ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「機械学習」最新記事一覧

ITはみ出しコラム:
Appleは人工知能にどう取り組んでいるの?
あまり語られませんが、Appleだって人工知能をしっかり活用しています。(2016/8/28)

製造マネジメントニュース:
機械学習は“過度の期待”のピーク、自律走行車は“幻滅期”の一歩手前
米国の調査会社Gartnerは、「先進技術におけるハイプサイクル2016年版」を発表した。調査結果によると機械学習などが「過度の期待のピーク期」を迎えていることを明らかにした他、自律走行車が「幻滅期」の一歩手前を迎えていることを明らかにした。また、ここ数年注目されてきた「3Dプリンタ」が消え、変わって「4Dプリンティング」が黎明期として紹介されている。(2016/8/26)

IT導入完全ガイド:
AIを活用する次世代ERPの実力
人工知能を活用する次世代型ERPの代表的な製品として、ワークスアプリケーションズの「HUE」とSAPジャパンの「SAP S/4HANA」を取り上げ、その特徴とユーザーメリットを紹介する。(2016/8/26)

Azureがベストになる条件とは?
それでもAWSではなくMicrosoft Azureを使うべき理由
AzureはAWSに大きく水をあけられていて、その差が縮む気配はない。あえて業界1位のAWSではなくAzureを選ぶ理由とは何か。Azureならではの優位点を検証する。(2016/8/26)

世界中のインフルエンサーを一同にまとめサービスを展開:
「iCON CAST」を運営するTHECOOとC Channel子会社のYellow Agencyが業務提携
THECOOは、C Channel子会社のインフルエンサーマーケティング会社Yellow Agencyと業務提携を行い、プロモーション支援事業を開始した。(2016/8/25)

課題に応じた3つのメニューをラインアップ:
ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習/ディープラーニング活用サービス」の提供を開始した。(2016/8/24)

Amazon EMRで構築するApache Spark超入門(1):
Apache Sparkとは何か――使い方や基礎知識を徹底解説
本連載では、Sparkの概要や、ローカル環境でのSparkのクラスタの構築、Sparkの基本的な概念やプログラミングの方法を説明していきます。(2016/8/24)

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(1):
もし、あなたが「“ビッグデータプロジェクト”を任せる。何とかするように」と言われたら
「ビッグデータプロジェクトを始めることになった」ら、具体的に何をするのか。本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から体系的に理解し、具体的に実践していく方のためのナレッジアーカイブです。第1回目は、「ビッグデータとは何か」の基礎と、「ビッグデータ基盤の概要とメリット」を解説します。(2016/8/25)

月額利用料10万円から:
ビッグデータ分析のALBERT、データを自動学習して最適な施策を実行するMAツールを提供
ALBERTは、データを自動学習して最適な施策を実行するマーケティングオートメーションツール「rAprog(ラプログ)」を2016年9月にリリースする。(2016/8/22)

IDF 2016:
Intel、ディープラーニング向けプロセッサ「Knights Mill」(コードネーム)を2017年に提供開始
Intelは、Xeon Phiファミリーの次期高性能プロセッサ「Knights Mill」を発表した。大容量メモリと単精度演算性能強化により、ディープラーニングに最適化する。2017年に提供開始の見込みだ。(2016/8/18)

自動運転技術:
フォードがステアリングアクセルブレーキのない完全自動運転車を2021年に量産へ
Ford Motor(フォード)は、ステアリングやアクセル、ブレーキなどを持たない完全自動運転車を2021年を目標に量産すると発表した。量産する完全自動運転車は、米国自動車技術会が定める自動運転レベルのレベル4を満たし、ライドシェアサービス用の車両として展開する。(2016/8/17)

有名人の人間関係が丸分かり!? AI搭載の人物検索「あのひと検索SPYSEE2」公開
ネット上の情報を解析し、人物同士のつながりや関連キーワードなどを可視化する人物検索エンジン「あのひと検索SPYSEE2」が公開された。(2016/8/17)

セキュリティ・アディッショナルタイム(11):
「失敗を認めなくては前に進めない」――セキュリティ対策に求められる3つの「R」とは
2016年7月20日から22日にかけてシンガポールで開催された「RSA Conference Asia Pacific & Japan 2016」の模様を紹介する。(2016/8/17)

IoTデバイスの開発秘話(1):
富士通の居眠り検知センサー、なぜ耳たぶなのか
2016年1月に起こった軽井沢のスキーツアーバス転落事故以降、長距離高速バスや貨物自動車の安全対策が問題視されている。ドライバーの居眠り対策もその1つだ。そうした中で富士通は、居眠り検知のウェアラブルセンサーとして「FEELythm(フィーリズム)」の展開を始めた。FEELythmが面白いのは、腕でもなくメガネとしてでもなく、“耳たぶ”に装着することだ。なぜ、耳たぶを選択することになったのだろうか。FEELythmの販売推進に携わっている楠山倫生氏に話を聞いた。(2016/8/16)

NVIDIAに挑む:
Intel、機械学習を手掛けるNervanaを買収へ
Intelが、ディープラーニング向けASICやソフトウェアを手掛けるNervana Systemsを買収する。これにより、ディープラーニング向けGPU市場をけん引するNVIDIAに挑む考えだ。(2016/8/16)

機械学習で複雑怪奇なネットワークに立ち向かえ
「ネットワーク監視分析アプライアンス」はネットワーク管理の救世主となるか
規模が巨大になりアクセスユーザーが膨大になると、そのネットワーク管理は人知を超えた次元に突入する。グローバル企業や行政機関では既に現実となったこの問題を解決するニッチな製品を検証する。(2016/8/17)

セキュリティとコストパフォーマンスの視点で考える
クラウドSparkの導入、思い込みとは正反対の「本当のメリット」とは?
「Apache Spark」の商用ディストリビューションの多くには、クラウドのオプションが用意されており、顧客から人気を博している。だからといって、それがあらゆる状況で役に立つわけではない。(2016/8/15)

「Windows Defender Advanced Threat Protection」とは何か
Windows 10にひっそりと追加された“今どき”のセキュリティ機能とは?
Microsoftは「Windows 10」の新たなセキュリティ機能「Windows Defender Advanced Threat Protection」をリリースした。今までの「Windows Defender」と何が違うのか。(2016/8/15)

フェイルオーバー計画が必要な理由
機械学習に起こり得る3つの障害、外部からの攻撃にどう対処すべきか?
機械学習モデルには脆弱性と障害がつきものだ。本稿では障害の発生原因と、障害発生時にもユーザーの作業を中断させないためのフェイルオーバー計画について説明する。(2016/8/15)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「ディープラーニングの特徴」
人間の“知能”を機械で人工的に再現するという初期の試みから約60年、今や画像認識や音声認識の分野で高い精度を実現するまでになった人工知能。その歴史を整理し、飛躍的な進化を支える「ディープラーニング」について解説します。(2016/8/15)

DisneyもARゲームを公開──映画「ピートとドラゴン」のドラゴンを探そう
Disneyが、新作映画「ピートとドラゴン」の米国での封切りに合わせ、部屋や街頭でドラゴンのエリオットを見つけるARゲーム「Dragon Spotting」を公開した。Googleの機械学習画像認識API「Cloud Vision API」を採用するWebアプリだ。(2016/8/12)

「ニューラルネットワーク」とは何か:
「AI」「機械学習」「ディープラーニング」は、それぞれ何が違うのか
「AI」「機械学習」「ディープラーニング」は、それぞれ何が違うのか。GPUコンピューティングを推進するNVIDIAが、これらの違いを背景および技術的要素で解説した。(2016/8/12)

脆弱性の発見・修正を自動化し、レスポンスの迅速化を目指す:
コンピュータ同士が競うCTFがついに実現、その後人間との“共闘”も
米国時間の2016年8月5日、「参加者が全てコンピュータ」というこれまでにないセキュリティ競技会が開催された。コンピュータたちが脆弱性の発見、検証、修正に関する能力を競い合った。(2016/8/12)

「安くなる」は正しくない?
達人でもまだ信じているクラウドの“恥ずかしい誤解”
ほとんどの企業にとって、クラウドの問題は、もはや移行すべきかどうかではなく、いつどのように移行するかになっている。(2016/8/12)

「画像制作コスト」の課題を解決:
ReFUEL4、世界の中小企業向けにセルフサーブ型SNS広告運用サービスを提供
アライドアーキテクツの海外子会社であるReFUEL4は、世界の中小企業向けにセルフサーブ型のSNS広告運用サービス「ReFUEL4 Spark!」を提供開始した。(2016/8/10)

恋愛相談もビッグデータで Yahoo!知恵袋がIBM「Watson」で集合知を学習し“脈アリ”を判断
ヤフーが、知恵共有サービス「Yahoo!知恵袋」のAndroidアプリに「IBM Watson」を活用する「これって付き合える? 脈ありチェッカーβ」を提供開始した。(2016/8/10)

Intel、機械学習最適化チップを手掛けるディープラーニングのNervanaを買収
Intelが、ディープラーニングに最適化したASICやソフトウェアを手掛ける新興企業Nervanaを買収した。同社の技術でIntel XeonおよびIntel Xeon Phiプロセッサのディープラーニング性能を強化する。(2016/8/10)

人工知能「VALIS-Engine」の知見をベースに開発:
DSP「Logicad」、スマホアプリ向けにオーディエンスターゲティング配信を提供
ソネット・メディア・ネットワークスはDSP「Logicad」において、スマートフォンアプリに向けた「オーディエンスターゲティング配信」を新たに開発、提供を開始した。(2016/8/10)

製造ITニュース:
AI技術の共通基盤を用いたデバイス連携サービスの合同実証実験を開始
NTTグループ6社は、同グループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を用いて、さまざまな分野・業界で実証実験を開始する。コミュニケーションロボットを中心としたデバイス連携サービスの有効性を検証し、ロボット関連ビジネスを一層加速させる。(2016/8/10)

まずは用語から学ぼう
Googleが提供するビッグデータ分析サービスの基礎知識
「Google Cloud Platform」で提供される各種ビッグデータサービスの全体像について案内するのは容易ではないが、本稿ではGoogleが提供しているサービスの一つ一つについて分かりやすく紹介してみたい。(2016/8/9)

賃借対照表や損益計算書の作成が自動になる?
人工知能がいよいよビジネス実用段階に? 業務システムはどう変わる
過去に何度か「人工知能」(AI)ブームが到来しているが、今回のブームではビジネス活用が本格的に進む可能性がある。その理由と、AIが業務システムに与える影響を考える。(2016/8/9)

Apple、人工知能企業Turiを2億ドルで買収のうわさ
Appleが、機械学習やディープラーニング採用の企業向けサービスを手掛ける新興企業Turiを約2億ドルで買収したとGeekWireが報じた。ティム・クックCEOは直近の業績発表で「Appleは顧客体験向上のためにAIにフォーカスしている」と語っている。(2016/8/7)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Studio 15 Preview 3の軽量版インストーラーを使ってみる
次期Visual Studioで採用予定の軽量インストーラーはどんなものか、また注目の改善点にどんなものがあるかを紹介する。(2016/8/5)

データセンター可視化、新技術の実力(1):
PR:Cisco Tetration Analyticsは、ブラックボックス化したデータセンターを読み解けるツール
「Cisco Tetration Analytics」は、「目からウロコ」のIT運用支援ツールだ。データセンター内で発生している事象を丸ごとデータとして捕捉、これをデータとして蓄積し、グラフィカルに探索できることで、「証拠」、あるいは正確な事実に基づく運用が実現できる。(2016/8/9)

データセンター可視化、新技術の実力(2):
PR:金融業界の性能管理とセキュリティコンプライアンス、このツールは決め手となるか
画期的な技術に基づくデータセンター可視化製品、「Cisco Tetration Analytics」が金融業界で大きな注目を集めているという。その理由は、性能管理とセキュリティコンプライアンス維持に関わる負荷の大きい作業を、完全に自動化できることにある。(2016/8/9)

IT部門に求められるビジネスへの関与
ユーザーの「使いにくいアプリケーションは嫌だ」をなくす、新しいIT職種とは
社内、社外問わずアプリケーションのユーザーエクスペリエンスが企業で重要になっている。それに伴い、新しいIT職種が求められるようになってきた。(2016/8/4)

誇大広告を冷静に見極める目が必要
あらゆるアプリを賢くする人工知能(AI)の限界、それでも熱視線が集まる理由
人工知能(AI)システムが大いに注目を集めている。AIをどう導入すればビジネスに効果的か、それを理解することは企業にとって緊急の課題となっている。(2016/8/4)

非構造化データの分析に
ビッグデータ分析の隠れた本命、「深層学習」の底力とは?
複雑な解析問題を扱うために設計されている深層学習ソフトウェアは非構造化データを扱うときに最も効力を発揮する。(2016/8/1)

ピチャイCEOも「Pokemon GO」に言及:
Alphabet、Googleのモバイル広告好調で予想を上回る増収増益
Googleを傘下に持つ米Alphabetの4〜6月期決算は、売上高は前年同期比21%増の215億ドル、純利益は24%増の48億7700万ドルと、予想を上回る増収増益だった。モバイル広告が好調だった。(2016/7/29)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(21):
クラウドのセキュリティの見落としを事前に防ぐ――Azureセキュリティセンター
Microsoft Azureで新たなサービスとなる「Azureセキュリティセンター」が正式リリースとなりました。(2016/7/29)

車載セキュリティ:
シマンテックがIoTセキュリティに本腰、車載ネットワークの異常検知を実現
シマンテックは、自動車向けのセキュリティソリューションの新機能「Symantec Anomaly Detection for Automotive」を発表した。車載制御システムをつなぐCANネットワークにおける異常なトラフィックを検知することができる。(2016/7/28)

自然言語解析のStudio Ousiaと業務提携:
サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発において、高度な自然言語解析を持つStudio Ousiaと業務提携したと発表した。(2016/7/27)

Microsoft、機械学習採用の「Editor」など、WordとPowerPointに新機能を追加
MicrosoftはWord 2016とPowerPoint 2016の新機能を発表した。Wordの文書にネット上の信頼できる情報を引用できる「Researcher」、文章内の問題を指摘、代替案を提示する「Editor」、PowerPointのスライド間を行き来しやすくする「Zoom」だ。(2016/7/27)

東芝情報システム:
機械学習を用いたデータ分析・予測支援サービス
東芝情報システムは、ユーザーが持つさまざまなデータを機械学習で分析し、その分析結果を提供する「分析・予測支援サービス」を発売した。(2016/7/27)

Web検索から金融、不正対策まで
誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変える
企業は今こそ機械学習の採用を検討し、最新のトレンドである高度な分析テクノロジーのメリットを享受すべきである。 (2016/7/27)

小説もブログも Web上の作品を登録して作家デビューを目指す「ツギクル」β版公開
無料でWeb上の作品を発表し閲覧できるポータル「ツギクル」のβ版がオープン。先行して小説とブログの登録受付を行い、16年秋の正式オープンからAIによる作品分析などの各種機能提供を予定する。(2016/7/26)

キーワードは「セキュリティ」と「オープン」:
CiscoのDNAに生まれ始めた「オープン」の遺伝子
サーバやストレージに比べ、仮想化やオープン化、プログラミングによる自動化といった分野で取り残されがちだったネットワーク。シスコはその状況を変えるため、自ら変わろうと試みている。(2016/7/25)

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2016レポート:
自動運転実用化時期を前倒した日本、米国とドイツを捕捉できるのか
「Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2016」には自動車メーカーやティア1サプライヤ、地図メーカーが登壇し、参加者の質問にも答えながら講演やパネルディスカッションを行った。2日間にわたるカンファレンスのレポートをお送りする。(2016/7/25)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
クラウドに生まれる新たなレイヤーの形
IoTやビッグデータコンピューティングの圧力により、クラウドには「層化」とも呼べる現象が起こっています。それはアプリケーションデータフローと実際の帯域幅、そしてレイテンシ制約という競合する課題への対応です。(2016/7/25)

宇宙ビジネスの新潮流:
ビル・ゲイツや世界銀行も注目する衛星利用ベンチャーとは?
今、衛星利用ベンチャーが数千万ドル規模の投資を受けるケースが増えている。そこにはビル・ゲイツ氏や世界銀行などが注目する新技術があるからだ。(2016/7/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。