ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Thunderbolt」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

PR:モバイルPCの傑作機 「HUAWEI MateBook X Pro」の魅力に迫る
ファーウェイの「HUAWEI MateBook X Pro」は、工芸品のように美しいデザインと先進テクノロジーを融合したフラグシップモバイルノートPCだ(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/6/15)

Razer、Thunderbolt 3接続対応のグラフィックスカード外付けボックス「Razer Core X」国内発売を発表
米Razerは、ノートPC向けグラフィックスカード外付けボックス「Razer Core X」の国内発売を発表した。(2018/6/14)

PR:本気で“働き方”を変える「レッツノートLV7」という選択
定番ビジネスノートPC「レッツノート」に新シリーズが登場。「LX6」と「SV7」の特徴をそれぞれ引き継ぐ新シリーズの「LV7」は、まさに現在のビジネスシーンにうってつけの1台だ。(2018/6/8)

14型画面と光学ドライブ搭載で約1.25kg 「レッツノートLV7」を投入
パナソニックが第8世代Coreを搭載した14型モバイルPC「レッツノートLV7」を発表。実売価格は21万円前後から。(2018/6/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
Radeon入り最強NUC「HADES CANYON」がアキバで大人気
Radeon RX Vega Mを統合したCPU「Kaby Lake G」を採用するハイエンドNUC「HADES CANYON」が登場。上位で税込み12万5000円という価格帯ながら好調に売れている。(2018/5/29)

米Razer、第8世代CoreとGeForceを備えた15.6型ゲーミングノートPCを投入
米Razerは、狭額デザインのスリム筐体を採用した15.6型ゲーミングノートPC「Razer Blade」新モデルの発表を行った。(2018/5/22)

サイプレス EZ-PD CMG1:
USB Type-C 1.3規格に完全準拠のコントローラー
サイプレス セミコンダクタは、Electronically Markedケーブル向けのUSB-C電源供給コントローラー「EZ-PD CMG1」を発表した。最新のUSB Type-C 1.3規格に完全準拠しており、高速充電に対応する。(2018/5/17)

Mostly Harmless:
自分で何でも作ろうとするApple それは、可能かもしれない
2020年にAR/VRヘッドセットの発売が噂されているApple。自社開発にこだわるAppleは、全てのコンポーネントを含めて自社で完結できるのでしょうか。(2018/5/11)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(外観編)
AMDの「Ryzen Mobile APU(CPU+GPU)」を搭載するノートPCが登場し始めた。今回は、その低消費電力性を生かしたレノボ・ジャパンのノートPC「ideapad 720S(AMDモデル)」の外観をレビューする。(2018/5/9)

WD、RAWビデオ編集にも向くThunderbolt 3外付けSSDを発表 2018年上半期に投入予定
ウエスタンデジタルコーポレーションは、4Kおよび8Kビデオ編集作業などにも適したThunderbolt 3接続対応SSDの発表を行った。(2018/5/9)

ITはみ出しコラム:
ゲーマーじゃないのにゲーミングノートPCが気になる理由
きっかけは、仕事用ノートPCの「Backspace」キーが壊れたことでした。(2018/4/29)

全部盛ればi9/32GB/GTX 1080/4K60Hz/2TB PCIe SSD+1TB HDDも:
オーバークロック5GHz対応のゲーミングノート「ALIENWARE 15/17」発売 リーズナブルな「NEW DELL G」シリーズもお披露目
デルは4月24日、第8世代インテルCore i5/i7/i9を搭載した新型のゲーミングノートPC「ALIENWARE 15/17」と、価格を抑えながらNVIDIAの「GTX 10」シリーズグラフィックスカードを搭載したノートPC「NEW DELL G」シリーズの国内販売を開始した。(2018/4/24)

GIGABYTE、Radeon RX 580カードを内蔵したThunderbolt 3外付けグラフィックスボックス
CFD販売は、台湾GIGABYTE製のThunderbolt 3接続対応外付けグラフィックスボックス「GV-RX580IXEB-8GD」の取り扱いを開始する。(2018/4/18)

