ニュース
» 2018年02月01日 08時00分 公開

ディルバート(539):“超”画期的なAIスピーカー

ディルバートが開発した画期的なAIスピーカーは、どうやら“人を見て”会話ができるようで……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

AIのブレークスルーを果たしましたよ


この装置に向かって好きなことを聞いてください


夕食は何がいい?


何でもいいよ。君は?


中華がいいと思っていたんだ


その気分じゃないな

じゃあ、どうして何でもいいっていうんだ!


もう食べる気も失せたよ

なぜ? 何が問題なんだ?


別に。問題なんかない

ドンピシャだな


  


 ボスったら、珍しく部下の成果を褒めるのかと思ったら……。自宅で奥様の気まぐれに振り回されている様子が見事に再現されたからでしょうか?

 気分屋な人のことを形容するときに使う言葉としては“moody”や“impulsive”“temperamental”などがあります。“She's a moody person.”(彼女は気分屋だ)とか、“My boss is so temperamental.”(上司は本当に気まぐれだ)など。

 よく「女心と秋の空」といいますが、英語では“Women are as fickle as April weather.”(女性は4月の陽気のように気まぐれだ)といったりします。

 また“You nailed it”とは、“to nail”「くぎを打つ」という意味から、何かがバッチリ成功したときに使う表現です。例えば“How was the exam?”(試験はどうだった?)と聞かれたら、“I nailed it!”(バッチリだよ!)と返事します。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -