ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「COLOR LIFE」最新記事一覧

携帯販売ランキング(4月25日〜5月1日):
総合ランキングにY!mobile「AQUOS CRYSTAL Y2」が初登場、「iPhone SE」も帰ってきた
総合ランキングは、先週7週ぶりにトップに立ったソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が連覇。品薄状況が改善したのか「iPhone SE」も各社のランキングに戻ってきた。(2016/5/7)

携帯販売ランキング(4月18日〜4月24日):
総合ランキングトップの座をソフトバンクがauから奪還、7週ぶり
総合ランキングトップはソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」。6週連続でトップだったau版「iPhone 6s(64GB)」を逆転。(2016/4/30)

携帯販売ランキング(4月11日〜4月17日):
総合ランキングから「iPhone SE」が姿を消す、各キャリアランキングでも後退
発売3週目を迎えた「iPhone SE」は、総合ランキングから消えた。各キャリアのランキングでも順位を下げている。(2016/4/23)

携帯販売ランキング(4月4日〜4月10日):
総合ランキング、発売2週目の「iPhone SE」が早くも順位を下げる
先週登場した「iPhone SE」は、NTTドコモを除いた2キャリアで早くも順位を下げ、総合ランキングにはかろうじてau版が10位に踏みとどまった。(2016/4/16)

携帯販売ランキング(3月28日〜4月3日):
「iPhone SE」発売! ランキング順位は予想通り? それとも?
3月31日に「iPhone SE」が発売となった。売れ行きに関するニュースも出ているが、総合ランキングの順位はおとなしめのスタートだ。(2016/4/9)

携帯販売ランキング(3月21日〜3月27日):
「iPhone SE」発売前だから? 総合ランキングに大きな動きなし
「iPhone SE」発売直前の総合ランキングは、上位陣は先週と変わらず、下位の順位が少し動いただけだった。(2016/4/2)

携帯販売ランキング(3月14日〜3月20日):
総合ランキング、au版「iPhone 6s(64GB)」が2連勝
総合ランキングは先週ソフトバンクからトップの座を奪ったau版「iPhone 6s(64GB)」が連覇した。(2016/3/26)

携帯販売ランキング(3月7日〜3月13日):
新型iPhone登場直前 総合ランキング、auがソフトバンクからトップの座奪う
総合ランキングではau版「iPhone 6s」が、この2カ月あまり1位を続けてきたソフトバンク版「iPhone 6s」からトップを奪い返した。(2016/3/19)

携帯販売ランキング(2月29日〜3月6日):
各ランキングの動き低調、春モデル発売まで続くか
総合ランキングをはじめ、各キャリアランキングも「iPhone 6s」と「Xperia Z5」が占める上位陣はもちろん、下位もあまり動きがない。(2016/3/12)

携帯販売ランキング(2月22日〜2月28日):
各キャリアランキングのトップ3は「iPhone 6s」と「Xperia Z5」で安定
3キャリアともランキング上位は、「iPhone 6s」とそれに続いて「Xperia Z5」という形で落ち着きを見せている。(2016/3/5)

携帯販売ランキング(2月15日〜2月21日):
すべてのランキングで1〜3位が3週連続変化なし、早くも平衡状態に
総合ランキングをはじめ各キャリアランキングのすべてで、“実質0円”終了以降、1位から3位まで3週間同じ端末が並んでいる。(2016/2/27)

携帯販売ランキング(2月8日〜2月14日):
“実質0円”終了2週目、ランキングに落ち着き感
各ランキングの上位は先週とほぼ変わらず、“実質0円”終了で大きく動いた先週とは打って変わって、かなり落ち着いた動きとなった。(2016/2/20)

携帯販売ランキング(2月1日〜2月7日):
“実質0円”販売終了後のランキングは大荒れ、「iPhone 6」急降下
“実質0円”販売終了後、初のランキングは総合、各キャリアすべて大荒れとなった。依然として「iPhone 6s」は上位にあるものの、順位は大きく変動した。(2016/2/13)

SIM通:
ガラケー&旧端末強し!?12月の中古販売ランキング
中古販売ランキングでは、今回からゲオのランキングを追加しパワーアップ。常にガラケーが強い印象のダイワンテレコムのランキングで、iPhone以外の端末がランク入り。その端末とは?(2016/2/10)

携帯販売ランキング(1月25日〜1月31日):
総合ランキングはソフトバンク版「iPhone 6」がまたトップ返り咲き
総合ランキングのトップはソフトバンク版「iPhone 6(16GB)」。ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」と1週で入れ替わった。(2016/2/6)

携帯販売ランキング(1月18日〜1月24日):
総合ランキング、「iPhone 6s」が3週ぶりに「iPhone 6」抑え首位に
総合ランキングは、ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が、「iPhone 6(16G)」と入れ替わり3週ぶりにトップに立った。(2016/1/30)

携帯販売ランキング(1月11日〜1月17日):
総合ランキングが2016年初の「iPhone 6/6s」だらけに
総合ランキングは先週に続いてソフトバンク版「iPhone 6(16GB)」が1位。今年初めて1位から10位まで「iPhone 6」「iPhone 6s」だらけの状態に。(2016/1/23)

携帯販売ランキング(1月4日〜1月10日):
総合ランキング「iPhone 6(16GB)」がトップ、機能差少なく割安感で人気?
総合ランキングはソフトバンク版「iPhone 6(16GB)」が1位。「iPhone 6s」発売後に「iPhone 6」がトップを取るのは3回目。ソフトバンク版では初めて。(2016/1/16)

携帯販売ランキング(12月28日〜1月3日):
2016年最初の総合ランキングはソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が制す
年末年始をまたいだ2016年最初のランキング1位は、ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」。ちなみに1年前の同時期のランキング1位も、ソフトバンク版の「iPhone 6(64GB)」だった。(2016/1/9)

携帯販売ランキング(12月14日〜12月20日):
「iPhone 6s」発売以来の連続1位が12週でストップ、トップに立ったのは?
9月の発売以来、ずっと1位だったソフトバンク版「iPhone 6s(64Gバイト)」がついにトップの座を明け渡した。替わって1位となったのは「iPhone 6s」発売前の1位だった、au版「iPhone 6(16Gバイト)」だ。(2015/12/26)

携帯販売ランキング(12月7日〜12月13日):
総合ランキングの「Xperia」は1つだけに、また“iPhoneだらけ”の危機
10月の発売以来、総合ランキングを賑わしてきた「Xperia Z5」はトップ10に1機種だけになった。次週、また「iPhone 6/6s」だけのランキングになってしまうかもしれない。auランキングには、ハンドソープで洗えるスマホが登場。(2015/12/19)

携帯販売ランキング(11月30日〜12月6日):
ソフトバンク版「iPhone 6s(64Gバイト)」、発売以来の連続トップ11週目に
総合ランキングほか、各ランキングは総じて動きが少なかった。総合ランキングはソフトバンク版「iPhone 6s(64Gバイト)」が、発売以来1位の座を守り続けており11週連続トップとなった。おそらくiPhoneとしての最長記録だ。(2015/12/12)

携帯販売ランキング(11月23日〜11月29日):
「Xperia Z5 Premium」は1週で急落、総合ランキング上位は再び「iPhone 6/6s」一色に
先週総合ランキング3位に初登場したNTTドコモの「Xperia Z5 Premium」だったが、今週はトップ10外にまさかの急落。ランキング上位はまた「iPhone 6/6s」に占拠された。(2015/12/5)

携帯販売ランキング(11月16日〜11月22日):
「Xperia Z5 Premium」発売、総合ランキングで「iPhone 6s」に迫る
NTTドコモが「Xperia Z5 Compact」に続いて「Xperia Z5 Premium」を発売。総合ランキングではソフトバンクとauの「iPhone 6s」に次ぐ3位で登場した。ドコモのランキングでは「iPhone 6s」を抑えて堂々の1位だ。(2015/11/28)

携帯販売ランキング(11月9日〜11月15日):
NTTドコモ「Xperia Z5 Compact」発売、総合ランキングの順位は?
「Xperia Z5」に続いて11月13日に「Xperia Z5 Compact」が発売。取り扱いはNTTドコモだけだが、総合ランキングでは9位に初登場。「iPhone 6s」発売8週目に入ったが、ソフトバンク版「iPhone 6s(64Gバイト)」とau版「iPhone 6s(64Gバイト)」が1、2位を続けている。(2015/11/21)

携帯販売ランキング(11月2日〜11月8日):
総合ランキングにまた食い込んできたY!mobile端末とは?
先週は「Xperia Z5」が発売されて総合ランキングで「iPhone 6/6s」を脅かすかに見えたが、今週順位を上げることはできなかった。そうこうしているうちにY!mobileの「DIGNO C 440KC」がトップ10に初登場した。(2015/11/14)

携帯販売ランキング(10月26日〜11月1日):
3キャリアから「Xperia Z5」発売、総合ランキングでの順位は?
今週は有力機「Xperia Z5」が3キャリアから同時発売。「iPhone 6s」と「iPhones 6」が猛威を振るう総合ランキングで、3位と6位に初登場した。(2015/11/7)

携帯販売ランキング(10月19日〜10月25日):
総合ランキングは1週でiPhoneだらけの状態に逆戻り
先週、「iPhone 6s」と「iPhones 6」のランキング独占が崩れたが、今週は早くもiPhone独占に戻ってしまった。(2015/10/31)

携帯販売ランキング(10月12日〜10月18日):
総合ランキングのiPhone独占を崩したのは今回もあのキャリアの端末
「iPhone 6s」の発売以来、「iPhones 6」と合わせてiPhone勢が総合ランキングを独占していたが、4週目にして崩れた。食い込んだのは2014年と同じY!mobileの端末だった。(2015/10/24)

携帯販売ランキング(10月5日〜10月11日):
総合ランキングトップ3、「iPhone 6s(64Gバイト)」がキャリア別に並ぶ
「iPhone 6s(64Gバイト)」が、1位ソフトバンク版、2位au版、3位NTTドコモ版が並んだ。「iPhone 6s」発売後3週同じで、2104年の「iPhone 6」登場時とは少し違っている。(2015/10/17)

携帯販売ランキング(9月28日〜10月4日):
「iPhone 6s/6s Plus」販売レースはソフトバンクが一歩リードか
「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発売後2週目のランキングは、1、2、3位は先週と変わらずソフトバンク、au、NTTドコモの順で「iPhone 6s(64Gバイト)」が並んだ。総合ランキングをキャリア別で見ると、ソフトバンクが「iPhone 6s」販売で一歩リードしている。(2015/10/10)

携帯販売ランキング(9月21日〜9月27日):
ついに「iPhone 6s/6s Plus」襲来! 総合ランキングを制したキャリアは!?
9月25日金曜日、ついに「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が発売。その最初のランキングを制したのは、ソフトバンク版「iPhone 6s(64Gバイト)」で、昨年の「iPhone 6」発売時に続いて、ソフトバンクが1位となった。そして前回同様、iPhone勢がランキングを埋め尽くした。(2015/10/3)

携帯販売ランキング(9月14日〜9月20日):
「iPhone 6s」発売を控え、「iPhone 6」が全キャリアランキングの1、2位を占める状況続く
「iPhone 6s」の発売まで2週間、あと少しで発売後1周年になる「iPhone 6」がまたも総合ランキングの1〜6位を独占した。3キャリアランキングでも1、2位を占める状況がここ4週間続いている。(2015/9/26)

携帯販売ランキング(9月7日〜9月13日):
総合ランキングトップは1週でauが奪還。ドコモの戦略モデル初トップ10入り
今回は途中で「iPhone 6s」が正式発表されたが、総合ランキングに大きな変化はなく、相変わらず上位は「iPhone 6」が独占している。トップはauがソフトバンクモバイルから1週で奪還した。(2015/9/19)

携帯販売ランキング(8月31日〜9月6日):
新iPhone発表直前のランキング結果、トップはauからソフトバンクに交替
今回は「iPhone 6s」正式発表直前週のランキングとなったが、上位を「iPhone 6」が独占する状況には変わりない。1位はソフトバンクがauから奪った。(2015/9/12)

携帯販売ランキング(8月24日〜8月30日):
新iPhone登場まであと1カ月? まだ続く「iPhone 6」の上位占有
総合ランキングは上位を「iPhone 6」が独占する状況が今週も続く。例年通りなら9月20日前後にはiPhone次期モデルが発売だがそれまで大きな変化はなさそうだ。(2015/9/5)

携帯販売ランキング(8月17日〜8月23日):
続く「iPhone 6」独占状態、ライバルは新型iPhone? 「GRATINA2」初登場
総合ランキング上位は相変わらずの「iPhone 6」独占状態。9月に予想されるiPhone次期モデルの登場までこの状態が続くのか? au「GRATINA2」は初ランクイン。(2015/8/29)

携帯販売ランキング(8月10日〜8月16日):
総合トップは7週ぶりau「iPhone 6」 「AQUOS CRYSTAL Y」は順位キープ
総合ランキングトップの座をKDDI(au)が、ソフトバンクから奪い返した。このところランキング上位は「iPhone 6」が占めているが、キャリア別で見ると1位はソフトバンクが6週間続いていた。(2015/8/22)

携帯販売ランキング(8月3日〜8月9日):
総合ランキングに新端末Y!mobile「AQUOS CRYSTAL Y」が初ランクイン
総合ランキングに、Y!mobileの「AQUOS CRYSTAL Y」が初登場した。上中位は先週と変化なく「iPhone 6」が1〜5位を占める状態がこの1カ月続いている。(2015/8/17)

SIM通:
iPhoneとXperia人気、ガラケーに変化 中古端末売れ筋(6月)
中古端末の販売状況はiPhoneとXperiaの人気が続いてます。ただ、キャリア別の需要に変化があったようです。(2015/8/14)

携帯販売ランキング(7月27日〜8月2日):
総合ランキング上位に動きあるが「iPhone 6」独占は変わらず ドコモ版「Z4」が再び圏内に
総合ランキングは3週連続で1〜5位を「iPhone 6」が独占。残りはNTTドコモとauの「Xperia」勢とY!mobileの「Nexus 5」。(2015/8/8)

携帯販売ランキング(7月20日〜7月26日):
総合順位は「iPhone 6」が上位独占、auの見守り端末がランクイン ドコモ版「Z4」は圏外に
総合ランキングは先週に続き「iPhone 6」が1〜5位を独占。Y!mobileの「Nexus 5」は少し戻して8位。10位にはauの子ども向けケータイ「mamorino3」が入った。(2015/8/1)

携帯販売ランキング(7月13日〜7月19日):
総合ランキング「iPhone 6」強し、「Xperia」「Nexus 5」を圧倒
総合ランキングは「iPhone 6」が1〜5位を独占。Y!mobileの「Nexus 5」は9位まで後退。「Xperia Z3 Compact」や「Xperia Z4」も元気がない。一方、auランキングにはあの“耐海水”スマホが新登場した。(2015/7/25)

携帯販売ランキング(7月6日〜7月12日):
「Nexus 5」急落で「iPhone 6」がトップ4独占、「Xperia Z4」はさらに後退
先週総合2位に付けたY!mobileの「Nexus 5」は6位に後退した。トップはソフトバンク版「iPhone 6(64Gバイト)」が2連勝だ。(2015/7/18)

SIM通:
iPhone、Xperia強し!中古端末売れ筋状況(5月)
スマホ中古市場ではiPhoneシリーズとXperiaシリーズの二極化が続いています。5月には新製品の投入もありましたが、中古市場に影響はみられず、しばらくの間はこの2強状態が続くと思われます。(2015/7/14)

携帯販売ランキング(6月29日〜7月5日):
ワイモバイルの「Nexus 5」が過去最高の2位、来週のトップもある?
総合ランキングが大きく動いた。先週6位だったワイモバイルの「Nexus 5」が2位に上昇。来週トップを伺う勢いだ。(2015/7/11)

携帯販売ランキング(6月22日〜6月28日):
「Xperia Z4」はさらに順位を下げ、「Nexus 5」が上がる
2週前に総合ランキング初登場で1位に輝いた「Xperia Z4」は先週に続いてさらに順位を落とした。「iPhone 6」以外では「Nexus 5」が最上位に。(2015/7/4)

携帯販売ランキング(6月15日〜6月21日):
先週初登場1位の「Xperia Z4」、わずか1週でまさかの急落
先週3キャリアから発売されランキング初登場1位となった夏の有力機種「Xperia Z4」がまさかの急落。各キャリアの「iPhone 6」が1〜5位を占めた。(2015/6/26)

携帯販売ランキング(6月8日〜6月14日):
各キャリアから「Xperia Z4」発売、「SO-03G」が初登場即1位に
夏モデルの本命「Xperia Z4」が3キャリアから続けて販売開始に。NTTドコモの「Xperia Z4 SO-03G」とau「Xperia Z4 SOV31」が初登場でワンツーフィニッシュ。(2015/6/19)

携帯販売ランキング(6月1日〜6月7日):
「Xperia Z3 Compact」の5週連続トップならず、「iPhone 6」返り咲き
先週まで4週連続1位だったNTTドコモ「Xperia Z3 Compact SO-02G」が陥落、ソフトバンク版「iPhone 6(64Gバイト)」が返り咲いた。(2015/6/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。