ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バックアップ」最新記事一覧

コンピュータシステムのデータや設定について、重複して記憶装置に保存し、現用系とは別に取得しておく行為。システムの運用管理をセキュリティの面から考慮するに当たって必須なのが、現用系データのバックアップと世代管理である。
バックアップ − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
Competition:エンタープライズ・バックアップ&リカバリ・ソフトウェア15製品 − @IT
「バックアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

360度データ管理とは:
ベリタスがバックアップツールをバージョンアップ、仮想化やクラウド対応機能を強化
ベリタステクノロジーズは、バックアップ製品の最新版「Veritas NetBackup 8.0」を提供開始した。Windows Server 2016とVMware vSphere 2016に対応し、Microsoft AzureやOpenStackなどクラウドストレージへの互換性を強化した。(2016/12/7)

Tech TIPS:
Gmailのメールデータをバックアップする
Gmailのメールデータをバックアップして、不測の事態などに備えよう。グーグルが提供するバックアップサービス「Takeout」を使えば簡単にアーカイブを作成して、ダウンロードできる。(2016/12/5)

トランプ大統領誕生前に、Internet Archiveがカナダにバックアップ構築へ
誰もが自由に利用できるインターネット図書館を目指す米非営利団体Internet Archiveが、ドナルド・トランプ政権立ち上げ前に、データを守るためにカナダにバックアップを構築しようとしている。現在、そのための寄付を求めている。(2016/11/30)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない
国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。(2016/11/30)

半径300メートルのIT:
「クラウドバックアップ」で大迷惑、あなたはやらかしてないですか
クラウドバックアップでうっかり“やらかして”しまい、世間に大迷惑を掛けてしまいました。そのてんまつとは?(2016/11/29)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

「フラッシュ」「スモールスタート」「クラウド」「ソフトウェア化」がテーマ:
デルとEMCジャパンが、HCIとストレージで柔軟性向上を目指す大量の新製品を国内投入
デルとEMCジャパンは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)およびストレージの新製品群を国内発表にした。新製品は、Dell PowerEdgeサーバを採用したHCI製品「Dell EMC VxRail」「Delll EMC VxRack」の新機種、ハイエンドストレージシリーズ「Dell EMC VMAX」の最下位機種である「Dell EMC VMAX 250F/FX」、そしてバックアップストレージ「Dell EMC Data Domain」の新機種、新OSおよび仮想アプライアンス版の強化。(2016/11/18)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
運用コストを12分の1まで削減、Yahoo! Japanが教えるDBバックアップ効率化
システム運用で欠かせないものの、負担も大きいのがバックアップだ。近年のシステムでは重複排除技術が進歩し、大幅な時間短縮やディスクスペースの節約などにより、運用負荷を削減できる。その効果を日本最大級のサービス基盤を運用するYahoo! Japanの事例から探る。(2016/11/14)

マイクロソフトがAzure Site Recovery/Backupなどで実現できることを紹介:
ランサムウェア被害に向け、FBIが企業に示した「最低限のバックアップ対策」とは
FBIが発表したランサムウェア攻撃に対する企業向けガイドラインを踏まえ、マイクロソフトがランサムウェア攻撃に関する現状と課題を解説。あらためて両者が伝えた、「最低限のバックアップ対策手段」とは何か。(2016/11/9)

クイックスタート、高可用性バックアップ、IP単位のアクセス制御など:
マイクロソフト、NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」の機能を多数強化
マイクロソフトのクラウド型NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」に、多くの新機能が追加/強化。クイックスタート、高可用性バックアップ、IP単位のアクセス制御などの機能が備わった。(2016/11/8)

半径300メートルのIT:
誤ってデータをなくさないために “母艦なし”時代のスマホバックアップを考える
スマホに保存した多くのデータは今や、自動でクラウドにバックアップできるようになりました。でも、安心して任せっきりにしていると、思わぬデータを失うハメになるかもしれません。(2016/11/8)

身代金は払うべきではない
米国では1日4000件、避けられない医療機関に対するランサムウェア攻撃をどう防ぐ?
医療機関に対するランサムウェア攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。専門家によると、攻撃に対する多面的な防御措置とバックアップが医療機関を守る鍵になるという。 (2016/11/8)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ランサムウェア対策としてのバックアップ――データが人質になる前にすべきこと
近年、猛威を振るうランサムウェア。セキュリティ製品を導入しても、社員のITリテラシーが高くとも“100%の安全”はない。そこで、万が一、感染しても被害を出さないためのバックアップについて、確実に押さえておきたいポイントを解説する。(2016/11/4)

自然災害に備えたDR/BCP対策は急務
震災後にも業務が止まらなかった、バックアップの真の価値とは
2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。(2016/11/11)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第3回】
1製品でカバーできる、「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
バックアップサーバとバックアップ保存先ストレージを併せ持ち、1つのバックアップ製品で環境全体をバックアップできる「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/26)

オンプレミスのクラウドサービスも登場し、全ての利用形態に対応:
PR:国内大手6社が総力を挙げた活用加速を約束。パートナーエコシステムの拡充で、より安心して使えるDB基盤へと進化したOracle Exadata──Oracle Database Enterprise Cloud Infrastructure Summitレポート
国内主要SIer 6社がOracle Exadata活用の全面バックアップを強く宣言した。パブリッククラウドに加えてオンプレミス環境上のクラウドサービスも登場し、企業のあらゆる利用形態に対応。データベースに関して企業が抱える全ての課題を解決するシステム基盤として、Oracle Exadataはさらに進化した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/10/24)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第2回】
既存環境を変えない、「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
重複排除機能、レプリケーション機能を持ったバックアップ保存先ストレージ「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/24)

FAニュース:
クラウドを使ってインバータの管理や保守作業を効率化
安川電機は自社製インバータ向けのクラウドサービス「YASKAWA Drive Cloud」を提供開始した。該当製品のパラメータやトラブルシュート情報にアクセスできるほか、パラメータの調整結果やメンテナンス情報などをバックアップする用途を見込む。(2016/10/20)

革新が求められている企業のデータ保護戦略
単なるバックアップとは違う「包括的データ保護」に必要な“5つのC”とは?
データの可用性確保やデータ管理を含めた包括的なデータ保護を進めるために、企業に求められることとは何か。主要な5つのポイントを紹介する。(2016/10/17)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェアからデータを守る「正しいバックアップ」の方法
企業を狙うランサムウェアが急増する中、その対策としてバックアップに注目が集まる。ランサムウェア対策を主眼に置いたバックアップでは、一般的なデータバックアップと異なる要件が幾つかあるが、なかでも重複排除技術が大きな鍵となってくる。(2016/10/17)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
Yahoo! JAPANがOracle DB基盤バックアップ時間を大幅削減した重複排除技術とは
巨大なシステム基盤を擁するYahoo! JAPANは、Oracle Database基盤のバックアップ、災害対策の遠隔レプリケーションの長時間化に課題を感じ、重複排除技術の検証を実施した。同社の導入事例を基に検証結果を紹介する。(2016/10/17)

私物のiPhoneでもデータバックアップすべき?
個人に押し付けると破綻――モバイルデバイスのバックアップを企業が行うべき理由
モバイルデバイスのバックアップは、従来のバックアップとは別の方法で行うべきだ。企業で進むモバイルデバイスを確実に保護するために必要なガイドラインを確認しよう。(2016/10/12)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(4):
PR:本当にどの時点にもリカバリーできるの? 最適なバックアップ手法は運動会の「写真/ビデオ撮影」で考えよう!
そのシステム、今のバックアップ要件で本当に「思い通りに」戻せますか? 実は、一般的なバックアップ設計では、思い通りには戻せない場合があります。今回は、ふいに発生したアクシデントに対応する方法を、運動会の「ビデオ撮影」と「写真」を題材にじっくり考えてみましょう。[高可用性/災害対策][運用管理効率化][Oracle Database 12c][Zero Data Loss Recovery Appliance](2016/10/11)

週刊少年チャンピオン×ねとらぼ:
近未来SFマンガ「AIの遺電子」出張掲載 第1話「バックアップ」
元IT記者・山田胡瓜先生が描く“近未来版ブラック・ジャック”。ねとらぼに降臨!!(2016/10/8)

総当たり攻撃が40倍容易に
新iPhoneは大丈夫? 「iOS 10」のパスワード照合に脆弱性で心配の声
Appleの最新モバイルOS「iOS 10」のパスワード照合に脆弱性があることが分かった。ローカルバックアップのセキュリティが大きく低下し、攻撃者がパスワードなどの機密データを入手する危険性がある。(2016/10/5)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(3):
PR:バックアップさえしていれば本当に完璧なリカバリーができるの?──“カンニング”ではダメ! 100点のリカバリーを実現する方法を考えよう!
なぜデータベースのバックアップを取得するのでしょうか? もちろん、万一の障害が発生した際にバックアップを使用してリカバリーするためです。では、そのリカバリー計画は確実なものだと自信を持って言えますか? このような質問をすると、多くの方が「正しいプロセスでバックアップを取得しているから大丈夫」と答えます。しかし、ちょっと待ってください。本当に大切なのは「バックアップを取得すること」ではありません。さて、それはどういうことでしょうか? 詳しく解説していきます。[運用管理効率化][Oracle Database 12c](2016/10/3)

IoT時代に求められる低コストと大容量
徹底解説:一度は消えかけた「テープバックアップ」が復活した理由
不当な非難を受けていたテープベースのバックアップが、現代に復活しようとしている。企業にとってテープが優れたデータバックアップの選択肢になる3つの理由を紹介しよう。(2016/10/3)

「iOS 10」のiTunes経由バックアップに脆弱性、「アップデートで修正する」とApple
iPhone あるいはiPadのデータをMacあるいはPCにバックアップする際のアルゴリズムが「iOS 10」で変更され、クラックが従来より容易になったと、ロシアのセキュリティ企業が指摘した。Appleは今後のアップデートでこの脆弱性を修正するとしている。(2016/9/26)

いざというとき、本当に役に立つか
不安ばかりのモバイルデータバックアップ、転ばぬ先のテスト法
企業でリモートワークを活用する場合、バックアップとリストアの問題が浮上する。モバイルデータの保護を高めるためには、バックアップとリストアの機能をテストしておくことが不可欠だ。(2016/9/15)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第1回】
クラウド全盛期でも注目を集める、2種類のバックアップアプライアンスとは?
「バックアップ専用アプライアンス」には、「ターゲット型」と「統合型」の2種類の選択肢がある。バックアップシステムを構成するコンポーネントを基に、両者の違いを解説する。(2016/9/12)

三井住友銀行、勘定系システムのBCPを大幅強化、NECが支援
NECは、三井住友銀行の勘定系システムで東日本・西日本の両データセンター間での相互バックアップ環境を構築。メガバンクの基幹システムの大幅なBCP強化を実現したという。(2016/9/6)

アナログ回路設計講座(7):
PR:新たな飛躍を遂げたバッテリ・スタック管理
今回は、電気自動車などに搭載されるマルチセル・バッテリ用モニタ・デバイスが、安全、精度、機能、開発ツール・サポートの面でどのような進歩を遂げてきたかを紹介していく。これまでの進歩を振り返ってみれば、バッテリ・バックアップ・システムからパワード・スーツまでさまざまなアプリケーションにおいて高電圧バッテリ・パックが今後どれだけのペースで普及するかを予測する手がかりになるかもしれません。(2016/9/1)

バックアップ見直しの契機に
今更聞けない「ハイパーコンバージド」のバックアップ、その解決策は?
効率的なインフラ構築に役立つ「ハイパーコンバージドインフラ」。導入の際には、データ保護に関して従来とは異なる工夫が必要になる。その内容を詳しく見ていこう。(2016/8/31)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ランサムウェア対策の最後の砦に「仮想テープライブラリ」が選ばれる理由
ランサムウェアの侵入を許した場合でも、正しくリストアできるバックアップデータを安全な場所に確保しておけば業務を継続できる。そこでバックアップの重要性を再認識した企業では、仮想テープライブラリ製品を導入するケースが増えている。(2016/9/6)

眠らせるのはもったいない、有効活用するDR
そのバックアップ本当に動く? 「やっているつもり」DRから脱却
DRとして仮想化システムやデータのバックアップを取ったものの、有事のときに本当に正常に再稼働できるのか。「やっているつもり」DRから脱却するにはどうすればいいのだろうか。(2016/8/25)

「エージェント方式」「VADP方式」の弱点を克服せよ
ソフトウェアCDPで可能になる新時代の「仮想マシン単位」バックアップとは
仮想環境の導入は今や当たり前となった。そこで問題なのが仮想マシンのバックアップだ。複数の方法があるがどれもメリットとデメリットがある。双方を一緒に解決できないものだろうか?(2016/8/29)

Adobe、「Experience Manager」の脆弱性を修正
入力値検証やバックアップなどの機能に4件の脆弱性があり、悪用されればクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けられたり情報が流出したりする恐れがある。(2016/8/10)

デルタ航空、本社停電で740便以上欠航 バックアップシステムへの切替失敗
米Delta Air Linesのアトランタにある本社で8月8日未明に停電があり、その影響で740便以上が欠航になった。バックアップシステムへの切り替え失敗の原因などについて、現在調査中だ。(2016/8/9)

目標復旧時間と目標復旧地点は人それぞれ
「ランサムウェア」対策に有効なバックアップ、どこまでやれば安心か
身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」は脅威だが、適切なバックアップの戦略を立てれば、ランサムウェアの攻撃を受けてもデータを復元できる。ただしどの時点まで復旧すれば満足かの目標はビジネスごとに違う。(2016/8/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(30):
サーバ屋がデータを飛ばしただと? 1億円払ってもらえ!
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「レンタルサーバに保管したデータの保全責任」をめぐる裁判を紹介する。誰もバックアップを取っていたなかったデータが消滅したら、誰が責任を取るべきなのか?(2016/8/1)

「ぜいたくすぎない?」という指摘にどう反論する?
こんな場合はバックアップ先に「SSD」を選択すべきだ
企業システムのバックアップメディアにフラッシュストレージを採用すべきかどうかの判断には、コストとパフォーマンスという明確な基準の他にも、多くの要因が影響する。(2016/7/28)

REST APIを通じたバックアップ自動化が可能「え? こんなに簡単なの?」:
PR:バックアップ分野で初!? ハイパーコンバージド型アプライアンス「Rubrik」の“全く新しいアプローチ”とは
クラウドやIoT、仮想化技術などの新しいテクノロジーの普及によって、データ量が爆発的に増大している。また、限られた容量のデータだけを管理すればよかった時代は過ぎ去り、企業は「データ分析」や「データドリブン」を実践するために、データを全て保管する運用が一般的になった。つまり、バックアップの容量と費用も右肩上がりで、運用管理者の悩みも爆発的に増大しているということだ。そんな深刻な課題に直面するエンタープライズバックアップの分野で、“全く新しいアプローチ”で解決できるとうたうバックアップ製品が登場したのをご存じだろうか。(2016/7/27)

重要なのは防壁が破られた後
「仮想テープライブラリ」でランサムウェアに負けないバックアップを構築せよ
ランサムウェア被害が国内で急増した。今あらためて「バックアップ」の重要性が指摘されている。当たり前なのに徹底できないことも多いこの問題に対して、企業はどのように向き合うべきなのだろうか?(2016/7/22)

広域負荷分散が月250円から:
IDCフロンティア、「IDCFクラウド」を強化──広域冗長化/バックアップ自動切り替え機能を追加
IDCフロンティアは、クラウドサービス「IDCFクラウド」の機能を強化。負荷分散や障害時のサーバ自動切り替えを実現する、「GSLB(Global Server Load Balancing)」機能を追加した。(2016/7/22)

バックアップなどにパブリッククラウドを使う? ベリタスが手の内明かす
多くの企業が何らかの形でクラウドを導入しているが、データやシステムのバックアップ、災害対策にはオンプレミスを好む傾向が強いという。ベリタスが予定している取り組みを説明した。(2016/7/21)

7月29日を乗り越えろ:
いつでもWindows 10に無償アップグレードできる環境を構築する――バックアップ編
Windows 10の無償アップグレード期限は7月29日。これまで先延ばしにしてきたユーザーーにも決断の時が迫っている……が、NASを使えば決断しなくてもいいのだ。(2016/7/20)

いつもの方法ではデータを守れない!?:
PR:ランサムウェア対策のバックアップで必ず押さえるべき3つの要件
国内でも感染被害が拡大しているランサムウェアは、事業継続を脅かす存在だ。実際に診療データを人質にとられた米国の医療機関が身代金の支払いを余儀なくされた事態も起きている。その対策にはバックアップが有効とされるが、実はランサムウェアの特性を考慮しないと失敗しかねないのだ。(2016/7/11)

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート
「バックアップ」と「性能」、主要仮想化技術に潜む根深い課題
TechTargetジャパンは2016年4〜5月に、「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/7/11)

混在環境で複雑なバックアップ運用をシンプル・簡単に
読者調査に見る、複雑化するバックアップ/リカバリーの課題を解決する条件とは?
IT環境が物理/仮想と混在して複雑化する中、日々のバックアップ運用に苦労するIT担当者は少なくない。少人数で対応している現場はなおさらだ。満足できるバックアップ製品に求められる要素とは何だろうか。(2016/6/27)

友達の“ピン留め”も:
iPhone版LINE、iCloudでトーク履歴を引き継ぐ新機能などを追加
iOS向けLINEの最新バージョン6.4.0が公開され、トーク履歴のバックアップ機能などが追加された。(2016/6/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。