ニュース
» 2017年08月23日 12時30分 公開

新生銀行、Skypeを利用した住宅ローンのオンライン相談サービスを開設

新生銀行が「Skype」を利用した住宅ローン相談サービスを開始。ビデオ通話でスタッフが対面し、画面で資料を共有するなど、店頭と変わらないサービスを実現したという。

[金澤雅子,ITmedia]

 新生銀行は、Microsoftが提供するインターネット電話サービス「Skype」を利用した住宅ローンのビデオ相談サービスを8月22日に開始した。同サービスでは、Skypeのビデオ通話を利用して、住宅ローンセンターの社員が対面での相談を行う。年末年始の休業日を除く毎日、午前10時から午後6時の間で住宅ローンの相談ができる。

 同行は、近隣に同行の店舗がない顧客や、空いた時間に住宅ローンの相談を行いたい顧客も、店舗に来店することなく、自宅のPCやスマホ、タブレットから手軽に住宅ローンの専門スタッフとローン相談を行えると説明。画面上で、住宅ローンシミュレーションの結果画面や資料をリアルタイムで共有でき、店頭と同じような形で相談を受けられるという。

 利用するには、同行の個人客向けWebサイトの「住宅ローン相談窓口」ページから、希望の相談時間を予約する。その後、同行から送信されるメールに記載されたURLにアクセスすれば、相談画面を立ち上げられるという。最短で1時間後の予約も可能なうえ、利用者側がSkypeのIDを取得しなくても利用可能だ。

Photo 希望時間の登録ステップ(新生銀行「住宅ローンSkype相談ご希望時間の登録フォーム」ページより)

関連キーワード

新生銀行 | 住宅ローン | Skype


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -