか?(2022/6/22)

キンドリルに聞く、次の時代のエンジニア像(2):
PR:技術理事とCTOに聞く、「エンジニアとしての価値」の高め方
2021年9月、IBMのマネージドインフラストラクチャサービス部門から独立した従業員9万人のスタートアップ企業、キンドリル。多様なIT人材が活躍する中、同社は「エンジニアの価値」をどう捉えているのか。技術理事とCTOに話を聞いた。(2022/6/30)

ホロライブの切り抜き“公認”に切り抜き師は? 人気切り抜き師「なめたけニキ」に心境やこだわりを聞いてみた
驚異のアーカイブ検索能力の謎や編集時間など気になるアレコレを深堀り。(2022/6/23)

優秀な人材を確保:
東武鉄道、初任給を引き上げ 高卒初任給を20万円台に
東武鉄道と子会社は、2023年春までに段階的に新卒社員の初任給を引き上げると発表した。(2022/6/20)

エンジニアが苦手なのは早起きじゃなくて通勤だった?:
ニューノーマル時代のエンジニア生きのこり戦略
コロナ禍3年目を迎え、いろいろな常識が変わったよね。でも、変わらないものもあるんだよ。(2022/6/20)

働き方改革の功罪:
「ゆるい大企業」という“沈みゆく船” 優秀な若手の早期離職はもう止められないのか
2019年に「働き方改革関連法案」が施行されたことを機に日本の労働環境は大きく変わった。長時間労働は是正され、有休取得率も改善した。その一方で、残業はないものの同時に成長に必要な経験を得づらい「ゆるい大企業」から優秀な若手社員が早期離職する現象が起きているという。(2022/6/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(90):
35歳からのキャリア――中堅世代こそ「Will、Can、Must」を考えよう
あなたが中堅世代なら、将来のキャリアに不安になることがありませんか? そんなときは、Will、Can、Mustで整理すると、これからの方向性が見えてくるかもしれません。(2022/6/15)

Sitecoreペイジ・オニール氏インタビュー:
「顧客体験のためのツール」を提供する会社でCMOを務めるということ
SitecoreでCMOを務めるペイジ・オニール氏はIT業界で25年近くマーケティング上級職を歴任し、女性役員がほぼいない頃からCMOを務めてきた。既存のロールモデルに縛られず、自分らしいリーダーシップ像を見つけるまでに歩んできた道のりとは。(2022/6/14)

Z総研調べ:
「動いてから考える」VS「考えてから動く」 Z世代に多いのはどっち?
Z総研を運営するN.D.Promotion(東京都渋谷区)とマイナビは、Z世代の仕事観について調査を実施した。仕事やキャリアについて考えるとき、92.0%が「変わり続けることが成長」と考えていることが分かった。(2022/6/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
合成燃料の活用に言及した日本、CO2排出100%削減にまた一歩進んだ欧州
土曜日ですね。皆さんおつかれさまでした。梅雨入りしましたね。空調に頼らずに快適に過ごせる季節が終わろうとしています。(2022/6/11)

1700人にアンケート:
今年の新入社員、ストレス耐性弱く? 育成に必要な3つのポイントとは
シェイク(東京都千代田区)は、2022年度の新入社員約1700人を対象に行ったアンケート結果を発表。働く目的を「自己成長」と答えた割合が6割に上った。一方、ストレスマネジメントに苦手意識を持つ新入社員が多い傾向も判明した。(2022/6/12)

キンドリルに聞く、次の時代のエンジニア像(1):
PR:「だから、僕らもキンドリルを選んだ」――技術理事に聞く“エンジニアの役割”とキャリアの伸ばし方
2021年9月、IBMのマネージドインフラストラクチャサービス部門から独立した従業員9万人のスタートアップ企業、キンドリル。多様なIT人材が活躍している中、同社はエンジニアの役割とキャリアパスをどう捉えているのか。同社技術理事に話を聞いた。(2022/6/10)

