ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「若者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「若者」に関する情報が集まったページです。

日本トレンドリサーチ調べ:
若者の映画離れ? 同じ映画を2回見る派は20代以下が最多
NEXERが運営する日本トレンドリサーチは、「映画館での映画鑑賞」に関するアンケートを実施し、同じ映画を映画館で2回以上見たことがある人は、36.9%だった。(2022/5/14)

バイドゥが調査:
1位「ハンバーグ」、2位「卵焼き」、3位「から揚げ」 若者が好きな母の手料理ランキング
5月8日は母の日。バイドゥは、10〜24歳の男女を対象に好きな母の手料理を調査した。その結果は?(2022/5/8)

若者の働き方はこう変わった:
「仕事終わっていないけど、定時で上がります」 中年社員は新卒との”ジェネレーションギャップ”をどう解消すべきか?
上司や先輩は、4月に入社した新入社員に新鮮さを感じるとともに、ジェネレーションギャップに悩みはじめるタイミングだろう。最近の若者は働くにあたってどのような意識を持っているのか? また、ジェネレーションギャップを解消するために中年社員はどのような働きがけをすべきだろうか?(2022/5/6)

バスや個室:
第3次サウナブーム過熱、なぜ?
新型コロナウイルス禍を背景に、サウナへの注目が集まっている。サウナを題材にした漫画やドラマが人気を博し、中高年から若者まで全国のサウナーがユニークなサウナに熱を上げている。(2022/5/3)

4月26日発売:
ローソン、餅や淡雪を使用した和洋折衷菓子「コーラ餅」「ふぁふぁメロンクリームソーダ味」を発売 若者に訴求
ローソンが餅や淡雪を使用した「コーラ餅」「ふぁふぁメロンクリームソーダ味」を発売。若者をターゲットに、「和菓子なのに和菓子じゃない」という点を訴求していく。前回発売した「ラムネ餅」「生チョコ餅」がSNS映えすると話題だった。(2022/4/25)

お台場に「キラキラドンキ」オープン 若者をターゲットにしたドン・キホーテの新業態
アジアンコスメやSNS映えするお菓子、オリジナルのモバイルフードなどを展開。(2022/4/25)

LINEリサーチ調べ:
若者が関心を寄せているもの 「ロシアのウクライナ侵攻」が1位に
LINEリサーチは、15〜24歳の男女を対象に、「最近流行っているコト・モノ・ヒト」の調査を実施した。3月の流行調査で1位となったのは「ロシアのウクライナ侵攻」だった。(2022/4/21)

時代にそぐわない?:
20〜30代のお中元離れ深刻 「贈ったことない」が6割に
新潟味のれん本舗は、全国20〜30代の男女に「若者のお中元離れ」に関する調査を行った。お中元を贈る予定は「ない」と答えた若者は7割を超えた。(2022/4/21)

余波が収まらない:
吉野家常務“暴言”の代償 株価急落、「最悪のマーケティング」に
牛丼チェーン大手「吉野家」の常務が、若者を狙ったマーケティング戦略で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言した余波が収まらない。外資出身のエリート常務の暴言は「最悪のマーケティング」となった。(2022/4/20)

吉野家“生娘シャブ漬け戦略”の謝罪文、渦中の常務本人が作成者に 理由を聞いた
吉野家は、若者へのマーケティング戦略について「生娘がシャブ漬けになるような企画」などと表現した伊東正明常務取締役を「解任したと発表した。発言を巡っては吉野家が18日に自社サイトに掲載した謝罪文の作成者が「Ito Masaaki」だったこともTwitter上で話題になっている。(2022/4/19)

「スマホがない時代は、電車の中で何してたんですか?」→「ジャンプとか読んでたよ」 若者の質問に答えたら驚かれた話
今ではなんでもスマホで事足りますからね……。(2022/4/19)

「みんなで、好きなように過ごす」新しい旅のスタイルを提案:
7月1日に「星野リゾート BEB5沖縄瀬良垣」がオープン 全室キッチン完備の客室で若者を狙う
7月1日に「星野リゾート BEB5沖縄瀬良垣」がオープンする。コンセプトは沖縄の方言でゆっくり、のんびり美しい時間を過ごしてほしいという意味の「よんな〜ちゅライフ」。全室キッチン完備の客室で若者世代の需要獲得を狙う。(2022/4/13)