Global Sources Consumer Electronics 2018:
香港の展示会で見つけた、一味違うガジェットたち
磁石でLightning、microUSBを付け替えできるケーブル、車輪付きでコロコロ転がすスマートフォンマウンター。香港のトレードショウを見てきた。(2018/4/17)

名古屋大のMac未経験者向け講座が新鮮
名古屋大学の新入生向けMac講座が意外に勉強になる。(2018/3/28)

ケーブル&コネクタ図鑑:
写真で分かるThunderbolt 3(サンダーボルト3)コネクター
「Thunderbolt 3(サンダーボルト3)」は、最大40Gbpsで通信できる高速データ伝送規格の一種である。USB 3.xと互換性があり、コネクター形状はUSB Type-Cとほとんど同じだ。(2018/3/26)

ケーブル&コネクタ図鑑:
写真で分かるUSB Type-C(タイプC)
「USB Type-C(タイプC)」はUSBの小型コネクターの一種だ。PC(ホスト)側と周辺機器側でコネクター形状が共通であり、またコネクターに表裏がなく、どちら向きでも装着できるという特長がある。(2018/3/26)

ケーブル&コネクタ図鑑:
写真で分かるLightning(ライトニング)コネクター
「Lightning(ライトニング)」は、iPhone/iPad/iPod touchに搭載されているApple独自仕様のインタフェースだ。周辺機器との通信や電力供給、充電などに利用される。コネクターに表裏はなく、どちら向きでも装着できる。(2018/3/26)

ケーブル&コネクタ図鑑:
写真で分かるUSB 2.0 Micro-AB(マイクロAB)コネクター
「USB 2.0 Micro-AB(マイクロAB)」はUSB 2.0対応の超小型コネクターの一種だ。USB 2.0 Micro-AとMicro-Bのどちらのケーブルでも接続できる。(2018/3/26)

ケーブル&コネクタ図鑑:
写真で分かるUSB 2.0 Mini-AB(ミニAB)コネクター
「USB 2.0 Mini-AB(ミニAB)」はUSB 2.0対応の小型コネクターの一種だ。USB 2.0 Mini-AとMini-Bのどちらのケーブルでも接続できる。(2018/3/26)

SAPPHIRE、Thunderbolt 3外付け型の4K対応HDMIデュアル出力アダプターなど2製品
アスクは、SAPPHIRE Technology製のThunderbolt 3接続対応ディスプレイ出力アダプター2製品の取り扱いを発表した。(2018/3/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期大型アップデートは「Spring Creators Update」へ 完成間近に新機能も
Windows 10次期大型アップデート「RS4」の提供が2018年4月に迫っている。Microsoftからの発表はまだないが、正式名称は「Spring Creators Update」になるようだ。(2018/3/20)

ASUS、キャリブレーションツールも付属したプロ仕様の32型4K液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、HDRもサポートしたプロ仕様の32型4K液晶ディスプレイ「PA32UC-K」を発売する。(2018/3/16)

デル、2800MB/sの高速転送を実現したThunderbolt 3外付け型のポータブルSSD
デルは、Thunderbolt 3接続対応のポータブルSSD計2製品の販売を開始する。(2018/3/9)

CP+2018でプロカメラマンが語るクリエイターPC「DAIV」の魅力
CP+2018にDAIVが出展。ステージイベントに登壇した諏訪氏にその魅力を聞いた。(2018/3/6)

究極のゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i71130」 税込み75万円超えの“全部入り”で「G-Tune」の本気を試す
デスクトップ版CPUにハイエンドGPUのSLIを搭載したハイエンドゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i71130」の実力は? ……ACアダプタでけぇ!(2018/3/4)

MacBook Pro対抗の高性能ノート 「HUAWEI Matebook X Pro」現地レポート
MWC 2018にあわせて13.9型「HUAWEI Matebook X Pro」が登場。(2018/2/28)

