ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コグネックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コグネックス」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
FA向けに最適化、深層学習ベースの画像解析ソフトウェア
コグネックスは、深層学習ベースの画像解析ソフトウェア「VisionPro ViDi」の提供を開始した。FA向けに最適化されており、高度なアプリケーションに対応する。(2018/6/21)

FAニュース:
ESD対策と読み取り率を両立、ESD保護対応バーコードリーダーを発売
コグネックスは、静電気放電保護機能を備えたバーコードリーダーのラインアップを発売した。ESD対策を施した筐体の採用により、過酷な工業環境においても確実にESD保護を提供する。(2018/4/17)

ESD(静電気放電)による損失を低減:
コグネックス、産業用バーコードリーダー製品にESD保護対応モデルを追加
コグネックスは、静電気放電(ESD:Electro-Static Discharge)保護機能を備えたバーコードリーダーのラインアップを発表した。(2018/4/6)

MELSENSORシリーズ:
三菱電機、コグネックスと共同開発したビジョンセンサー新製品15機種
三菱電機は、液晶や半導体、自動車、電子部品などの製造現場で使用するビジョンセンサー「MELSENSOR」シリーズの新製品15機種を発表した。(2018/1/11)

FAニュース:
半導体、自動車、電子部品向けFA機器と接続性が高いビジョンセンサー15機種
三菱電機は、液晶や半導体、自動車、電子部品などの製造現場で使用するビジョンセンサー「MELSENSOR」シリーズの新製品15機種を発表した。コグネックスと共同開発したもので、2018年1月から発売する。(2017/12/22)

コグネックス Cognex Explorer RTM:
バーコード読み取り業務の課題解決を支援するリアルタイムモニタリングシステム
コグネックスは、プロセスエラーを迅速に特定し、読み取り率とスループットを最大化するシステム「Cognex Explorer Real Time Monitoring」を発売した。(2017/11/28)

いまさら聞けない工業用バーコードリーダー入門(5):
最適なバーコードリーダーの選び方
製造現場におけるワークや工具の管理など、自動化の大前提として工場を支えている工業用バーコードとバーコードリーダー。本連載では工業用バーコードとバーコードリーダーの基礎的な知識をおさらいします。最終回となる第5回は最適なバーコードリーダーの選び方について紹介します。(2017/11/30)

FAニュース:
プロセスエラーを特定し、読み取り率とスループットを最大化する画像システム
コグネックスは、プロセスエラーを迅速に特定し、読み取り率とスループットを最大化する画像システム「Cognex Explorer Real Time Monitoring」を発売した。現場管理者の迅速な修正措置や工程の最適化に貢献する。(2017/11/17)

いまさら聞けない工業用バーコードリーダー入門(4):
バーコードリーダーの種類と特徴
製造現場におけるワークや工具の管理など、自動化の大前提として工場を支えている工業用バーコードとバーコードリーダー。本連載では工業用バーコードとバーコードリーダーの基礎的な知識をおさらいします。第4回は工業用バーコードリーダーの種類について紹介します。(2017/10/27)

いまさら聞けない工業用バーコードリーダー入門(3):
バーコードの印刷方法とマーキング方法にはどういうものがあるのか?
製造現場におけるワークや工具の管理など、自動化の大前提として工場を支えている工業用バーコード。本連載ではあらためて、工業用バーコードの基礎的な知識をおさらいします。第3回はバーコードの印刷方法とマーキング方法について解説します。(2017/9/26)

いまさら聞けない工業用バーコードリーダー入門(2):
バーコードの種類にはどういうものがあるのか?
製造現場におけるワークや工具の管理など、自動化の大前提として工場を支えている工業用バーコード。本連載ではあらためて、工業用バーコードの基礎的な知識をおさらいします。第2回はバーコードの種類について解説します。(2017/8/25)

産業用画像技術:
精度と使いやすさを高めたマシンビジョン、スマホ連携も可能に
コグネックスは、精度や使いやすさを高めたマシンビジョンのラインアップを拡充し、スマート工場実現に向けたソリューションを展開する。(2017/6/29)

コグネックス DataMan 70シリーズ:
生産ラインや装置の狭いスペースに設置できる小型固定式バーコードリーダー
コグネックスは、小型固定式バーコードリーダー「DataMan 70」シリーズ8種を発売した。(2017/6/29)

M-Tech2017:
スマートファクトリー完成を目指す三菱電機、最後のピース「センサー」を強化
三菱電機は「第21回 機械要素技術展(M-Tech2017)」に出展し、独自ブランド製品を加えるなど、強化を進めるセンサーソリューションについてアピールした。(2017/6/26)

FAニュース:
1次元でも2次元でも高精度に読み取る小型バーコードリーダー
コグネックスは、小型固定式バーコードリーダー「DataMan 70」シリーズ8種を発売した。42.4×22.2×35.8mmと小型ながら、ラベル上の1次元バーコードおよび2次元コードを高精度で読み取る。(2017/6/15)

いまさら聞けないマシンビジョン入門(3):
マシンビジョンシステムの種類とプラットフォーム
製造現場のプロセス自動化や品質向上に役立つマシンビジョンの基礎知識をお伝えする本連載。第3回はマシンビジョンシステムの種類やプラットフォームの違いについて紹介する。(2017/5/31)

FAニュース:
製品寸法のわずかなばらつきを検出する寸法測定システム
コグネックスは、高精度な寸法測定システム「In-Sight Laser Profiler」を発表した。製造物が規定の公差内で作られているかを確認するプロファイル検査において、製品寸法のわずかなばらつきを検出する。(2017/5/30)

コグネックス In-Sight Laser Profiler:
製造現場の欠陥検出に! 使いやすさを追求した寸法測定システム
コグネックスは、製造現場における欠陥検出に活用できる寸法測定システム「In-Sight Laser Profiler」を発表した。(2017/5/24)

FAニュース:
モジュール設計で400通りが変幻自在なビジョンシステム
コグネックスは、独自のモジュール設計を採用し、400通りの構成に組み替えられるビジョンシステム「In-Sight 7000」シリーズを販売開始した。(2017/5/19)

いまさら聞けないマシンビジョン入門(2):
マシンビジョンのアプリとコンポーネント
製造現場のプロセス自動化や品質向上に役立つマシンビジョンの基礎知識をお伝えする本連載。第2回はマシンビジョンのアプリとコンポーネントについて紹介する。(2017/4/28)

いまさら聞けないマシンビジョン入門(1):
マシンビジョンとは何か?
製造現場のプロセス自動化や品質向上に役立つマシンビジョンの基礎知識をお伝えする本連載。第1回は、マシンビジョンとは何かを解説するとともに利点について紹介する。(2017/3/29)

三菱電機/コグネックス MELSENSOR:
国内市場向けにビジョンセンサーやコードリーダー開発で連携を強化
三菱電機は、コグネックスとの連携を強化してFAセンサー事業の拡大を目指す方針を発表。国内向けにビジョンセンサーやコードリーダーを連携して開発し、「MELSENSOR」ブランドで製品化する。(2017/3/27)

FAニュース:
ビジョンセンサーやコードリーダーの開発で連携強化
三菱電機とコグネックスは、国内向けのビジョンセンサーやコードリーダーを連携して開発し、「MELSENSOR」ブランドで製品化していく計画を明らかにした。(2017/3/10)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Siemensが目指す「エコシステム」の構築
Mentor Graphicsを買収した独Siemensだが、Mentor以外にもさまざまな企業と提携し、単一的な事業構造とならないよう留意している。Bentley Systemsとの電力分野における提携もその1つだ。(2017/2/14)

FAニュース:
3次元ビジョンメーカー2社を買収し、部門を強化
米国コグネックスは、3次元ビジョンメーカーのドイツEnShapeおよびスペインAQSenseの2社を買収した。両社のエンジニアリングチームを取り込むことで、3次元ビジョン部門の強化を図る。(2016/11/30)

