ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「画像処理」最新記事一覧

医療機器ニュース:
表面実装機の技術を応用した細胞ピッキング&イメージング装置
ヤマハ発動機は、表面実装機の技術を応用したピッキング&イメージングシステム「CELL HANDLER」を開発し、研究者が手作業で行っていた細胞(塊)の選択と移動の自動化に成功した。(2017/9/20)

iPhone 8――10年目を締めくくる初期iPhoneの完成形
iPhoneの誕生から10年。iPhone 8はその集大成であり、完成形だ。林信行による徹底レビュー。(2017/9/19)

モルフォ シノプシス:
組み込みプロセッサへ、深層学習利用のシーン認識技術を最適化
モルフォは、シノプシスのエンベデッドビジョンプロセッサ「DesignWare EV6x Embedded Vision Processors」上で、深層学習を利用したシーン認識技術「Morpho Scene Classifier」を最適化する共同開発を行うことで合意した。(2017/9/19)

協働ロボット:
人ができないことを支える、それがハピネスなロボット
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催。WRSの実行委員会諮問会議 委員長であるカーネギーメロン大学ワイタカー冠全学教授の金出武雄氏が登壇し、将来に向けた「幸せのためのロボット」の在り方を訴えた。(2017/9/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月4日〜9月10日):
デジタル一眼ランキングにニコンの新フルサイズ機「D850」登場
デジタル一眼ランキングに、ニコンの新フルサイズ機「D850」が早くも登場した。トップは「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が12連勝。(2017/9/20)

iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか
新しく発表された3つのiPhone。画素数はiPhone 7/7 Plusから変わっていないが、新iPhoneのカメラは進化している。iPhone 8/8 PlusとiPhone Xの違いにも触れたい。(2017/9/13)

ソニー「RX10 IV」海外発表 像面位相差AF、秒間24コマ連写【国内価格追記】
ソニーは、グローバルサイトで1型センサー搭載のコンパクトデジカメ「RX10 IV」を発表した。(2017/9/13)

スマホ、車載など用途が拡大:
CMOS/CCDカメラ市場、2020年に52億台超
CMOS/CCDカメラの世界市場は、2020年には52億台を上回る見通しだ。その用途はスマートフォンに加え、車載向けなど産業分野にも市場が広がる。(2017/9/13)

IFA 2017:
狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く
ソニーモバイルがIFA 2017に合わせてXperiaシリーズの3機種を発表した。中でも「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」は日本での発売が期待される。3機種投入の狙いを、ソニーモバイルの安達晃彦氏に聞いた。(2017/9/11)

ヤマハ発動機 CELL HANDLER:
表面実装技術を医療へ、新薬開発を支える細胞ピッキング&イメージングシステム
ヤマハ発動機は、産業用ロボット(表面実装機)技術を応用して開発した細胞ピッキング&イメージングシステム「CELL HANDLER」の第1号機を、福島県立医科大学へ納入した。(2017/9/11)

石野純也のMobile Eye:
「18:9ディスプレイ」「デュアルカメラ」「AI対応チップ」 IFA 2017で見えたトレンド
IFAは年末商戦から春商戦までを占ううえで、欠かせない展示会だ。このIFAで見えてきた、スマートフォンの最新トレンドをまとめた。日本市場への影響も合わせて考察していこう。(2017/9/10)

ルネサス R-Car 採用事例:
新型「リーフ」の自動駐車機能を支える国産SoC
ルネサス エレクトロニクスは日産自動車の電気自動車 新型リーフにSoC「R-Car」と車載マイコン「RH850」が採用されたと発表した。これらはリーフが搭載する自動駐車機能の制御に用いられている。(2017/9/8)

自動運転がさらに近づく:
日産リーフ、自動駐車機能をルネサスSoCで実現
日産自動車は、新型EV「リーフ」に搭載した自動駐車機能を実現するために、ルネサス エレクトロニクス製のSoCとマイコンを採用した。(2017/9/8)

PCとつないでカメラをRAW現像マシンにする「FUJIFILM X RAW STUDIO」無償提供
富士フイルムが、同社のGFXとXシリーズで使用できるPC向けRAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」を開発したことを発表した。RAW現像の演算にカメラの画像処理エンジンを使用する。(2017/9/7)

電源を切ってもスマホに写真転送できる富士フイルムのミラーレス「X-E3」
富士フイルムが、FUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-E3」を発表した。等倍マクロ撮影が可能なXFレンズの新製品「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」も合わせて発表。(2017/9/7)

IFA 2017:
Huaweiの新プロセッサ「Kirin 970」で何が変わる? 「Mate 10」の存在も明らかに
ドイツ・ベルリンで開催中のIFA 2017の基調講演に、HuaweiのCEOが登壇。動作速度の高速化と、最大1.25Gbpsに対応する高速モデムを内蔵したプロセッサ「Kirin 970」を発表した。Kirin 970は10月16日に発表予定の新モデル「Mate 10」に最初に搭載される予定だ。(2017/9/5)

「現像」は「プリント」のことじゃない
よく「デジカメの写真を現像する」という言葉を見聞きする。何のことかと文脈を読むと、どうも「写真をプリントすること」を「現像する」と称しているらしい。そこで今回は、フィルムカメラ時代の呪いによる言葉の混乱の話をしたい。(2017/9/5)

コンピュータで“錯視”の謎に迫る:
2つ並んだ正方形、あなたは同じ色に見える? 「客のクレーム対応」で始まった錯視研究とは
東大・新井仁之教授が解説する錯視の世界。同じ色が違って見える「色の同時対比」という錯視を紹介する。(2017/9/4)

シャッター速度約4段分の手ブレ補正、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」発売
オリンパスが5軸手ブレ補正機能を搭載したミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10 Mark III」を発表した。ブラックとシルバーの2色を9月15日に発売する。(2017/9/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月21日〜8月27日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連覇
デジタル一眼ランキングはトップ3は今回も変わらず、「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連勝。4位以下はかなり動いた。(2017/9/6)

人工知能ニュース:
深層学習を利用したシーン認識技術の最適化で共同開発
モルフォは、シノプシスのエンベデッドビジョンプロセッサ「DesignWare EV6x Embedded Vision Processors」上で、深層学習を利用したシーン認識技術「Morpho Scene Classifier」を最適化する共同開発を行うことで合意した。(2017/8/31)

情報化施工:
ドローン測量の画像処理を1つで担う、テラドローンが低価格ソフトウェア
テラドローンは、新開発となるドローン専用画像処理ソフトウェアの販売を開始した。自動運航や画像処理、3次元画像解析など、従来は複数のソフトウェアで処理していた作業をまとめて行えるのが特徴だ。(2017/8/29)

システム計画研究所/ISP gLupe:
製造業向けAI外観検査ソフトの評価版をHPの「Z2 Mini」にバンドルして販売
システム計画研究所/ISPは、同社の製造業向けAI外観検査ソフトウェア「gLupe」の評価版が、HPのミニワークステーション「Z2 Mini」にバンドルされ、「Deep Learning 外観検査評価キット for Windows」として菱洋エレクトロが販売を行うと発表した。(2017/8/28)

中核派、YouTubeで「ソフト路線」PR
過激派「中核派」は、近年ではインターネット上で若い活動家が宣伝活動を行うなど、「ソフト路線」にシフトしているとされる。(2017/8/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ディズニーキャラとの触れ合いをMR(複合現実)で実現する「魔法のベンチ」
東京ディズニーリゾートで連日行列を作っているキャラクターグリーディング。こうしたキャラとの触れ合いをMRで楽しめる「魔法のベンチ」が開発された。(2017/8/24)

製造ITニュース:
設計者の働き方改革に必要なのはクラウドPLM、キヤノンITSとPTCがサービス提供
キヤノンITソリューションズとPTCジャパンは、製造業の設計・開発業務に携わる技術者が、在宅でも安全かつ安心にリモートで作業を行える「スマートPLMサポートサービス」の提供を始める。同サービスの鍵になっているのは、PTCのクラウドPLM「PTC PLM Cloud」だ。(2017/8/24)

いまさら聞けない工業用バーコードリーダー入門(2):
バーコードの種類にはどういうものがあるのか?
製造現場におけるワークや工具の管理など、自動化の大前提として工場を支えている工業用バーコード。本連載ではあらためて、工業用バーコードの基礎的な知識をおさらいします。第2回はバーコードの種類について解説します。(2017/8/25)

廉価なEOSというより“徹底した入門機”、キヤノン「EOS Kiss X9」
つい先日、「EOS X9i」が出たばかりで、今度は「EOS Kiss X9」である。X9iより初心者向けとなる一番のエントリーモデルで、イマドキの一眼レフに進化した。(2017/8/23)

小売・流通アナリストの視点:
生鮮も売る「フード&ドラッグ」に地方の可能性を感じた
ドラッグストア業界の動きが目まぐるしい。マツモトキヨシの首位陥落、そしてすぐさまツルハの首位奪取という変動は、業界のシェア競争が終盤戦に入ったことを感じる。そんな中、地方で興味深い業態が目についた。(2017/8/23)

リンクス Basler ace L/Uシリーズ:
ソニー製センサーを搭載した産業用カメラの新モデル20機種を国内販売
リンクスは、ソニー製IMXセンサーを搭載したBaslerの産業用カメラ「ace」の新モデル20機種の国内販売を2017年8月から開始する。(2017/8/21)

「ThinkPad」と「Yoga」双方の良さを兼備
徹底レビュー:新「ThinkPad X1 Yoga」はThinkPadファン納得の出来、ネックは高価格?
Lenovoの「ThinkPad X1 Yoga」は、使い勝手も性能も高レベルの2-in-1デバイスに仕上がっている。だが「最高の2-in-1デバイス」と呼ぶことにはためらってしまう、わずかな理由がある。(2017/8/19)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(6):
製造・検査設備の現場課題が、本来取り組むべき企業の差別化戦略を阻害している
「IIoT(Industrial IoT)」を実現させ、新たなモノづくりを創造するためには、現状の生産設備の在り方を見直す必要がある。今回は、ハイバーテック 代表取締役社長の伊東健氏と筆者との対談を通じ、日本が目指すべきモノづくりへの取り組みについて紹介する。(2017/8/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月31日〜8月6日):
デジタル一眼ランキングに、新フルサイズ機「EOS 6D Mark II」が初登場
デジタル一眼ランキングに、8月4日に発売されたばかりのキヤノンのエントリー向けフルサイズ機「EOS 6D Mark IIボディー」がランクイン。(2017/8/15)

医療機器ニュース:
透視画像処理技術とネットワーク機能を強化したX線TVシステムを発売
島津製作所は、X線TVシステム「FLEXAVISION HB package eXceed edition」「FLEXAVISION FD package eXceed edition」を発売した。新しい透視画像処理技術によってクリアな画像を取得し、ネットワーク機能の強化で効率的なシステム運用ができる。(2017/8/9)

Creaform NDTソリューション:
3D技術による非破壊検査を航空宇宙産業へ、表面検査ソリューションを提供予定
Creaformは、同社の3Dテクノロジーによる非破壊検査(NDT:Non Destructive Testing)を、航空宇宙産業に拡大すると発表した。(2017/8/9)

ジャイロ効果でクレーン作業を効率化、鉄骨の設置時間が3分の1に
戸田建設はタワークレーンを利用した揚重作業を効率化する、吊荷(つりに)旋回制御装置を開発した。高速回転するフライホイールのジャイロ効果を利用し、吊荷を目的の位置で正確に静止させたり、風などの抵抗を受けても姿勢を一定に保ったりできる。(2017/8/8)

「ISO感度」ってなに? とその最適な設定のコツ
「35mmフィルム換算」に続く第2弾は「ISO感度」。これももともとはフィルムカメラ時代の用語だ。その基本的な意味とデジタルカメラ時代の心得を解説しましょう。(2017/8/7)