ウエスタンデジタル、Thunderbolt 3接続対応のプロ向け4ベイ外付けHDD
ウエスタンデジタルは、同社製の外付けストレージ「G-SPEED Shuttle」にThunderbolt 3接続対応モデル2製品を追加した。(2018/2/26)

Mobile World Congress 2018:
“予想外”な場所にWebカメラ――タッチ対応薄型クラムシェルノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」登場
Huaweiがスペイン・バルセロナで薄型クラムシェルノートPCの新モデルを発表。画面占有率91%の超狭額縁ボディーにsRGB色域を100%カバーするタッチ操作対応の13.9型3K液晶を搭載し、重さは1.33kgだ。(2018/2/26)

“美しすぎるモバイルPC”が第8世代Coreで進化 「HP Spectre 13」実力検証
日本HPから登場した「HP Spectre 13」は造形美と機能美を追求をしたモバイルノートPCだ。第8世代CoreやThunderbolt 3など先進技術を盛り込み“美しすぎるノート”が生まれ変わった。(2018/2/21)

トランセンド、Mac向けの換装用PCIe SSD「JetDrive 825」
トランセンドジャパンは、Mac専用の PCIe SSDアップグレードキット「JetDrive 825」の販売を開始する。(2018/1/29)

PR:薄型軽量かつ堅牢な2in1ノート「Elitebook x360 1020 G2」が働き方を変革する
働き方改革を推進する上で重要なのがPC選び。モビリティやセキュリティを重視するなら日本HPの「Elitebook x360 1020 G2」に注目だ。(2018/1/29)

世界最小の13.3型ノートPC「New XPS 13」日本上陸
デルがXPS 13の新モデルを発表。狭額縁ディスプレイの美しいデザインで知られるXPS 13がさらに進化し、クラス最小サイズを更新。第8世代Coreや4K UHDディスプレイなど最新スペックにアップデートした。(2018/1/26)

PR:クアッドコアCPUでモバイル戦闘力を強化 一新された「レッツノート CF-SV7」徹底分析
多くのビジネスユーザーに支持されてきた「SZ」シリーズの後継として、最新の第8世代Coreを採用しクアッドコアCPUの性能を手に入れた「レッツノート CF-SV7」が登場。その「モバイル戦闘力」はいかほどか。(2018/1/26)

CES 2018:
見た目変わらずいろいろ“進化”――第6世代「ThinkPad X1 Carbon」の注目ポイント
「CES 2018」に合わせて発表された「ThinkPad X1 Carbon」の第6世代(2018年)モデル。第5世代(2017年)モデルから見た目の変化は少ないように見えるが、注意深く観察すると変更点が多い。(2018/1/25)

アミュレット、RAIDストレージ機能も備えたThunderbolt 3ドッキングステーション
アミュレットは、米AKiTiO製のThunderbolt 3外付けドッキングステーション「AKiTiO Thunder3 RAID Station」の取り扱いを開始する。(2018/1/25)

レッツに新シリーズ 第8世代Coreを採用した12.1型モバイル「Let's note SV7」登場
パナソニックのレッツノートに新シリーズが登場。12.1型ボディーに高速CPUを搭載し、光学ドライブを内蔵しつつ1kgを切る重量を実現した。(2018/1/25)

東芝、法人向けモバイルPCに最新のWindows 10 Fall Creators UpdateとCPUを追加
東芝クライアントソリューションが、法人向けPCのラインアップを一新。モバイルPCにIntelの第8世代および第7世代Coreプロセッサを追加した。(2018/1/23)

MSI、120Hz駆動液晶とGTX1060搭載のスリムなゲーミングノート「GS63VR 7RF-600JP」
エムエスアイコンピュータージャパンは、Intelの第7世代Core i7とNVIDIAのGeForce GTX1060、120Hz駆動の液晶パネルを搭載した薄型ゲーミングノートPC「GS63VR 7RF-600JP」を発表した。(2018/1/19)

アンカー、Thunderbolt 3対応USB Type-Cケーブル発売
アンカー・ジャパンはThunderbolt 3に対応し、最大40Gbpsの超高速データ転送と最大100Wの充電が可能なUSB Type-Cケーブル「Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル」を発売した。(2018/1/19)

G-Tune、GTX 1080×2とCore i7-8700Kを備えたハイエンドな17.3型4K液晶ゲーミングノート
マウスコンピューターは、G-TuneブランドのゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE」に第8世代Coreプロセッサ搭載のハイエンド構成モデルを追加した。(2018/1/18)

第8世代Coreと13.3型IGZO液晶を備えたスリムノート「Razer Blade Stealth」 外付けGPUボックス「Razer Core V2」も
Razerは、薄型ノートPC「Razer Blade Stealth」の最新モデルを発表。タッチパネル操作もサポートした3200×1800ピクセル表示対応13.3型液晶を備える。(2018/1/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
Coffee Lake世代のCore i5が2月にかけてじわじわ買いやすく
11月の登場以来品薄傾向が続いているCore i7-8700、i5-8600K、i5-8400だが、ここに来てじわじわと店頭在庫が増えてきている。まだ潤沢とはいえないものの、確実に買いやすくなってきた。(2018/1/15)

CES 2018:
“HDR”対応でより深みのある映像表現――「ThinkPad X1」ファミリーの2018年モデルが登場
ThinkPadのフラグシップを担う「ThinkPad X1」ファミリーの2018年モデルが登場する。「X1 Carbon」と「X1 Yoga」は、一部構成がノートPC初となる「Dolby Vision」対応を果たした。(2018/1/9)

CES 2018:
“選べる”ハイパフォーマンス――HPのプレミアム2in1「Spectre x360 15」に新モデルが登場
HPのプレミアム2in1ノートPC「Spectre x360 15」に新モデルが登場する。発表されたばかりの「Core processor with Radeon RX Vega M Graphics」を搭載したモデルと、第8世代Coreプロセッサに「GeForce MX150」を組み合わせたモデルから選択できる。(2018/1/9)

CES 2018:
Intel CPU×AMD GPU――Radeon内蔵Coreプロセッサ登場 新型「Intel NUC」も登場
呉越同舟――AMDのGPUを搭載したIntel製プロセッサがいよいよ登場する。同プロセッサを搭載する「Intel NUC」も合わせて投入する。【訂正】(2018/1/8)

モジュール構造が差異化ポイント
モトローラの新型スマホ「moto z2 force edition」、満足度は「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」に匹敵か
Motorola Mobilityの「moto z2 force edition」の性能や機能は、「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」といった他のハイエンドスマートフォンと比較しても、決して見劣りしない。(2018/1/6)

CES 2018:
「ThinkPad T」シリーズの2018年モデル登場 15型モデルは4K液晶も選択可
LenovoのビジネスノートPC「ThinkPad T」シリーズの2018年モデルが登場した。15型の「ThinkPad T580」では、独立GPUと4K(3840×2160ピクセル)液晶を搭載する構成も選択可能だ。(2018/1/5)

デル、最新「XPS 13」発表 第8世代i7&メモリ16GB&4Kモデルも
デルは、同社のノートPC「XPS 13」の最新モデル「New XPS 13」を発表した。Intelの第8世代コアを全モデルで採用し、最大メモリ16GB、4K(3840×2160ピクセル)のタッチ対応ディスプレイを選択できる。(2018/1/5)

CES 2018:
第8世代Coreプロセッサ搭載のモバイルPC「ThinkPad X280」「ThinkPad X380 Yoga」登場
LenovoのモバイルノートPC「ThinkPad X」シリーズの2018年モデルが登場した。全モデルが第8世代のCoreプロセッサを搭載。電源端子はThunderbolt 3/USB Type-Cに統一した。(2018/1/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。