ニュース
» 2013年03月18日 14時12分 UPDATE

導入事例:鳥取県内の太陽光発電所、クラウド型発電管理システムで遠隔監視を実現

石見東太陽光発電所は、遠隔地からの運用監視や障害対応などを目的に、クラウド型の発電管理システムを導入した。

[ITmedia]

 石見東太陽光発電所(鳥取県日南町)は、マウンテンフィールズ(東京都千代田区)のクラウド型発電管理システム「AEMS-Cloud」を導入し、3月に稼働を始めた。システム基盤を提供した日本マイクロソフトが3月18日に発表した。

 AEMS-Cloudは、さまざまなセンサーで取得した発電量データや太陽光パネルの稼働状況などをマイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Windows Azure」上に蓄積し、インターネット経由で遠隔地からも運用監視できるようにするシステム。同発電所はこのシステムの採用で、都内からの遠隔監視や障害対応を実現するほか、将来的なデータ量の増大や施設規模の拡張などに備えるという。

 石見東太陽光発電所は、日南町内の0.6ヘクタールの敷地に太陽光パネル1428枚を使って建設された総発電量約340キロワット、年間推定発電量約27万キロワット/時の発電所。2012年12月5日から発電を行っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -