ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バックアップ」最新記事一覧

コンピュータシステムのデータや設定について、重複して記憶装置に保存し、現用系とは別に取得しておく行為。システムの運用管理をセキュリティの面から考慮するに当たって必須なのが、現用系データのバックアップと世代管理である。
バックアップ − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
Competition:エンタープライズ・バックアップ&リカバリ・ソフトウェア15製品 − @IT
「バックアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

重要なのは防壁が破られた後
「仮想テープライブラリ」でランサムウェアに負けないバックアップを構築せよ
ランサムウェア被害が国内で急増した。今あらためて「バックアップ」の重要性が指摘されている。当たり前なのに徹底できないことも多いこの問題に対して、企業はどのように向き合うべきなのだろうか?(2016/7/22)

広域負荷分散が月250円から:
IDCフロンティア、「IDCFクラウド」を強化──広域冗長化/バックアップ自動切り替え機能を追加
IDCフロンティアは、クラウドサービス「IDCFクラウド」の機能を強化。負荷分散や障害時のサーバ自動切り替えを実現する、「GSLB(Global Server Load Balancing)」機能を追加した。(2016/7/22)

バックアップなどにパブリッククラウドを使う? ベリタスが手の内明かす
多くの企業が何らかの形でクラウドを導入しているが、データやシステムのバックアップ、災害対策にはオンプレミスを好む傾向が強いという。ベリタスが予定している取り組みを説明した。(2016/7/21)

7月29日を乗り越えろ:
いつでもWindows 10に無償アップグレードできる環境を構築する――バックアップ編
Windows 10の無償アップグレード期限は7月29日。これまで先延ばしにしてきたユーザーーにも決断の時が迫っている……が、NASを使えば決断しなくてもいいのだ。(2016/7/20)

いつもの方法ではデータを守れない!?:
PR:ランサムウェア対策のバックアップで必ず押さえるべき3つの要件
国内でも感染被害が拡大しているランサムウェアは、事業継続を脅かす存在だ。実際に診療データを人質にとられた米国の医療機関が身代金の支払いを余儀なくされた事態も起きている。その対策にはバックアップが有効とされるが、実はランサムウェアの特性を考慮しないと失敗しかねないのだ。(2016/7/11)

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート
「バックアップ」と「性能」、主要仮想化技術に潜む根深い課題
TechTargetジャパンは2016年4〜5月に、「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/7/11)

混在環境で複雑なバックアップ運用をシンプル・簡単に
読者調査に見る、複雑化するバックアップ/リカバリーの課題を解決する条件とは?
IT環境が物理/仮想と混在して複雑化する中、日々のバックアップ運用に苦労するIT担当者は少なくない。少人数で対応している現場はなおさらだ。満足できるバックアップ製品に求められる要素とは何だろうか。(2016/6/27)

友達の“ピン留め”も:
iPhone版LINE、iCloudでトーク履歴を引き継ぐ新機能などを追加
iOS向けLINEの最新バージョン6.4.0が公開され、トーク履歴のバックアップ機能などが追加された。(2016/6/27)

「Rapid Recovery」という解決策:
PR:「バックアップ時間が7.5時間から20分に」「データは一瞬でリストア」の威力
大量データを短時間でバックアップでき、RPOが飛躍的に改善でき、バックアップとリストアの双方が容易で、どこにでもリストアできる。そんな夢のようなバックアップ製品なんてあるわけない?(2016/6/17)

データ保護の課題は予算、拡張性、運用
中堅・中小企業にありがちな「バックアップ製品を軽い気持ちで選んだら大失敗」、ではどう選ぶべき?
中堅・中小企業でもビジネスにITシステムが必要不可欠な現在、データのバックアップやリカバリーは欠かせない。しかし、価格だけに注目して製品を選ぶと失敗してしまうことが多いという。ではどう選べばいいのか?(2016/6/24)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(17):
「Azure復旧サービス」が新しいポータルに統合、Azure Resource Managerにも対応
2016年5月より、クラシックポータルのみで提供されてきたMicrosoft Azureの「Recovery Services(復旧サービス)」が新しいAzureポータルに統合されました。新しいAzureポータルで一貫性のある、ブレード形式のUIで簡単に操作できるだけでなく、Azure Resource ManagerでデプロイされたAzure仮想マシンのバックアップにも対応しました。(2016/6/8)

テープバックアップの代替で今すぐコスト削減:
PR:DBのバックアップはクラウドで! 月3000円台から手軽に始めるOracle Cloud Platform活用
多くの企業がパブリッククラウドのメリットをすぐに得られる活用法の1つが「データベースバックアップ」だ。Oracle Cloud Platformには、テープバックアップの代替から災害復旧サイトの構築、リアルタイム同期による高可用性システムまで、さまざまな用途に対応可能なサービスが用意されている。[パブリッククラウド][Oracle Cloud][Data Integration](2016/6/8)

読者調査で分かった運用担当者のホンネ
解消されない“バックアップの避けられない課題”にどう立ち向かう?
バックアップとストレージ環境に関する読者調査で、バックアップについてのホンネが浮き彫りになった。課題として多く挙げられたのは「バックアップに時間がかかる」など。課題の原因と解決策を提示する。(2016/6/8)

蓄電・発電機器:
住宅電力を丸ごとバックアップ、12kWhの大容量ハイブリッド蓄電池
電子部品メーカーのニチコンは「業界最大級」(同社)とする容量12kWhの家庭用ハイブリッド蓄電システム「ESS-H1L1」を開発した。停電時も家中のほとんどの電気機器などをバックアップできるという大容量と高出力機能を特徴とする。既に受付を開始しており、2016年7月以降順次出荷する予定だ。(2016/6/7)

個人のファイルはどのフォルダに保存? バックアップは?:
NAS初心者のためのSynologyファイルサーバ使いこなし術
NASを快適に使うためのファイル保存術、および大事なファイルをなくさないためのバックアップ術について見ていこう。(2016/5/31)

アーク情報システム、バックアップソフト最新版「HD革命/BackUp Next Ver.3」
最新版では、バックアップしたファイルを復元せずに開く機能やパーティションのセクターバックアップに対応。(2016/5/27)

Appleによるセキュリティ強化の一方で
iPhone/iPadから「iCloud」への自動バックアップがいまだに心配される理由
iOS端末はTouchIDやVPNなどのセキュリティ機能によってデータを保護している。だが、そのデータを「iCloud」にバックアップしている場合、IT部門は非常に不安になるだろう。(2016/5/27)

大量データも超高速バックアップ
Oracle DB運用の最適化と、失敗のないリカバリを両立させる“ここにしかない”方法
日々増え続ける重要なデータのバックアップ運用は、IT担当者の悩みの種だ。複数のデータベースが乱立する環境であっても、バックアップ処理が楽になり、さらにリカバリの確実なテストもできる方法はないだろうか?(2016/5/25)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第15回 サイバー犯罪者視点で考えるデータの守り方
ランサムウェアに備えてデータのバックアップが大切ですが、今回は犯罪者の視点からデータを守るポイントをもう少し掘り下げてみます。(2016/5/25)

DRBDの仕組みを学ぶ(10):
災害対策システム構築に向けた、パブリッククラウドの仮想マシンの準備手順
DRBDとDRBD Proxyを軸に、データを遠隔地にもバックアップして万が一の事態に備える「災害対策システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、“遠隔地”に据えるPaaS型クラウドサービスの仮想マシンの準備手順を解説します。(2016/5/23)

仮想化されているのは半分以下
世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実
世界24カ国の上級管理職1140人を対象に、可用性に関するアンケート調査を実施した。その結果、サーバ仮想化の現状、投資意向、バックアップや災害復旧の体制が見えてきた。(2016/4/21)

IT部長さんのための技術トレンド【第8回】
1回で分かる:仮想マシンを丸ごとバックアップする「VADP」の仕組み
VMwareが提供するバックアップのAPIである「VADP」。仮想マシンを丸ごとバックアップする機能として多くの製品が対応している。このVADPの仕組みやバックアップ動作について詳しく解説する。(2016/4/21)

主要製品/サービスを紹介
クラウド間のデータバックアップ、プロバイダーの選びは何基準?
企業が利用するクラウド間のデータバックアップ技術とそのプロバイダーを選定する際には、コストから製品の機能まで、評価すべき項目は多岐にわたる。(2016/4/18)

抽選で10名様にギフト券5000円分が当たる!
「バックアップに関する調査アンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「ギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2016/4/22)

「OpenStackユーザーよ、CinderボリュームをGoogle Cloud Storageにバックアップしよう」
米グーグルは2016年4月11日(米国時間)、Google Cloud Platformブログで、OpenStackのMitakaリリースに、同社が米レッドハット、Biarcaと協力して開発したCinderバックアップドライバーを提供したことをアピールした。(2016/4/13)

君は「しくじって」ばかりいる彼女を救えるか?
こんなはずではなかったバックアップ、超簡単で“なるほど”な運用術とは
企業のバックアップは地味ながらも重要な業務だ。しかし、ビジネスデータが急増し続ける現状で処理時間と必要な容量の予測は困難だ。しかも、災害対策は必須。急速に変化するバックアップを確実にこなす方法とは。(2016/4/7)

小さな投資でクラウド環境を「お試し」できる
クラウドサービスを“スモールスタート”、はじめの一歩はバックアップから
クラウドサービスの発展により、バックアップやディザスタリカバリも安価に開始できるようになった。しかし、サービスが多様過ぎて選びきれないケースもある。予算と相談して柔軟に選ぶベストな方法はないだろうか。(2016/3/25)

ホワイトペーパー:
止まらない仮想化、悩む情シス……「“スキル不足“が約5割」―仮想環境のバックアップガイド―
企業におけるサーバ仮想化環境導入は7割以上に上るが、仮想環境に対応したバックアップ手段を講じている企業は約4割──。従業員100人以上の企業のIT担当者409人への調査結果から、仮想環境におけるバックアップの課題を読み解く。(2016/3/29)

バックアップとアーカイブの共有化
“最後のリカバリー手段”を超えて進化するバックアップの未来とは
バックアップ製品は進化しており、データのリカバリーだけでなく、いろいろな機能が追加されてきた。どのような機能があり、それがどのように使えるのかを紹介する。(2016/3/28)

ホワイトペーパー:
14製品を徹底比較 自社にマッチする仮想バックアップ製品はどれだ?
高度な機能を持つ仮想環境のバックアップ製品は多数リリースされている。では自社の環境にマッチする製品は果たしてどれなのか? 13ベンダー14製品を徹底比較した本ホワイトペーパーで、じっくり比較検討してみてはいかがだろう。(2016/3/28)

「事業継続対策」に絞り込んだクラウドサービス
構築から運用まで安心してお任せ、中堅・中小企業向けのバックアップのススメ
事業継続対策にバックアップは必須だ。クラウドサービスなら、低コストで確実に、復旧も迅速なバックアップを実現する。中堅・中小企業向けの簡便なパッケージサービスはないだろうか?(2016/3/25)

ホワイトペーパー:
第三者機関が徹底検証 バックアップ課題の解決策としてアプライアンスは有効か?
中堅・中小企業のバックアップにおける課題「運用負荷・バックアップ時間の肥大化」「複雑な導入前準備作業」に対して統合アプライアンス導入は解決策となるのか? データとインタビューから詳しく検証していく。(2016/3/25)

中堅・中小企業の仮想環境におけるバックアップの悩みを解決
「15分以内に復旧させよ」、企業が直面するアベイラビリティの課題をどう解決するか
仮想化が広く浸透し、ITへの依存を高めつつある今日において、データ保護は必須だ。だが、柔軟性に欠ける既存バックアップへの不満は多い。中堅・中小企業でも使いやすい仮想化環境向けバックアップソフトを探る。(2016/3/18)

写真をPCレスでバックアップ iPhone用外付けメモリ「RUF3-AL」の使い勝手は?
PCやネットワーク通信なしで、iPhoneやiPadの写真やビデオをバックアップできるiPhone用の外付けメモリ。バッファローの「RUF3-AL」で、その使い勝手を確認して見ました。(2016/3/16)

今こそ確認したい「バックアップ」と「レプリケーション」の違い
サーバの災害対策、「バックアップを取っている」だけで大丈夫?
ほとんどの企業が行っているサーバのバックアップ。企業の重要なデータを守るのが最大の目的ではあるが、災害対策や事業継続の観点から見た場合、十分な対策ができているだろうか。(2016/3/17)

過度の期待は禁物
そこは変だよ、クラウドベースのバックアップ
クラウドバックアップにはメリットがあるものの、その技術が企業などの“組織”にとっていつも都合がいいものとは限らない。オンプレミスのバックアップが信頼できるケースはまだまだある。(2016/3/8)

システムとデータを効率的にバックアップ
意外と知らない「クラウドでバックアップを取る方法」、その手軽な手段とは
システムやデータのバックアップ先としてクラウドの採用を検討しつつも、実現方法が分からず二の足を踏む企業も少なくない。最近ではコストを抑えた実現手段も登場し、ハードルは下がりつつある。具体策を示す。(2016/2/25)

米政府は「バックアップ」ミスのせいでAppleにiPhoneバックドア強制?
AppleへのiPhoneバックドア強制問題に、iPhoneバックアップ問題が加わった。(2016/2/20)

R25スマホ情報局:
画面が割れたスマホ、マウスで操作!
スマホの画面が割れて操作ができなくなった! そんなときに役立つのがマウス。Android端末の多くはマウス操作に対応するので、修理に出す前にデータのバックアップなどができます。(2016/2/18)

gooスマホ部:
LINEのトーク履歴バックアップデータがLINE_Backupフォルダに保存されない
トーク履歴をバックアップしても、PCにつないでLINE_Backupフォルダを見ると何も保存されていません。見る場所が違うのでしょうか?(2016/2/18)

新生ベリタスが事業戦略発表、バックアップの“先”も展開
シマンテックから分社・独立したベリタスが国内事業を本格始動させた。従来のバックアップの中核にしつつ、「情報管理」ソリューションを展開する。(2016/2/15)

OpenCL開発をバックアップ、「Cyclone V」搭載の開発ボード
マクニカが「Cyclone V SoC」を搭載した開発ボード「Mpression Sodia」を発売する。OpenCLなどを利用した組み込み向け画像処理プラットフォームとしての柔軟性を有し、サンプルデザインも公開される。(2016/2/15)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2016/2/8)

第2の「Palmi」誕生を支援、高精度ハードウェア量産化をマクニカとVAIOがバックアップ
技術商社のマクニカがPC製造のVAIOと協業、ハードウェア量産化支援サービスを開始する。量産化を前提としたプロジェクトを技術と生産の両面から支援する、より“プロ”向けのサービスとなる。(2016/2/4)

中規模企業向けに仮想化混在環境+Linux機能を強化:
中小企業の“BCP/DR対策”を身近に 統合バックアップソフトの最新版「Arcserve UDP v6」
クラウド時代の混在したシステムのバックアップを、速く簡単に──。Arcserve Japanが、統合バックアップソフトの新バージョン「Arcserve UDP v6」を発表した。仮想化統合基盤に関わる要件や事業継続性対策の課題をカバーする機能を強化し、中規模企業層へ訴求する。(2016/2/4)

お助けナースが解決よ【バックアップ/リカバリ編】
マンガ:手間とコストで到底無理!? 全拠点のファイルサーバのデータ、どうやって保護する?
DS商事の情報システム部門で働くバリ男(35歳)に、合併先である競合物産も含めた「全拠点のファイルサーバおよびPCデータをバックアップせよ」との指示が下された。お助けナース、リカの助言とは?(2016/1/28)

開発支援から資金調達まで、村田製作所バックアップのIoTアイデアコンテスト
村田製作所とクラウドファンディング「Makuake」が共同で、開発支援から資金調達までをサポートするハードウェア製作支援プログラムを実施する。(2016/1/26)

データベースクラウドに求められる3つの要件(2):
PR:統合データベース環境の運用効率化に「マルチテナント」と「Zero Data Loss Recovery Appliance」は使えるか?
多数のデータベースを集約したプライベートクラウドの管理において、バックアップの運用をどうするかは悩ましい課題だ。データベースの数が多ければ当然、作業が煩雑になる他、作業ミスで重要なデータを失うリスクも高まる。Oracle Database 12cの「マルチテナントアーキテクチャ」と「Zero Data Loss Recovery Appliance」ならば、この問題をスマートに解決できる。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/1/25)

リニアテクノロジー LTC3643:
双方向動作の高電圧昇圧コンデンサチャージャー
リニアテクノロジーは、システムバックアップのため、自動的に降圧レギュレータに切り替わる双方向動作の高電圧昇圧コンデンサチャージャー「LTC3643」を発売した。(2016/1/20)

ホワイトペーパー:
マンガで分かる重複排除ディスクバックアップ、3つのメリット
バックアップ時に、データの重複部分を排除して保存することでさまざまなメリットを享受することができる。本項では、この重複排除機能を搭載したディスクバックアップの利点をマンガで分かりやすく解説。任意の場所で重複排除処理が行えるアプライアンスについても紹介する。(2016/1/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。