ニュース
» 2015年04月23日 08時00分 UPDATE

ディルバート(394):年収を上げたい! そんなアナタのための交渉術

上限を超える昇給を狙って社長に直談判したディルバート。この交渉には秘策があるようですが、果たしてうまくいくのでしょうか。

[スコット・アダムス,ITmedia]
r394_01.jpg

昇給は3%まで。それ以上欲しければ社長にかけあえ


r394_02.jpg

なぜボクが3%以上の昇給を受ける資格があるか説明したいと思います


r394_03.jpg

交渉戦術として、ドッグバートが社長の8500万ドルの豪邸に関する報道を同時に読みあげます


r394_04.jpg

今年は新技術を3つ発明しました

「トイレは純金」


r394_05.jpg

われわれの主力商品のコードはほとんどボクが書きました

「ヘリポートはカーミュージアムの屋上にある」


r394_06.jpg

週80時間働いています

「すべてのエレベーターにはキッチンが装備されている」


r394_07.jpg

グーグルやアップルのほうがもっといい給料を出してくれます

「常に太陽が差し込むように家全体が回転する」


r394_08.jpg

何を言おうとしているか分かりますか?

ハイタッチ?


  


 労働者の血と汗の結晶が8500万ドル(90億円)近くする社長の豪邸である事実を、われわれ一般人はどのように受け止めればいいのか……ピケティさん、教えてぇ〜!

 “Take it up with”や“Take the matter up with”と言うと「この問題/案件を取り上げてもらう」という意味で、会話などでは誰かに相談したい事柄があった時に“Why don’t you take it up with him?(彼に相談してみれば?)”と言ったりします。

 なお、take upだけなら、何かに興味を持つことを指し、例えば“She took up piano as her new hobby(彼女はピアノを新たな趣味とした)”、また“He was taken up with the Hayabusa satellite”といえば「彼は人工衛星はやぶさに夢中だ」という意味になります。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -