ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Data Domain」最新記事一覧

関連キーワード

オンプレミス環境でMicrosoft Azureの運用が可能に:
Azureと多機能を通した連携へ――Dell EMC、「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表
デルとEMCジャパンは「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表した。第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバにAzure Stackを組み込んだことで、Azureの機能をオンプレミスでも利用可能にした。(2017/11/29)

Dell EMC XCシリーズがWindows Server 2016 Hyper-Vに対応:
Dell EMC、Microsoftユーザーのサポートを強化し、複数製品をアップデート
デルとEMCジャパンはXCシリーズのデータバックアップ機能を強化した。さらに、Dell EMC Ready Bundle for Microsoft SQL Serverに、最新のサーバ機とストレージ装置を追加した。(2017/10/18)

老舗納豆メーカーのマルキン食品、ストレージ基盤をDell EMCファミリーで強化
熊本のマルキン食品は、「Dell EMC Unity」と「Dell EMC Data Domain」を導入し、基幹業務用ストレージ基盤を刷新した。(2017/6/29)

製品選定のための「データ管理/保護」コラム【第1回】
「フルバックアップが終わらない」を解決する2つの方法
バックアップ容量が増え続ける中、手動運用でカバーするには無理がある。そこで検討したいのがフルバックアップを不要にする2つのバックアップ方法だ。データ種類別のバックアップ方法のベストプラクティスも紹介。(2017/6/28)

「非常時のデータ復旧に自信なし=5割」の課題をどう解消するか:
中堅企業の「バックアップのクラウド対応」が進む、課題は「復旧テストの有無」 デル調査
デルが「中堅企業向けバックアップ関連動向調査」の結果を発表。いわゆる“ひとり情シス”の企業が抱える課題は、「負荷増によるミスの可能性」と「復旧テストの有無」。なお中堅企業においても、バックアップのクラウド化が進んでいる現状も分かった。(2017/5/29)

顧客の「“4つ”のトランスフォーメーション」を強力に支援:
PR:新生Dell EMCがパートナーとともに築く、「業界全方位をカバーするラインアップとパートナーシップを持つ」真意と強み
「Dell EMC Business Partner Forum 2017」が4月18日に開催された。新生Dell EMC初のパートナーイベントとあって、500人超が参加し、新しいパートナープログラムの解説やパートナーアワードの表彰などが盛大に行われた。「HCIは“本物”」「オールフラッシュは“常識”」──。今後の企業に必要とされている「4つ」のトランスフォーメーションについて、Dell EMCとそのパートナーはその解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2017/5/29)

Dell EMC World 2017:
続・Dell EMCはどこへ行くのか、ストレージの今後およびクライアント製品とのシナジーを聞いた
米Dell EMCが、2017年5月8日から開催中の「Dell EMC World 2017」で、何が見えたか。本記事ではストレージ製品群の今後、およびクライアントソリューションとの相乗効果について、幹部に直接質問した内容を交えてお届けする。(2017/5/10)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:VxRailは単なるHCIではない、ハイブリッドクラウドのための基盤だ
VxRailは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の市場をけん引するリーダーだと認識されている。だがこれは、単なるハードウェア、あるいは「箱」ではない。むしろ「箱」の限界を打破するために開発された製品だ。(2017/4/27)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:Dell EMCの多角的なオールフラッシュ製品群は、「フラッシュが標準の世界」を牽引する
フラッシュファーストはもう終わった。「フラッシュは、もう標準の時代」に入っている。では、企業は「具体的」に、どんな要素を考慮して、どのオールフラッシュストレージを選択すべきなのか。「多角的なオールフラッシュ製品群」で企業のITトランスフォーメーションを支える、Dell EMCストレージ戦略の全貌を解説する。(2017/4/13)

ホワイトペーパー:
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
Data Domain、StoreOnce、Quest DR、DXiといった4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品の機能と価格を1枚の表にまとめた。(2017/3/29)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

「フラッシュ」「スモールスタート」「クラウド」「ソフトウェア化」がテーマ:
デルとEMCジャパンが、HCIとストレージで柔軟性向上を目指す大量の新製品を国内投入
デルとEMCジャパンは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)およびストレージの新製品群を国内発表にした。新製品は、Dell PowerEdgeサーバを採用したHCI製品「Dell EMC VxRail」「Delll EMC VxRack」の新機種、ハイエンドストレージシリーズ「Dell EMC VMAX」の最下位機種である「Dell EMC VMAX 250F/FX」、そしてバックアップストレージ「Dell EMC Data Domain」の新機種、新OSおよび仮想アプライアンス版の強化。(2016/11/18)

「企業のデジタルトランスフォーメーション」をいかに支援するか:
Dell EMC、Dell EMC Worldで一連の新製品/ソリューションを多数発表
米Dell EMCが、年次イベント「Dell EMC World 2016」を開催。企業のクラウドモデルへの移行、ソフトウェア開発力の強化、イノベーションの加速、データ分析の活用などを支援する一連の製品やソリューションを一挙に発表した。(2016/10/21)

SSDがあの名門コースを支えている
ゴルフの聖地を守るためHDDを捨ててオールフラッシュを導入した“なるほど”な理由
全米ゴルフコース管理者協会が、基幹システムをオールフラッシュアレイに移行した。IT部門の責任者は、冷静に試算した上で「HDDに投資する意味はない」と断言している。(2016/8/8)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

EMC WORLD 2016:
米EMC、UnityとNeutrino Nodesの発表でオールフラッシュとクラウドネイティブへの取り組み強化
米EMCが2016年5月第1週に開催したEMC WORLD 2016における製品発表の要点は、同社のオールフラッシュ対応製品群がほぼ出そろったこと、同社の「クラウドネイティブIT」対応製品が具体化したことにある。(2016/5/9)

SAP HANA+vSphere 6+XtremIO:
SAP HANA on vSphereの運用性能を検証、ベストプラクティスを“確立”
ヴイエムウェアなど4社はSAP S/4 HANAに関する共同検証を実施した。vSphere 6上でSAP HANAおよびSAPアプリケーションを稼働させる際のベストプラクティスを確立したとしている。(2016/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜Brent Reichow編:
情熱もチームワーク力も必要ない――米国人起業家が「一緒に働きたいエンジニア」とは
グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うシリーズ。今回は日本で起業したBLUESHIFTのBrent Reichow氏に、起業時の苦労譚や同社がエンジニアを採用するときに注目するポイントなどを伺った。※オリジナル動画付き(2016/1/15)

オールフラッシュ軸に進む業界再編
ストレージ業界で何が起きているのか? 巨額買収だけではない大激変の“予兆”
2015年はデータストレージ業界にとって変化と新技術に富んだ1年となったが、中でも最大のディスラプション(創造に向けた破壊)は米Dellによる670億ドルでの米EMCの買収だった。(2016/1/14)

「EMC Hybrid Cloud」としてのポートフォリオ強化:
ストレージからのハイブリッドクラウドへのアプローチ
EMCジャパンは、ストレージ装置とパブリック/プライベートクラウドをシームレスに接続する製品群6種の提供を開始する。(2015/12/10)

ホワイトペーパー:
中小規模システム環境のための、簡単バックアップ&リカバリ手順書
大企業と比較してIT部門に多くの人員を割くことのできない中堅・中小企業が、災害対策、ディザスタリカバリを確実かつ簡単に行うにはどうすればいいか。バックアップ&リカバリ手順書を役立ててほしい。(2015/10/6)

「ハコモノ」だけじゃない:
PR:デジタル時代のスピードでビジネスをするEMCが見せる「新しい顔」
EMCジャパンは2015年6月9日に行ったセミナー「業界の最先端! ストレージとクラウド技術はここまで進化した」の中で、先頃米国で、「REDEFINE.NEXT」をキーワードにして開催された年次カンファレンス「EMC World」の発表内容をダイジェストで解説。「ハコモノ」だけではなく、ソフトウエアのオープンソース化や無償化といった同社の新しい顔を紹介した。(2015/7/15)

「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ
オールフラッシュアレイのリリースラッシュが到来した2015年6月
主要ベンダーが相次いで新製品/サービスをリリースした2015年6月。今回は、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。(2015/7/15)

EMCジャパン、データバックアップの新製品群投入を発表
高速バックアップやクラウド環境への対応など、「Data Domain」シリーズの新ラインアップを提供する。(2015/6/18)

EMC World 2015:
EMCの既存ストレージの進化、キーワードはフラッシュ、ソフトウエア化、クラウド
米EMCは、2015年5月4日より、米ネバダ州ラスベガスで開催している「EMC World 2015」で、同社の既存ストレージ製品を生まれ変わらせる、各種の取り組みを説明した。キーワードはフラッシュ、ソフトウエア化、クラウドだ。(2015/5/7)

ホワイトペーパー:
「バックアップ専用ストレージ」の3つの要件──バックアップ容量シミュレーションシート付き
中堅・中小企業にとって、バックアップは今目の前にある課題だ。増え続ける膨大なデータの効率保管、災害対策といった課題を解決するには、汎用ストレージではなく、「バックアップ専用ストレージ」という選択が有効な解決策となるだろう。(2015/4/27)

ホワイトペーパー:
重複排除ストレージへのバックアップ&データ復旧ガイド
バックアップやディザスタリカバリは、万が一のシステム障害時に迅速かつ確実に実行できなければ意味を成さない。多くのシェアを持つバックアップソフトと重複排除ストレージを例に、バックアップとデータ復旧の手順を見ていこう。(2015/1/8)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware環境でシンプルなDRを実現するには? 主要製品の違いを見る
VMware環境でDR(災害対策)を実現するための最適な推奨構成とは。主要各社のバックアップソフト、重複排除ストレージ、統合バックアップアプライアンスの「機能」を徹底比較した。(2014/12/18)

Isilon、XtremIOも新製品:
EMC、「データサービスプラットフォーム」化したVMAX新版を発表
EMCジャパンは7月31日、ハイエンドストレージ「EMC VMAX」、スケールアウトストレージ「EMC Isilon」、オールフラッシュストレージ「EMC XtremIO」で、それぞれ新製品を発表した。特にVMAXは、さまざまなデータサービス機能をニーズに応じて追加できるようにし、「ストレージ装置」を超えた「データサービスプラットフォーム」として役立つものになることを目指しているという。(2014/8/1)

EMC、新コンセプトのハイエンドストレージを発表
新製品の「VMAX3」ではアプリケーションのサービス水準に応じてストレージを割り当てる「エンタープライズ データ サービス プラットフォーム」というコンセプトを採用した。(2014/7/31)

ホワイトペーパー:
重複排除バックアップアプライアンス(エントリーモデル)比較表
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。9製品の重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/6/18)

EMC、中堅・中小向けのストレージ新モデルとデータ保護製品群発売
ストレージ新製品の「VNXe3200」「Data Domain DD2200」とデータ保護ソフトウェアスイートの「EMC Data Protection Suite」などをリリースした。(2014/6/4)

PR:「時代はハードウェアからソフトウェアへ」ITとビジネスの新定義を具現化する戦略とテクノロジとは
米EMCは年次イベント「EMC World」で、自らのビジネスモデルを新定義することを通して、あらゆる企業がITとビジネスを新定義していくことの重要性を強調するとともに、新定義を具現化するテクノロジ群を発表した。(2014/5/26)

徹底解説! ITアーキテクトとは何か?(2):
Webアプリ構築で、まず考えるべきアーキテクチャの検討ポイント(基礎編)
ITアーキテクトの役割を、具体的かつ分かりやすくふ分けして解説する本連載。今回はアプリケーションアーキテクチャ設計の勘所を紹介する。(2014/5/12)

SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供
【徹底比較】エントリー向け重複排除バックアップアプライアンスの機能と導入コスト
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/4/2)

導入事例:
ドモホルンリンクルの再春館製薬所、システム刷新でバックアップ作業時間を40%短縮
基礎化粧品「ドモホルンリンクル」などを手掛ける再春館製薬所は、重複排除バックアップストレージの導入でテープ関連作業を不要にし、データバックアップの作業時間を従来の約22時間から13〜14時間前後に短縮した。(2014/1/21)

ベンチャーは主導権を守れるか?
ハイブリッドフラッシュアレイ市場で後れを取った大手ベンダーの逆襲
ここ2、3年に起きたフラッシュストレージの大革命は、ベンチャー企業が中心を担っていた。しかし、この流れが変わり始めたかもしれない。(2013/11/19)

導入事例:
市民公開PCと業務サーバを仮想化 千葉県印西市
千葉県印西市は、市内17施設で利用する公開PCと庁内PCの仮想デスクトップ化、市役所の業務システムの仮想化を実施した。(2013/10/7)

NEWS
重複排除バックアップ/リカバリ製品群のラインアップを強化、EMC
重複排除バックアップストレージの新機種、重複排除アプライアンス製品、バックアップソフトウェアの新版などをEMCジャパンが発表。各製品の連携機能を強化することで、バックアップ/リカバリ環境の統合を支援する。(2013/8/8)

仮想テープドライブは不要に?:
EMC、重複排除ストレージ「Avamar 7」が保護ストレージ「Data Domain」との連携を強化
AvamarとData Domain製品の連携が強化。多様なアプリケーションのデータを保護ストレージに効率的に格納できるラインアップを発表した。(2013/8/7)

EMCジャパン、重複排除バックアップ製品群を一挙投入
EMCジャパンは、重複排除バックアップストレージ「Data Domain」の新モデルのほか、データ重複排除アプライアンス製品「Avamar」とバックアップソフトウェア「NetWorker」の新バージョンを一斉発売した。(2013/8/6)

メインフレームとオープンシステムで同時利用できるバックアップ装置、EMCが発売
EMCジャパンは、IBMのメインフレーム環境とオープンシステムが混在した環境でも1台で対応が可能な仮想テープ装置「EMC DLm1000」の販売を開始した。(2013/5/15)

EMC Data Domainを搭載:
EMCジャパン、メインフレームとオープンシステムの混在環境で利用可能な仮想テープ装置を発売
EMCジャパンの発表した「EMC DLm1000」は、メインフレームとオープンシステムが混在した環境でも利用可能な仮想テープ装置だ。(2013/5/15)

ホワイトペーパー:
7カ月で投資を回収──重複排除バックアップの費用対効果
テープを用いた従来のバックアップは、コストとシステム負荷の両面で大きな課題を抱えている。重複排除バックアップソリューションの導入により、これらの課題を解決。さらに具体的なメリットを動画で分かりやすく解説する。(2013/4/12)

ホワイトペーパー:
重複排除技術がコスト効率の高い災害対策に不可欠な理由
東日本大震災により災害対策の重要性を再認識し、事業継続計画を見直す動きが活発化している。大量のデータを確実に守り、リカバリすることが求められるが、問題はそのコスト。両者を両立するためのキーワードが「重複排除技術」だ。(2013/2/27)

高速処理と重複排除のNetWorkerを生かせ!:
PR:バックアップを「使えるもの」にするためのヒケツとは
ソーシャルメディアの発達、スマートデバイスの普及、動画ストリーミングの増加など、世の中でのデータ急増は、企業にとっても無縁ではない。基幹業務だけでなく社内や顧客とのコミュニケーション、ビジネスそのものにいたるまで、ITの領域は広がりビジネスデータが増加している。そこで重要さを増しているのが、バックアップだ。EMC NetWorkerは、さまざまなものを統合バックアップできること、そしてバックアップの実効性を高める工夫が多数盛り込まれていることが特長だ。(2012/12/26)

使えば使うほど得になる:
PR:VMwareにはこれに適したバックアップ手段がある
導入も進んで珍しいものではなくなっている仮想化環境だが、物理環境とは異なる点を考慮しなければならない問題も存在する。その1つがバックアップだ。仮想化環境にはそれに適したバックアップのやり方がある(2012/11/29)

「EMC Data Domain」連携バックアップソリューション
データベースのバックアップ高速化や低コストDR環境を実現する方法
多くの企業がデータの保護対策に課題を抱えている中、重複排除アプライアンスと主要なアプリケーションやバックアップソフトを組み合わせるバックアップソリューションが注目を集めている。(2012/7/27)

EMCがデータの重複排除製品群を刷新 企業ユーザーのテープ脱却を促す
大規模環境向け「Data Domain」および中小環境向け「Avamar」それぞれで新製品を発売。両ブランドの製品統合も一歩進んだ。(2012/7/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。