ニュース
» 2011年11月18日 16時04分 UPDATE

NTT Com、東欧3カ国に国際IPネットワークの接続拠点を開設

NTTコミュニケーションズは、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリアの3カ国に「国際IPバックボーン」の接続拠点を開設し、同地域のネット環境を改善するという。

[本宮学,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは11月18日、グローバルIPネットワークサービス「国際IPバックボーン」の接続拠点を、新たにハンガリー、ルーマニア、ブルガリアの3カ国に開設すると発表した。同地域でサービスを展開するコンテンツプロバイダー、ISP、通信事業者などにネットワーク環境を提供することで、同地域のネット環境の向上に貢献するという。

 国際IPバックボーンは、日本、アジア、米国、欧州、オセアニアと世界主要各国に展開するNTTコミュニケーションズのIP通信サービス。日米間で550Gbps、アジア・オセアニア間で453Gbps、日欧間で87Gbps、米欧間で100Gbpsの帯域を持ち、グローバルにおける高速で安定的なデータ通信を可能にしているという。

 同社によれば、東欧地域のインターネットトラフィック量は2006年からの4年間で2倍以上に増加している。そこで同社はハンガリーのブダペスト、ルーマニアのブカレスト、ブルガリアのソフィアの3地域に国際IPバックボーンの接続拠点を新設することで、同地域のネットワーク環境を改善するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -