ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「機械学習」最新記事一覧

宇宙ビジネスの新潮流:
ビル・ゲイツや世界銀行も注目する衛星利用ベンチャーとは?
今、衛星利用ベンチャーが数千万ドル規模の投資を受けるケースが増えている。そこにはビル・ゲイツ氏や世界銀行などが注目する新技術があるからだ。(2016/7/23)

Google Playブックスにマンガのフキダシ拡大機能「Bubble Zoom」追加 機械学習技術で実現
Googleが、Android向け電子書籍サービスで、マンガの小さくて読みにくいフキダシだけ拡大して読めるようにする新機能「Bubble Zoom」を追加した。(2016/7/22)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/07/21
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年7月21日)(2016/7/22)

RSA Conference Asia Pacific & Japan 2016レポート:
経営層とセキュリティ担当者の「ギャップを埋める」のはビジネス駆動型セキュリティ
RSAがシンガポールでセキュリティ担当者向けのイベントを開催。RSA プレジデントのアミット・ヨラン氏が、「ビジネス駆動型セキュリティ(Business-Driven Security)」という新しい視点を持つことの重要性を説いた。(2016/7/21)

機能統合の流れから一変
「ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービス「Allo」と「Duo」とは
新しいコミュニケーションアプリケーションとして「Allo」と「Duo」を発表したGoogle。これをきっかけに、コミュニケーションサービスを消費者向けと企業向けに分ける可能性がある。(2016/7/21)

人工知能技術ブランド「NEC the WISE」を駆使:
「自社にAIを導入、どうすればいい?」──NECがビジネスAI導入支援サービスを開始
NECが、企業のAI活用/迅速な導入を支援するコンサルティングサービス「AIディスカバリープログラム」を始めた。AI活用を踏まえたコンセプトの立案やシナリオ提案、実現性の検証を支援する。(2016/7/20)

運用管理ソフト「Hinemos」の普及を、NTTデータなど5社が協業
Hinemosのビジネス強化を目的とする「Hinemosアライアンス」が発足した。(2016/7/19)

データセンターのトラブルシューティング5選
速すぎるSSDにシステムが追い付かない? サーバ管理者が取るべき解決策とは
かつてCPUが急速に進化したとき、システム性能のボトルネックとなっていたのはストレージだった。しかし、SSDの登場と進化によって、今やCPUとその接続するバスがボトルネックとなりつつある。(2016/7/19)

製造IT導入事例:
ライフケア分野で産学連携、IoT/行動センシング技術を活用した実験を開始
九州工業大学とIDCフロンティアは、スマートライフケア社会の実現に向けて、産学連携に関わる包括協力協定書に調印した。ライフケア分野におけるIoT/行動センシング技術を活用した実証実験を開始する。(2016/7/15)

DeNA、人工知能活用の新会社 交通サービスなどに応用へ 守安社長「2〜3年で天地がひっくり返る」
DeNAが人工知能関連ベンチャー「PFN」と合弁会社「PFDeNA」を設立。機械学習やディープラーニングなどの技術をゲーム事業や交通サービスなどに活用する。(2016/7/14)

製造ITニュース:
機械学習でデータを分析・予測するサービスを発売
東芝情報システムは、ユーザーが持つさまざまなデータを機械学習で分析し、その分析結果を提供する「分析・予測支援サービス」を発売した。同社の環境を使ってデータを分析し、その活用を支援する。(2016/7/14)

Cisco Live US 2016レポート:
テクノロジーが企業戦略を支え、「セキュリティ」がテクノロジーを支える──シスコのロビンスCEO
シスコシステムズが年次カンファレンス「Cisco Live US 2016」を開催。基調講演に登壇したチャック・ロビンスCEOは、企業の「デジタルトランスフォーメーション」を支援する役割はこれまでと変わらないことを強調しつつ、その実現に最も懸念される事項が「セキュリティだ」と述べた。(2016/7/14)