リンクス FXシリーズ:
産業用ハイパースペクトルカメラと専用解析ソフトを提供
リンクスは産業用途向けハイパースペクトルカメラ「FX」シリーズと、ハイパースペクトルカメラ専用の解析ソフトウェア「Perception Studio/Core」の取り扱いを2017年7月から開始する。(2017/8/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月24日〜7月30日):
デジ一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i」6連勝、コンデジは「FINEPIX XP120」が初のトップ
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が6連勝。コンパクトデジカメランキングでは富士フイルム「FINEPIX XP120」が初めて1位に。(2017/8/8)

女性秘書がおわび行脚:
「このハゲー!」の豊田真由子氏復帰へ準備か
政策秘書に対する暴行で自民党に離党届を提出した豊田真由子衆院議員が地元でお詫び行脚を始めているという。(2017/8/2)

「このハゲー!」の豊田真由子氏、復帰準備!? 秘書がおわび行脚「この度はお騒がせして……」
自民党に離党届を提出した豊田真由子衆院議員が地元でおわび行脚を始めていることが1日、わかった。(2017/8/2)

『AIに聞いてみた』の疑問点を「NHKに聞いてみた」 “AI”から受ける印象と実態の「ちぐはぐさ」
「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」――そんな“AIの提言”を紹介し、ネット上で話題を呼んだNHKの『AIに聞いてみた』。不明な点を、NHKに聞いてみた。(2017/8/2)

人工知能ニュース:
大腸がんなどの病変をAIで98%検知するリアルタイム内視鏡診断サポートシステム
国立がん研究センターとNECは、AIを用いて大腸がんや前がん病変を内視鏡検査時にリアルタイムに発見するシステムを開発した。大腸がんなどの病変を98%の発見率で自動検知し、病変見逃しの改善が期待される。(2017/8/2)

ソシオネクスト 全天球カメラソリューション:
2Wで動作する360度カメラソリューション、劇場からスマホまで利用範囲広く
ソシオネクストが同社SoC「Milbeaut」を利用した360度カメラ(全天球カメラ)のソリューションを提供開始した。上位機種は劇場やスポーツ観戦にも利用でき、独自アルゴリズムにて2W以下の低消費電力を実現している。(2017/8/2)

「まさか自分が」恐怖と後悔……実録・LINEなりすまし被害
LINEのなりすまし被害に遭った女性は、今も恐怖と後悔の念にさいなまれている。(2017/8/1)

マイコン講座 不良解析編(3):
二次物理解析 ―― PVCチェッカーと断面図解析
今回は「二次物理解析」であるPVCチェッカーと断面図解析(クロスセクション)を解説していく。また、主にマイコン製品の開発現場で用いられる不良解析手法であるEBテスター、FIBも参考情報として紹介する。(2017/7/31)

物体表面のパターンを識別する画像処理技術、真贋判定などに活用 富士ゼロックスから
富士ゼロックスが、物体表面のパターンを識別する技術「Yoctrace(ヨクトレース)」を開発。真贋(しんがん)判定や偽造防止、ブロックチェーン技術と組み合わせた仮想通貨のセキュリティ強化などに利用できるという。(2017/7/28)

FAニュース:
産業用途向けハイパースペクトルカメラを国内展開、用途拡大を提案
リンクスは、フィンランドのSpecim, Spectral Imaging、オーストリアのPerception Parkと国内販売代理店契約を締結し、産業用途向けハイパースペクトルカメラ「FX」シリーズと専用解析ソフトウェア「Perception Studio/Core」を発売する。(2017/7/27)

リンクス 事業戦略:
国内製造業のガラパゴス化を解消へと導くリンクス――アジア市場への進出も
画像処理関連製品などを取り扱う技術商社のリンクスは、同社の新事業戦略と東南アジア市場への事業拡大を目的としたリンクスシンガポール設立に関する発表を行った。(2017/7/27)

Intel、ディープラーニング用スティック形USB端末を発売 79ドル
米Intelが、ディープラーニングなどの機械学習に特化したスティック形状のUSB端末を発売。(2017/7/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。