ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AKB1/48 アイドルと恋したら…」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AKB1/48 アイドルと恋したら…」に関する情報が集まったページです。

4人どこいった……。「AKB1/153 恋愛総選挙」→「AKB1/149 恋愛総選挙」にタイトル変更
なんか悲しい。(2012/9/20)

今度は153人から選ぶ:
PSP/PS Vita「AKB1/153 恋愛総選挙」、12月20日に発売決定
「AKB1/48」シリーズ最新作は、「AKB48」に加え「SKE48」「NMB48」「HKT48」を収録。総勢153人からフッてフッてフリまくり1人を選ぶ。(2012/8/6)

Amazon.co.jpの年間ランキング、書籍の1位は「涼宮ハルヒの驚愕」
Amazon.co.jpが年間ランキングを発表した。書籍部門は「涼宮ハルヒの驚愕」やダイエット関連本、「女医が教える 本当に気持ちのいいセックス」が上位に入った。(2011/12/12)

週間ゲームソフト販売ランキング:
サッカーとアイドル
10月3日〜10月9日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキング。1位はウイイレが華麗にゴールを決め、2位にはAKBが告白しまくっています。(2011/10/13)

今度は、水着だ! 南国だ!:
「AKB48」ゲーム化第2弾制作決定 「AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…」10月6日発売
AKB48のメンバーから“47人をフッて1人を選ぶ”究極の恋愛妄想ゲームとして、40万本以上を出荷したPSPゲームの第2弾が発売決定。恋の舞台はグアムに移る。(2011/6/27)

週間ソフト販売ランキング:
あけましたが、昨年のランキングです
2010年12月19日〜12月26日までのソフト販売ランキング。「AKB1/48 アイドルと恋したら…」「The 3rd Birthday」がしっかり食い込んでいます。(2011/1/5)

日々是遊戯:
300秒で振り返る2010年のゲーム業界ニュース【下半期編】
昨日に続き、本日も「日々是遊戯」スペシャルウィークということで、2010年のゲーム業界を振り返ってみたいと思います。今日は下半期編!(2010/12/29)

寄せ来るAKB48メンバーの誘惑に打ち勝ち、選ぶはただ1人――PSP「AKB1/48 アイドルと恋したら…」
ゲーム中に突然発生するイレギュラーイベントをはじめ、トレードディングカードやメッセージフォト、ダウンロードコンテンツについて紹介する。(2010/12/17)

恋愛禁止条例、解禁!?:
この冬、AKB48人から1人を選ぶ“苦行”をあなたに――PSP「AKB1/48 アイドルと恋したら…」
バンダイナムコゲームスからあなたへクリスマスの贈り物。AKB48を容赦なくフッていく、究極の恋愛妄想ゲームが12月23日に発売される。(2010/11/12)

Weekly Access Top10:
一番イイのを頼む
新規素材が公式サイトにアップされたようです。(2010/10/20)

Weekly Access Top10:
フッてフッてフリまくる
TGS関連の記事がトップになるかと思いきや、断然あのタイトル発表のインパクトが強かったようです。予約も瞬殺だったようですし、注目度は断トツです。(2010/9/24)

AKB48史上初のゲーム化――PSP「AKB1/48アイドルと恋したら…」12月23日発売決定
恋愛禁止条例解禁……だと!? AKB48のメンバーの中で“47人をフッて1人を選ぶ”、究極の恋愛妄想ゲームがPSPに登場する。ファン垂涎の特別仕様の「Premier Special Pack」も発売。(2010/9/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。