「ワクワクイベント」はドクター・中松の商標か 困惑の経産省、ワクチン接種促進「イベントワクワク」との混乱も
 若者の新型コロナウイルスワクチン3回目接種の促進や、イベント業界の需要喚起を目的に政府が「Go To イベント」に代わって検討している「イベントワクワク割」。一部で「ワクワクイベント」と報じられたが、実はその名称は、発明家のドクター・中松こと中松義郎氏(93)が特許庁に商標を出願したものだった。中松氏にその真意を聞いてみた。(2022/4/11)

UCC上島珈琲、TikTokでCMダンサーオーディションを開催 若者向けに訴求狙う
UCC上島珈琲は、小型ペットボトルコーヒー「UCC COLD BREW」の新フレーバーを発売した。シリーズでの発売を記念して 「#香るどダンサーオーディション」 をTikTokで5月31日まで開催している。(2022/4/28)

接種率増を狙う:
ワクチン接種者に「イベントワクワク割」開始へ
政府が、若者の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種促進や経済活動活性化を図るため、イベントやスポーツなどのチケットを割引する「イベントワクワク割」の開始を検討していることが分かった。(2022/4/6)

いずれ:
山手線内で「家賃5万円」のマンションに住める? 供給過剰気味のワンルーム 
今年もフレッシュマンの季節がやってきた。東京や大阪などの大都会には、大学に入学する、就職するなどの理由で多くの若者が転入してくる。(2022/4/4)

日本トレンドリサーチ調査:
車の渋滞、若者ほど「イライラしない」多く ”車内カラオケ”など娯楽と親和性高い?
日本トレンドリサーチは、グーネット中古車と共同で「車の渋滞」に関するアンケートを実施。30代以下の34%が渋滞に巻き込まれても「イライラしない」と回答した。(2022/4/1)

理想の暮らしは:
Z世代に聞いた 住んでいる部屋に決めたポイント
SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.」は、「Z世代の住まいに関する意識調査」を実施した。その結果……。(2022/3/31)

高まる内定者フォローの重要性:
“やらされ感”はアウト! 若者を引き付ける「オンライン研修」の模索
人手不足で内定者フォローの重要性が増している。一方、感染拡大などの影響でリアルな場に内定者を集めるのは難しい。社内イベントと研修のオンラインサービス「バヅクリ」には、内定者フォローの依頼が増えている。(2022/3/30)

Z世代の一人暮らし、3割は「テレビ見ない」 サブスクは必需品に マンション分譲会社の調査
分譲マンションを手掛けるFJネクストホールディングスが4日に公開した調査結果「Z世代 ひとり暮らしの生活事情」で、若者の3割(30.1%)がテレビを見ていないことが分かった。(2022/3/24)

Meta(旧Facebook)、VRのQuestにようやくペアレンタル機能
Meta(旧Facebook)はVRヘッドセット「Meta Quest」に保護者のためのペアレンタル機能を追加すると発表した。4月から特定のアプリを13歳以上の若者の親がブロックできる。5月からはIARCが不適切とするアプリが自動的にブロックされる。(2022/3/17)

4月にパワハラ防止法施工:
働く意欲はどこから湧いてくる? 管理職の1位は「人間的に成長する」、若手の回答は?
働くモチベーションには世代ごとに大きく異なる。若手の1位は「プライベートを充実させる」だった。上司は若者の価値観を受け入れ、理解を深めていく必要がある。(2022/3/16)

1000人に聞いた:
上司との飲み会、約80%が「好きじゃない」と回答 若者が参加したい飲み会の特徴とは
沢の鶴は若者世代の価値観とコミュニケーションに関する調査を実施した。上司との飲み会に関して、約80%が「好きじゃない」と回答。若者が参加したい飲み会の特徴は「あまりお金がかからない」。(2022/3/13)

