ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AKB1/48 アイドルと恋したら…」最新記事一覧

4人どこいった……。「AKB1/153 恋愛総選挙」→「AKB1/149 恋愛総選挙」にタイトル変更
なんか悲しい。(2012/9/20)

今度は153人から選ぶ:
PSP/PS Vita「AKB1/153 恋愛総選挙」、12月20日に発売決定
「AKB1/48」シリーズ最新作は、「AKB48」に加え「SKE48」「NMB48」「HKT48」を収録。総勢153人からフッてフッてフリまくり1人を選ぶ。(2012/8/6)

Amazon.co.jpの年間ランキング、書籍の1位は「涼宮ハルヒの驚愕」
Amazon.co.jpが年間ランキングを発表した。書籍部門は「涼宮ハルヒの驚愕」やダイエット関連本、「女医が教える 本当に気持ちのいいセックス」が上位に入った。(2011/12/12)

週間ゲームソフト販売ランキング:
サッカーとアイドル
10月3日〜10月9日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキング。1位はウイイレが華麗にゴールを決め、2位にはAKBが告白しまくっています。(2011/10/13)

今度は、水着だ! 南国だ!:
「AKB48」ゲーム化第2弾制作決定 「AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…」10月6日発売
AKB48のメンバーから“47人をフッて1人を選ぶ”究極の恋愛妄想ゲームとして、40万本以上を出荷したPSPゲームの第2弾が発売決定。恋の舞台はグアムに移る。(2011/6/27)

週間ソフト販売ランキング:
あけましたが、昨年のランキングです
2010年12月19日〜12月26日までのソフト販売ランキング。「AKB1/48 アイドルと恋したら…」「The 3rd Birthday」がしっかり食い込んでいます。(2011/1/5)

日々是遊戯:
300秒で振り返る2010年のゲーム業界ニュース【下半期編】
昨日に続き、本日も「日々是遊戯」スペシャルウィークということで、2010年のゲーム業界を振り返ってみたいと思います。今日は下半期編!(2010/12/29)

寄せ来るAKB48メンバーの誘惑に打ち勝ち、選ぶはただ1人――PSP「AKB1/48 アイドルと恋したら…」
ゲーム中に突然発生するイレギュラーイベントをはじめ、トレードディングカードやメッセージフォト、ダウンロードコンテンツについて紹介する。(2010/12/17)

恋愛禁止条例、解禁!?:
この冬、AKB48人から1人を選ぶ“苦行”をあなたに――PSP「AKB1/48 アイドルと恋したら…」
バンダイナムコゲームスからあなたへクリスマスの贈り物。AKB48を容赦なくフッていく、究極の恋愛妄想ゲームが12月23日に発売される。(2010/11/12)

Weekly Access Top10:
一番イイのを頼む
新規素材が公式サイトにアップされたようです。(2010/10/20)

Weekly Access Top10:
フッてフッてフリまくる
TGS関連の記事がトップになるかと思いきや、断然あのタイトル発表のインパクトが強かったようです。予約も瞬殺だったようですし、注目度は断トツです。(2010/9/24)

AKB48史上初のゲーム化――PSP「AKB1/48アイドルと恋したら…」12月23日発売決定
恋愛禁止条例解禁……だと!? AKB48のメンバーの中で“47人をフッて1人を選ぶ”、究極の恋愛妄想ゲームがPSPに登場する。ファン垂涎の特別仕様の「Premier Special Pack」も発売。(2010/9/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。