日立製作所の矢野和男氏に聞く:
AIで働く人々は幸福になれるのか
日立製作所は2016年6月、AI技術を活用し、働く人の幸福感向上に有効なアドバイスを、各個人の行動データから自動で作成する技術を発表した。今回の発表に伴い、ソーシャルメディア上では、AIに対する期待と不安の声が混じっている。AIは私たちの幸福感を高めてくれるのだろうか。そこで、このAIを活用した技術を開発した日立製作所の矢野和男氏にインタビューを行った。(2016/7/14)

「The Marketing Nation Summit 2016」レポート:
ABM、予測分析、そしてメンタリズム!? これが「明日のマーケター」の生きる道
2016年7月6日に日本で初開催されたデジタルマーケティングのカンファレンス「The Marketing Nation Summit 2016」。メンタリスト DaiGo氏も登場したこのイベントの模様をダイジェストで紹介する。(2016/7/13)

製造ITニュース:
ビッグデータの収集/蓄積/分析を行うクラウドサービスを提供開始
東芝 インダストリアルICTソリューション社は、ビッグデータの収集/蓄積/分析までをワンストップで提供するクラウドサービス「GridData Analytics Cloud」を発売した。(2016/7/13)

特集:「人工知能」入門(5):
日本トップクラスのAI研究者が語る、人工知能の歴史と産業との関係
2016年6月14日に開催された金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」第2回では、人工知能(AI)研究の第一人者である松尾豊 東京大学大学院 准教授がプレゼンテーションを行った。(2016/7/13)

デジタル変革に資するヒト、技術、アイデアを社内外から集約:
アクセンチュア、デジタル変革の支援拠点「アクセンチュア・デジタル・ハブ」を新設
アクセンチュアは、企業や組織がオープンイノベーションを通じてデジタル変革を実現するための支援拠点「アクセンチュア・デジタル・ハブ」を新設したと発表した。(2016/7/13)

製造ITニュース:
機械学習のモデル作成/実装を自動化、半年の工程を1週間に短縮
新日鉄住金ソリューションズは、米国のDataRobotの販売代理店として機械学習プラットフォーム「DataRobot」の提供を開始した。これまで時間を要していた、機械学習アルゴリズムの選択などモデルの作成、実際のシステムへの配備、運用といった工程を自動化。半年から1年かけていた作業を1週間に短縮する。(2016/7/13)

顧客対応窓口にボット活用を推進:
企業の「オウンドBOT」運営、IMJが支援サービスを提供
アイ・エム・ジェイは企業が「Facebook Messenger」や「LINE」などでボット通じた新顧客サービスを提供するための支援サービスを提供開始。また、自社でもボットを活用したサービスを開始した。(2016/7/14)

製造マネジメントニュース:
AIを活用した業務改善に向け、ディープラーニングのベンチャーと協業
ダイキン工業は、ディープラーニングのビジネスへの応用を専門とするABEJAと協業する。社内にある製造業特有の情報をAI(人工知能)で解析し、業務の改善・効率化につながる情報を探索し、解析結果の活用を目指す。(2016/7/12)

ネットワークとアプリケーションの関係を示す:
シスコ、データセンターを見える化するTetration Analyticsを国内発表
データセンター内のネットワークとアプリケーションの可視化を目的とした分析製品「Cisco Tetration Analytics」を国内発表した。データセンタースイッチおよびホストからネットワーク通信のパケットキャプチャを実施、これを長期的に保存するとともに、状況を確認・分析できる製品。(2016/7/11)

顧客の注文データを機械学習し、売上高を予測:
湘南のビーチに、IT企業が運営する「フルクラウドの海の家」がオープン
セカンドファクトリーは、湘南・江ノ島に、“フルクラウド”の飲食店「クラウド海の家:SkyDream Shonan Beach Lounge 2016」をオープンする。(2016/7/8)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
三菱電機が第4次産業革命で変えること、変えないこと
IoTがもたらす革新は、製造業にどういう影響をもたらすのだろうか。FA大手の三菱電機は、IoTによる製造現場の革新に危機感を持って立ち向かう。三菱電機 執行役員で、FAシステム事業本部 e-F@ctory戦略プロジェクトグループ プロジェクトマネージャーの山本雅之氏に話を聞いた。(2016/7/8)

トヨタVS. Google 自動運転の主導権を握るのは?
トヨタ自動車の敵は、もはや自動車メーカーではなくIT企業などの異業種である。そして、その最大の敵はやはりGoogleだろう。本稿ではGoogleとトヨタに焦点を当て、自動運転における両社の動きを解説する。(2016/7/8)

Snapchat、ついにスナップの保存・再投稿を可能に 新機能「メモリ」発表
開封すると消えるスナップ(投稿)で人気のSnapchatが、過去の自分のスナップを検索・表示・再投稿できるようにした。新機能「Memories(日本では「メモリ」)は現在ローリングアウト中だ。(2016/7/7)

コグニティブとデジタル変革で企業に競争力を MSの平野社長
7月1日に新たな会計年度を迎えた日本マイクロソフト。平野社長は2017年度の方針として、デジタルトランスフォーメーションとコグニティブで企業の競争力向上を支援することを挙げた。(2016/7/7)

太陽光:
FIT改正で動き出す太陽光O&M市場、各社独自の強みを生かす
2016年6月29日〜7月1日に横浜市のパシフィコ横浜で開催された太陽光発電の総合展示会「PVJapan2016」では、出典各社から多くの太陽光発電所向けの運用保守(O&M)サービスが披露された。本稿ではその一部を紹介する。(2016/7/7)

スマホで便利な環境構築手順書:
機械学習、ビッグデータ解析に欠かせない、PythonをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Pythonとは何か、Pythonのインストールとアンインストールについて解説。Pythonがよく使われる機械学習やビッグデータ解析を始める参考にしてほしい。(2016/7/7)

クラウドで身近になる機械学習
GoogleやAWSが提供する機械学習サービス、ビジネスにどう活用する?
コンピューティングの新境地ともいえる機械学習が、パブリッククラウドのおかげでかつてなく手頃で使いやすくなった。ただし慌てて飛びつく必要はない。(2016/7/7)

これはもう“わが家の栄養士さん”、声で相談できる「ヘルシオ」がすごい
新型ヘルシオ「AX-XW300」は、季節や天気などの情報と調理履歴などを参照し、クラウド上に保存されている約1000種類のメニューからおすすめを提案してくれる。(2016/7/6)

Google傘下のDeepMind、眼の疾病早期発見AIアルゴリズム開発で英病院と提携
Google傘下の人工知能企業DeepMindは、大手眼科病院と協力し、病院の1万人以上の匿名化された眼のスキャンデータを使って眼の疾病を早期発見するための機械学習アルゴリズムを構築する。(2016/7/6)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
ニューラル・ネットワークと力の指輪
指輪物語の「1つの指輪」は全ての指輪を統べる力を持ちました。ではニューラルネットワークは人工知能という力の指輪を統べる、1つの指輪なのでしょうか。(2016/7/6)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
AIに不可欠な機械学習の仕組みとFinTech活用での注意点
AIや機械学習によるビッグデータ活用はFinTechのさまざまな領域に適用されているが、そこではセキュリティやプライバシーも考慮する必要がある。今回は各種技術をひも解きながらFinTech活用における注意点を示してみたい。(2016/7/5)

人工知能応用した「なめらかなシステム」実現へ、「ペパボ研究所」設立
システム自体がサービスを自律制御する「なめらかなシステム」の実現をコンセプトにした研究開発を行う組織「ペパボ研究所」をGMOペパボが設立した。(2016/7/4)

データサイエンティストたちが注目
Twitterも使っている「深層学習」ツール、普及の鍵は?
多くの企業では、これまでに収集してきたあらゆる非構造化データを活用する方法を探している。深層学習アプリケーションがこのような企業の要求を満たす一助となるかもしれない。(2016/7/4)

ディープラーニングとワードエンベディングの技術を応用:
データアーティストが「DLPO Ai」と「DLPO DMP」をリリース
データアーティストはディープラーニングとワードエンベディングの技術を用いた「DLPO DMP」と「DLPO Ai」をリリースした。(2016/7/1)

必要なのはデータを“理解”すること:
Googleが語る、ニューラルネットワーク
Googleのシニアフェローは「SIGMOD 2016」で、ニューラルネットワークや機械学習について語った。コンピュータリソースやデータ量は十分にあるので、あとは“そのデータをいかに理解するか”が重要だという。(2016/7/1)

医療技術ニュース:
視覚訓練に伴う脳の変化についての論争に決着をつけた新技術
国際電気通信基礎技術研究所は、ブラウン大学と共同で、脳イメージング法と人工知能技術を組み合わせた技術を開発し、視覚の訓練に伴う脳の変化について、新たな発見をしたと発表した。(2016/7/1)

CVRを従来比145%、CPAを55%改善:
「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コストの自動最適化機能の強化を目的に新ロジックを開発したことを発表した。(2016/6/30)

「Google Keep」にメモの自動分類機能追加 「食品」「書籍」などの項目で検索可能に
Googleのマルチプラットフォームのクラウドメモツール「Google Keep」が、ラベルや色分けなどで分類していなくてもメモを自動分類するようになった。「書籍」「食品」「旅行」などの項目で検索できる。(2016/6/30)

価格は200万円から:
機械学習によるデータ分析をスモールスタートで
東芝情報システムは、ビッグデータを機械学習で分析して、その結果を提供するサービスの販売を開始した。多額な投資が必要なデータ活用を、スモールスタートで始めることができるという。(2016/6/30)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第2回
やっと分かった ビッグデータアナリティクスでHadoopを使う理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/6/30)

Googleの機械学習を組み込み機器に展開、CEVAの第2世代ニューラルネットワーク
CEVAがマシンラーニング向けフレームワーク「CDNN」の第2世代製品「CDNN2」を発表した。ADASや監視カメラ、ドローン、ロボットなどでGoogleの「TensorFlow」を利用できる。(2016/6/29)

Database Watch(2016年6月版):
データベースから「データ」に目を向け始めたIBM
「IBM DB2」最新版のリリースと前後し、最近、IBMの主眼がデータベース製品から「データそのもの」に軸足を移してきている。今回はこの重要な“変化”に目を向けて、その動きや狙いを確認する。(2016/6/28)

競技映像のビッグデータが、リオ五輪のメダルを増やす切り札に?
トップアスリートの世界では、選手やコーチに加えて分析スタッフも勝敗を分ける重要な存在だ。その裏にはアスリート用の映像データベースを構築している人々がいる。日本のメダルを支える力はこんなところにもある。(2016/6/27)

ハイパーコンバージドインフラ急増の理由がここにある
簡単スピーディーなSDS管理ツールで“データセンターのiPhone”を目指す
今、急速に関心が高まっているハイパーコンバージドインフラの基幹技術「SDS」(Software Defined Storage)は、実を言うとなかなか普及が進んでいなかった。なぜ今、急速に広がりつつあるのだろうか?(2016/6/29)

R25スマホ情報局:
「OK、Google」が認識しやすい話し方は…
自分で「OK, Google」と言ってみても認識されないのはなぜ? Googleにコツを聞く。(2016/6/24)

ダイエットサポートアプリ「あすけん」、食事の写真から料理の内容が認識可能に
食事を記録すると栄養士からのアドバイスを受けられる、ダイエットをサポートしてくれるアプリ「あすけん」に、撮影した写真から料理の内容を認識する技術が搭載されます。(2016/6/23)

SoundCloudに機械学習によるレコメンド機能追加
音楽共有サービスのSoundCloudに、Apple MusicやGoogle Play Musicにあるような機械学習アルゴリズムによる楽曲のレコメンド機能が追加された。(2016/6/23)

Instagram、キャプションやプロフィールの翻訳機能追加へ
5億人のユーザーの8割が米国以外から利用しているというInstagramに、もうすぐ翻訳機能が追加される。投稿のキャプションやプロフィールの自己紹介を「翻訳を見る」ボタンで設定した言語に翻訳できるようになる。(2016/6/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。