ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アクワイア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクワイア」に関する情報が集まったページです。

「クソゲーオブザイヤー2017携帯」まさかの「該当作品無し」 ゲーム界“裏の祭り”に何が起きたのか
「クソゲーが出ないことは良い事です」。その言葉は、どこかむなしく感じた。(2018/6/26)

GameWithだけではない「企業型ゲーム攻略サイト」の闇 かつて攻略記事をパクられたライターが考える“構造的問題”とは
勢いを増す一方、ゲームファンからは問題点も指摘される「企業型ゲーム攻略サイト」について、個人ゲームサイト「ゲームキャスト」管理人のトシさんに話を聞きました。(2018/4/5)

美少女PCゲームが遊び放題「DMM GAMES PREMIUM」 月額2980円
200タイトル以上のPCゲームソフトが遊び放題になるというサービス「DMM GAMES PREMIUM」が7月6日にスタート。(2017/7/4)

アダルトゲームも充実 DMM.comが定額制のPCゲーム遊び放題サービスを開始
全年齢ソフトだけじゃないのです。(2017/7/4)

配信5年目のスマホゲーム「ロード・トゥ・ドラゴン」、4月にサービス終了 特別演出のラストクエストも実施
2014年にはダウンロード数は250万を突破していました。(2017/3/13)

2016年末までに50本以上ソフトを用意:
「PlayStation VR」は2016年10月に4万4980円で発売 PC向け高性能VR HMDの約半額
SCEが開発しているプレイステーション 4用のVR対応ヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」。発売時期と価格がついに明らかになった。(2016/3/16)

審査員に「なんでやねん」、スマホでメンコ、歴史+ライフログ――「SPAJAM2014」本選の最終プレゼン
スマホアプリの競技会「SPAJAM2014」の本選で、2泊3日の成果を出す最終プレゼンが7月6日に行われた。どのチームも白熱のプレゼンを披露して会場を大いに沸かせていた。シリコンバレーへの切符を手にするのはどのチームか?(2014/7/7)

「SPAJAM 2014」本選開始――「日本文化を好きになる」アプリを2泊3日で開発中
アプリ開発の競技会「スマートフォンアプリジャム2014」(SPAJAM2014)の本選が開催された。「ハッカソン部門」で本選に勝ち進んだチームは、2泊3日でアプリを開発していく。(2014/7/5)

テレビ東京、「東京トイボックス」の続編「大東京トイボックス」が放送決定
来年1月4日より。(2013/11/16)

「東京ゲームショウの続きやります!」 インディーゲーム開発者によるトークライブ開催へ
稲船さん来ないの〜?(2013/10/4)

TGS2013:
ゲーム業界を描くドラマ「東京トイボックス」制作発表で要潤さんらのパズドラ愛が爆発
要潤「僕のリーダーは黄色いぷよぷよみたいなやつ!」(2013/9/19)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

日々是遊戯:
音楽ゲーム? ストラテジー? 謎が謎を呼んだ「orgarhythm(オルガリズム)」とは結局なんだったのか
「どんなゲームかさっぱり分からない」と話題騒然のあのゲームがついに発売に。(2012/8/13)

PlayStation Vita向けアクションゲーム「墨鬼 SUMIONI」、2012年2月9日発売決定
PS Vitaのタッチスクリーンアクションが堪能できる「墨鬼 SUMIONI」の発売日が、来年2月9日と発表された。(2011/12/2)

「GLADIATOR VS」店頭体験会を今週末に東京、大阪で開催
11月23日に発売となった格闘アクションゲーム「GLADIATOR VS」の店頭体験会が11月26日、27日に開催。会場ではその場で豪華プレゼントが当たる抽選会も実施される。(2011/11/25)

ガンホー、「ととモノ」のアクワイアを子会社化
「剣と魔法と学園モノ。」などで知られるゲームメーカー、アクワイアをガンホーが子会社化。(2011/10/19)

TGS2011:
【PS Vita体験リポート】墨汁タッチアクション「墨鬼 SUMIONI(仮)」を触ってみた
アクワイアから発売予定の「墨鬼 SUMIONI(仮)」は、横スクロールで展開するアクションゲーム。タッチパネルを使って、どのようなゲームができるか? それを良い意味でシンプルに表現しているタイトルだ。(2011/9/16)

TGS2011:
戦場に咲く百輪の花たち――東京ゲームショウ2011を彩るコンパニオンさん特集(前編)
ゲームショウと言えば美人コンパニオンさん。今年は100人のコンパニオンさんを紹介するボリューム満点の特集にしてみました。まずは前編の50人からどうぞ。(2011/9/16)

SCEJ Press Conference:
クリエイターへの挑戦状でありSCEとしての決意 PlayStation Vita、ローンチ26タイトル
日本国内において12月17日に発売されると発表されたPS Vita。同日には26タイトルものソフトウェアが提供される。NTTドコモによるプリペイドデータプランなど、何が発表されたのか。(2011/9/14)

TGS2011でのプレアブル出展も決定――「GLADIATOR VS」公式サイトオープン
「剣闘士」に引き続き、アクワイア×娯匠による対戦格闘アクションゲーム「GLADIATOR VS」の公式サイトがオープン。また、TGS2011へのプレアブル出展も決定した。(2011/9/1)

iPhone、iPod touch、iPad版「Wizardry 囚われし魂の迷宮」7月29日配信決定
PS3版で配信されていた「Wizardry 囚われし魂の迷宮」がiPhone、iPod touch、iPad対応ゲームアプリになった。(2011/7/22)

デザエッグ、「ととモノ。3」のオリジナルスキンシールを発売
PSPやiPhoneのデザインを手軽に変えられる、デザエッグのスキンシール「デザスキン」シリーズに「剣と魔法と学園モノ。3」デザインが発売。スキンにあわせたデザインの壁紙も無料でダウンロードできる。(2011/5/31)

週間ゲームソフト販売ランキング:
「AKIBA'S TRIP」が1位獲得
5月16日〜5月22日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキング。依然苦戦しているような感じです。(2011/5/26)

Wizardry30周年記念&「Wizardry Online」カンファレンス:
裏話満載、濃度30年分の超・濃ゆい「Wizardry」トークがここに! Wizardry Onlineクローズドβテストの情報も公開
Wizardryシリーズ30周年を記念して、遠藤雅伸氏をはじめとする5人のゲストたちが、ディープなトークイベントを開催! 新作「Wizardry Online」の新情報も公開された。(2011/5/23)

「Wizardry Online」の発表も――5月21日、「Wizardry 30周年記念イベント」が東京・お台場で開催
ビデオゲームのRPGとしては草分け的存在の「Wizardry」が、APPLE II向けに発売されてから今年で30周年を迎える。その記念イベントが東京・お台場で開催され、オンライン版「Wizardry Online」の発表も行われる。(2011/5/13)

アクワイア、MMORPG「ZIPANG(ジパング)(仮)」の開発中止
アクワイアは今後、コンシューマー事業に注力していく。(2011/4/20)

ニンテンドー3DS向け「剣と魔法と学園モノ。3D」発売決定
3DダンジョンRPG「剣と魔法と学園モノ。」の最新作が、ニンテンドー3DS向けに登場する。(2011/4/8)

「AKIBA’S TRIP」、発売日が5月19日に決定
東北関東大震災の影響で発売延期となっていた「AKIBA’S TRIP」の発売日が5月19日に決定。パッケージデザインも公開された。(2011/3/24)

日々是遊戯:
少しでも早い復興を――ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援を発表
大地震の影響を受けて、国内ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援や、節電への協力を表明しています。【※情報は随時追記しています】(2011/3/14)

ビジュアルブック付きのサウンドトラックを用意――PSP向け「AKIBA’S TRIP」、初回特典内容を発表
初回特典となるのは、描き下ろしイラストを収録したビジュアルブック+11曲収録のオリジナルサウンドトラックという豪華仕様となる。(2011/3/1)

リアル秋葉原で吸血鬼と対決!――PSP向けアドベンチャーゲーム「AKIBA’S TRIP」、4月14日発売
ありそうでなかった、リアルな秋葉原を舞台にしたアクションアドベンチャーゲーム「AKIBA’S TRIP」が4月14日に発売される。(2011/1/27)

秋葉原にトランクス――アクワイアが謎のサイトをオープン
(2010/12/22)

ダウンロード版、パッケージ版の両発売が決定――PS3向けロールプレイングゲーム「Wizardry 囚われし亡霊の街」、公式サイトオープン
パッケージ版の「ウィザードリィ ツインパック」には、前作「Wizardry 囚われし魂の迷宮」とその追加シナリオ、アイテムもセットとなる。(2010/11/11)

そうだ、献血に行こう――秋葉原の献血ルームで「ゲームの祭典」開催
アキバの献血ルームをゲーム展示でいっぱいにしてしまう企画がスタート。期間中、献血に協力すると展示ゲームのノベルティグッズもプレゼントされる。(2010/10/15)

ゲッチャTV Gamez出張所:
夏の暑さにも負けないアツさ!? オフラインイベントで大盛り上がり
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年9月2日放送分は、アクワイア「剣と魔法と学園モノ。3」と「バクマツ☆維新伝(レボリューション)」、そしてサイバーステップのオフラインイベントの様子をお届けします。(2010/9/7)

「剣と魔法と学園モノ。3」店頭予約特典画像を公開
(2010/8/2)

9月発売の「ととモノ。」最新作「剣と魔法と学園モノ。3」公式サイトオープン
(2010/7/12)

無料で遊べるPSPソフト「バクマツ☆維新伝(レボリューション)」6月25日に配信開始
アクワイアは、6月25日にPSP専用ソフト「バクマツ☆維新伝(レボリューション)」の配信を開始する。しかも無料!(2010/6/11)

MMORPG「フラゴリア」6月14日でサービス終了へ
(2010/5/24)

「ととモノ。」が豪華になってPS3に登場――「剣と魔法と学園モノ。2G」発売決定
アクワイアは、本格3Dダンジョン学園RPG「剣と魔法と学園モノ。2G」を7月15日に発売すると決定した。(2010/4/28)

3年D組“勇なま先生”の授業を受けに、魔物づくり学校へ――「勇者のくせになまいきだ:3D」発売記念イベント開催
「勇者のくせになまいきだ」シリーズの脱力ぶりは最新作でも健在(褒め言葉)。発売記念イベントだって、一筋縄ではいかなかったようです。(2010/3/8)

ゲッチャTV Gamez出張所:
バレンタインはやはり“戦い”なのです
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年2月11日放送分をお送りします。(2010/2/19)

「フラゴリア(FRAGORIA)」で騎乗ペット「馬」が追加
(2010/2/8)

アキバヨドバシで「剣闘士」イベント
(2010/1/6)

豊満ボディの女剣闘士がやってきた――「剣闘士 グラディエータービギンズ」
そんなに迫られたら目のやり場に困ります! アクワイアが2010年1月14日に発売する「剣闘士 グラディエータービギンズ」を脅迫(アピール)に来ましたよ。(2009/11/27)

でっかい敵を解体するのはなんて快感なんだ――「100万トンのバラバラ」
PlayStation C.A.M.P!とアクワイアがタッグを組んで世に贈る快感解体切断アクションゲームには、バラバラにするワクワクが詰まっている。(2009/11/26)

あの女剣闘士の素顔を暴け! 「剣闘士 グラディエータービギンズ」体験版配信決定
東京ゲームショウ2009のアクワイアブースに出現し話題をかっさらった、“あの”女剣闘士が体験版に登場する。配信開始日は11月26日。見事、倒すと……。(2009/11/19)

高度で競う「エクストリーム・ラブプラス」勃発
愛は盲目なのか? 目的と手段がどこかおかしくなってしまった人たちのお話。(2009/10/7)

連休の観光地は大漁でした
東京ゲームショウがあった連休近辺のアクセスランキングは順当な結果に?(2009/9/30)

TGS2009:
仮面女剣闘士の正体は一体!?――アクワイアブース
新作MMORPGやPSP用タイトルを発表したアクワイア。今回はブースの様子とプレスカンファレンスの内容についてお送りする。(2009/9/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。