ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

データセンター に関する記事 データセンター に関する質問

「データセンター」最新記事一覧

Computer Weekly製品導入ガイド
次世代データセンターのためのプロセッサ選定
次にデータセンターを刷新する際は、代替チップアーキテクチャを取り入れる必要がある。その理由について解説する。(2015/3/27)

トレンドマイクロ、標的型攻撃の自衛を強化する仕組みを提供へ
2015年の企業向け事業戦略では標的型攻撃対策やクラウドおよびデータセンター向けの新製品、サービスを展開し、顧客企業におけるソリューションの導入拡大に注力する。(2015/3/25)

サーバ監視ソリューション刷新で運用コストを約80%削減――宮銀コンピューターサービス
宮銀コンピューターサービスが、自社データセンターにZabbixの運用監視ソリューションを導入。運用コストを約80%削減できる見通しだという。(2015/3/19)

スマートファクトリ:
データセンタが環境に役立つ、邪魔な排熱を都市空調に利用
スウェーデンに建設中の「EcoDataCenter」は、データセンターとして優れた仕様や、高いPUE、再生可能エネルギーの利用といった従来の設備とは違う特徴を備えている。効率良く排熱を捨てるのではなく、地域冷暖房システムと接続することで、トータルの二酸化炭素排出量を削減できるという。(2015/3/18)

特集「Office 365」:
「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか
Office 365の特徴は、「国内データセンター」で「必要な業務ツールをオールインワン提供」すること。情シスはそのコストメリットをどうとらえるか。リセラーによると、導入検討段階の企業が「ナルホド!」と一気に前向きになるポイントがあるようだ。「BCP」と「国内データセンターで提供」である。(2015/3/18)

ホワイトペーパー:
構成図で解説:データセンターのネットワーク運用を最適化する40Gbps配線シナリオ
仮想化とクラウドの普及により、データセンターネットワークに求められる帯域幅ニーズは拡大している。既存アーキテクチャの制約に縛られず、仮想環境のネットワーク運用を効率化・簡素化するにはどうすればいいか? 構成図を交えながら最新ソリューションによる解決策を示す。(2015/3/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
マイクロデータセンターで解決できるIT問題
必要な機能をコンテナに集約した小型データセンターシステム「マイクロデータセンター」には、従来のデータセンターや大型のモジュール式データセンターにはない魅力がある。(2015/3/17)

新CEOラミ・ラヒム氏が戦略を説明:
ネットワークが成長し続ける限り、米ジュニパーは自社開発チップを投入し続ける
米ジュニパーネットワークスは、2015年3月11、12日(米国時間)の2日間、米国でイベントを開催し、同社の戦略を説明。自社設計チップによるデータセンタースイッチ「QFX10000」シリーズ、コアルータ「PTX」シリーズにおける新ラインカード、そして同社のセキュリティ製品「SRX5000」シリーズにおける機能強化を発表した。(2015/3/16)

2015年、加速するデータセンター関連企業の再編(前編)
データセンター向け製品ベンダーガイド、2015年に合併/買収する企業は?
2015年、サーバ企業とストレージ企業の大規模な合併と買収が行われる年になると予測する専門家がいる。VMwareやRed Hatなどの大手ベンダーや新興企業の動向、注目製品などを紹介する。(2015/3/16)

開始記念SHIELD割引キャンペーンも:
NVIDIA、GRIDゲーム・ストリーミングサービスを日本国内に提供開始
日本のみなさま、こんにちは。この最新PCゲームはNVIDIAが東京に新設したデータセンターからお送りしています。(2015/3/12)

統合型CRMアプリケーションサービス:
日本マイクロソフト、Dynamics CRM Onlineの国内データセンターを稼働――日本生命が不動産部SFAとして採用
日本マイクロソフトは3月9日、同社が提供する統合型CRMアプリケーションサービス「Microsoft Dynamics CRM Online(以下、Dynamics CRM Online」に関し、日本国内データセンターからの提供を開始したことを発表した。(2015/3/10)

これで実現“辞めないIT部門”
「スタッフには毎日、1時間の自由を」、IT部門を劇的に変える10のステップ
データセンターには、高さ約42Uの故障しやすく予測不能な装置があふれている。だが同時に、「IT部門」というインテリジェンスも備わっている。(2015/3/10)

絵に描いた餅ではなくなる
フラッシュの台頭で現実となるストレージ環境の真の標準化
データセンターストレージのアーキテクチャとコントローラーの異種混在性は、多様なワークロードを支える標準化されたインフラの目標の障害となっている。(2015/3/4)

NTTコム、ドイツ最大のデータセンター事業者買収
NTTコミュニケーションズがドイツ最大のデータセンター事業者e-shelterを買収。欧州でサーバルーム面積を5倍弱に拡大する。(2015/3/3)

データセンター向けの高性能な機能群を紹介
「Windows Server 2012 R2」最強伝説を裏付ける5つの管理機能
米Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」は、データセンター向け機能を多く搭載する。これらの高性能な機能によって複数のドメインの管理を容易にしている。(2015/3/9)

COTSサーバ移行の壁とは?
今あらためて比較する、COTSサーバ vs. レガシーサーバ
COTSサーバやレガシーハードウェアに関する通念にとらわれず、データセンターの変化への不安が、克服すべき大きな障害になっている。この現状を理解しよう。(2015/3/2)

Apple、約2300億円投じ欧州に2つのデータセンター建設へ
欧州で税金逃れの批判を受けているAppleが、過去最大となる欧州への投資によりアイルランドとデンマークに巨大データセンターを建設する。(2015/2/24)

単なる低価格スイッチではない:
米HPも製品発表、OCP準拠のベアメタルスイッチでSDNに新展開
米HPが2月19日に対応製品を発表したが、Open Compute Project(OCP)のエコシステムが、データセンターネットワーキングの世界で拡大を続けている。これは、スイッチの価格だけの話ではなく、広義および狭義のSoftware Defined Networking(SDN)に新局面をもたらす動きだ。(2015/2/23)

NECと富士通、五輪組織委員会と「ゴールドパートナー」を締結
2020年の東京五輪に向けて2社が組織委員会と「ゴールドパートナー」契約を締結し、ネットワークやデータセンターなどの支援を行う。(2015/2/19)

ホワイトペーパー:
300カ所に及ぶ大規模データセンターのセキュリティ対策は「選択と集中」
300カ所に及ぶデータセンターを抱えるBritish American and Tobacco。データ管理を一元化してセキュリティ強化したシステムに向け、クラウドや仮想化を検討中だ。(2015/2/18)

EMCジャパン、ヴイエムウェア、伊藤忠テクノソリューションズ提供ホワイトペーパー
国をまたぐ“超”長距離拠点のDRシステムの作り方
複数のデータセンターを連係する技術や製品が市場に登場しているにもかかわらず、国をまたぐような遠距離のBCP/DRシステムには、不安を持つ管理者もいる。そうした懸念を払拭する実証実験が行われた。(2015/2/17)

負債を抱えたAMDが取ったITコスト削減施策
データセンターを9割閉鎖、AMDの大改革プロジェクトの全容
多国籍半導体メーカーの米AMDの最高情報責任者(CIO)が、18箇所あった同社のデータセンターを2箇所に統合した体験談を語る。(2015/2/16)

データセンターのコアを担う:
フェイスブックが設計を公開したモジュラースイッチ「6-pack」とは
米フェイスブックは2015年2月11日(米国時間)、同社が開発してきたモジュラースイッチ「6-pack」の概要を、ブログで明らかにした。これは、データセンターのコアを担うスイッチだ。同社のブログポストに基づいて、これを紹介する。(2015/2/13)

主要な要件で徹底比較
LinuxとWindowsを比較、サーバOSとして優れているのはどっち?
データセンターで使用する最適なコモディティサーバOSを決めるとき、米Microsoftの「Windows」や「Linux」など、さまざまな選択肢がある。自社に最適なOS選びのポイントを専門家に聞いた。(2015/2/3)

インテル、データセンター向け新世代SSD「インテル SSD DC S3710」「インテル SSD DC S3610」発表
書き込み速度が大幅に向上。最大容量はDC S3710で1.2Tバイト、DC S3610で1.6Tバイトに達する。(2015/1/30)

滋賀銀行、勘定系システムを富士通データセンターで運用へ
富士通の勘定系システムのアウトソーシングサービス「FSPS」を採用し、2017年から運用を開始する。(2015/1/16)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第7回】
セキュリティ製品不要? 仮想化データセンターを賢く守る方法
データセンターでの活用が進む仮想化技術は、インフラの柔軟性確保だけがメリットではない。仮想環境の特性をうまく生かせば、効率的なセキュリティ対策が可能になる。その方法を示す。(2015/1/8)

「データセンターの効率運用パートナー目指す」 シュナイダーエレクトリック副社長に松崎耕介氏
日本IBM 常務執行役員などを務めた松崎氏が、APCなどを傘下に据えるシュナイダーエレクトリックの副社長に就任。2015年の事業展望を述べた。(2015/1/7)

組み込み開発ニュース:
立体顔画像を利用した高速顔認証システム、セコムが販売開始
セコムが歩いている人の顔を認証できる「ウォークスルー顔認証システム」を販売開始した。毎分約30人の認証を行える処理速度を持ち、NTTソリューションズのデータセンターにも導入された。(2014/12/26)

「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ
保存寿命50年の光ディスクを使ったストレージ、パナソニックがデータセンター向けに発表
ストレージの事前検証に役立つ負荷テスト装置、EMCジャパンの新社長就任、日本HPのミッションクリティカル向けサーバ製品など、サーバ、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。(2014/12/24)

1万5000台のサーバーを用意:
東京DCがオープン、SoftLayerのアドバンテージとは
日本IBMは2014年12月22日、東京データセンターの開設を発表した。では、改めて、SoftLayerの他社にないメリットはどこにあるのだろうか。(2014/12/22)

製造ITニュース:
CAEやCADで本格活用!? 性能の波が小さくデータを海外に出さないクラウド始動
日本IBMは、クラウド基盤サービス「SoftLayer」の新たなデータセンターとして東京に「東京データセンター」を開設したことを発表した。SoftLayerはベアメタルサーバ(物理サーバ)が利用できることで、CAEやCADなどのアプリケ―ションでの活用で注目を集めてきたが、今回の東京データセンター開設により、国内からデータを海外に出さないクラウド運用が可能になる。(2014/12/22)

IBM、国内からのIaaSサービスをスタート 東京都なども採用へ
日本のデータセンターを使った「SoftLayer」サービスの提供を開始した。国内にデータを置く必要性を挙げる法人などの需要に対応する。(2014/12/22)

Weekly Memo:
Office 365の“OEM供給”に乗り出したMicrosoftの思惑
Microsoftがこれまで自社データセンターから提供してきた法人向けクラウドサービス“Office 365”の「OEM供給」に乗り出した。同社の新たなクラウド戦略として注目される。(2014/12/22)

PR:FPGAがあらゆる電子システムの中核に、エンジニアに求められるスキルが変わる
先進運転支援システム(ADAS)、多軸加工機のモーター制御ユニットからデータセンターのサーバーまで、マイクロプロセッサーをベースにして開発した電子システムはたくさんある。ところが最近、中核デバイスをマイコンや汎用プロセッサーからFPGA(Field Programmable Gate Array)に置き換えて電子システムを開発する例が、さまざまな分野で目立ち始めた。中には、FPGAベンダーさえ想定外の用途で使われる例さえある。これは、一部の先駆的な企業だけの動きではない。世界の名だたる企業が、製品開発競争に勝ち抜くために競うように進める、大きな潮流である。エンジニアは、電子システム開発の大前提が変わるこの動きに、すぐにでも備える必要がある。(2014/12/19)

ホワイトペーパー:
VDIを快適に IT統合の障壁となる「WANの課題」を解決するには?
仮想化技術の発展によりデータセンターへのIT統合が活発化しているが、ITを完全にセンターへ統合できないケースは多い。IT統合の要となるVDI(デスクトップ仮想化インフラ)の課題をまとめるとともに、それを解決するWAN最適化ソリューションの導入効果を解説する。(2014/12/18)

販社も期待「顧客のすそ野がより広がる」:
MS、Office 365向け日本データセンターを開設──なぜ“優位性”があるのか
マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」が、日本データセンターより提供される。なぜ「データセンターを日本に置く」のが重要なのだろうか。(2014/12/16)

日本マイクロソフト、法人向け「Office 365」の提供を国内データセンターから開始
日本マイクロソフトは、法人向けパブリッククラウドサービス「Microsoft Office 365」の提供を日本国内のデータセンターから開始した。(2014/12/16)

ホワイトペーパー:
データアクセス時間を短縮せよ 実機検証結果で選んだWAN高速化製品の実力
全国約180店舗のフラワーショップを運営する日比谷花壇では、データセンターに集約したファイルサーバのデータアクセスに遅延が発生するという課題を抱えていた。複数製品を比較した結果、同社が選んだWAN高速化ソリューションの導入効果を見ていこう。(2014/12/16)

アライドら5社、「オフィス環境向けSDNソリューション」で連携
アライドテレシスがオフィス環境向けのSDNソリューションを発表。データセンターやクラウド分野で採用が進むSDNを、人事系やIT資産システムなど企業内ITの効率化を目指すための新たな方向性を打ち出した。トレンドマイクロらパートナー4社と連携して取り組む。(2014/12/11)

注目製品/省エネ機器:
データセンターの空調電力を30%削減、サーバーの背面に装着する冷却ユニット
NEC、2014年12月4日発売(2014/12/9)

富士通、国内自社データセンターを使用する地銀向けサービス
富士通が国内自社データセンターを活用し、地域金融機関の勘定系システムをアウトソースするサービスをはじめる。メインフレーム基盤を共有する運用コストの削減、セキュリティと信頼性の強化を図れる点が強み。(2014/12/8)

NEC、電力を使わず廃熱を行う“相変化冷却”採用のデータセンター向け冷却ユニット
NECは、データセンター向けとなる電力不使用タイプのラック用冷却ユニット「相変化冷却ユニット」を発表。内部の冷媒の自然循環により電力を用いず廃熱を行える。(2014/12/4)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :データセンター管理者はもういらない
巻頭特集は、クラウド移行を進める企業の技術者の現状をリポート。他に、HPの分社化に対するアナリストの分析、過剰に個人情報を収集するモバイルアプリの現状、MicrosoftとVMwareのライブマイグレーション機能比較などをお届けする。(2014/11/28)

「ここまで話していいの?」:
AWSのデータセンターの中身を、設計総責任者が話した
Amazon Web Services(AWS)のバイスプレジデント兼ディスティングイッシュド・エンジニア、ジェームズ・ハミルトン氏は、AWSが11月11〜14日に開催した「AWS re:Invent 2014」で、データセンターの構成、サーバーやスイッチの自社設計、SR-IOVなどについて語った。(2014/11/20)

自然エネルギー:
風力100%のデータセンター、フェイスブックが米国アイオワ州で運営開始
データセンターの省エネに取り組むフェイスブックが米国で4番目のデータセンターを稼働させた。エネルギー効率の高い機器類と外気を活用した冷却システムを導入する一方、データセンターで使用するすべての電力を近隣の風力発電所から購入する。(2014/11/19)

日本企業への導入訴求を加速:
マイクロソフトが「クラウドの国内データセンター設置」を急ぐ理由
クラウドサービス大手事業者による国内データセンター設置化が加速している。IBM SoftLayer向け東京データセンターに続き、マイクルソフトも“クラウド3兄弟”の国内データセンターを開設する。(2014/11/13)

導入の課題はMicrosoft Azureが解消:
PR:これからのBCP/DR対策は“クラウド”がスタンダードに
これまでの事業継続計画/災害復旧(BCP/DR)対策は、予備の物理サーバーや別拠点のデータセンターにデータを複製、フェールオーバーする方式が一般的だった。その発展形としてマイクロソフトが提供を開始したのが、予備サーバーとしてMicrosoft Azureを活用する「Azure Site Recovery」(ASR)だ。ASRなら別途サーバーハードウェアを用意したり、別拠点にデータセンターを設置したりする必要はなく、BCP/DR対策を容易かつ低コストで実現できる。(2014/11/12)

日本IBM、データセンター向けの次世代IPSを発売
企業システムへの不正侵入を防御する侵入防御システム(IPS)のハイエンドモデルとして、10Gネットワークの保護に最適化されている。(2014/11/7)

NEWS
Facebookも採用、データセンター運用効率化ソフトを国内提供――CA
データセンターの構成要素である“ファシリティ”と“IT機器”を一元管理。視覚的な2D/3D表示、電源系統の細かい相関関係の把握などができる。(2014/10/30)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。