ニュース
» 2011年01月14日 10時14分 UPDATE

Android、広告インプレッションでiOSを抜く――米Millennial Media調査

AdMob、iAdに次ぐモバイル広告シェアを持つMillennial Mediaによると、同社の広告インプレッション数で2010年12月、Androidが初めてiOSを抜いて首位に立った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米モバイル広告企業Millennial Mediaが毎月発表するモバイル広告関連の統計「Mobile Mix」で、2010年12月にAndroidが広告インプレッション数で初めて米AppleのiOSを抜き、首位に立った。

 1月13日(現地時間)付の同社の公式ブログによると、Android端末の広告リクエスト数(Webページに広告が掲載されている場合、ユーザーのWebブラウザが広告サーバに情報をリクエストする回数)は前年比で3130%増えたという。12月の広告インプレッション数(広告が表示される回数)ではAndroidが前月より9ポイント増の46%で1位、2位のiOSは5ポイント減の32%だった。3位はカナダのResearch In MotionのBlackBerryで4ポイント減の16%。

 mobile mix モバイル広告インプレッションシェア。Chart Aはモバイル端末全体、Chart BはスマートフォンのOS別(資料:Millennial Media Mobile Mix)

 なお、モバイル端末のメーカー別のインプレッションでは、首位と2位は前月と変わらずAppleと韓国のSamsungで、3位には前月5位だった台湾のHTCがランクアップした。

 機種別のインプレッションでは首位がAppleのiPhone、2位がRIMのBlackBerry Curve、3位がAppleのiPod touch。上位30機種のうち、Android搭載機種は16機種だった。

devices 機種別インプレッション数ベスト30(資料:Millennial Media Mobile Mix)

 Millennial Mediaによると、米国のモバイルインターネットユーザー数は8890万人で、米調査会社NielsenのデータではMillennial Mediaは7620万人のユーザーにリーチしているという。また、米調査会社IDCによると、2010年12月のモバイルディスプレイ広告の市場シェアで、Millennial MediaはGoogleのAdMob(19%)、AppleのiAd(18.8%)に次ぐ3位(15.4%)だった。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -