ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バックアップ」最新記事一覧

コンピュータシステムのデータや設定について、重複して記憶装置に保存し、現用系とは別に取得しておく行為。システムの運用管理をセキュリティの面から考慮するに当たって必須なのが、現用系データのバックアップと世代管理である。
バックアップ − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
Competition:エンタープライズ・バックアップ&リカバリ・ソフトウェア15製品 − @IT
「バックアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

スナップショット作成前後にI/O制御のスクリプトを実行して実現:
Azure Backupで、「アプリケーション整合性を確保」したLinux仮想マシンのバックアップが可能に
マイクロソフトは「Azure Backup」で、「アプリケーション整合性を確保」したLinux仮想マシンのバックアップを可能にする機能を追加。MySQL、InterSystems Cache、SAP HANA用のサンプルスクリプトをGitHubで公開する。(2017/3/24)

Google、「Duo」の通話機能や「フォト」の簡易バックアップなど、遅い回線に優しい新機能
これまで動画チャットのみだった1対1メッセージングアプリ「Duo」が音声のみの通話に対応し、「Googleフォト」では遅い回線ではとりあえず軽いプレビュー画像をバックアップ/共有できるようになる。(2017/3/23)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第3回】
バックアップツールの主要機能、重複排除、レプリケーション、DRを押さえる
バックアップツールを用いれば、重複排除やレプリケーション、災害対策(DR)が可能だ。今後は、バックアップデータをビジネスに活用するためのデータの可視化が注目を集める。(2017/3/23)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第2回】
クラウド/仮想化時代に知っておきたい、バックアップの種類、方法、格納先
企業システムで求められるバックアップ要件を基に、バックアップの種類や手法、格納先、そして仮想環境のバックアップ方法について解説する。(2017/3/22)

Linux VMでも瞬時リカバリーが可能に:
マイクロソフト、Azure Linux VM向け「インスタントファイルリカバリー」機能を公開
Azure Linux VM向けにも、バックアップから瞬時にリカバリーできる「インスタントファイルリカバリー機能」が実装された。(2017/3/21)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

スパム業者が14億人もの個人情報を所持、1日に10億件の迷惑メール送信 誤って公開されたバックアップデータから明らかに
セキュリティ研究チームが一般公開されたファイルから発見しました。(2017/3/9)

蓄電・発電機器:
タフになったブラザーの燃料電池、水素の地産地消にも
ブラザー工業は「FC EXPO 2017」に出展し、新規事業の一環として開発した燃料電池システムを披露した。水素燃料を搭載した従来より耐久性を高めるなど改良を加えており、インフラなどのバックアップ電源としての用途を見込む。大型のモデルを活用し、岐阜県で産学官の連携による水素エネルギーの地産地消も推進中だ。(2017/3/7)

超入門BitLocker:
最終回 BitLockerよくある質問集
BitLockerで気になる幾つかの疑問点などについて、Q&A形式でまとめておく。回復キーのバックアップ方法や独自のキーの作り方、互換性などについて取り上げる。(2017/3/6)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2017/3/6)

バックアップソフトを使わず、あらゆるデータをNASにバックアップする方法
スマホやタブレット全盛の今、家庭内のデータをまとめて保存し、複数のデバイスから利用できるストレージとして注目を集めているのがNASだ。今回は、ほかのサーバの中にあるデータをSynology NASにバックアップできる「Active Backup」の特徴と具体的な手順を紹介する。(2017/2/28)

機密データを公にさらす
バックアップが役に立たない? 新型ランサムウェア「ドキシウェア」の脅威
新型のランサムウェアだといわれる「ドキシウェア」は、従来のランサムウェアと何が違うのか。専門家の声を基に、その実態を探る。(2017/2/28)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第1回】
いまさら聞けない、バックアップ技術の学習で欠かせない3つの基礎
バックアップ技術を学習する上で必要になる前提知識として、リストア、必要な資源、サービスレベルの3点について解説する。(2017/2/27)

情報管理/ガバナンス基盤のクラウド対応を支援:
ベリタスとマイクロソフト、Azureへのデータ移行とハイブリッドバックアップ体制を強化
ベリタステクノロジーズとマイクロソフトがクラウドでのデータ管理で協業を強化。情報管理/ガバナンス基盤である「Veritas Enterprise Vault.cloud」をAzureで運用できるよう支援し、既存のデータをAzureへスムーズに移行させるツールを共同で販売する。(2017/2/24)

「iOS 10.1」と「iOS 10.2」では修正済み
一体なぜ? 数分で破られた「iOS 10」ローカルバックアップパスワードの脆弱性
2016年、「iOS 10」のパスワード照合システムに不備があり、ハッカーがローカルバックアップを容易に解読できてしまうという問題が発覚した。どうすればこの問題は防げたのだろうか。(2017/2/23)

ユーザー企業は「価格重視」志向
調査で分かったバックアップアプライアンス市場動向、「ディスク」「クラウド」に注目
今は大量のデータが急速に生成され、それに伴ってリスクが増加している時代だ。そんな状況におけるバックアップ市場のニーズを満たしているのが、クラウドとディスクベースのストレージアプライアンスだ。(2017/2/21)

運用管理者は「システムのお守り役」ではなく「サービス提供者」:
PR:バックアップ運用自動化で、攻めと守り、両方に寄与する方法
デジタルトランスフォーメーションも進展し、ビジネスに一層のスピードと効率が求められている中、それを支えるインフラ運用にも変革が求められている。特に今、多くの企業が取り組んでいるのが運用自動化だ。中でも運用効率向上、コスト/管理負荷低減といった自動化の成果を獲得しやすい領域として「バックアップ運用」の自動化が注目されている。では運用自動化で成果を獲得するためには何がポイントになるのだろうか。数多くの自動化案件を手掛ける伊藤忠テクノソリューションズに話を聞いた。(2017/2/28)

iPhoneのバックアップ情報を盗むマルウェア、Macを狙う亜種が出現
セキュリティ企業では、ロシアの関与が疑われる大規模サイバースパイ活動との関係も指摘している。(2017/2/16)

バックアップをきめ細かく管理可能に:
マイクロソフト、Azure VM上のSQL Server 2016向けバックアップ管理機能を強化
マイクロソフトが「Microsoft Azureの仮想マシン(Azure VM)上に構築したSQL Server 2016システム」向けの自動バックアップ機能を大幅に改良。バックアップをきめ細かく管理できるようにした。(2017/2/7)

SynologyのNASで、バックアップ・マスターの称号を手に入れる:
NASのバックアップ先は、外部HDD? それともクラウド?
スマホやタブレット全盛の今、家庭内のデータをまとめて保存し、複数のデバイスから利用できるストレージとして注目を集めているのがNASだ。今回はSynologyのNASキットを例に、データを安全に外部にバックアップする2つの方法について、その特徴と具体的な手順を紹介しよう。(2017/1/31)

数カ月放置した車でも大丈夫:
eCall向けバックアップ電源を長寿命化する充電IC
Intersil(インターシル)は「第9回 国際カーエレクトロニクス技術展」(2017年1月18〜20日、東京ビッグサイト)で、「eCall」などの自動緊急通報システム向けに、充電IC「ISL78693」を発表した。自動緊急通報システムのバックアップ電源の充電状態をより長い期間、維持できるようになる。(2017/1/26)

セキュリティ対策もクラウドベースの時代に:
PR:モバイル&クラウド時代に最適なクラウドセキュリティとは――多くの導入実績から得られた知見とノウハウが企業のワークスタイル変革を強力に後押し
モバイル/クラウドが普及し、多くの企業がその利用に積極的になってきている。しかし、いまだに安全性を懸念する企業も多い。ソフトバンク・テクノロジーは、運用管理負荷やコストが小さく、高度なセキュリティ対策を「Enterprise Mobility+Security(EMS)」で実現し、数多くの導入実績から得られた知見とノウハウを持って、企業のワークスタイル変革を力強くバックアップする。(2017/1/18)

29年前のバックアップ電池が生きていた! 「ドラクエIII」会心のセーブデータが生存確認
データの中身は、全戦闘を回避しつつ「まほうのかぎ」と「さとりのしょ」を手に入れた努力の結晶。(2017/1/17)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【前編】
コンテナ“一強”時代に変化の兆し、 SSDは高密度競争へ
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。前編ではクラウド間バックアップ、コンテナ、大容量SSDがテーマだ。(2017/1/17)

パラゴン、システムまるごと保存もできるMac用バックアップソフト「Paragon Hard Disk Manager for Mac」
パラゴン ソフトウェアは、Mac OS用バックアップソフト「Paragon Hard Disk Manager for Mac」の販売を開始する。(2017/1/10)

バックアップ初心者から卒業! Synology NASで構築するPC・スマホのデータバックアップ環境
外出先に持ち出すことが多いノートPCやスマホは、落下などによる破損や盗難による紛失の危険もあり、バックアップの重要性は高い。今回はPCおよびスマホのデータを、SynologyのNASにバックアップする方法を紹介しよう。(2016/12/28)

貴重な情報を失わないために
災害対策の基本、データセンターを正しく停止させるためのチェックリスト
データセンターを停止させる場合に備えたチェックリストを作っておけば、電源を落として貴重な情報が失われる前に、ITチームがバックアップとテスト、システム確認を重点的に行う一助となる。(2016/12/21)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

古典的な“物理的”手法に要警戒
「何かあったら被害甚大」なテープバックアップの確実なセキュリティ対策とは
テープは携帯性に優れ、テラバイト規模のデータを1本のカートリッジに記録できる。それだけに適切なセキュリティ対策が不可欠だ。(2016/12/15)

山市良のうぃんどうず日記(80):
覚えておいて損はなし! Windows 10の「フルバックアップ」と「ベアメタル回復」の実行手順
Windowsには「ベアメタル回復」に対応したバックアップツールが標準搭載されています。毎月、あるいは数カ月に一度でもよいので、手が空いたときベアメタル回復用のフルバックアップを作成しておくことをお勧めします。(2016/12/13)

技術革新で100TB超へ
高額な大容量SSDがバックアップ用途でも普及、HDD置き換えが急速に進む理由は
大容量SSDは、バックアップとリカバリーの計画にメリットをもたらす可能性がある。SSDを使用することでバックアップ処理時間はどのように短縮されるのだろうか。(2016/12/13)

360度データ管理とは:
ベリタスがバックアップツールをバージョンアップ、仮想化やクラウド対応機能を強化
ベリタステクノロジーズは、バックアップ製品の最新版「Veritas NetBackup 8.0」を提供開始した。Windows Server 2016とVMware vSphere 2016に対応し、Microsoft AzureやOpenStackなどクラウドストレージへの互換性を強化した。(2016/12/7)

Tech TIPS:
Gmailのメールデータをバックアップする
Gmailのメールデータをバックアップして、不測の事態などに備えよう。グーグルが提供するバックアップサービス「Takeout」を使えば簡単にアーカイブを作成して、ダウンロードできる。(2016/12/5)

トランプ大統領誕生前に、Internet Archiveがカナダにバックアップ構築へ
誰もが自由に利用できるインターネット図書館を目指す米非営利団体Internet Archiveが、ドナルド・トランプ政権立ち上げ前に、データを守るためにカナダにバックアップを構築しようとしている。現在、そのための寄付を求めている。(2016/11/30)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない
国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。(2016/11/30)

半径300メートルのIT:
「クラウドバックアップ」で大迷惑、あなたはやらかしてないですか
クラウドバックアップでうっかり“やらかして”しまい、世間に大迷惑を掛けてしまいました。そのてんまつとは?(2016/11/29)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

「フラッシュ」「スモールスタート」「クラウド」「ソフトウェア化」がテーマ:
デルとEMCジャパンが、HCIとストレージで柔軟性向上を目指す大量の新製品を国内投入
デルとEMCジャパンは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)およびストレージの新製品群を国内発表にした。新製品は、Dell PowerEdgeサーバを採用したHCI製品「Dell EMC VxRail」「Delll EMC VxRack」の新機種、ハイエンドストレージシリーズ「Dell EMC VMAX」の最下位機種である「Dell EMC VMAX 250F/FX」、そしてバックアップストレージ「Dell EMC Data Domain」の新機種、新OSおよび仮想アプライアンス版の強化。(2016/11/18)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
運用コストを12分の1まで削減、Yahoo! Japanが教えるDBバックアップ効率化
システム運用で欠かせないものの、負担も大きいのがバックアップだ。近年のシステムでは重複排除技術が進歩し、大幅な時間短縮やディスクスペースの節約などにより、運用負荷を削減できる。その効果を日本最大級のサービス基盤を運用するYahoo! Japanの事例から探る。(2016/11/14)

マイクロソフトがAzure Site Recovery/Backupなどで実現できることを紹介:
ランサムウェア被害に向け、FBIが企業に示した「最低限のバックアップ対策」とは
FBIが発表したランサムウェア攻撃に対する企業向けガイドラインを踏まえ、マイクロソフトがランサムウェア攻撃に関する現状と課題を解説。あらためて両者が伝えた、「最低限のバックアップ対策手段」とは何か。(2016/11/9)

クイックスタート、高可用性バックアップ、IP単位のアクセス制御など:
マイクロソフト、NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」の機能を多数強化
マイクロソフトのクラウド型NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」に、多くの新機能が追加/強化。クイックスタート、高可用性バックアップ、IP単位のアクセス制御などの機能が備わった。(2016/11/8)

半径300メートルのIT:
誤ってデータをなくさないために “母艦なし”時代のスマホバックアップを考える
スマホに保存した多くのデータは今や、自動でクラウドにバックアップできるようになりました。でも、安心して任せっきりにしていると、思わぬデータを失うハメになるかもしれません。(2016/11/8)

身代金は払うべきではない
米国では1日4000件、避けられない医療機関に対するランサムウェア攻撃をどう防ぐ?
医療機関に対するランサムウェア攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。専門家によると、攻撃に対する多面的な防御措置とバックアップが医療機関を守る鍵になるという。 (2016/11/8)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ランサムウェア対策としてのバックアップ――データが人質になる前にすべきこと
近年、猛威を振るうランサムウェア。セキュリティ製品を導入しても、社員のITリテラシーが高くとも“100%の安全”はない。そこで、万が一、感染しても被害を出さないためのバックアップについて、確実に押さえておきたいポイントを解説する。(2016/11/4)

自然災害に備えたDR/BCP対策は急務
震災後にも業務が止まらなかった、バックアップの真の価値とは
2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。(2016/11/11)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第3回】
1製品でカバーできる、「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
バックアップサーバとバックアップ保存先ストレージを併せ持ち、1つのバックアップ製品で環境全体をバックアップできる「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/26)

オンプレミスのクラウドサービスも登場し、全ての利用形態に対応:
PR:国内大手6社が総力を挙げた活用加速を約束。パートナーエコシステムの拡充で、より安心して使えるDB基盤へと進化したOracle Exadata──Oracle Database Enterprise Cloud Infrastructure Summitレポート
国内主要SIer 6社がOracle Exadata活用の全面バックアップを強く宣言した。パブリッククラウドに加えてオンプレミス環境上のクラウドサービスも登場し、企業のあらゆる利用形態に対応。データベースに関して企業が抱える全ての課題を解決するシステム基盤として、Oracle Exadataはさらに進化した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/10/24)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第2回】
既存環境を変えない、「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
重複排除機能、レプリケーション機能を持ったバックアップ保存先ストレージ「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/24)

FAニュース:
クラウドを使ってインバータの管理や保守作業を効率化
安川電機は自社製インバータ向けのクラウドサービス「YASKAWA Drive Cloud」を提供開始した。該当製品のパラメータやトラブルシュート情報にアクセスできるほか、パラメータの調整結果やメンテナンス情報などをバックアップする用途を見込む。(2016/10/20)

革新が求められている企業のデータ保護戦略
単なるバックアップとは違う「包括的データ保護」に必要な“5つのC”とは?
データの可用性確保やデータ管理を含めた包括的なデータ保護を進めるために、企業に求められることとは何か。主要な5つのポイントを紹介する。(2016/10/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。