コグネックス:
3次元マシンビジョン技術保有の2社を買収、革新的3次元製品の市場投入を加速
米コグネックスコーポレーションは、3次元ビジョン部門の強化を目的に、3次元マシンビジョン技術に強みを持つ2社の買収を発表した。(2016/11/24)

コグネックス In-Sight Micro 8000:
画像処理システムIn-Sightファミリーの新モデルは超小型でPoEを装備
コグネックスは、スタンドアロン型の画像処理システムIn-Sightファミリの新型モデル「In-Sight Micro 8000」シリーズを発表した。(2016/2/2)

FAニュース:
PCに匹敵する高速処理を備えた小型画像処理システムを発表
コグネックスは、画像処理システムIn-Sightファミリの新型モデル「In-Sight Micro 8000」シリーズを発表。画像処理ツールを内蔵し、PCに匹敵する高速処理を可能とした。(2016/2/2)

FAニュース:
超高速サーチツールを開発、In-Sight新製品3機種に搭載へ
コグネックスは、超高速サーチツール「PatMax RedLine」を発表した。新型In-Sightビジョンシステム3機種に搭載し、パーツ検査やコネクタ検査での広視野かつ高精度化の要求に対応する。(2015/6/3)

FAニュース:
最新のアルゴリズムを搭載した、次世代の固定型バーコードリーダーを発売
コグネックスは、画像ベースの固定型バーコードリーダー「DataMan150シリーズ」「260シリーズ」「360シリーズ」を発表した。高機能な1次元・2次元コード読み取りアルゴリズムを搭載し、強力な読み取り性能を備えた。(2015/6/2)

FAニュース:
産業用ロボット拡大の波に乗り“目”としての役割を広げるコグネックス
コグネックスは好調を続けるバーコードリーダ製品に加え、産業用ロボットの導入拡大に合わせマシンビジョンの成長に取り組む方針だ。画像処理技術の導入を加速させることでFA市場における自動化領域の拡大を促進する。(2015/5/13)

MEDIX関西:
専用ロボットで医薬品を製造、カメラを含めたトータルソリューションも
三菱電機は、「第5回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2015)」において、医薬品製造に対応する産業用ロボット「MELFA Fシリーズ」のデモンストレーションを披露した。(2015/2/5)

FAニュース:
2次元コード読み取りを強化した新たなアルゴリズム
コグネックスは、2次元コードのDPMを読み取る手法として、2次元コードの「模様」を使ってコードを検出する新しいアルゴリズム「PowerGrid テクノロジ」を発表した。検出パターンが完全に消失した2次元コードやDPMも読み取りできる。(2014/12/30)

人とくるま展2014名古屋:
金属に刻印した2次元バーコードを簡単に読み取れる携帯型バーコードリーダー
コグネックスは、「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」において、2014年9月に発売した工業用ハンドヘルド型バーコードリーダーの新製品「DataMan 8600」を展示した。(2014/12/19)

FAニュース:
コグネックス、読み取り速度・読み取り率が向上したハンドヘルド型リーダ発売
読み取りアルゴリズム2DMax+と照明テクノロジーUltraLightを組み合わせることで、多様な材質や表面に刻印された読み取りの困難なDPMコードも、瞬時に読み取ることができる。(2014/11/29)

FAニュース:
コグネックス、3次元センサー「DS1000」シリーズのラインアップを拡充
測定範囲と解像度が異なる「DS1050」「DS1101」「DS1300」の3モデルを新たに追加。多種多様な3次元アプリケーションに対応し、ソフトウェア開発環境としてCognex designerをプリインストールする。(2014/9/16)

FAニュース:
コグネックス、毎秒200回の画像取り込みが可能な超高速用画像処理システム発表
「In-sight Micro」シリーズの最高速モデルで、毎秒200回の高性能画像取り込み機能と、パルス幅わずか1ミリ秒の超高速出力機能を搭載している。(2014/9/9)

FAニュース:
コグネックス、部品検査用カラービジョンセンサーの最新製品を発売
検査する色を選択するだけで、指定した色を判別し、部品検査が可能。輪郭だけでなく、製品の特徴を判断して検出できる。部品や特徴を毎分800個まで検出する。(2014/7/1)

FAニュース:
コグネックス、悪条件でも読み取れる工業用ハンドヘルド型バーコードリーダ発表
多くの製造現場のバーコード読み取りアプリケーション向けに開発。損傷、低コントラストなど、さまざまな条件下でバーコードの高速読み取りが可能な点が特徴だ。(2014/2/13)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(6):
製造現場における画像処理【後編】
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第6回では、前回から引き続き「製造現場における画像処理」をテーマに、画像処理の製造現場での活用事例を紹介します。(2014/2/6)

コグネックス:
PR:最高の読み取り率を実現! 物流現場を革新するバーコードリーダ「DataMan」
倉庫に保管されている荷物を正しく効率的に管理し、指示に従い、必要なところへ、必要な数だけ送り届ける、それが物流の現場だ。例えば、部品の詰まった荷物が指示通りに届かなければ、製造ラインがストップしてしまうことだってあり得る。あらゆる企業活動の生命線的な役割を担う物流現場において、日増しに存在感を強めているのが、コグネックスが誇るバーコードリーダ「DataMan」シリーズだ。(2014/1/20)

コグネックス:
PR:どんな環境でも確実に読み取れる――自動車製造の第一線で活躍するバーコードリーダ「DataMan」
部品点数が数万点以上にもなる自動車製造の現場などでは、「生産効率化」「品質向上」「コスト削減」を実現する上で、コード(一次元バーコード/二次元コード)を用いたトレーサビリティーの確保が欠かせない。そのためには、どのような環境・状況であっても素早く、確実に印字されたコードを読み取らなければならない。工業用バーコードリーダの世界的リーディングカンパニーであるコグネックスの「DataMan」シリーズは、どのようにしてこうした厳しい要求に応えているのだろうか。(2014/1/20)

FAニュース:
コグネックス、高度な欠陥検出機能を装備したマシンビジョン向けソフトを発表
傷検査ツールとシーン補正フィルタを追加。表面欠陥検出アプリケーションが容易に構築可能に。(2014/1/6)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(5):
製造現場における画像処理【前編】
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第5回のテーマは「製造現場における画像処理」についてです。具体的に画像処理が製造現場で効果的に利用されている実例を紹介します。(2013/10/21)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(4):
画像処理製品の導入ポイント
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第4回のテーマは「画像処理製品の導入」についてです。カメラと画像処理ソフトウェアを例に、生産現場で失敗しないための製品選定のポイントを解説します。(2013/9/20)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(3):
画像処理の流れ
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第3回のテーマは「画像処理の流れ」です。画像処理に関わる代表的な要素を紹介し、実際の流れを解説します。(2013/9/6)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(2):
画像処理でできること
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第2回のテーマは「画像処理でできること」です。画像処理の利用が最も盛んな工場での製造工程を例に、「GIGI」というキーワードに沿って解説していきます。(2013/8/23)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(1):
画像処理とは?
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第1回のテーマは「画像処理とは?」です。画像処理を製造現場で用いることのメリットを学びましょう。(2013/8/9)

製造ITニュース DMS2013:
省エネすれば、品質が上がる!?――オムロンと三菱電機がエコ工場技術を提案
「工場の省エネはやり尽くした」との声もあるが、現場のプロセス全体を見たとき、まだまだ“見えない無駄”は残されている。DMS2013では、オムロンと三菱電機が管理技術による工場の“見える化”を進めて省エネを図る、エコファクトリ―技術を出展し、省エネと、工場の性能向上を両立する技術として注目を集めた。(2013/6/24)

FAソリューション:
三菱、生産設備のトータルコストを削減する「iQ Sensor Solution」を展開
三菱電機は、MELSECシリーズに接続したエンジニアリングツール「GX Works2」のみで、簡単に産業用センサーの接続・調整が行える新コンセプトのセンサーソリューション「iQ Sensor Solution」の展開開始を発表した。(2012/11/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。