ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネイティブに伝わるビジネス英語」最新記事一覧

英会話は伝え方で9割決まる:
「やっぱり無理そうです」と言いたいとき
あなたの英語はちゃんと相手に伝わっていますか? 学校で習った英語でも、ちょっと変えるだけでネイティブ流になり、より自然に相手に伝わるようになります。今回はTPOに合わせた英語の中から「やっぱり無理そうです」「もしできれば……」などのフレーズを紹介します。(2013/8/12)

7月20日から7月26日:
Kindleセレクト25情報
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/7/22)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
上司に同行を依頼するときは、顧客が会いたがっていると言おう
最終回となる今回は、英語で上司に何かを依頼したり提案するときに気をつけるべきポイントを、具体的な文例を交えて紹介していきます。(2013/5/10)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
英語で会議の概要を上司に伝えるとき、気をつけたいことは?
英語で、上司に何かを伝えたり報告するときに気をつけたいことは何でしょうか? 具体的な文例を紹介していきます。(2013/5/8)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
「紹介したい人がいます」――英語でなんて言う?
英語で、顧客に誰かを紹介したり、何かを確認するときには、どのように言えばいいのでしょうか?(2013/5/3)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
英語で断るときは「refuse」より「decline」
今回は、顧客に質問する場合や何かを断るときの英語のフレーズを紹介します。(2013/5/1)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
契約書に不備が! 心からの謝罪を伝えるには?
今回は、顧客に謝罪する場合や何かを説明するときの英語のフレーズを紹介します。(2013/4/26)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
英語で何かを依頼するとき、相手に真剣に考えてもらえる表現は?
今回は、何かを依頼するときや顧客に伝える英語のフレーズを紹介します。(2013/4/24)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
英語で顧客にアピール、どう言えばいいの?
今回はちょっとした場面で出くわした顧客に自分をアピールできるフレーズを紹介します。(2013/4/19)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
初対面の人に自分をアピール――英語で何て言えばいいの?
今回からはエレベータースピーチの実践編。初対面の人に自分をアピールするときに使えるフレーズを紹介します。(2013/4/17)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
人の心をつかむ、「エレベータースピーチ」とは
わずか30秒で人生を変えるスピーチとはどんなものなのでしょうか? まずはエレベータースピーチとは何か、どういう構成なのか、どう作ればいいのかを学ぶことから始めましょう。(2013/4/12)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
楽しい気持ちを伝えるときは「really」を忘れずに!
第21回は、ビジネスにおけるパーティーやランチなどの食事の席での会話、外国人の人々を日本国内の観光名所などへご案内する際によく使われるフレーズを紹介します。(2013/4/5)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
「Thank you very much」と言うときは具体的に伝えよう
第20回は、感謝の言葉や祝福する気持ちを表すときによく使われるフレーズを紹介します。(2013/4/3)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
ネット普及で生まれた新しい英語表現
第19回は、イベントや社外での販促活動などでよく使われる会話、フレーズを紹介していきます。(2013/3/29)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
意識を高めるときは「Be careful!」より「Let's focus」
第18回は、商品の受注、発注などの過程でよく使われる会話、フレーズを紹介していきます。(2013/3/27)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
ビジネス会議での「Sorry」発言はNG――なんて言えばいいの?
第17回は、トラブルが発生した際の対応でよく使われる会話、フレーズを紹介していきます。(2013/3/22)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
OKは「まあまあ」の意味で使うことが多い
第16回は、会社内で上司や部下、同僚などに進ちょく状況を報告する際、よく使われるフレーズです。(2013/3/15)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
感想を求める場合は「Do you ……?」より「Any thoughts?」
第15回は、出張や商談など、営業の際によく使われるフレーズです。(2013/3/13)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
会議のスタートは「Let's start」より「Should we start」
第14回は、打ち合わせや会議、プロジェクトチーム立ち上げの際によく使われるフレーズです。(2013/3/8)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
「OK」は日本人が思うほどポジティブな表現ではない
第13回は、プレゼンテーション時によく使われるフレーズです。(2013/3/6)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
アイデアをほめるときは「good」より「great」と言おう
第12回は、企画立案時によく使われるフレーズです。(2013/3/1)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
仕事を切り上げるとき、「Let's finish.」ではダメ
第11回は、家に帰る際に使えるフレーズです。(2013/2/27)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
How are you? と聞かれたらFineよりもPretty good
第10回は、客先に訪問するときに使えるフレーズです。(2013/2/22)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
英語で会社名を尋ねるときのソフトな定番表現とは?
第9回は、来客を迎えるときに使えるフレーズです。日米での名刺マナーの違いなども紹介します。(2013/2/20)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
ネイティブに電話――姓と名、どっちを言えばいいの?
第8回は、電話をかけるとき使えるフレーズ。電話のマナーは日本とほとんど変わりません。まず、自分について名乗ってから、話をしたい相手を指定しましょう。(2013/2/15)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
「お世話になっております」を英語で言うと?
第7回は、電話対応の際に使えるフレーズを取り上げます。(2013/2/13)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
返答はなるべく明るく――「I know.」より「I know!」
第6回は、会議の際に使えるフレーズを取り上げます。(2013/2/8)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
I'mを、あえてI amにすると腹を立てているように聞こえる
第5回は、食事の誘いなど、人と交流をする際に使うフレーズを紹介します。(2013/2/6)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
「It's okay.」は“大丈夫”じゃない――上から目線にご注意
第4回は、お礼と謝罪の際に使えるフレーズを紹介します。(2013/2/1)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
Give me a breakは「勘弁してよ」に聞こえてしまう
第3回は、仕事を進めるときに使えるフレーズを取り上げます。(2013/1/30)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
具体例を聞くとき、What do you mean? は伝わりにくい
今回は上司と部下のコミュニケーション編。人に何かを依頼するときの状況はさまざまですが、あまり丁寧な表現は逆に場違いで不自然な感じがします。そんなときは、気軽に「Can you〜?」で依頼してみましょう。(2013/1/25)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
出社時のあいさつ、「Hello!」と「Hi!」はどちらが良い?
日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる新連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」がスタート。第1回は朝の出社編です。(2013/1/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。