ニュース
» 2010年11月19日 12時37分 UPDATE

Dell決算、企業向けサーバやサービスが好調で純利益144%増

Dellの8〜10月期決算は、売上高が前年同期比19%、純利益は同144%の増収増益だった。売り上げの約8割を占める企業向け事業が好調だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dellが11月18日(現地時間)に発表した第3四半期(8〜10月期)決算は、売上高が前年同期比19%増の153億9400万ドル、純利益は同144%増の8億2200万ドル(1株当たり42セント)だった。コンシューマー向けはふるわなかったが、顧客企業のITインフラ買い換え需要に支えられ、サーバやネットワークシステムの売り上げが好調だった。

 営業利益は77%増の10億2400万ドル、利益率は前年同期の17.3%から19.5%に上がった。

 売上高を部門別に見ると、ラージエンタープライズ部門は前年同期比27%増の43億2600万ドル、公共機関部門は同20%増の44億4200万ドル、中小企業部門は24%増の36億6500万ドルとそれぞれ好調だった。特に中小企業部門は、PowerEdgeサーバやストレージのPowerVaultの売り上げを反映し、過去最高の売上高となった。一方コンシューマー部門は4%増の2億9600万ドルだった。コンシューマー部門の売り上げが同社売り上げ全体に占める割合は19.2%だ。

 マイケル・デル会長兼CEOは「顧客の要求に耳を傾け、顧客が必要とするものを提供した結果、堅調な業績を上げることができた。今後も顧客にとっての単なるプロバイダーではなく、真のパートナーでアリ続ける」と語った。

 第4四半期の見通しについては、企業顧客による買い換え需要の継続と企業向け製品およびサービスの伸びは見込めるものの、コンシューマー需要は停滞するとして、売上高を第3四半期と同レベルもしくはやや上回る程度と予測した。通年の見通しは、売上高は14〜19%と前期と同じだが、非GAAPの営業利益は上方修正し、28〜32%伸びるとした。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Dell | 決算 | サーバ | PC | SMB | マイケル・デル | PowerEdge | PowerVault


関連ホワイトペーパー

Dell(デル) | サーバ | ストレージ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -