ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クラウドサービス」最新記事一覧

2017年第4四半期に一般提供開始:
Druvaが全データを対象とする統合データマネジメントサービスを発表
Druvaは2017年8月17日(米国時間)、同社が「業界初のData Management as a Serviceソリューション」と呼ぶ統合的なデータ保護/管理のクラウドサービス「Druva Cloud Platform」を発表した。現時点ではテックプレビューを提供。2017年第4四半期に一般提供を開始する予定という。(2017/8/18)

製造ITニュース:
新規取引先との接続が容易なクラウドEDIサービス
富士通エフ・アイ・ピーは、製造業など幅広い業界の展開を見据えたEDIクラウドサービスを発売した。サービスの提供開始は2017年11月を予定する。(2017/8/17)

Database Watch(2017年上半期特別編 2):
“プラネットスケールでの分散”で注目された「2つ」のデータベースの新顔
データベースというとIT業界では「枯れた」技術。しかし2017年はクラウドで「新顔」が続き、存在感を示しています。中でもGoogleのクラウドサービス Google Cloud Platformで提供される「Cloud Spanner」が2017年2月にリリース、Microsoft Azure上でも「Cosmos DB」がリリースされ、大きく注目されました。(2017/8/16)

PR:パートナーの力で日本企業のデジタルトランスフォーメーションを推進――日本マイクロソフトの挑戦
日本マイクロソフトが、パートナー向けカンファレンス「Microsoft Inspire 2017」の最終日、パートナー企業各社を前に同社の2018年度の戦略を説明。パートナーと協力してクラウドサービスを拡販していく姿勢を示した。(2017/8/16)

今後、SlackやGoogle Driveも対応予定:
GitHubなどから自動収集 エンジニアの成果を「きちんと見える化」できるクラウドサービス「HackerBase」が開始
ラビッツが、技術者やエンジニアの成果を「正しく見える化」するクラウドサービス「HackerBase」のβ版を開始。GitHubなどからアウトプットを自動収集し、成果やチームマネジメントを一元管理できるようにする。(2017/8/8)

ベリサーブ QualityForward:
ソフトウェアテストの進捗を集計/管理するクラウドサービス
ベリサーブは、リアルタイムでソフトウェアテストの進捗を集計/管理するクラウドサービス「QualityForward」の提供を開始する。大規模なテストを複数の拠点で分かれて行うのに効果的なサービスだ。(2017/8/8)

怪しいサードパーティーアプリを遮断
Google「G Suite」にホワイトリスト機能、「Office 365」との差は縮まるか
クラウドサービスにアクセスできるサードパーティーアプリを制限する手段として使われるホワイトリスト。Googleの「G Suite」もこの機能を追加し、信頼できないサードパーティーアプリから重要なデータを保護した。(2017/8/3)

日本オラクル、クラウド型API管理ツール提供 ライフサイクルを一元管理
日本オラクルが、クラウド型API管理ツールを提供開始。他社製クラウドサービスやオンプレミス上のAPIも管理可能にし、APIライフサイクル全体を支援する各種機能を一元的に提供する。(2017/7/31)

CAEニュース:
クラウドサービスのライセンス管理プラットフォームの連携自動化で協業
クオリティソフトなど3社は、「ISM CloudOne」と「SMART@SAM」との連携自動化に向けた協業に合意した。協業の第1弾として、サイバネットシステムのクラウドサービスで連携自動化したサービスの提供を開始する。(2017/7/24)

NECPCとキュレーションズが主導、企業同士のマッチング支援も:
オープンなIoT開発プラットフォーム「plusbenlly」、β版を無償公開
NECパーソナルコンピュータとキュレーションズは、IoT向けクラウドサービス「plusbenlly(プラスベンリー)」のβ版を公開した。併せて、「ビジネス創造の種」を提言する企業同士をマッチングさせるサービスなども展開する。(2017/7/24)

認証から「面倒・不満」を排除すると生まれること:
「スワイプのクセ」も認証手段に Entrustが推進する「適応型認証」の狙い
Entrust Datacardが、新たな認証基盤を実現するオンプレミス向け製品「IdentityGuard」とクラウドサービス「IntelliTrust」の機能拡張計画を発表。認証を単なるなりすまし防止の手段から「価値を生み出す要素」にしていくという。【訂正】(2017/7/21)

製造IT導入事例:
ロッテがERPを刷新、SAPのHANAを採用へ
SAPジャパンは、同社の次世代ERP「SAP S/4HANA」などのソリューションとクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」をロッテが採用し、2017年7月より導入プロジェクトを開始すると発表した。(2017/7/21)

製造マネジメントニュース:
ダッソーがクラウドサービス企業の株式の過半数を取得
フランスのダッソー・システムズは、エンタープライズレベルのクラウドサービス分野でのリーダー企業である仏Outscaleの株式の過半数を取得したと発表した。クラウド企業としての地位強化を図る。(2017/7/18)

AIが潜在的な課題を予測し、特定し、自動改善する:
IBM、“Watson”が関与する初のサービス「IBM Services Platform with Watson」を発表
IBMが、WatsonをベースにITインフラの構築・運用を支援するクラウド型サービスプラットフォーム「IBM Services Platform with Watson」を発表した。(2017/7/14)

Windowsも月額課金制で、Businessエディションは2017年8月2日にプレビュー版公開:
Microsoft、Windows 10とOffice 365を統合した「Microsoft 365」を発表 1ユーザー月20ドルから
Microsoftは、「Windows 10」「Office 365」「Enterprise Mobility + Security」をセットで提供する企業向けクラウドサービス「Microsoft 365」を発表。2017年8月1日から大企業向けエディションの販売を開始する。(2017/7/12)

Microsoftのハイブリッドクラウドサービス「Azure Stack」をHPEやDell EMCが受注開始
Microsoftが、「Microsoft Azure」上のサービスをオンプレミスでも稼働させるためのハード+ソフトサービス「Azure Stack」の受注開始を発表した。HPE、Dell EMC、Lenovoが扱う。(2017/7/11)

2017年10月に提供開始予定:
NTT Com、Enterprise CloudでRancherによるプライベートコンテナサービス提供へ
NTTコミュニケーションズは2017年7月6日、Rancher Labsのコンテナ管理ソフトウェア「Rancher」を使ったプライベートコンテナサービスを、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」のメニューとして、2017年10月に提供開始する予定であることを発表した。(2017/7/7)

法人向け、「予算内で短期的に試験運用」などのシーンに:
さくらのクラウドが「プリペイド方式」で利用可能に
さくらインターネットがクラウドサービス「さくらのクラウド」をプリペイド方式で利用できる料金プランを導入。前払いした料金の範囲内でサービスを利用できる。「テスト環境のインスタンスを停止し忘れていた」などの意図しない料金が発生してしまうのを防げる。(2017/7/7)

手続きを簡略化し、データで勤務実態を可視化する「働き方見える化サービス」 NECが発表
NECが、勤務実態を可視化するクラウドサービス「働き方見える化サービス」の販売を開始した。初期費用0円、1IDあたり月額500円からという低価格で利用でき、企業の働き方改革推進をサポートする。(2017/7/6)

NVIDIAとBaidu、AIと自動運転で技術提携
NVIDIAと中国検索大手のBaidu(百度)が、AIおよび自動運転技術に関する広範な業務提携を結んだ。Baiduが、NVIDIAの自動運転車用スーパーコンピュータ「Drive PX 2」を自動運転プロジェクト「Apollo」で、NVIDIAのAIサポートGPU「Volta」をクラウドサービス「Baidu Cloud」で、それぞれ採用する。(2017/7/6)

経理系、メール、WordPress、ファイル管理などの各社サービスをまとめて利用可能:
「1人情シス」を支えるワンストップ型クラウドサービス、デルが提供
デルが中堅企業などの「1人情シス」を支える統合クラウドサービスの提供を始める。ラクス、カゴヤ・ジャパン、エックスサーバーの3社と協業し、各社が提供しているクラウドサービスをワンストップで提供できるソリューションを用意する。(2017/7/3)

Nutanix .NEXT 2017:
Nutanixが発表したクラウドサービスや多数の新機能をまとめてみた
Nutanixが同社イベント「Nutanix .NEXT 2017」で、クラウドサービス「Xi Cloud Services」と、同社プラットフォーム製品における多数の新機能について説明した。本記事ではこれらについて、それぞれの説明を最小限にとどめて紹介する。(2017/6/30)

Nutanix .NEXT 2017:
NutanixがGoogle Cloudと連携、複数の切り口でハイブリッドクラウドを実現へ
Nutanixは2017年6月28日(米国時間)、Nutanix .NEXT Conference 2017で、Google Cloudとのパートナーシップを発表した。NutanixはGCPのデータセンターを借りてクラウドサービスを提供、さらにKubernetes、TensorFlowなどで協業する。(2017/6/29)

組み込み開発ニュース:
IoT通信プラットフォームとクラウドサービスの連携を開始
ソラコムは、同社のIoT通信プラットフォーム「SORACOM」と「Google Cloud Platform(GCP)」サービスの連携を開始した。利用者はIoTデバイスから送信されたデータをGCPに集約し、大規模データ分析サービスを活用できるようになる。(2017/6/29)

高品質のクラウドで業務の効率化を実現:
PR:企業間の業務連携をMicrosoft Azureを通じて強力にサポート
東洋ビジネスエンジニアリングは、企業間連携を実現するアプリケーション「Business b-ridge」をクラウドサービスとして提供している。基盤となるクラウドとしてMicrosoft Azureを選んだ理由は、高品質のPaaSであったこと。昨今ではビジネス分野でも協業体制を強化し、さらなる販売促進やサービス向上を協力して推進している。(2017/6/30)

原則は2018年3月までの対応が期限:
富士通FIP、PCI DSS準拠に必要なセキュリティ機能をクラウドサービスで提供
富士通エフ・アイ・ピーが「PCI DSS」への準拠に必要なセキュリティ機能をクラウドサービスとして提供する「FUJITSU セキュリティソリューション PCI DSSクラウドサービス」を発表。2018年1月に開始する。(2017/6/23)

製造ITニュース:
AWSを利用した新サービスを構築、基板表面実装ラインを見える化へ
富士機械製造は、同社がアマゾンウェブサービスのAPNスタンダードテクノロジーパートナーになったことを発表した。AWSパートナーへの参加により、クラウドサービスを展開し、IoTソリューションの一層の強化を目指す。(2017/6/20)

テープやHDDとどう併用するか
データ保護にクラウド導入、納得感ある選択へ4つの質問
本稿では、バックアップや災害復旧といったデータ保護戦略に使用するクラウドサービスを決定する際に問うべき質問を紹介する。(2017/6/19)

働き方改革とセキュリティ対策を両立
隣の会社はこう課題解決をしている ITツール活用“あるある集”
IT部門にとって各種クラウドサービスは、IT環境を見直すための新たな“武器”だ。その具体的な活用法について、“守り”と“攻め”の両面から解説することにしよう。(2017/6/30)

Google Cloud Next Tokyo 17:
「アマゾンは本当に怖い」とファミリーマートの澤田社長、Google Cloudをフル活用へ
Googleは2017年6月14日、「Google Cloud Next Tokyo 17」を開幕。ファミリーマートがGoogleのコンサルティングおよびクラウドサービスを包括的に活用していくことを明らかにした。また、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)がGoogle Cloudのパートナーとなったことも発表された。(2017/6/15)

トイレの空室状況を把握できるKDDIのサービス、小田急電鉄が採用
KDDIが提供するIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」が、小田急電鉄の公式アプリ「小田急アプリ」で採用された。小田急線新宿駅の一部個室トイレの空き状況をスマートフォンで確認できるようになる。(2017/6/14)

総務省調査:
テレワークなどIT活用企業は「労働生産性が高い」
総務省が2016年の通信利用動向調査を発表。企業のクラウドサービスの認知度や利用率は上昇中。IT活用企業の1社当たりの労働生産性が高い結果が出た。(2017/6/9)

Tech Basics/Keyword:
Amazon Web Services(AWS)
パブリッククラウドサービスでNo.1のシェアの「Amazon Web Services(AWS)」とはどういったサービスなのだろうか。AWSを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみる。(2017/6/9)

膨大なシステムアラート、対応すべきはたった3%だった IIJの運用管理を激変させた“効率化のワザ”
オンプレミスからクラウドサービスまでハイブリッドシステム環境の運用を担当するIT部門の現場。複雑化する一方の運用管理をラクにする方法はあるのか。(2017/6/6)

AWS Summit Tokyo 2017:
AWS、東京リージョンに新サービス追加 日本円での決済や準拠法の日本選択も可能に
Amazon Web Services(AWS)が、AWS Summit Tokyo 2017の基調講演で、東京リージョンで使える新たなサービスや、AWSのクラウドサービスをより使いやすくするための改善ポイントを発表。(2017/5/31)

IoT観測所(33):
マイクロソフト「Azure IoT」の強みはやはり「Windows 10 IoT」にあり
マイクロソフトのIoT向けクラウドサービス「Azure IoT」は、機能面ではアマゾンの「AWS IoT」と肩を並べている。しかし、Azure IoTの強みは、やはり組み込みOSである「Windows 10 IoT」との連携にこそある。(2017/5/31)

「PC強制終了」などの施策導入を容易に 1ユーザー980円/月から:
富士通エフサス、残業抑止ソフト「IDリンク・マネージャー」にクラウド版を追加
富士通エフサスが「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止 SaaS」の販売を開始する。勤怠管理メッセージの表示、強制シャットダウン、残業承認など、長時間残業を抑止するクライアント管理機能を、月額課金制のクラウドサービスとして利用できるようにした。(2017/5/30)

東京エレクトロン デバイス Connexon:
IoTアプリ開発を5分の1の工数で、東京エレがIoT開発を加速
東京エレクトロン デバイスが、IoTゲートウェイなどで必要とされるデータ処理用アプリケーションをGUI操作で生成するクラウドサービス「Connexon」を提供する。(2017/5/30)

今理解すべき「CASB」の実力【第1回】
クラウドセキュリティの“熱い”キーワード「CASB」とは何か? 誕生の理由は?
クラウドサービスのセキュリティ対策を可能にする「CASB」は、どのようないきさつで生まれたのか。誕生の背景を探る。(2017/5/29)

電力供給サービス:
需要家との接点を強化しやすく、電気事業者向けクラウドに新機能
NTTデータは電力事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA」のメニューに、マーケティング機能を追加した。電力およびガス自由化がスタートし、重要さを増す需要家接点の強化や業務効率化を支援する。(2017/5/19)

ヤツが反対派に回ると厄介だ……
新業務システムの導入を促進/妨害する7種類の従業員を味方にする方法
クラウドサービスなど、新しい業務システムを導入する際に気を付けるべきは、ユーザーの受け入れ姿勢だ。賛成派の協力を取り付け、反対派の理解を得るにはどうすればよいのだろうか。(2017/5/17)

日立、ブロックチェーンの利用環境をクラウドサービスで提供
日立製作所は、ブロックチェーン技術の開発・検証環境「Blockchain PoC環境提供サービス」を発表。併せてブロックチェーン技術を活用したトレーサビリティ管理システムのプロトタイプを提供し、サプライチェーン分野におけるブロックチェーン技術の活用を推進する。(2017/5/10)

セキュアIoTプラットフォーム協議会:
世界標準となるIoTセキュリティ基盤の構築を目指す
国内ITベンダー、セキュリティベンダー、クラウドサービス事業者などの企業・団体が、一般社団法人「セキュアIoTプラットフォーム協議会」を発足した。(2017/5/2)

Weekly Memo:
恐竜の逆襲!? “オラクルならでは”のクラウドサービスは広がるか
日本オラクルがクラウド事業で独自色を一層強く打ち出している。同社が開催したイベントから、その戦略の中身を探った。(2017/5/1)

クラウドは管理不能という現実
痛い思いをしてAmazon S3障害から得た教訓、「クラウド利用時のDRは大丈夫?」
Amazon Web Services(AWS)のようなクラウドサービスを利用している企業は、障害発生に備えて災害対策(DR)計画を策定しておく必要がある。(2017/4/28)

AIで、映像からキーワード、概念、感情的な文脈などのメタデータを自動抽出:
IBM、「映像」からビジネス洞察を得るWatsonベースのクラウドサービスを提供へ
IBMが、企業が「映像」からビジネス洞察を引き出せるよう支援する「Watson」ベースの新クラウドサービスを発表。2017年内の正式版リリースを予定する。(2017/4/26)

時代が求める性能
業務システムをオンプレミスからクラウドへ、見逃せない重要スペックは?
「リアルタイムなビジネス知見の発掘」という使命に応えるべく、オンプレミスのシステムそのままを高いパフォーマンスのクラウドサービスへ移行するには?(2017/4/27)

できる理由を技術的側面から詳細解説
「モバイル」「Windows 10」に強い“安全快適”なクラウドサービスを見つけ出せ
クラウド時代を迎えて企業が求めるサービスも多様化している。特に、顧客の仮想アプリ/仮想デスクトップの多様なニーズに応えるクラウドサービスに期待が高まっている。(2017/4/21)

富士通と日本オラクル、国内データセンターからOracle Cloudの提供を開始
富士通と日本オラクルの提携が結実。富士通が日本国内に持つデータセンター内に「Oracle Cloud」環境を構築し、直接顧客に、あるいは富士通のクラウドサービスのオプションとして、提供を開始した。(2017/4/20)

製造ITニュース:
世界標準となるIoTセキュリティ基盤構築へ、25社が協議会を発足
国内ITベンダー、セキュリティベンダー、クラウドサービス事業者など25社・団体が参画する一般社団法人「セキュアIoTプラットフォーム協議会」が発足した。世界標準かつデファクトとなるセキュリティ基盤の構築を目指すという。(2017/4/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。