激震するアプリケーション業界
OracleによるPeopleSoft買収計画、その前はPeopleSoftがJ.D.Edwardsと統合すると発表した。SAPやMicrosoftなどライバル企業との競争激化に揺れるERPおよびアプリケーション業界では、「次はどこ?」という話題も絶えない。
■ C O N T E N T S

Salesforce.comのもうひとつの顔
[海外記事] Salesforce.comは全社を挙げて社会貢献活動に努めている。全世界の同社社員の85%が社会貢献活動に参加しており、総労働時間の1%相当を社会に還元しているという。[9/16 08:42]

「日本市場を足がかりにアジアへ」とSalesforce幹部
[海外記事] 当初から口コミによる顧客拡大というマーケティング手法を重視してきたSalesforce.com。OracleによるSiebel買収で変化はあるのか? マーケティングを統括するロビンソンSVPに話を聞いた。[9/14 17:41]

OracleのSiebel買収は果たして吉と出るか
[海外記事] OracleによるSiebel買収はどうなるか、元Oracle幹部やアナリスト、ライバルらが、トム・シーベル氏の去就やCRM市場の今後、SAPはどう動くのかを予測する。(特集:激震するアプリケーション業界)[9/14 15:25]

Salesforce.comはOracleのSiebel買収にどう対抗するのか?
[海外記事] Salesforce.comのベニオフCEOはプレス向けのQ&AセッションでOracleによるSiebelの買収に対して、あくまで自社サービスの優位性を強くアピールした。[9/13 17:37]

急成長遂げるSalesforce.comの次なる戦略は
[海外記事] OracleによるSiebel買収が発表された朝、salesforce.comの「Dreamforce'05」がサンフランシスコで開幕した。「OracleによるSiebleの買収で、オンデマンド市場は1段上のレベルに」とベニオフCEO。[9/13 17:16]

Siebel、オンデマンドCRMの新版発表
[海外記事] Oracleによる合併が決まったSiebelは、Notesや従来型CRMとの親和性を高めたオンデマンド型CRMの新バージョンをリリースした。[9/13 08:15]

米OracleによるSiebel買収で起こる変化
[国内記事] 米Oracleは米国時間の9月12日、かねてからうわさに上っていたSiebel Systemsの買収に合意したことを発表した。買収額はおよそ58億5000万ドル。(特集:激震するアプリケーション業界)[9/13 00:17]

[WSJ]Oracle、Siebelと再び買収交渉か
[海外記事] かつての友人で、長い間ライバル関係にあるラリー・エリソン氏とトム・シーベル氏はついに手を結ぶことになるかもしれない。[9/12 19:02]

PeopleSoft製品との“融合”計画「プロジェクト・フュージョン」発表――日本オラクル
[国内記事] 日本オラクルは、ビジネスアプリケーションの統合計画「プロジェクト・フュージョン」を発表した。同社の持つビジネスアプリケーションを2008年までにスイート製品として完全統合する。[6/23 21:10]

「情報志向」を訴求、アプリケーションでもリーダーの座を狙うオラクル
[国内記事] 日本オラクルは6月下旬、ビジネスアプリケーションに的を絞った初のカンファレンスを開催し、彼らが一貫して取り続けてきた「情報指向」のアプローチを売り込む。[5/31 22:10]

Oracle、次はSiebel買収との報道
[海外記事] Oracleのビジネスアプリケーション支配への意欲はまだ衰えていないようだ。Siebelを50億ドルで買収するとの記事が流れた。[4/30 12:42]

Oracle、新ミドルウェアブランド「Oracle Fusion Middleware」を発表へ
[海外記事] Oracleは4月25日に、PeopleSoftおよびJ.D. Edwardsとの連携を視野に入れた新しいミドルウェア製品ライン「Oracle Fusion Middleware」を打ち出す計画だ。[4/25 18:42]

Oracle幹部、「Fusion」計画の詳細を明らかに
[海外記事] Peoplesoft、そしてRetekを傘下に加えたOracle。同社の幹部2人が、次なる統合アーキテクチャ「Fusion」の詳細と同社の方針を明らかにした。[4/19 22:44]

SAP、Oracle顧客奪取狙いソフト移行プログラム拡大
[海外記事] SAPはPeopleSoftかJD Edwardsを利用しているOracle顧客企業にソフト切り替えを勧めるキャンペーンを始めた。[4/5 08:47]

Retek買収合戦、SAPの敗北に“裏の動機”?
[海外記事] OracleにRetekをさらわれた格好のSAPだが、「OracleにM&Aリソースを使わせる」という狙いがあったという見方も。[3/23 18:35]

言い寄るOracle、朗報を待つSAP……2つの求婚に揺れるRetek
[海外記事] 小売業界向けのソフトウェアを手がけるRetekはいま、ライバル関係にある2つの企業からの「求婚」に揺れ動いている。[3/14 19:50]

悩めるPeopleSoftユーザーたち
[海外記事] Yankee Groupの報告書によれば、PeopleSoftのユーザー企業193社のうち46%がアプリケーションを入れ替える意向であり、31%はどうするか決めかねているという。[3/1 23:31]

Oracle、PeopleSoft合併に伴う利益目標発表
[海外記事] OracleはPeopleSoft合併に伴い、2005年度の実質利益を24%増と予想している。[1/27 09:07]

SAPがPeopleSoftのサポート企業を買収、移行プログラム提供
[海外記事] PeopleSoftを組み入れたOracleのライバル企業は、自社製品へのユーザー取り込みに躍起だ。SAPはPeopleSoftのサポート企業を買収し、SAP製品への移行を図る。[1/20 06:32]

Oracleとの協業に備えるPeopleSoftパートナー
[海外記事] PeopleSoftのチャネルプログラムは当面継続されるが、Oracleはチャネルネットワークの統合に向け、PeopleSoftの主要パートナーに接触している。(IDG)[1/19 16:31]

Oracle、すべてを統合する「Fusion」スイート開発
[海外記事] FusionはOracle、PeopleSoft、J.D.Edwardsのアプリケーションを統合したスイート。2007年に個々のFusionアプリケーションが、2008年に完全なスイートがリリースされる見込み。(IDG)[1/19 12:19]

新生Oracle正式発足、統合製品「Fusion」へのアップグレード呼びかけ
[海外記事] PeopleSoftを買収した新生Oracleが、統合製品「Fusion」などに関する今後の展望を披露した。[1/19 08:14]

Oracle、PeopleSoft社員5000人を解雇
[海外記事] OracleはPeopleSoftと買収に伴うリストラを発表した。5000人が削減される。[1/15 10:15]

Oracle、PeopleSoft社員に解雇通知を発送
[海外記事] ついにPeopleSoft買収を成功させたOracleは、米国中の数千人のPeopleSoft社員に対し、速達で解雇通知を送った。人事専門家からは、Oracleの解雇のやり方がひどいという声も聞かれる。[1/14 21:08]

新生Oracleの波はまずどこに?
[海外記事] ITコンサルティング会社は、OracleはPeopleSoft買収の完了後、従来の分野に集中すると分析、さらに「一部の分野ではSAPともっと対等な土俵で戦えるかもしれない」とも。[1/14 12:28]

MS、PeopleSoft顧客取り込み狙い移行プログラム提供
[海外記事] MSは、Oracleに吸収されたPeopleSoft、J.D. Edwardsのユーザーを対象とした移行プログラムを提供する。[1/11 07:31]

Oracle、PeopleSoftの合併を完了
[海外記事] OracleによるPeopleSoftの合併・吸収は、1月7日をもって完了した。残すは18日のローンチイベントのみとなった。[1/8 08:30]

Oracle、PeopleSoft株買い付け期限を延長
[海外記事] [1/6 08:45]

Oracle、PeopleSoft合併で18日に発足イベント
[海外記事] OracleとPeopleSoft合併に区切りをつけるべく、Oracleは新生Oracleの今後の展望を披露するためのローンチイベントを1月18日に開催する。[1/5 08:33]

合併完了にらみ、PeopleSoft幹部職の「Oracle化」進む
[海外記事] Oracleは、合併完了に向けてPeopleSoft幹部職の再編を進めている。(IDG)[1/4 07:49]

Oracle、PeopleSoftの経営権を確保し取締役も決定
[海外記事] OracleによるPeopleSoft買収は、買収成立、PeopleSoft CEOの辞任、そして株式の4分の3取得による経営権の確立と、順調に進んでいる。[12/30 16:08]

PeopleSoft創業者、ダフィールドCEOが辞任
[海外記事] Oracleに買収されたPeopleSoftの創業者、デビッド・ダフィールド氏が、会長兼CEO職、および取締役を退いた。[12/29 08:29]

PeopleSoftユーザーのテストを受けるOracle
[海外記事] PeopleSoftの所有権を手に入れるという念願をかなえたOracleを次に待ち受けているのは、同社の意図に懐疑心を抱く多数のユーザーだ。[12/21 18:45]

PeopleSoftから見た買収劇とOracleの今後の展開
[国内記事] 日本ピープルソフト社員は一連の動きをどう受け止めたか。また、SAPの藤井清孝社長のコメントも併せ、今後のOracleの動きを展望する[12/20 12:41]

OracleのユーザーグループがPeopleSoftサイドに協力呼び掛け
[海外記事] OracleユーザーグループがPeopleSoftおよびJ.D. Edwardsのユーザーに対して、互いに協力しようと呼び掛けた。既にJ.D. Edwardsのユーザーグループは、協力関係の構築に向けた動きを始めている。[12/20 12:40]

Microsoft、はやくもPeopleSoftの顧客に照準
[海外記事] OracleはついにPeopleSoftの買収を成功させたが、これについてMicrosoftの上級幹部はPeopleSoftの顧客に対してメインフレームからWindowsへの移行を促すメールを送った。[12/16 12:03]

PeopleSoftの終焉を招いたのは何だったのか
[海外記事] 後になって考えてみると、単独企業のPeopleSoftが消滅する原因はどこにあったのだろうか? 一部にはクレイグ・コンウェイ元CEOの責任を指摘する声もあるが……[12/15 16:33]

Oracle/PeopleSoft合併でIBMやSAPはどう動く?
[国内記事] OracleによるPeopleSoft買収が決まったが、アナリストらはさらなる合併や買収が続くと予測する。Siebel SystemsやBEA Systemsがその候補として挙がっている。IBMやSAPはどう動くのか?[12/15 12:31]

Oracle社長、PeopleSoft統合プランを語る
[海外記事] PeopleSoft買収を決めたOracleの社長が、製品リリースやレイオフなどを含む、今後の合併プロセスについて説明した。[12/15 11:35]

Oracleは売り? 懐疑論が渦巻くPeopleSoft買収
[海外記事] 18カ月の泥仕合には終止符が打たれたが、Oracleの前途は多難だ。顧客やアナリストらからは懐疑論が噴出している。「買収額は法外。売りを勧めるタイミングを探る」という財務アナリストまでいる。(IDG)[12/14 17:17]

PeopleSoft買収決着、その背景にあるものは?
[国内記事] 急転決着したPeopleSoftへの敵対買収は、業界再編の潮流の中にあり、「完璧なインフラ」「一貫性のあるコンピューティング」を望む顧客の声にこたえるものだとOracle幹部は主張する。[12/14 15:10]

“OracleSoft”恐るるべからず、アナリストが助言
[海外記事] パニックになって逃げ出してはいけない。アナリストらはOracleのPeopleSoft買収について、PeopleSoft顧客にこうアドバイスし、これを機会にIT戦略を見直すよう勧めている。[12/14 10:46]

新規ソフトウェアライセンスが好調、Oracleの第2会計四半期は好決算に
[海外記事] PeopleSoft買収の直前、米Oracleはアナリストの予測を上回る好決算を発表した。新規ソフトウェア販売や保守サポート収入が寄与した。(IDG)[12/14 10:05]

米Oracle、PeopleSoftを買収
[国内記事] 米Oracleは、米PeopleSoftを買収することで同社と合意に至ったと発表した。[12/13 21:04]

PeopleSoft、3月25日に年次株主総会
[海外記事] [12/11 09:22]

「PeopleSoft従業員のレイオフはない」とOracle
[海外記事] Oracle OpenWorldカンファレンスにおいてサフラ・キャッツ社長は、PeopleSoftの買収が成立したとしても、人員や製品を切り捨てることはしないという方針を明らかにした。[12/9 19:20]

PeopleSoft買収はお預けだが「11i.10」の新機能を売り込むウォール執行副社長
[海外記事] Oracle OpenWorld 2004 San FranciscoでPeopleSoft買収合意のビッグニュースが期待されたが、再び足踏み。それでもウォール氏は11i.10の新機能を売り込んだ。[12/7 19:11]

「The Information Company」を掲げたOracleのフィリップス社長
[海外記事] Oracle OpenWorld 2004 San Franciscoでフィリップス社長は、「The Information Company」を掲げた。「価値ある情報こそが時を越えた資産として企業を駆動し続ける」とし、その重要性を訴えた。[12/7 17:03]

SCOサイト、2日連続で改ざん被害
[海外記事] Linuxコミュニティに著作権攻勢をかけているSCOのサイトがクラックされた。しかも2日連続で。[11/30 08:08]

Oracle、再びPeopleSoft取締役会の支配に乗り出す
[海外記事] Oracleは敵対買収の実現に必要な支配権を手に入れるため、PeopleSoft取締役会に送り込む4人のメンバーを選定した。[11/26 16:38]

次のページへ



Special

- PR -

Special

- PR -