ビズリーチ調べ:
転職を考える理由 2位は「経験・スキルが生かせていない」、1位は?
会員制転職サイトを運営するビズリーチは、キャリア観や転職に対する意識についてのアンケートを実施した。直近1年間で、85.1%が転職への意欲が高まったと答えた。(2022/6/7)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第5回】
ネットワーク管理者の「採用ミスマッチ」を防ぐための面接質問回答例
採用のミスマッチは誰も幸せにしない。これを防ぐためには採用担当者と求職者が「企業が今後何に重点を置いて事業を進めるのか」を理解する必要がある。求職者が面接で聞くべきこと、面接官が答えるべきことは何か。(2022/6/7)

「現在も新卒入社の会社で働く」30代以下で33%、転職を考えたことは?
新卒で入社した会社に、いまも勤めている人はどのくらいいるのだろうか。全国の男女に聞いた。(2022/6/5)

東京ラーメンストリートの舞台裏:
佐野ラーメンの味を東京に! 東京ラーメンストリートに初出店した「麺屋ようすけ」社長
各地を代表する名店を出店している「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」で、「麺屋ようすけ」が6月13日まで出店している。田邉庸介代表に、その思いを聞いた。(2022/6/4)

週休3日制 給与と労働時間どちらを優先? お金に関する意識調査
「お金に関する意識調査」の結果、週休3日制を導入する場合、「給与が変わらず、月の所定労働時間も変わらない方を優先したい」という人が5割強だった。(2022/6/4)

IPA×ITmedia DX対談企画(第1回):
「全社でDXやっています」と答えざるを得ない、日本企業の“罪な構造”
21.7%──。これは「全社的にDXに取り組んでいる」と回答した日本企業の割合です。この数字は少ないでしょうか? それとも多いでしょうか? この回答から見えた、日本企業の“罪な構造”とは。(2022/6/1)

2022年版「女性が活躍する会社」ランキング 3位「アフラック生命保険」、2位「りそなHD」、1位は?
「日経WOMAN」を発行する日経BPと、日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」が、2022年版「女性が活躍する会社BEST100」を発表した。(2022/5/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「最近の若者はすぐ辞める」と怒る前に知るべき、「仕事が合わない」と言い出す新人の真実
“辞める新入社員”が話題になる季節だ。近年は「仕事が合わない」と話す若者が特に目立ち、連合の調査でも退職理由のトップとなっているが、これにはキャリア教育や上司とかかわりが深く関係しているという。「仕事が合わない」と言い出す新人の真実とは――。(2022/5/27)

「女性活躍」はこんなふうに:
「女性管理職を増やせ!」と意気込む経営陣、嫌がる女性社員 どうしたらいい?
【Q】当社でも女性管理職を増やしたいと考えていますが、女性社員がその気になってくれません。人事は、女性管理職を増やしたい経営層と、管理職を希望しない現場の女性との間で板挟みです。どうしたらよいでしょうか?(2022/5/27)

これからの「労働時間」(3):
「裁量労働制=悪」ではない うまく運用できる企業の“4つの特徴”
働きすぎによる健康被害の懸念など、批判されることの多い「裁量労働制」。しかし、柔軟な働き方に満足している人も多い。うまく運用できる企業とそうでない企業の違いはどこにあるのか。実際の事例を参考に、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/5/26)

COSOJI(こそーじ):
「掃除してくれる人、いない?」→「やります!」 不動産管理業務のシェアサービスがアツい
21年1月にサービスをリリース後、毎月前月比15%ずつ成長している会社がある。不動産の管理業務という地味な仕事にフォーカスしたシェアリングプラットフォーム「COSOJI(こそーじ)」を開発、運営するRsmile(東京都中央区)だ。(2022/5/26)

リスクモンスター調べ:
子や孫に勤めてほしい企業 NTTやソニーを抑えた1位は?
リスクモンスターが、未成年の子や孫を持つ800人を対象に「子どもや孫に勤めてほしい企業」を調査した。1位と2位は前回調査に続いて「公務員」が占め、3位に「トヨタ自動車」(10.5%)がランクインした。(2022/5/25)

Z世代の離職をどう防ぐ? “データドリブン人事”の最前線を聞いた
せっかく優秀な人材を採用しても、定着しなかったりなかなか戦力にならなかったりでは意味がない。企業が頭を悩ませるこうした人事領域の問題に、ソリューションはどう応えるのか。(2022/5/24)

お尻ポンポンが好きな柴犬、手を止めると……「もうやめちゃうの?」 ルンルン顔→切ない顔の変化がかわいい
こんなにかわいい後ろ姿見たことない!(2022/5/17)

新山千春、15歳娘がダンスステージでソロ キレッキレの振りに「超かっこいい」「テンションMax!」
めきめきダンスの腕が上達している娘・もあさん。(2022/5/13)

「企業理念の周知が足りていないのでは?」管理職が考えた若手中堅の退職理由にお口あんぐり 違うそうじゃない……
地獄の会議。(2022/5/16)

ポジティブな表現:
就活生は「自己PR」で、どんな言葉を使っているのか
新卒オファー型就活サービスを運営するi-plugは、2023年に卒業する予定の学生がOfferBoxに登録する「自己PR」と「私の将来像」の記述欄で使用する言葉を調査。その結果、自己PRでは……。(2022/5/13)

「上司・顧客に怒られた」:
新卒の営業が最も「働きたくない」5月の乗り越え方
5月病の季節がやってきた。新卒の営業職のやる気が低下するのも、この時期が最も多いという。RevCommが実施した調査では、新卒時代に「やりたくない/休みたい」と感じた経験がある営業職は82.7%に上った。(2022/5/12)

高校生が同世代で憧れる人、「芦田愛菜」、コムドットの「やまと」が1位に 将来就きたい職業は?
アイ・エヌ・ジーは、関東の高校生男女に、「高校生の将来就きたい職業に関するトレンド調査」を行った。高校生が同世代で憧れている人1位は「やまと(YouTubeグループ・コムドットリーダー)」と「芦田愛菜」だった。(2022/5/10)

オランダのカリキュラム改革で判明
IT企業が求めていた「Linux/Windowsではない」意外なITスキルとは?
オランダの中等教育プロバイダーが、新カリキュラム開発の一環としてITスキルの需要を調査した。するとIT企業が求めているのはLinuxやWindowsのスキルではなかった。生徒に何を教えるべきなのか?(2022/5/10)

若者の働き方はこう変わった:
「仕事終わっていないけど、定時で上がります」 中年社員は新卒との”ジェネレーションギャップ”をどう解消すべきか?
上司や先輩は、4月に入社した新入社員に新鮮さを感じるとともに、ジェネレーションギャップに悩みはじめるタイミングだろう。最近の若者は働くにあたってどのような意識を持っているのか? また、ジェネレーションギャップを解消するために中年社員はどのような働きがけをすべきだろうか?(2022/5/6)

Weekly Memo:
もう元には戻らない、これからの働き方とは――Zoom日本法人の「働き方改革」イベントから読み解く
ニューノーマルの働き方は、また元に戻るのか、それとも進化するのか。Zoom日本法人が開催した初イベント「働き方改革サミット」の内容を基に考察したい。(2022/5/2)

副業マッチングサービス「lotsful」事業責任者に聞く:
「副業マーケター」に今、何が期待されているのか?
社会環境の変化を背景に副業への関心が高まっている。マーケティング職も例外ではない。どういうニーズがあるのか、副業市場で求められるマーケターになるにはどうすればいいのか。(2022/4/28)

行けば何かある:
ローソンの「売り場」「冷凍食品」改革が奏功 どのように?
コンビニ大手のローソンは2020年、竹増貞信社長を委員長とする「ローソングループ大改革実行委員会」を立ち上げた。「ローソンに行けば何かある」と推薦される「レコメンドNo・1」企業を目指す。(2022/4/28)

【対談】バーティカルSaaSトップランナーに共通する成長戦略とは
調剤薬局向けに電子薬歴システムを提供するカケハシ、建設業界で労務安全書類作成・管理クラウドサービスを展開するMCデータプラス。国内でも屈指のユーザー規模を持つSaaS企業は今後の成長をどのように描いていくのか。それぞれの領域で大きな存在感を示す2社の代表対談を企画し、バーティカルSaaS拡大に向けた戦略の要点を聞いた。(2022/4/27)

勝ち組の研究:
「ららぽーと福岡」オープンの衝撃 ショッピングセンター飽和の時代、勝算は?
2022年4月、ショッピングセンター(SC)業界の雄「ららぽーと」が福岡に出店した。SCは飽和しているといわれている。どこに商機を見い出しているのか、現地で分かったこととは?(2022/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。