ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

データセンター に関する記事 データセンター に関する質問

「データセンター」最新記事一覧

Computer Weekly製品導入ガイド
データセンター建設プロジェクト事例に見る電力効率化のポイント
英ミルトン・キーンズのデータセンター建設プロジェクトやアイスランドのデータセンターから、電力の効率化とコスト削減のポイントを探る。(2014/7/30)

データセンター部門に新たなポジション
今後必要とされるITの“花形職種”6選
日進月歩のITはそれに従事する人々の働き方にも常に革新を迫る。次世代のデータセンター部門に待つ新しいキャリアパスと、そこで求められるスキルセットとは何か。(2014/7/23)

MobileIron、モバイル管理のクラウドサービスを国内提供
モバイル端末やアプリ、ファイルなどのコンテンツを統合管理できる企業向けクラウドサービスを国内のデータセンターから提供する。(2014/7/22)

Google、増収増益だがクリック単価下落で純利益は予測に届かず
Googleの4〜6月期決算は、売上高は22%増、純利益はクリック単価の下落やデータセンター建造コスト増などで微増(6%増)だった。同社はまた、ニケシュ・アローラCBO(最高事業責任者)のソフトバンクへの移籍についても発表した。(2014/7/18)

データセンター投資の意欲、一般企業とデータセンター事業者の動向は?
IDCの調査で、一般企業280社のうち22.5%、データセンター事業者61社のうち36.1%が、今後5年間データセンター投資を増加させると回答した。(2014/7/17)

まずソフトバンクグループと提携:
ヴイエムウェアが年内に日本でIaaS提供開始、ユーザーにとっての意味は
ヴイエムウェアは7月15日、2014年第4四半期中に、日本国内のデータセンターを開設、あわせて同社のクラウドサービス「VMware vCloud Hybrid Service(vCHS)」を、日本国内で提供すると発表した。これは事実上、エンタープライズ専用のクラウドサービスだ。(2014/7/17)

ホワイトペーパー:
ディザスタリカバリ計画で知っておくべき5つのポイント
あなたの会社でディザスタリカバリ計画を最後に確認したのはいつのことだろうか? データセンターにおけるディザスタリカバリについて、理解しておくべき5つのポイントを解説しよう。(2014/7/15)

Computer Weekly製品導入ガイド
今すぐやるべきデータセンターの冷却コスト削減
データセンターの電力使用量を削減し、コスト効率とエネルギー効率を高める比較的シンプルな手順を紹介する。(2014/7/15)

マカフィー、マルチクラウド対応のセキュリティスイート発売
プライベート/パブリック/ハイブリッドのクラウドに対応するデータセンター向けセキュリティスイートの「McAfee Server Security Suite」を発表した。(2014/7/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
データセンターの電力コストを削減する8つの主要技術
どのような理由であれ、エネルギー効率の高いデータセンターは環境のためになると同時に、会社の経費削減にもつながると専門家は指摘する。本稿ではデータセンターのグリーン化の一助となる主な技術を紹介する。(2014/7/11)

今すぐ始めなければ後れを取る
クラウドとデータセンターの専門家が警告する4つのITトレンド
「Datacentres Europe 2014」カンファレンスにおいて、クラウドとデータセンターの専門家が4つのITトレンドについて警告を発している。CIOは今、何をすべきなのか?(2014/7/4)

動き出す電力システム改革(11):
小売の全面自由化は2016年4月に実施可能、運営機関の準備が進む
電力の小売全面自由化を推進する中核の役割を担うのが「広域的運営推進機関」である。すでに自由化に必要な準備は進んでいて、システム開発やデータセンターの委託先も10月までに決まる。2016年4月には小売事業者がシステムを使って電力供給の変更手続きを処理できるようになる。(2014/7/1)

教育ITニュースフラッシュ
成績上がると「Ponta」がたまる? 明光義塾が新サービス
徳島大学がコンテナ型データセンターを導入した事例から、教育機関で広がるプログラミング教育の動きまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/6/27)

徳島大学、コンテナ型データセンターなどでBCPを強化
コンテナ型データセンターやネットワークインフラの整備を実施し、情報システム基盤の事業継続性を強化した。(2014/6/24)

SAPジャパンと日本マイクロソフト、“SAP on Azure”を正式スタート
日本マイクロソフトが国内のデータセンターで提供するMicrosoft Azureにおいて、SAP製品が正式にサポートされた。(2014/6/23)

データセンターのサーバを保護する対策システム、シマンテックが発表
シマンテックはVMwareと連携して、仮想サーバに対するサイバー攻撃を防いだり、セキュリティ対策を効率的に適用したりできる製品を発売した。(2014/6/19)

“超”長距離に対する漠然とした不安を解消する実証実験
BCP/DRの“超”長距離化を可能にする現実解を探る
複数のデータセンターを連係する技術や製品が市場に登場しているにもかかわらず、遠距離の場合は漠然とした不安を持つ管理者もいる。そうした考えを一新する画期的な実証実験が行われた。(2014/6/30)

他社施設も含め約100個所を結ぶ:
KVH、アジア地域のデータセンターを相互接続する「DCNet」提供へ
KVHは2014年6月17日、アジアの主要なデータセンター約60個所(将来的には約100個所に拡張予定)を相互接続する「DCNet」サービスを発表した。(2014/6/18)

NEWS
100カ所の主要データセンターを1つの仮想DCクラウドに――KVHが新サービス
KVHは、アジアの主要な100カ所のデータセンター間を接続する「DCNet」サービスを、2014年8月から開始することを発表した。(2014/6/18)

KVH、アジア100カ所のデータセンターをつなぐ新サービス
複数のデータセンターを利用する企業向けに、バースト機能に対応したイーサネット接続サービスを提供する。(2014/6/17)

エネルギー管理:
省エネ型クラウドサービスへ移行すれば補助金、中小企業に最高1500万円
経済産業省は中小企業を主な対象にデータセンターによるクラウドサービスの利用を促進していく。企業の情報システムを省エネ型のクラウドサービスへ移行する費用に対して補助金を交付する。補助額は中小企業の場合で1件あたり最高1500万円になる。本日6月16日から申請の受付を開始した。(2014/6/16)

自然エネルギー:
電気代20億円を太陽光でまかなう、まず鹿児島に11MW
データセンターを運用するビットアイルは、鹿児島県に11MWのメガソーラーを立ち上げる。今後、日本全国で3年間に100MW規模まで拡大する。(2014/6/10)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
市況予測のクラウドサービス? 三井情報がSAP HANAで挑む新境地
フロリダ州オーランドで開催中の「SAPPHIRE NOW 2014 Orlando」で三井情報は、SAP HANAを活用した市況予測を汎用的なSaaSとして提供していくことを明らかにした。SAPジャパンは国内のクラウドデータセンター開設を発表したばかりだが、その本番稼働一番乗りを視野に入れている。(2014/6/6)

エネルギー問題の新たなリスク
グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾
環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Appleを称賛する一方、AWSとTwitterを非難した。(2014/6/6)

Computer Weekly:
グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾
環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Appleを称賛する一方、AWSとTwitterを非難した。(2014/6/4)

利用料金を事前に確認できる見積もりサイトを公開:
PR:あらゆるビジネスで簡単に始められるMicrosoft Azureの魅力とは
2014年2月26日に日本データセンターが稼働したことにより、国内でのMicrosoft Azureの利用は加速している。しかし、情報システム部門などでは、パブリッククラウドへの移行になかなか踏み切れないでいるところも多いという。クラウド導入の障壁をなくし、もっと手軽にパブリッククラウドを利用するにはどうすればよいのだろうか。(2014/5/30)

正しく評価するための5つの視点
データセンターをプログラミング――「SDDC」が実現するITの未来とは
仮想化技術などを利用し、リソース確保や構成の柔軟性を高めたデータセンター「Software Defined Data Center(SDDC)」。ベンダー各社がさまざまなアプローチで取り組むこのSDDCをどう評価すべきか。5つのポイントを紹介する。(2014/5/29)

DCをSDNでつないで災害・障害対策、NECが新ソリューション
NECは、異なる地域にある複数データセンター間のネットワークをSDN化し、これらを統合したクラウドシステムとして自動運用できるソリューションを発売する。(2014/5/28)

ハイパースケールの波に乗り遅れるな
「1Uサーバはムダだらけ」という事実にクラウド事業者は気づいているか
クラウド、データセンター、SNS、オンラインゲーム――熾烈な競争を繰り広げるサービスプロバイダーが、“コスト削減とサービス差別化の切り札”と期待するテクノロジーがある。その真実に迫る。(2014/5/15)

ホワイトペーパー:
Windows Server 専用プライベートクラウド ビットアイルクラウド Wシリーズ
オンプレミスもデータセンターもWindows Azureも管理できる! Windows Server専用プライベートクラウド 社内LANの延長として使えるセキュアでハイパフォーマンスなクラウドです。(2014/5/12)

これからのクラウド選定の指針を探る
最先端のパブリッククラウドから読み解く“理想のクラウド運用モデル”とは
パブリッククラウドを導入する際、コンプライアンスや通信遅延の観点からも日本国内のデータセンターを利用するメリットは大きい。クラウド選定の核心は、その前提の先にどのような付加価値を得られるかにある。(2014/5/12)

ビットアイルとマイクロソフトの強力タッグがクラウドを加速:
PR:クラウドのさらなる活用に向けて最適なインフラ構築を支援していく
2014年2月、マイクロソフトは「Microsoft Azure」の国内データセンターを開設。また、ビットアイルもMicrosoft Azure関連のサービスを積極的に展開中だ。ここにきて両者の協業はより密になっている。今後、両者はどのような形でクラウドの価値を提供してゆくのか――。(2014/5/12)

富士通がSDNの第二弾、WAN向け製品群を投入
2013年に発売したデータセンター向けのSDN製品群に続き、WAN向けの製品群を新たに提供する。(2014/5/9)

「Cisco Data Center Forum 2014」リポート:
サイバーエージェントが次世代ネットワークにCisco ACIを選んだ理由
シスコがSoftware-Defined Networking(SDN)ではなく、Application Centric Infrastructure(ACI)によるデータセンター改革に取り組む理由と、サイバーエージェントがACIを採用した理由とは何か?(2014/4/28)

味の素、グループ企業の基幹システムをシンガポールに移行
タイとインドネシア、フィリピン、マレーシアのグループ会社が利用する基幹システムを日本からシンガポールのデータセンターに1.5日の停止で切り替えた。(2014/4/25)

NEC、国内データセンターから提供するIaaSをスタート
1月に開設した「NEC神奈川データセンター」から提供する「NEC Cloud IaaS」サービスをスタートする。(2014/4/25)

OpenStack情報アップデート:
NEC、OpenStackベースのIaaSサービスをスタート
NECがOpenStackをベースにしたIaaSサービスを正式に発表。自社データセンターのハウジングサービスやパブリッククラウドと連携した統合運用管理環境も提供する。(2014/4/25)

有休取得率が高い業界は「通信、ISP、データセンター」、低いのは?
就職や転職情報などを扱うVorkersは4月22日、企業の有休取得率を発表した。それによると、取得率が高いのは「通信、ISP、データセンター」、逆に低いのは……。(2014/4/22)

Samsung、データセンター火災で一部サービス停止
Samsung Groupの韓国のデータセンターで火災が発生し、同社のスマートTVやSamsung.comのサービスが一時ダウンした。本稿執筆現在それらのサービスは復旧しているが、クレジットカード(Samsung Card)サービスはまだ停止している。(2014/4/21)

アーキテクチャの違いとは:
OpenStackはVMware vSphereに代わるものなのか
データセンター事業者に加え、一般企業でも、OpenStackに注目する人が増えている。VMware vSphereの代替として使えるのではないかという期待を持つ人も多い。ただし、OpenStackを推進する人の多くは、OpenStackとVMware vSphereの間に、発想の違いがあることも認識している。(2014/4/16)

OpenFlow対抗に加えてヴイエムウェアを囲い込み?:
OpFlexで進展するシスコのACIという新たなゲーム
シスコシステムズは4月15日、同社のデータセンター事業について国内で説明した。大きなニュースは、オールフラッシュストレージ「Cisco UCS Invictaシリーズ」の国内提供と、SDN技術「ACI(Application Centric Infrastructure)」に関する新展開の2つ。本記事ではACIについて、補足取材の内容を含めてお届けする。(2014/4/15)

ホワイトペーパー:
建設業界の高度計算処理で実測評価、「コンパクトデータセンター」の導入効果とは?
早くから高度計算処理のためにHPC環境を構築してきた総合建設コンサルタントであるニュージェック。「5日間かかっていた処理を2日で終わらせる」など、同社のコンサルティングビジネスに欠かせない超高速処理はどうやって実現したのか?(2014/4/10)

選択肢が広がるクラウド、IBMは顧客のデータセンターにクラウドを出前?
基幹システム向けの運用サービスが付いた「マネージドクラウドサービス」が自社のデータセンターで実現できる ── ビジネスの成長エンジンとしてクラウドへの期待が高まる中、自社サイトからデータを出したくない顧客のニーズにこたえるため、IBMはクラウドサービスを顧客のデータセンターに持ち込むサービスを開始した。(2014/4/9)

インメモリコンピューティング専用DCが東西に:
SAP HANA Enterprise Cloudが国内DCで利用可能に
SAP HANA Enterprise Cloud専用のデータセンターが東京と大阪に開設。基幹業務アプリケーションのクラウド環境移行が現実的に。既に先行ユーザーの利用実績も。(2014/4/8)

アジア太平洋地域で初:
SAPが日本にクラウドデータセンターを開設 東京、大阪の2拠点
クラウド事業を日本市場でもさらに推進するため、SAPは東京、大阪にデータセンターを新設した。(2014/4/7)

製造ITニュース:
基幹システムのクラウド化を加速――SAPが日本にアジア初のデータセンター開設
これまで海外データセンターへのシステム移行に不安を感じていた、ミッションクリティカルなシステムのクラウド化を後押しする。(2014/4/7)

3万個の仮想ネットワークも制御可能
WANもLANも関係ない異次元ネットワーク、SDNが実現
2014年3月に仮想サーバ環境とSDN対応の仮想ネットワーク環境を一括管理できるソリューションを発表したNEC。データセンターの相互接続を可能にするため、同社は現行製品では実現できてない技術開発に取り組んでいる。(2014/4/1)

データ量の増大や物理/仮想化混在で複雑化する環境の最適な保護とは?
数十Tバイト級のバックアップ環境を1台で構築 手間いらずの大規模システム向けアプライアンス
データセンター事業者や大企業が運用する大規模システムでは、データ増大や仮想化、事業継続などに対応するバックアップ環境の構築・運用が課題となっている。その解決策として、アプライアンスが注目を集めている。(2014/3/31)

シスコがマルチクラウド間連携を前提としたサービス「Intercloud」発表
マルチクラウド間連携を前提としたサービスをシスコが発表。パートナー企業が持つデータセンターやユーザー保有の環境をオープンで安全な連携を実現し、ハイブリッドクラウド環境のデファクトを狙う。(2014/3/25)

省エネ機器:
スマートなデータセンターに、水冷式の空調で消費電力が30%減る
大規模なデータセンターの内部には、稼働中に熱を発するコンピュータや通信機器が数多く設置されている。そのため空調に使われる電力は極めて大きい。特に冷房能力の高い水冷式の空調システムでは、熱源と送水機能を最適に制御すると消費電力を最大30%も削減できる。(2014/3/20)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。