ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CEP」最新記事一覧

Complex Event Processing:複合イベント処理

堅牢なインフラを設計するために
フラッシュメモリでIoT分析がやっぱり正解な理由
IoT(モノのインターネット)に寄せられる高い期待に応えるため、クラウドベースの各種サービスが成熟化しつつある。だが、新たな課題も生まれている。(2016/6/9)

「ストリーミングアナリティクス」とは?
IoTの大量データをリアルタイム分析できたら、ビジネスはどう変わるだろうか?
モノのインターネット(IoT)の大量データをタイムリーかつ高度に分析できる強力な処理エンジンがあれば、さまざまなビジネス課題の答えが見つかるかもしれない。それが「ストリーミングアナリティクス」だ。(2016/5/30)

マーケティング自動化、IoTも:
米SASがアナリティクスでSAS言語以外に対応、クラウド対応、API連携進める
米SAS Instituteは2016年4月19日(米国時間)、同社アナリティクス製品群の統合アーキテクチャ「SAS Viya(ヴァイア)」、マーケティング自動化の新製品「SAS Customer Intelligence 360」、IoTソリューション「SAS Analytics for IoT」を同時に発表した。Viyaでは、Python、Lua、Javaに対応する。(2016/4/20)

「メシくれー」 レストランにおねだりしにくるアザラシがアイルランドに出現
ずうずうしいけどかわいい。(2016/3/15)

ガートナー IoT技術動向:
IoTビジネスで成功を目指すなら絶対に押さえておきたいテクノロジー10選
ガートナーは、今後2年間を通じて、全ての企業・組織にとって重要性が増してくるであろう「IoT(Internet of Things)」テクノロジートレンドのトップ10を発表した。(2016/3/15)

米ガートナーがレポートを発表:
今後最も注目されるIoT技術は“セキュリティ”
米ガートナーは、2018年までに企業に大きな影響を与えるとみられるIoT技術のトップ10を発表した。(2016/3/11)

CADニュース:
学生向け3次元CADスキル認定プログラムがスタート
ダッソー・システムズは、「CATIA」のモデリング技術を学んだ日本国内の学生を対象に、3次元CADスキルの測定と向上を目的とする「学生向け認定プログラム」を開始した。(2015/9/30)

需要と供給のバランスが鍵
今どき給与アップにつながるIT認定資格とは?
ベンダーが主導するIT認定資格の価値はこの7年間下落傾向にあったが、セキュリティ意識の高まりに伴い、再び注目を集めつつある。(2015/9/30)

あらゆる業種の企業に新たな価値をもたらす二つのキーテクノロジ:
PR:ビッグデータとIoTを組み合わせて使い、さらに高い価値を得る。オラクルのソリューションが可能にしたベストプラクティス
ビッグデータとIoTは、いずれも企業に新たな価値をもたらすテクノロジとして期待を集めているが、これらを組み合わせて活用すれば、さらに高い効果を得ることができる。ただし、両者の特性を生かしながら使いこなすためには、それに適した処理基盤が必要だ。オラクルは、既存資産も生かしたビッグデータ/IoT活用を可能にするソリューションを包括的に提供している。[ビッグデータ][パフォーマンス改善][Big Data][Engineered System](2015/7/21)

IoT活用の先駆者が選んだ先進データ処理基盤:
PR:100万台超の複合機をグローバルに結ぶ! キヤノンの基幹サービスを支えるIoT基盤の全容
「世界中の顧客オフィスで稼働する100万台超の複合機をネットワーク経由で結び、管理効率やサービス品質を高める」──この世界的にも先進的なIoT活用を実践しているのがキヤノンだ。Oracle Exadataをはじめとするオラクルの先進ソリューションを駆使した同社サービス基盤の全容が明かされた。[ビッグデータ][プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Data Integration](2015/4/13)

ビジネスに影響する技術トレンドと生かし方――Gartnerの最新見解
2000以上の技術を成熟度やビジネス貢献度などの観点から分析した「ハイプ・サイクル」の最新版を公開した。(2014/9/3)

ビッグデータストリーミングのリアルタイム処理ソフト、SASが投入
金融リスク管理や不正検知などのリアルタイム処理に最適な複合ストリーミング処理ソフトウェア製品の提供を開始した。(2014/8/19)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
【新連載】ビッグデータ利活用の表舞台に立つプライバシーとセキュリティ
企業や組織がクラウドやビッグデータ、モバイルなどのITトレンドをビジネスに取り込んでいく中で、避けて通れないのが、プライバシーやセキュリティへの対応だ。今後想定される課題や対応に立ち向かうためのヒントをお届けしていく。(2014/5/20)

ビッグデータ分析対応のノンストップサーバ新モデル、日本HPが発売
「HP Integrity NonStop」サーバのエントリー新モデルとリアルタイム複合イベント処理の新ソフトウェアを発表した。(2014/5/13)

LINE Developer Conferenceまとめリポート(後編):
LINEのトップエンジニアが語るiOS/Androidアプリ、サーバー、Webフロントエンド開発の裏舞台
「LINE Developer Conference」の締めくくりのイベントとして開催された公開座談会「Fire Side Chat」では、LINE社内で中心的な役割を担うトップエンジニアが一堂に会し、苦労話や失敗談などLINE開発の裏舞台を披露した。(2014/5/7)

LINE Developer Conferenceまとめリポート(中編):
LINEゲームの躍進を支えるゲームプラットフォームの概要とEsper CEPの活用例
2014年4月17日の「LINE Developer Conference」では、LINEゲームを支えるプラットフォームの全体像と、オープンソースのリアルタイムモニタリング技術「Esper CEP (Complex Event Processing)」の活用例が紹介された。(2014/4/30)

レッドハット、オープンソースのBPMスイート製品「JBoss BPM Suite 6」を提供
JBoss BPM Suite 6は、BPMとBRM、複合イベント処理の機能を統合的に提供する。(2014/3/6)

製造ITニュース:
SASがIoT/M2Mのビッグデータ分析を対象に新事業部を設立
SAS Instituteは、IoTやM2Mのビッグデータ分析を2014年の注力分野に挙げている。同分野を担当する新事業部も設立しており、展開を加速させ構えだ。(2014/3/6)

人とマシンの進化する関係に注目――ガートナーが先進技術の動向を予測
「先進テクノロジのハイプ・サイクル 2013年」では人間とマシンの関係をテーマに、3つのトレンドおよび要素について解説している。(2013/9/3)

米Microsoftのアーキテクトが解説
SQL Serverが「2012 R2」ではなく「2014」になる理由
米Microsoftのアーキテクトに、インメモリ技術を導入したMicrosoft SQL Server 2014の目玉機能と、SQL Server 2012よりも前のバージョンから2014に移行する場合の検討ポイントを聞いた。(2013/8/14)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(2):
WebSocket、組み込み、並列処理で進化するJava、そして最強のIDEはどれだ?
Java EEにおけるWebSocket、並列処理の過去・現在・未来、Raspberry Piとの連携、Eclipse、NetBeans、IntelliJ IDEAの中から最強のIDEを決める座談会、ミニ四駆の発表もあったLT大会などの模様をお届け。(2013/6/11)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(1):
Java SE 8、Java EE 7、JavaFX、Java Embeddedはどうなる?
OpenJDKで使えるJava 8の新機能、3Dの表現力が段違いで採用企業が増加しているJavaFX、センサデータを企業で活用するJava Embedded、HTML5、WebSockets、JSON、バッチ処理機能を備え、6月13日にリリース予定のJava EE 7、世界に広がるJava Communityなどの最新情報をお届け。(2013/5/24)

SedueとJubatusを統合:
PFI、ビッグデータ分析製品「Sedue for BigData」を6月に発売
「Sedue for BigData」は、検索エンジン「Sedue」と機械学習フレームワーク「Jubatus」を統合したビッグデータ分析製品。レスポンス性でHadoopより優れるなどの特徴がある。(2013/5/21)

ビッグデータ活用に向け業務データを一元管理・利用:
山崎製パン、基幹システムをSOA基盤上に刷新
山崎製パンは、同社基幹システム「ヤマザキ基幹システム」をSOA基盤上に刷新、稼働を開始した。生産や配送業務の効率化、現場の進捗状況など経営判断に必要な情報の見える化、商品管理などの運用負荷軽減やコスト削減を見込んでいる。(2013/5/7)

買収製品でビッグデータ事業を推進 ソフトウェア・エージー
ソフトウェア・エージーは、一昨年に買収したTerracottaのインメモリソリューションなどを紹介した。(2013/3/14)

ビッグデータ活用の切り札、ストリームコンピューティングで顧客企業を変革するウルシステムズ
ビッグデータ活用では欠かせない「リアルタイムデータ処理」が注目を集めつつある。最先端のテクノロジーで顧客企業のビジネスを変革し、収益増へとつなげるウルシステムズは、「膨大なデータをフィルターに通し、リアルタイムでインテリジェンスを獲得していくノウハウや知恵が、これからの企業に不可欠になってくるはずだ」と話す。(2013/2/21)

2013年新春特集 「負けない力」:
データ活用の本質が問われている 富士通・川妻常務
ソーシャルデータから新ビジネスを生み出せ――ビッグデータ活用例の1つだが、富士通の川妻庸男常務が着目するのは、より本質的な点であり、技術立国・ニッポンが負けないための源泉にもなり得るものだという。その「本質」とは何か?(2013/2/7)

2013年新春特集「負けない力」:
自社のブランドイメージを変える! 日本オラクル・遠藤社長
日本オラクルの経営トップに就任してから組織変革に取り組んできた遠藤社長。2012年にはその成果が数字として表れたと語る。(2013/1/9)

富士通のビッグデータサービスがForce.comと連携
富士通のクラウドサービス「データ活用基盤サービス」とセールスフォース・ドットコムのアプリケーション開発基盤「Force.com」を組み合わせたサービスが提供開始された。(2012/12/4)

SAP HANAの最新版が提供開始 アプリ開発機能などを強化
SAPジャパンはインメモリコンピューティング製品の最新版「SAP HANA SPS5」を発表した。(2012/11/28)

ビッグデータの取り込みや分析も可能に、インフォマティカが基盤製品群を刷新
インフォマティカは、データのETLや統合、分析、管理のための基盤製品群の最新版「Informatica 9.5」を発表した。(2012/10/31)

戦略的ITを実現するキーテクノロジ(2):
“限界”を突破する技術、「インメモリデータグリッド」
本連載では、戦略的IT活用を実現する「これからの技術要素」を紹介していく。前回は金融のアルゴリズム取引などに使われている大量データを瞬時に処理する仕組み「CEP」を紹介したが、今回は今後のデータ量の増大にも対処できるテクノロジ「インメモリデータグリッド」について解説する。(2012/9/19)

NEC、ビッグデータのリアルタイム分析技術を開発
NECは、複合イベント処理でのルールを処理サーバに最適な形で割り当てることで、大量のデータを高速処理できる技術を開発した。(2012/9/19)

BYODやソーシャル分析は「過度な期待期」に、ガートナーが示す技術の方向性
ガートナーは、技術の方向性を共通のパターンを明示する「ハイプ・サイクル」の最新版を発表した。(2012/9/6)

【連載】ビッグデータアナリティクス時代のデジタルマーケティング:
第2回 世の中のあらゆる事象を数値化し、ビジネスに反映させる
世の中で起きているあらゆる事象を数値化し、ビジネスに反映させるにはどうすれば良いか? 情報処理速度数msというポテンシャルを活かせば何ができるのか? デジタル技術の革新により、今や、マーケターには常識を超える想像力が求められている。(2012/8/30)

戦略的ITを実現するキーテクノロジ(1):
ビッグデータ時代のキーテクノロジ、「CEP」とは何か
本連載では、戦略的IT活用を実現する「これからの技術要素」を紹介していく。現代のキーテクノロジのアウトラインをつかむことで、ビジネスの新たな可能性を考えたり、「経営に貢献する情報システム部門」への変革を図ったりするための一助にしてほしい。(2012/8/22)

ミドルウェア事業が好調に推移。Oracle Exalogicをさらに強化:
日本オラクル、「プライベートクラウドの構築・強化を容易に」
(2012/7/31)

レッドハット、JBoss Enteprise BRMS 5.3を発売 ビジネスルール管理と複合イベント処理を統合
ビジネスプロセスの管理と大量データから重要なビジネスイベントの発見を可能にするという。(2012/7/18)

望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト
【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴
ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。(2012/6/12)

ニューヨーク市に学ぶ大規模データ活用の真髄
ブルームバーグ市長が推進するニューヨーク市政府の大規模データ活用に携わっていた筆者が、さまざまな実例を基に、企業が今後いっそう注力すべきデータ解析のキーポイントをお伝えする。(2012/6/6)

ユーザー自身の「解」の発見を支援:
ビッグデータ活用のヒント――BIの4モデルとは
ビッグデータの活用で新たなビジネス価値を模索する動きが活発化している。顧客のニーズを明らかにし、その実現を支えるCEPやHadoopなどの基盤技術について、NTTデータのキーマン3人に話を聞いた。(2012/4/27)

ビッグデータ処理の常識をJavaで身につける(6):
リアルタイム分散処理の常識をApache S4で身につける
Hadoopをはじめ、Java言語を使って構築されることが多い「ビッグデータ」処理のためのフレームワーク/ライブラリを紹介しながら、大量データを活用するための技術の常識を身に付けていく連載(2012/4/25)

企業のビッグデータ活用支援をオンプレミス型でも 富士通
富士通はビッグデータ関連サービスを体系化して、企業への導入を推進する。(2012/4/23)

第一弾は金融機関向けに:
ビッグデータを包括的に支援する「vRAMcloud」を発表 日立
各種ソフトウェア製品と新たなフレームワークを組み合わせたビッグデータソリューションを日立が発表した。まずは金融業界に提供を開始する。(2012/3/27)

ホワイトペーパー:
【導入事例】NTTデータの大規模リアルタイム・データ分析実証実験
センサが生成する毎秒数十万件というデータをリアルタイムで処理。大規模リアルタイムデータ処理でCEP(Complex Event Processing:複合イベント処理)の有効性を確認。(2012/1/30)

富士通と富士通研、ビッグデータを素早く処理する複合イベント処理技術を開発
ビッグデータを負荷の増減に応じて分散並列処理を行うことで、リアルタイム性の高いデータ解析が可能になるという。(2011/12/16)

IBM Information On Demand 2011 Report:
ビッグデータ対応は今に始まったことではない IBMのソフト&ハード統括責任者
これまでもIBMでは顧客の情報活用を支援するためにさまざまな製品やサービスを提供してきた。「ビッグデータ」に対する市場のニーズの高まりを受けて基盤を整備した。(2011/10/26)

NEC、大量の時系列データをリアルタイム分析できるハードウェア設計技術を開発
複合イベント処理をソフトウェアで行う場合に比べて、約50倍の高速処理が可能になるという。(2011/9/28)

CEPプラットフォーム「Sybase Aleri Streaming Platform」
100万分の1秒処理、ビッグデータのリアルタイム活用を実現する「CEP」とは?
金融業界で導入が進んでいるCEP(Complex Event Processing)だが、一般企業での実運用が広がり始めた。CEPとはどのような技術なのか。そしてビッグデータ時代における企業での活用方法とは。(2011/9/21)

金融向けのオンライン不正検知ソリューション、日本オラクルらが提供
日本オラクルとシグマクシスは、金融機関やECサイト事業者向けに「オンライン不正検知ソリューション」を提供する。(2011/7/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。