「omochi」で学んだこと:
「検索しない若者」のための求人サービス パーソルグループが挑んだユーザー視点の新規事業創造とは?
8種類のかわいいキャラクターを使った診断で自分に合ったアルバイトを探せるユニークな求人サービス「omochi」。若い世代のインサイトを起点にしたサービス創造の背景について、事業責任者に聞いた。(2022/3/11)

「若者のクルマ離れ」は本当? 東京と地方で所有率に大きな差 「維持費高い」「価格も高い」でも「運転は好き」
Z世代といわれる若者層は「クルマ所有と利用」をどう考えているのでしょうか。(2022/3/7)

やはり社内文化に問題
「仕事は快適&興味深い」のに退職者が多いIT業界の闇
IT企業は社内文化に致命的な欠点を抱えているようだ。IT業界での仕事を快適、興味深いと感じているにもかかわらず、多くの若者がIT業界を去ろうとしている。(2022/3/4)

成年年齢の引き下げまであと1カ月 何が変わるか解説する法務省のTwitterアカウントが若者から大人まで役に立つ
成年になることで責任を負うことが増えます。(2022/3/1)

82年の歳月を超えて:
はじめしゃちょー、タリーズも熱視線 「トムとジェリー」が若者に支持され続ける理由
タリーズコーヒージャパンは「トムとジェリー」とのコラボ商品を発売した。日本を代表するYouTuberのひとり、はじめしゃちょー氏は「トムとジェリー」のファンであることを公言している。同氏に、トップクリエイターも手本にしている「トムとジェリー」のコンテンツ力の秘密を聞いた。(2022/2/25)

Social Media Today:
テレビの“オワコン”化が止まらない? 米国で消費者が「TikTok」や「YouTube」に費やす時間はテレビと互角
最新レポートによると、米国におけるSNS動画の視聴時間はテレビと同じくらいになっている。テレビからSNS動画へのシフトは若者ほど顕著だということだ。ブランド広告主はこのトレンドをどう捉えるべきか。(2022/2/18)

調査で明らかに:
若い人が「沖縄への旅行を敬遠」、なぜ?
今後の旅行市場を牽引する10代後半〜30代の世代は車離れが明確で、それが沖縄旅行の敬遠につながっている――。調査結果で、沖縄観光の課題が浮き彫りになった。(2022/2/17)

今日のリサーチ:
ライブ配信の視聴経験は約5割、20代に多い「お金が稼げるならやってみたい」――クロス・マーケティング調査
誰もがメディアになれる時代。若者にとってライブ配信は既に身近な存在になっているようです。(2022/2/16)

所有しない理由:
若い人のクルマに対する意識は? 都内と地方で違い
クルマのサブスクリプションサービスを展開するKINTOは、「Z世代のクルマに対する意識調査」を実施した。都内在住と地方在住の人に聞いたところ……。(2022/2/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
#しまパトで躍進 「しまむらの服」がここにきて“爆売れ”し始めているワケ
しまむらの決算が過去最高を更新した。しまむらはインフルエンサーやネット広告を活用して若者コミュニティをつくりあげ、消費者自身が広告塔として情報を発信してきた。これにより、ブランドイメージの若返りのみならずこの度の好決算を導くことに成功したのだ。(2022/2/11)

IT業界は手が届かない!?
多様性欠如、社内文化への嫌悪感――若年層に嫌われるIT業界
多くの若者が、IT業界を目指すのは手遅れだと感じているという。さまざまなネガティブなイメージも持っている。若者に機会を提供する取り組みもあるが、それも別の問題を発生させている。(2022/2/7)

今日のリサーチ:
SDGsの理解度は経営者よりも学生の方が高い?――CCCマーケティング総合研究所調査
SDGsの認知度は全体の8割以上ですが、若い人の方がより理解が深いのかもしれません。(2022/2/3)

テレワークやオンライン学習を想定 Ryzen搭載の13.3型モバイルPC「LAVIE N13」登場
NECパーソナルコンピュータが、若者向けの13.3型モバイルノートPCを発売する。価格と性能のバランスの高いRyzenプロセッサを搭載した他、各種ポート類を左右側面に持ってくることで使い勝手を向上した。(2022/2/1)

