ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データセンター」最新記事一覧

NECの国内データセンターで「Oracle Cloud」を利用可能に:
NECとオラクル、クラウドサービスで戦略的提携
NECと日本オラクルがクラウド事業で提携。「Oracle Cloud」をNECの国内データセンターから提供し、「クラウド化に慎重」な日本企業のクラウド活用支援施策を加速させる。(2017/2/15)

NECと日本オラクルが戦略的提携、NECのデータセンターからOracle Cloudを提供
新たなデジタルビジネス領域での多種多様なデータ活用を見据え、クラウド事業で協業。オラクルのクラウドサービス「Oracle Cloud」をNECの国内データセンターから提供するほか、Oracle CloudとNECの業務ソリューションとの連携などを推進していく。(2017/2/15)

平凡だが極めて重要な問題を解決
クラウド移行前に注目したい「SD-WAN」、飛躍的な技術強化の影響は
企業でデータセンターのクラウド移行に対する関心が高まっている。しかし、移行を急ぐ前に注目したい、より直接的な影響のある技術が登場した。注目の「SD-WAN」とは?(2017/2/14)

週末アキバ特価リポート:
20万円で登場した1.6TB SSDが税込み7万円切りに!
Intelのデータセンター向けSSD「DC S3500」シリーズの1.6TBと800GBモデルがスポット入荷。それぞれ税込み6万9800円と2万9800円となっている。(2017/2/11)

ベリタス、AWS対応のシステム復旧支援ソフトを発売
異機種混在環境のデータセンターで稼働するシステムがダウンした際に、待機系システムを用いた迅速な復旧作業を支援するという。(2017/2/10)

SAPなど基幹アプリケーションにフォーカス:
VirtustreamがNTT Comと提携して国内データセンター開設を発表
米国のユニークなクラウドサービス、「Virtustream」が、NTTコミュニケーションズ、EMCジャパンと提携して、国内データセンターからサービスを提供開始すると発表した。99.999%の可用性で、SAPなど、基幹アプリケーションのクラウド移行に焦点を当てている。(2017/2/6)

富士通がISSCCで発表:
光モジュールを1.4倍高密度化へ 新方式の受信回路
富士通研究所とトロント大学は2017年2月6日、データセンター内のサーバとスイッチ間通信で用いられるイーサネット向け光モジュールにおいて、従来構成の55%の電力で動作するリファレンスレス受信回路を開発した。半導体技術の国際会議「ISSCC 2017」で詳細を発表する。(2017/2/6)

SBI Ripple Asiaと共同で展開:
アット東京、自社データセンターで仮想通貨「XRP」の検証ノード運営を開始
アット東京が米リップルが発行する仮想通貨「XRP」の運営を開始したと発表。SBI Ripple Asiaと共同で、Ripple Consensuses Ledger上のValidator(検証)ノードを運営する。(2017/2/3)

「反シスコではない」:
ネットワンがデータセンターソリューションでアリスタ、ヴイエムウェアと独自提携
ネットワンシステムズは2017年1月31日、米ヴイエムウェアおよび米アリスタネットワークスと提携し、データセンターおよびクラウドネットワーキングのソリューションパッケージを開発すると発表した。ネットワンの篠浦文彦氏によると、これはシスコシステムズの製品・ソリューションと対立するものではないという。(2017/1/31)

PR:「今」やるデジタル時代の企業データセンター刷新、シスコが提案する「ASAP」とは
デジタル化が進展する時代に、自社データセンターが存在価値を発揮するための処方箋は明確に出ており、「治療薬」も揃ってきた。あとは、これを実行するかどうかの決断だけだ。(2017/1/30)

データセンター設計に欠かせないスキル
仕事で一皮むけたいなら知っておきたい、“5大”データセンター認定資格
データセンターに関する認定資格はVMwareやCisco Systemsなどから提供されており、管理者のキャリアアップに役立つ。本稿で紹介する5つの認定資格のどれかを受験して、知識を広げてみてはいかがだろうか。(2017/1/26)

コンテナでの稼働に最適化されたLinuxディストリビューション:
マイクロソフト、インテルの「Clear Linux」をAzure Marketplaceで提供
Azure Marketplaceで、クラウド/データセンター向けLinuxディストリビューション「Clear Linux」の提供が開始された。(2017/1/20)

機器と設備の両方を一元管理し、運用プロセスに組み込むことが重要:
データセンターインフラ管理ソフト市場予測、2021年までに約4倍、35億円規模に成長 IDCが予測
IDCジャパンは、国内データセンターインフラストラクチャマネージメント市場の予測を発表。2021年には約35億円規模まで拡大すると予測し、「今後のデータセンターは、電力の可視化だけでなく、その結果を運用プロセスに組み込んだ運用体制にすることが重要」と提言する。(2017/1/17)

SAP S/4HANAもクラウド化――Azureに仮想マシン「Gシリーズ」追加
日本マイクロソフトが、Azureの日本データセンター東日本リージョンにおいて、SAPのERP製品などを中心としたミッションクリティカルな基幹業務システムの提供も可能な仮想マシン「Gシリーズ」を追加した。(2017/1/17)

11社のパートナーが対応サービスを提供:
日本マイクロソフト、Microsoft Azure GシリーズとSAP HANA on Azureの推進を発表
日本マイクロソフトは2017年1月16日、Microsoft Azure日本データセンター東日本リージョンで新たな仮想マシンの「Gシリーズ」を提供開始し、パートナーとともにSAP HANA on Azureを推進していくと発表した。(2017/1/16)

特集:ハイパーコンバージドインフラの課題と可能性(1):
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と、企業IT最大のトレンドとの関係
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)が、今後の企業データセンターにおけるITインフラの調達において、大きな役割を果たすようになると予測する調査会社は多い。こうした予測が生まれる背景には、エンタープライズITにおける最大のトレンドとの関係がある。(2017/1/6)

クラウドはセキュリティを犠牲にしない
AWSがセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」
AWSは、クラウドでもセキュリティは確保できると主張。同社データセンターのセキュリティ体制を例に挙げて安全性をアピールした。(2016/12/28)

優れたSDS製品とは
物理構成に縛られない自由なストレージ運用をかなえる、SDS製品への期待
ソフトウェア定義のデータセンターは、IT部門が避けて通れない未来だ。ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の革新はまだ初期段階にあるが、あらゆる企業にとってSDS製品が重要な戦略になる可能性は高い。(2016/12/26)

Facebookが超高速ネットワークでも標準規格を策定
Facebookが新しいスイッチ仕様を公表、100Gbpsデータセンターが現実に
Facebookは技術コミュニティーに100Gbpsのデータセンターポッドに関する仕様書を提供した。この仕様書では、仮想化とシステム管理、そして、ストレージとネットワークの機能に言及している。(2016/12/26)

Computer Weekly:
AWSがセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」
AWSは、クラウドでもセキュリティは確保できると主張。同社データセンターのセキュリティ体制を例に挙げて安全性をアピールした。(2016/12/21)

CTCが提案する「IT Life Cycle in DC」戦略の意図を“見た”:
PR:デジタル時代で真価が問われはじめた新世代の“フルマネージド”データセンター
ビジネス発展を担う企業のITモダナイゼーションが急速に進む中、「データセンター」もまた、企業のビジネス変革を加速させるドライバーとして、大きな進化を遂げている。中でも、「IT Life Cycle in DC」を掲げ、フルマネージドなサービスで顧客ニーズに応えるのがCTCだ。CTCが推進する「新世代のデータセンターサービス」の真意に迫った。(2017/1/10)

貴重な情報を失わないために
災害対策の基本、データセンターを正しく停止させるためのチェックリスト
データセンターを停止させる場合に備えたチェックリストを作っておけば、電源を落として貴重な情報が失われる前に、ITチームがバックアップとテスト、システム確認を重点的に行う一助となる。(2016/12/21)

連載「最新のOpen Compute Projectで何が変わった」第4回
Open Compute Projectが目指した「データセンター電力効率99%超」、その成否は?
そもそもFacebookがサーバをはじめとするデファクトスタンダード規格を提唱したのは、データセンターの電力効率を改善するためだった。その試みは成功したのだろうか。(2016/12/15)

全体平均は2.8kVA、古いDC「過剰キャパシティーの削減」が課題に:
国内データセンターの電力供給能力が増加、2010年以降のDCはラック平均6.02kVA IDC調査
IDCジャパンが、国内データセンターの電力供給能力に関する2016年調査結果を発表。IDCはデータセンターの仕様を面積やラック数ではなく、ラック当たりの電力供給能力で示すことが重要と提言。新しいデータセンターであるほど高効率で、需要が増える半面、古いデータセンターを運用する事業者の課題も浮き彫りになった。(2016/12/13)

欧州最大級のデータセンター「TELEHOUSE London Docklands」の新棟を見てきた
全世界にキャリアニュートラルのデータセンターを要するTELEHOUSEが、11月末にロンドンに大規模なデータセンターをオープンした。最新の技術を取り入れた巨大なデータセンターを見てきた。(2016/12/12)

「競合比2〜6倍の効率」:
Xilinx、機械学習の推論に強いFPGAをアピール
Xilinx(ザイリンクス)は2016年12月、データセンター向けのビジネスに関する記者説明会を都内で開催した。(2016/12/9)

Google、2017年中に“全社100%再生可能エネルギー”を実現へ
風力、太陽光発電などに積極的に投資してきたGoogleが、2017年には同社のすべてのデータセンターおよびオフィスを100%再生可能エネルギー稼働にすると発表した。(2016/12/7)

AWS、専用大型トラックでエクサバイト規模のデータを搬送する「Snowmobile」
AWSが、大容量のデータを企業のデータセンターからAWSのデータセンターに搬送するための専用コンテナトラックサービス「AWS Snowmobile」を米国リージョンでスタートした。100PB(ペタバイト)保存できるストレージコンテナを搭載した大型トラックでデータを運ぶ。(2016/12/1)

韓国政府、Googleへの詳細地図データ提供を拒否 安全保障上の懸念を理由に
韓国外のデータセンターで運用されているGoogle Mapsに対する制限は続くことになった。(2016/11/22)

大和証券、“オールフラッシュ”データセンターを構築
記憶容量を従来比約1.5倍に拡張しながらストレージ装置の設置スペースを約65%削減するなど、運用コストの抑制を図り、システムの信頼性と事業継続性の向上を図る。(2016/11/22)

自然エネルギー:
日本の低炭素技術を発展途上国へ、廃棄物発電や地熱発電を拡大
環境省は日本の強みを生かした地球温暖化対策で国際貢献を果たすため、発展途上国を支援する実行計画(イニシアティブ)をとりまとめた。合計27項目にわたる支援策のうち、日本の低炭素技術を生かしたものが10項目を占める。廃棄物発電や地熱発電、ビルやデータセンターの省エネ設備などだ。(2016/11/18)

データセンタートラフィック全体の92%を占める:
2020年、クラウドトラフィックは年間14.1ゼタバイトに シスコが統計予測を発表
シスコシステムズが、クラウドトラフィックやワークロード、ストレージ利用の動向予測をまとめた年次レポートを発表。2020年のクラウドトラフィックは、2015年比で4倍となる年間14.1ZBにまで達し、データセンター全体トラフィックの92%を占めるようになるという。(2016/11/14)

テクトロ DPO70000SX用ソフト:
データセンター用の100Gリンクトレーニングツール
テクトロニクスは2016年10月、データセンター技術デバッグ用の100Gリンクトレーニングツールを発表した。同社のオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズ向け拡張解析ソフトウェアとなる。(2016/11/11)

GoogleのAWS対抗クラウド「Google Cloud Platform」日本上陸 東京データセンター新設
Googleがクラウドサービス「Google Cloud Platform」のデータセンターを日本に初開設。(2016/11/8)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
IT部門を“サービスプロバイダー”に変えるアイデアエコノミー時代のIT基盤とは
アイデアエコノミー時代のIT部門は、事業部門に対してサービスプロバイダーの役割を果たすようになる。そこで求められるデータセンターとはどのようなものか。次世代型IT基盤が生み出す、新たなビジネスの可能性を探る。(2016/11/4)

IT担当者の働き方すら変える
2020年のITを決定的に変える“もう無視できない10大トレンド”
データセンターとクラウド市場の急速な進化には、ハイブリッドインフラ、モノのインターネット(IoT)、スマート管理など、各種のITトレンドが関係している。こうしたトレンドはIT部門に新たな役割を追加している。(2016/11/1)

ルネサスが発表:
100Gbpsの光通信を実現するレーザーダイオード
ルネサス エレクトロニクスは、データセンター内に設置されるサーバとルータ間の通信に用いられる100Gビット/秒(bps)光トランシーバ用光源に、25Gbps×4のレーザーダイオードを発表した。(2016/10/26)

蓄電・発電機器:
膨大な電力を消費するデータセンターの節電に、直流380Vの給電システム
インターネットの拡大に伴って全世界で膨張を続けるデータセンターでは大量の電力を消費する。停電時にも電力を供給し続けるために、蓄電池を内蔵した給電システムが不可欠だ。通常の交流による電力の供給方法に代わって、高電圧の直流を使った給電システムが新たな節電対策になる。(2016/10/24)

連載「最新のOpen Compute Projectで何が変わった」第1回
Facebookが定めたサーバ規格「Open Compute Project」はなぜ登場したのか
今、データセンターを構成するサーバ規格のデファクトスタンダードとなっているのは、Facebookが独自に策定した規格だ。ハードウェアベンダーでないFacebookの独自規格がなぜ標準となり得たのだろうか。(2016/10/21)

サーバの性能を10倍に:
IBMの25Gbpsインターコネクト技術「OpenCAPI」
IBMが、25Gビット/秒(Gbps)の帯域幅を実現する新インターコネクト技術「OpenCAPI」を発表した。データセンターのサーバの性能を10倍に引き上げることを目指す。(2016/10/20)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Microsoft対米国政府──判決は?
特集は、Microsoftのデータセンター上のデータをめぐる同社と政府の訴訟の判決とその反響をレポート。この判決が持つ意味とは? 他に、ブロックチェーン時代にCIOがやるべきこと、コンシューマライゼーションの受け入れ方、新たに登場したバンキングシステムやRDBMSを紹介する。(2016/10/17)

グーグル、HPE、AMD、NVIDIAらと普及共同体「OpenCAPI Consortium」を結成:
IBMらIT大手9社、データセンターサーバの性能を最大10倍に高めるオープン規格「OpenCAPI」を発表
IBMらIT大手9社がデータセンターサーバの性能を10倍高めるオープンなコネクター仕様「OpenCAPI」を発表。共同体「OpenCAPI Consortium」を結成し、普及を推進する。(2016/10/18)

ねっと部:
シャネルのファッションショー会場がデータセンターに なぜ?
最新ファッションに身を包んだモデルが、データセンターを歩く――シャネルのファッションショーが、データセンターをイメージしたランウェイで行われた。(2016/10/11)

ホワイトペーパー:
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。主要クラウドベンダーのデータセンター規模や、複雑化する構造を隠蔽する手段として「人工知能」(AI)が重要なファクターとなる背景などを解説する。(2016/10/5)

工場安全:
自動改札機のような爆発物探知機、3秒計測で全数検査し安全を確保
日立製作所は、爆発物の有無を3秒で検知し、全員検査を可能とした「ウォークスルー型爆発物探知装置」の提供を開始した。発電所や化学プラント、データセンターなどの重要インフラ向けでの提供を行う(2016/9/30)

2017年の標準化を目指す
超高速400ギガビットイーサネットがやってくる 未体験の速さがもたらす5つのメリット
400ギガビットイーサネットは最新のデータセンターにどのような利用場面とメリットをもたらすのだろうか。(2016/9/29)

三井住友銀行、勘定系システムのBCPを大幅強化、NECが支援
NECは、三井住友銀行の勘定系システムで東日本・西日本の両データセンター間での相互バックアップ環境を構築。メガバンクの基幹システムの大幅なBCP強化を実現したという。(2016/9/6)

Best of Show Awardグランプリを受賞:
PR:このスイッチが、データセンターのプロを喜ばせる理由
Interop Tokyo 2016のBest of Show Awardで、ジュニパーネットワークスの「QFX10008 データセンター スパインスイッチ」がグランプリを獲得した。独自開発チップ「Q5」を搭載するこのスイッチは、データセンターのプロをどう喜ばせるのか。(2016/9/1)

省エネ機器:
直流給電で15%の電力削減、米国データセンターで実証
NEDOとNTTファシリティーズは、米国テキサス州のテキサス大学オースチン校と共同で、データセンターの省エネ化を実現するための高電圧直流(HVDC)給電システムを導入。実証試験を開始した。(2016/8/29)

川田大輔のクラウド解体新書【第2回:サマリー版】
クラウド“ビッグ4”のデータセンターは、どのくらいビッグで複雑なのか?
成長を続けるクラウド“ビッグ4”はそれぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる複雑さを低コストに扱うにはAIが欠かせない。だが誤解も広まっているようだ。(2016/8/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。