ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FA」最新記事一覧

FAメルマガ 編集後記:
協働ロボットが広がり始めた理由と今後解決すべき課題
さらなる進化に期待です。(2017/10/20)

FAニュース:
国際ロボット展が過去最大規模で開催、“人にやさしい”ロボットに注目
日本ロボット工業会と日刊工業新聞社は「2017国際ロボット展(iREX2017)」の開催概要について発表。出展者数、出展小間数ともに過去最大を更新した。(2017/10/20)

FAニュース:
IIoTアーキテクチャを活用したポンプ遠隔監視サービスの実証開始
横河電機とイワキは、IIoTアーキテクチャを活用したポンプ遠隔監視サービスの概念実証を開始し、同サービスの市場価値の検証と実際のサービスメニューの検討を行う。(2017/10/20)

FIELD System:
ファナック、稲葉会長が語る「FIELD System」の全容とその狙い
「FIELD System」は、2017年10月に提供開始されたファナックが中心となる製造業向けIoT基盤だ。“製造を止めない”を価値とするファナックのIoT基盤、その全容とビジョンを稲葉会長が語った。(2017/10/20)

工場ニュース:
自動車ボディーフレーム製造システムの評価設備が完成
住友重機械工業は、自動車ボディーフレームの製造システム「STAF」の評価設備が完成したと発表した。STAFはフランジをフレームと一体で成形でき、従来の構造と比較して約30%の軽量化が可能になる。(2017/10/19)

FAニュース:
中空シャフト構造を採用、位置決め精度を向上した中空サーボモーター
安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズの新製品として、中空サーボモーター「SGM7Tモデル」を発売した。中空シャフト構造の採用で装置の省スペース化に対応し、新たに開発した高分解能エンコーダーにより位置決め精度が向上した。(2017/10/18)

グローバル製造業/エグゼクティブセミナー2017:
勝ち残るため「何」を提供するのか、日立製作所に見る事業創造の手法
製造業といっても製品の製造販売だけではなく、サービスを強化する方針やIoTを利用した新たな価値創造が注目されている。シンクロン・ジャパンらが開催したセミナーより、日立製作所の講演を紹介する。(2017/10/18)

スマートファクトリー:
「アンマンドファクトリ」の進化を図る安川電機、スマート工場の新コンセプト訴求
安川電機は、同社が展開するスマート工場の新コンセプトとして「アイキューブ メカトロニクス」を新たに発表した。(2017/10/17)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池の新材料を発見、スパコン「京」を活用
次世代の太陽電池として期待されるペロブスカイト。理研はスーパーコンピュータ「京」を利用し、その新材料候補を発見することに成功した。(2017/10/17)

FAニュース:
製造現場データを機械学習で分析する実証実験を実施、生産性向上を確認
日立システムズと中央電子は、組み立て製造業現場の生産性向上を目的とした、データ分析ソリューションの実証実験を実施した。機械学習を用いることで、人手では難しい細部の工程まで網羅的に分析でき、生産性向上につながることを確認した。(2017/10/17)

アナログ・デバイセズ LTM8065:
最大40V入力の降圧レギュレーター
アナログ・デバイセズは、最大40V入力の降圧レギュレーター「LTM8065」を発売した。入力電圧範囲は3.4〜40Vと広く、ノイズが多く安定化されていない12〜36Vの入力電源でも安全に動作する。(2017/10/17)

NEDO/慶應義塾大学 General Purpose Arm:
腐ったミカンもつぶさずにつかめる「リアルハプティクス技術」搭載双腕ロボット
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送できる双腕型ロボット「General Purpose Arm」を開発。世界初をうたう「リアルハプティクス技術」を搭載したマスタースレーブ方式のロボットで、物体の硬さや柔らかさなどの触覚をありのままに伝えることができる。腐ったミカンの除去(選果)など、実用化に向けた取り組みも進められている。(2017/10/17)

FAニュース:
PLCとNC機能を統合したコントローラー、高速同期制御で生産性を向上
オムロンは、加工装置の生産性向上につながる「NJ/NYシリーズ NC統合コントローラー」を発売した。PLC機能とNC機能を1つのコントローラーに統合し、1制御周期内でPLCとNCのプログラムを実行。設計通りのタイミングで複数の工程を同期できる。(2017/10/16)

DX全盛時代、求められる企業、頼られるエンジニアとは?(2):
製造業がアジャイル開発を実践するには? デンソー デジタルイノベーション室長に聞く「イノベーションの前提条件」
ITでビジネスに寄与する「攻めのIT」という言葉が叫ばれるようになって久しい。だが多くの企業において、成果に結び付かない単なる掛け声に終始してきた傾向が強い。では、この言葉の真意とは何か――デンソーで「攻めのIT」を実践、リードしているデジタルイノベーション室長 成迫剛志氏に、今、企業とエンジニアが持つべきスタンスを聞いた。(2017/10/20)

FAニュース:
「第4回 現場川柳」開催、前回大賞は「デジタル化、遅れた社内は、紙ってる」
オプテックスFAが恒例化した、“現場”にまつわる「現場川柳」の第4回開催が決定し、募集を開始した。前回の大賞作品は「デジタル化、遅れた社内は、紙ってる」。(2017/10/13)

学生フォーミュラ2017:
学生フォーミュラは「人づくり」の場
学生による自動車競技会「全日本 学生フォーミュラ大会」が今年も開催された。大会関係者はみな「学生フォーミュラはモノづくりだけでなく“人づくり”の場」と口をそろえる。日本最大級の学生モノづくり競技会を、人材育成の観点で紹介する。(2017/10/13)

FAニュース:
航空機部品の高精度加工を可能にする同時5軸横形マシニングセンタ
ヤマザキマザックは、航空機部品などの高速で高精度加工を可能にする、同時5軸横形マシニングセンタ「HCR-5000S」を発表した。横形マシニングセンタと同時5軸加工機のノウハウが盛り込まれている。(2017/10/13)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(7):
ガラパゴス化した制御システムに風穴を開けるソフトウェアPLC
「IIoT(Industrial IoT)」を実現させ、新たなモノづくりを創造するためには、現状の生産設備の在り方を見直す必要がある。今回は、コンテック 執行役員 グローバル営業本部 本部長の西山和良氏との対談を通じて、日本が目指すべきモノづくりへの取り組みや課題について紹介する。(2017/10/13)

FAニュース:
「プッシュインPlus端子台」搭載の温度調節器など統一設計FA機器第4弾
オムロンは、商品仕様を共通の設計コンセプトで統一したFA機器を発売した。第4弾となる製品群は、独自の配線方式「プッシュインPlus端子台」を搭載した温度調節器と非常停止用押ボタンスイッチシリーズの計2カテゴリー144形式だ。(2017/10/12)

OA研究所 超小型ギガビットスイッチングHUB:
「世界最小」組み込み向けのギガビットハブ
OA研究所が「世界最小」をうたう、組み込み機器向けの小型ギガビットスイッチングハブを販売開始した。耐久性にも優れ、産業機器や車載、FAなどの利用にも適する。(2017/10/12)

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか
「Coinhive」というサービスが注目を集めている。「仮想通貨の新たな可能性を示している」などと期待する声から、「ただのマルウェアだ」と批判する声もあり、賛否両論が渦巻いている。一体どんなサービスなのか。(2017/10/11)

FAニュース:
最大可搬質量7kgの6軸垂直多関節小型ロボット、電機や食品業界向け
川崎重工業は、最大可搬質量7kgの6軸垂直多関節ロボット2機種「RS007N」「RS007L」を発表した。産業分野に加え、他業界でも高まっている可搬質量10kg以下の小型ロボット導入ニーズに、よりきめ細かく対応する。(2017/10/11)

日本システムウエア digicell:
製造業向けセル生産支援システムが「Windows 10」を正式サポート
日本システムウエアは、製造業向けセル生産支援システムの最新バージョン「digicell Ver4.0」の提供開始を発表した。(2017/10/11)

FAニュース:
インダストリー4.0向け、欧州工作機械向け高速・静音こま式ボールねじ
日本精工は、インダストリー4.0に対し「欧州工作機械向け高速・静音こま式ボールねじ」を開発した。最高送り速度は100m/min(軸径32/リード20の場合)で、従来のこま式ボールねじに比べて−4dB(A)静音性を高めた。(2017/10/10)

FAニュース:
アルミニウム合金仕上げ正面削りカッター新たなサイズを追加
三菱マテリアルは、高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッター「FMAX」にカッター径Φ40mmとΦ160mmのカッターボディーを追加した。(2017/10/9)

CEATEC 2017:
パナソニックが描く第2の“二股ソケット”、つながる価値は次の100年を照らすか
パナソニックは、CPS/IoTの展示会として生まれ変わった「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、IoTサービスとして体系化した「μSockets」を披露した。2017年10月から順次、サービス提供を開始する。(2017/10/6)

FAニュース:
産業制御システム向けのセキュリティサービスを提供開始
NTTセキュリティは、産業制御システム向け「IT/OT 統合セキュリティサービス」の提供を開始した。システムの現状や脅威を把握してセキュリティ対策を提供し、サイバー攻撃からIT/OTゲートウェイ機器を防御する。(2017/10/6)

FAメルマガ 編集後記:
脱皮途中のCEATEC JAPAN、「産業のつなぎ手」を本当に体現できるか
2018年以降のさらなる進化に期待です。(2017/10/6)

FAニュース:
多品種少量生産に1台で対応、自動化システム一体化型の同時5軸加工機
ヤマザキマザックは、自動化システム一体化型の同時5軸加工機「VARIAXIS i-300 AWC」を発表した。多段ワークストッカーと拡張型工具マガジンを搭載し、省スペースで多品種少量生産に対応する。(2017/10/6)

FAニュース:
エッジコンピューティング対応産業用コントローラーのハイブリッドモデル
日立産機システムは、IoT対応産業用コントローラー「HXハイブリッド」を発表した。エッジコンピューティングに対応し、IoTによって得られる現場情報の分析/解析結果をリアルタイムでシステム制御に活用できる。(2017/10/5)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
MONOist開設10周年記念プチリニューアルに秘めた狙い
“プチ”とはいえ壮大な狙いが。(2017/10/3)

CEATEC2017:
オムロンの「卓球ロボット」が示す制御技術のポテンシャル
オムロンはCEATEC JAPAN 2017開幕前日にメイン展示となる卓球ロボット「フォルフェウス」の進化と技術について紹介した。(2017/10/3)

工場ニュース:
アイリスオーヤマが鳥栖第二工場を増設、自動倉庫の収容力が国内最大規模に
アイリスオーヤマは、佐賀県鳥栖市にある鳥栖第二工場増設の起工式を行った。同工場に、LED照明の生産ラインと4万パレットが収容可能な自動倉庫を新設する。(2017/10/3)

FAニュース:
クラウド監視サービスに標準対応したスクリュー式空気圧縮機
日立産機システムは、同社のクラウド監視サービス「FitLiveサービス」に標準対応した、スクリュー式空気圧縮機「NEXT III」シリーズを2017年10月に発売する。携帯キャリアの通信網を活用した、空気圧縮機のクラウド監視サービスを構築できる。(2017/10/2)

FAニュース:
空転時のトルクを5分の1に低減した「一方クラッチ」開発
ジェイテクトは、機器や装置の逆転防止機構に用いる「一方クラッチ」において、空転時のトルクを従来比の5分の1に低減した製品を開発した。(2017/9/29)

ダイキン工業/日立製作所 ろう付け技能訓練支援システム:
悩ましい技能伝承問題をデジタル化技術で解決、ダイキンが人材育成に活用
ダイキン工業と日立製作所は、IoTを活用して熟練技術者の技能伝承を支援する、次世代生産モデルの確立に向けた協創を発表。空調機器製造における“ろう付け作業”を、画像解析技術などを用いてデジタル化して、熟練技術者と訓練者の技能の違いを比較および分析できるシステムを構築し、2017年10月から共同実証を目的に導入を開始する。(2017/9/29)

信越化学工業:
米国子会社工場のシリコーン生産能力増強と生産設備新設を目的に24億円投資
信越化学工業は、米国でシリコーンを製造・販売する子会社、シンエツ・シリコーンズ・オブ・アメリカ(SESA)のオハイオ州にあるアクロン工場の生産能力を増強すると発表した。(2017/9/29)

FAニュース:
シチズンマシナリー、中径材料加工向け自動旋盤にも低周波振動切削技術搭載
シチズンマシナリーは、同社の低周波振動切削技術を、新たに重切削、中径材料加工向けの主軸台固定形自動旋盤「Miyano BNA42GTY」に搭載した。中径材料加工向けの機械がもつ、切りくずに関する多くの課題を解決できるという。(2017/9/28)

技能承継:
IoTで熟練技術者の技を盗め、生産技能伝承でダイキン工業と日立が協業
ダイキン工業と日立製作所は、IoTを活用し熟練技術者の技能伝承を支援する次世代生産モデルの確立に向け協業する。まずはまずは空調機器の戦略技能の1つであるろう付け工程のデジタル化を実現し、今後さらに対象技能を広げていく方針である。(2017/9/27)

FAニュース:
微細・精密加工に特化した超高精度同時5軸加工機
ヤマザキマザックは、金型や医療機器部品などの微細・精密加工に特化した同時5軸加工機「UD-400/5X」を発表した。構造・機能面で高剛性化や熱変位対策が図られ、高速での連続稼働時にも高い加工精度を保つ。(2017/9/27)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(93):
君の名は? 未来に再会したときに気付くかな――Windows/Officeにおけるサービスオプション名の変更
Microsoftは自社製品や技術、機能の名称変更の理由を「ユーザーからのフィードバックに基づいて」「よりシンプルに」「より分かりやすく」と説明します。この言葉を目や耳にしたとき、筆者は少し警戒します。なぜなら、そうは思えないことが多々あるからです。英語表現なら分かりやすいのかもしれませんが、日本語環境となると……。(2017/9/26)

FAニュース:
スイス型自動旋盤の新モデル、新たにモジュラー設計・生産方式を採用
スター精密は、スイス型自動旋盤「SR」シリーズの新モデル「SR-20J II」を開発した。高機剛性が特徴の機種に、開発および製造リードタイムの短縮を図るため、新たにモジュラー設計・生産方式を採用した。(2017/9/26)

IHSアナリスト「未来展望」(5):
ポスト・スマホカメラの世界 〜 5Gで花開くセンサー市場&イメージング市場戦略
今回は、センサー、特にカメラ、イメージング市場の展望を取り上げる。カメラ市場は、デジタルスチルカメラなどを押しのけ、スマートフォン中心の市場となった。しかし、そのスマートフォンも成長が鈍化しており、成長の期待は車載カメラと産業用カメラへと移っていくだろう。(2017/9/27)

FAニュース:
大きな加工ワークにも対応可能な立形マシニングセンタの小型版
松浦機械製作所は、立形マシニングセンタ「VX」シリーズの小型版「VX-660」の販売を開始した。X/Y/Z軸ストロークは660/550/560mmで、テーブルサイズは940×550mm、工作物許容質量は500kgとなっている。(2017/9/25)

キヤノン/宮崎キヤノン:
デジカメの新たな生産拠点を宮崎県に建設、自動化への取り組みを加速
キヤノンと宮崎キヤノンは、宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を設立すると発表した。(2017/9/25)

FAメルマガ 編集後記:
製造現場でAIをどう活用するか、弱点を整理
限界を見極めたうえで使えば必ず効果が出ると見ています。(2017/9/22)

工場ニュース:
大型冷凍機事業の拠点を神戸地区に移転、グループ各社のリソースを活用
三菱重工サーマルシステムズは、熱源機器および冷熱プラントを手掛ける大型冷凍機事業の拠点を高砂製作所から三菱重工の神戸造船所内に移転した。三菱重工における伸長事業の規模および収益を拡大する施策の一環だ。(2017/9/22)

FAニュース:
最大リーチを2010mmへ拡大、大型・厚板製品に対応するアーク溶接ロボット
安川電機は、アーク溶接ロボット「AR」シリーズに可搬質量12kgの「MOTOMAN-AR2010」を追加した。従来機のロングリーチタイプで、最大リーチが1730mmから2010mmに伸長している。(2017/9/22)

協働ロボット:
ロボットの将来像は「背中を見て仕事を覚える」世界へ
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催された。WRSの実行委員会諮問会議 委員であるカリフォルニア大学サンディエゴ校 コンピュータ理工学部 教授のヘンリック・クリステンセン氏が登壇し「ロボティクスの未来」をテーマに、自律型ロボットの将来像などについて解説した。(2017/9/21)

FAニュース:
リニアモーター駆動のワイヤ放電加工機に大型加工向け機種を追加
ソディックは、リニアモーター駆動で高速、高性能を実現するワイヤ放電加工機「AL」シリーズに、大型部品の加工に適した新機種「AL800G」「ALN800G」を追加した。(2017/9/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。