今日のリサーチ:
TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向きのイメージが強い「TikTok」ですが、1965〜1980年生まれの「X世代」にとっても、テレビのように楽しめるオフ時間の息抜きツールとなっているようです。(2022/1/29)

残念:
映画界にマーケティングセンスはなくなったのか
現在、劇場での映画鑑賞の料金体系は若者に著しく冷淡なものになっている。将来の顧客を育成する視点を欠いたこうしたやり方は、自らの首を絞めることになる恐れが高い。昔はマーケティング巧者だったはずの業界なのにどうしたことか。甚だ残念だ。(2022/1/27)

Social Media Today:
若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへの移行に備えつつ、来たるべきときまで若者をつなぎとめることも考えなくてはならないからだ。(2022/1/14)

武田真治は愛車もマッスル 中尾明慶と「マッスルなアメ車」ドカンと披露 「豪快だー」
うなるV8エンジンの車内で、なぜか「若者のクルマ離れどう思う?」を話し合う!(2022/1/12)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
ソーシャルメディアはパンデミックにとって毒か薬か 若者の4割がコロナ関連情報をシェアする姿勢の是非
パンデミック下のソーシャルメディアでは、デマやフェイクニュースなどが拡散し問題となった。その一方で、科学的な最新情報を自身のSNSで発信する専門家や、それらの情報を積極的にシェアする若者など、コロナ対策に利用する人々もいる。コロナ禍における、SNSの功罪を論じる。(2022/1/11)

東京都で高齢者が免許更新時に受ける「認知機能検査」、24時間ネット予約可能に
家族や若者世代は手伝ってあげましょう。(2022/1/7)

産業動向:
「建設業で若者就職者の減少は改善も、さらなる若者層の獲得が必要」年齢層別の採用状況
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年12月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、厚生労働省の「雇用動向調査」をもとに建設業における若者層と高齢者層の就職者について分析した。(2021/12/28)

増車も検討:
目を付けたのはキャンプ需要 苦境に立つタクシー業界、沖縄の会社が見い出す活路
沖縄県のタクシー会社つきしろ交通がキャンピングカーのレンタル事業に乗り出す。沖縄の魅力発信や若者を中心としたキャンプ需要の取り込みを狙う。(2021/12/16)

Instagramで時系列表示オプションを来年提供するとモッセリ氏が公聴会で発言
Instagramトップのモッセリ氏が上院小委員会の公聴会で証言した。その中で同氏は、来年初旬にもInstagramの時系列フィードを選択可能にすると語った。フィード2016年から「ユーザーの関心が高い順」に表示されており若者のメンタルに悪影響を与える一因とされている。(2021/12/9)

スウェーデンの若者はみんな知ってる!? 龍が如くのカラオケ曲「ばかみたい」授業で歌う風景に驚きの声
もしかしたら海外の方が認知度高いかも?(2021/12/9)

Instagramのトップ、公聴会前日に若者を保護する取り組みを説明
Instagramのトップ、アダム・モッセリ氏は12月8日にInstagramの若者に与える悪影響についての米上院小委員会の公聴会に出席する。その前日、同氏は複数の若者を保護するための新機能について公式ブログで説明した。(2021/12/8)

産業動向:
若者の防災意識が上昇「ハザードマップ情報欲しい」、アットホーム調査
アットホームは、一人暮らしをしている全国の18〜29歳の学生・社会人を対象に、アンケート調査“UNDER30”を実施し、2013年から2021年調査の中から主な結果を発表した。(2021/12/3)

Instagramのトップ、議会公聴会で若者に与える影響について証言するとツイート
Meta(Facebook)傘下のInstagramでトップを務めるアダム・モッセリ氏は、Instagramが若者に与える影響についての上院委員会の公聴会で証言するとInstagram投稿で発表した。公聴会は12月6日の週に開催の見込みだ。(2021/11/25)

「希望にあふれる冒険者の絶望が何よりの楽しみ」 若者の破滅を楽しむダンジョン案内人の漫画が最高に邪悪
タチが悪いことに、表面上は良い人。(2021/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。