ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「画像処理」最新記事一覧

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月21日〜11月27日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5500 ダブルズーム」が4カ月半ぶりトップ
デジタル一眼ランキングは、ニコン「D5500 ダブルズーム」が7月以来の首位返り咲き。前回4位に下がったキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」は1つ戻して3位。(2016/12/6)

貼るファンデーション?:
パナソニックの“魔法の鏡”が創り出す新たな美
パナソニックは、非接触の肌センシング技術を用いた魔法の鏡「スノービューティミラー」と、貼るファンデーションを実現する「メイクアップシート」について技術セミナーを開催した。(2016/12/6)

日立、富士通、NTT:
企業活用取り込み急ぐ IT各社、「AI基盤」を続々開発
富士通・日立・NTTなど、大手IT企業がAIのビジネス活用に向けたサービス展開に注力している。(2016/12/6)

医療機器ニュース:
超音波診断装置の新バージョンを発売、高画質を可能にする新プローブ
コニカミノルタは、超音波診断装置「SONIMAGE HS1」シリーズの新バージョンを発売した。新たに、独自の超広帯域高感度プローブ技術を用いた4種類のプローブを開発した。(2016/12/2)

情報化施工:
加速するインフラ点検ロボット開発、NEDOが早期実用化へ
ダムや橋梁など国内のインフラの老朽化が課題となる中で、ロボットの活用による点検作業の効率化が注目されている。NEDOプロジェクトで橋梁近接目視点検支援ロボットの開発を進める、イクシスリサーチは神奈川県での実証に続き、新たに埼玉県内の橋梁での実証実験に着手する。こうした実証を重ね、早期の実用化を目指す。(2016/12/1)

MacBook Proに搭載:
新チップ「T1」でApple製品の可能性は広がる?
「Touch Bar」などの新しい機能を搭載したAppleの「MacBook Pro」。MacBook Proには、新しいチップ「T1」が搭載されている。このT1の性能を生かした用途は、MacBook Pro以外にもさまざまなものが考えられそうだ。(2016/12/1)

リンクス HALCON:
画像処理ソフトの新版、ディープラーニング技術で文字認識性能を向上
リンクスは、画像処理ソフト「HALCON(ハルコン)」の新バージョン「HALCON13」を発売した。(2016/12/1)

FAニュース:
3次元ビジョンメーカー2社を買収し、部門を強化
米国コグネックスは、3次元ビジョンメーカーのドイツEnShapeおよびスペインAQSenseの2社を買収した。両社のエンジニアリングチームを取り込むことで、3次元ビジョン部門の強化を図る。(2016/11/30)

PR:出荷400万台突破!! 開発者が語る「ScanSnapが支持される理由」
オフィスのペーパーレス化やデジタルデバイスの普及により、幅広いシーンで使われるようになったドキュメントスキャナ。なかでもBCN 6年連続No.1を獲得しているPFUの「ScanSnap」シリーズは、多くのユーザから支持される、ドキュメントスキャナのトップブランドだ。そんなScanSnapがユーザーに支持される理由は何だろうか。同社執行役員イメージビジネス担当の宮内康範氏と、商品企画部長の大窪伸幸氏に、その秘密を聞いた。(2016/11/30)

ソフトバンク、片手で持てる8型タブレット「Lenovo TAB3」12月2日に発売
ソフトバンクは、片手で持てるサイズのレノボ製8インチタブレット「Lenovo TAB3」を12月2日に発売する。(2016/11/29)

SAS Institute Japan SAS Viyaシリーズ:
AI技術を搭載した分析プラットフォームの第1弾
SAS Institute Japanは、同社が新たに提供する分析プラットフォーム「SAS Viya」シリーズの第1弾として、人工知能技術を搭載した「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の提供開始を発表した。(2016/11/29)

IEEE プレスセミナー:
ディープラーニングが「意図をくみ取る」ロボットを実現する
「ロボットの頭脳に人工知能」と書くと据わりは良いが、両者の出自を考えるとその相性は決して良いものとはいえなかった。“意図をくみ取る”ロボットの実現に一役買いそうなのがディープラーニングを用いた「行動学習」だ。(2016/11/25)

サーバ市場に再参入:
新開発x86コア「ZEN」、2017年より順次投入
AMDは、新開発の高性能x86コア「ZEN」を搭載したプロセッサ製品を2017年より順次、市場に投入していく。次世代のノートPCからサーバ、組み込みシステム向けまで、幅広い用途に向けた製品展開を図る。(2016/11/24)

医療機器ニュース:
肌を傷つけずにヒトの肌内部をカラー断層画像で可視化に成功
富士フイルムは、断層画像解析システム「ワンショットフルカラーSD-OCT」を開発し、肌を傷つけずにヒトの肌の内部をカラー断層画像で可視化することに成功した。頬の真皮が相対的に黄色化していることも確認した。(2016/11/24)

コグネックス:
3次元マシンビジョン技術保有の2社を買収、革新的3次元製品の市場投入を加速
米コグネックスコーポレーションは、3次元ビジョン部門の強化を目的に、3次元マシンビジョン技術に強みを持つ2社の買収を発表した。(2016/11/24)

医療機器ニュース:
医療画像情報システムの開発・販売企業を買収
東芝メディカルシステムズの子会社である米Vital Imagesは、カナダのKaros Healthと株式譲渡契約を締結した。先進の医療データ・マネジメント・ソリューションの展開により、ヘルスケア・インフォマティクス事業の強化を図る。(2016/11/23)

活版印刷の“にじみ”再現「にじみフォント」、DNPが開発 画像処理で揺らぎ演出
活版印刷の文字の“にじみ”を再現した「秀英にじみ明朝L」を大日本印刷が開発。Webフォントサービス「FONTPLUS」利用者向けに提供する。(2016/11/21)

大日本印刷、活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発 デジタルの線に丸みや揺らぎを加えて表現力をプラス
なつかしい感覚。(2016/11/21)

情報化施工:
遠隔操作でもショベルの手応えを伝達、次世代建設ロボットを開発
東北大学、大阪大学などの研究グループは新しい建設ロボットの実験機を開発した。遠隔操作でもショベルの感覚をオペレーターに伝える技術や、ドローンを活用した俯瞰映像のリアルタイム生成など、さまざまな新技術を導入している。(2016/11/21)

「夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー」 平行な文字列を傾けて見せる不思議なソフト 日本科学未来館に展示
日本科学未来館で「錯視」の世界を数学で解明する展示会「数理の国の錯視研究所」が始まった。(2016/11/18)

ET2016 速報レポート:
小型CPUボードで、複数のカメラ映像を合成
富士通エレクトロニクスは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」で、ARMプロセッサ搭載ボード「F-Cue(エフキュウ)」を用いた、多眼パノラミックビューのデモ展示を行った。(2016/11/18)

ロボットは東大に入れるか:
難関私大も「A判定」 受験AI「東ロボくん」の実力
国立情報学研究所が定例報告会を実施し、「東ロボくん」が受験した模試の結果を発表。(2016/11/17)

横河ソリューションサービス e-RT3 plus:
エッジコンピューティングによる設備異常予兆監視ソリューション
横河ソリューションサービスは、エッジコンピューティングを利用した「設備異常予兆監視ソリューション」の提供を開始すると発表した。(2016/11/17)

動画のピントを撮影後に調整可能 日立がフィルムを使ったレンズレスカメラ技術を開発
平面だけでなく奥行きの情報まで含め記録するため、撮影後も任意のピント位置で再生できる。(2016/11/16)

パナソニック、「ミラーレス車」参入 車の視界すべて取り込む
バックミラーやサイドミラーの代わりに高性能カメラとモニターを取り付けた、「ミラーレス車」用の基幹部品の販売をパナソニックが始める。(2016/11/16)

動画のピントも後から合わせられる「レンズレスカメラ技術」、日立が開発
日立が、レンズ不要で写真や動画を撮影できるレンズレスカメラ技術を開発した。撮影後にピント位置を調整できるのが特徴。(2016/11/15)

「3周遅れ」からトップに パナソニックのデジカメ「LUMIX」15周年……強敵・スマホにどう立ち向かう?
「LUMIX」シリーズが11月で15年。後発組だったが、手ぶれ補正などの新技術を次々と開発し、成長してきた。(2016/11/15)

人工知能「東ロボくん」、自動求解により東大模試数学で偏差値76.2を記録
自動求解などの技術開発で、東大入試模試の数学、センター試験模試の物理とも偏差値を大幅に向上した。(2016/11/15)

スマホにどう立ち向かうのか パナソニックのデジカメ「ルミックス」
パナソニックのデジカメ「LUMIX」シリーズが11月で販売開始から15年を迎えた。後発組だったが、手ぶれ補正などの新技術を次々と開発。デジカメの世界販売台数がピークを迎えた2010年代を代表するブランドに成長した。ただ……。(2016/11/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月31日〜11月6日):
ニコン「D5500 18-55 VR IIレンズキット」が8カ月ぶりに総合ランキング入り
デジタル一眼ランキングは、上位陣に大きな動きはなく「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連覇を達成した。8位のニコン「D5500 18-55 VR IIレンズキット」は、3月7日週以来久々のトップ10入りだ。(2016/11/14)

製造ITニュース:
AI技術を搭載した分析ツールを発売
SAS Institute Japanは、同社が新たに提供する分析プラットフォーム「SAS Viya」シリーズの第1弾として、「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の提供を開始した。(2016/11/14)

池澤あやかとミライを試そう!:
2020年に超臨場感のあるパブリックビューイングを!  池澤あやかがNTTの「研究開発センター」に潜入
あの巨大なNTTの研究開発センタに、ギーク女優・池澤あやかが潜入! そこで見た“超臨場感リアルタイム伝送技術”に一同驚愕! 「疑似3D」と共演した池澤あやかの反応は…? ニコニコ超会議の話題をかっさらったあの技術を大解剖!(2016/11/12)

ディープラーニングは万能ではない:
AIとは何か、人工知能学会会長が語った常識と誤解
人工知能(AI)がブームになっているが、これまでのブームとどう違うのか。AIは、どのような発展段階にあるのか。人間の仕事を奪う「敵」なのか。人工知能学会会長である山田誠二氏の、こうした疑問に答えるような講演を要約してお届けする。(2016/11/14)

FAニュース:
ディープラーニング技術で文字認識性能を高めた画像処理ソフト
リンクスは、画像処理ソフト「HALCON(ハルコン)」の新バージョン「HALCON13」を発売した。ディープラーニング技術を採用して文字認識性能を高めた他、形状ベースマッチングの処理速度が向上した。(2016/11/11)

PR:ライカのダブルレンズで至高の一枚を――「HUAWEI P9」のカメラを徹底検証
ファーウェイのSIMロックフリースマホ「HUAWEI P9」は、ライカのカメラレンズを2つ搭載しているのが大きな特徴。P9のカメラは何がすごいのか? ライターの荻窪圭がシーン別の作例とともに徹底検証する。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2016/11/11)

日本精工 S-HTFシリーズ:
寿命を延ばし、耐荷重を高めたNSK高負荷駆動用ボールねじ
日本精工は、従来品より寿命を延ばし、耐荷重を高めたNSK高負荷駆動用ボールねじ「S-HTF」シリーズを発表した。(2016/11/8)

難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない
「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは
医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。(2016/11/9)

TechFactory通信 編集後記:
攻守を入れ替えたNVIDIAとQualcomm
Nintendo Switchに「Tegra」が採用されたNVIDIAですが、同社SoCはスマートフォンへの搭載を目指しながらも方法転換した過去を持ちます。その方向転換によって攻守が入れ替わった存在がQualcommです。(2016/11/5)

車載半導体:
ついに芽が出たソニーの車載用イメージセンサー、花は咲くのか
ソニーは2017年3月期第2四半期決算の会見において、車載用イメージセンサーへの期待感を語った。ソニーのCMOSイメージセンサーはデンソーの車載用画像センサーに採用されたことが発表されたばかり。(2016/11/2)

アールエスコンポーネンツ/シーメンス SIMATIC IOT2020:
JavaやC++でのプログラミングも可能な産業用IoTゲートウェイの独占供給を開始
アールエスコンポーネンツは、シーメンスの産業用IoTゲートウェイ「SIMATIC IOT2020」の独占供給を開始。産業用IoTデバイスのポートフォリオ拡大を発表した。(2016/11/2)

エスプロス ToF式CCDセンサー:
3D距離計測スキャナーの開発が容易に、リンクスからToF式CCDセンサー
技術商社のリンクスは、ToF(Time of Flight)式CCDセンサーの開発製造を手掛けるスイスのEspros Photonics(エスプロス)と日本国内における総代理店契約を締結。2016年11月15日から国内販売を始める。市場の急拡大が見込まれる3次元距離計測スキャナーを容易に開発できるという。(2016/11/2)

「SAS Viya」第1弾製品:
AI技術搭載のアナリティクス製品「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」が国内提供開始
SAS Institute Japanは、AI(人工知能)技術を搭載したアナリティクス製品「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の国内提供を開始した。(2016/11/1)

オムロン Sysmacオートメーションプラットフォーム:
EtherCATポート内蔵で、最大8軸のサーボシステムを制御できるコントローラー
オムロンは、複数の制御要素をつないで1つのソフトウェアで制御・管理する「Sysmacオートメーションプラットフォーム」のラインアップを拡充し、エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラー「NX1P」を発売した。(2016/11/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月17日〜10月23日):
キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」と「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」、8週連続で1〜2位
デジタル一眼ランキングは、先週とほぼ同じ並びとなった。1位と2位はキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」と「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」で、8週連続で変わっていない。(2016/10/31)

車載情報機器:
「サイドミラーをなくすのは非現実的」、ミラーレス化に異を唱えるジェンテックス
ミラーメーカーのジェンテックスが、カメラ映像の表示と鏡面とを切り替え可能なルームミラーの提案に力を入れている。2016年以降、北米自動車メーカーから搭載モデルが順次販売される。サイドミラーも手掛けるジェンテックスだが、サイドミラーをカメラで置き換えるミラーレス化には消極的だ。(2016/10/28)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(1):
IIoTが実現する製造業の未来とそのメリット
IoT、インダストリー4.0がこれほどまでに盛り上がり続けるのは、その将来像への賛同だけではなく「現時点で材料となる技術はそろっていて、決して夢物語ではない」と多くの人が感じているためである。日本のモノづくりは改善を重ねることで着実に世界をリードしてきたが、第4次産業革命で求められる非線形なモノづくりの進化をリードしていくためには、「製造現場のガラパゴス化」を解消することが急務だ。本連載では、日本のみならず世界的に盛り上がりを見せるIIoTの技術で製造業はどう変化していくのか、日本の製造業がその変化に追従していくためのボトルネックとなる国内製造業のガラパゴス化について解説する。(2016/10/26)

デンソー、車載用画像センサーを高性能化 夜間の歩行者認識を可能に
デンソーは、車載用画像センサーにソニー製イメージセンサーを搭載し高性能化したと発表。夜間の歩行者認識が可能になった。(2016/10/25)

車載半導体:
デンソーがソニー製イメージセンサーを採用、夜間の歩行者検知が可能に
デンソーは、運転支援システムなどに用いられる車載用画像センサーにソニー製イメージセンサーを採用することで、夜間の歩行者認識が可能になったと発表した。(2016/10/25)

赤外線センサー用いず:
日立、スマホのカメラで指静脈認証を実現する技術
日立製作所は2016年10月24日、従来用いていた赤外センサーを用いず、スマートフォンに標準搭載されているカメラを利用して、高精度な指静脈認証を実現する技術を開発した。(2016/10/25)

医療機器ニュース:
従来機比約5分の1に軽量化した移動型デジタルX線撮影装置
富士フイルムは、超軽量移動型デジタルX線撮影装置「FUJIFILM DR CALNEO AQRO」を発表した。総重量を従来機比約5分の1に軽量化し、救急医療や集中治療室など、スペースに限りのある現場のニーズに対応する。(2016/10/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。