ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バックアップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コンピュータシステムのデータや設定について、重複して記憶装置に保存し、現用系とは別に取得しておく行為。システムの運用管理をセキュリティの面から考慮するに当たって必須なのが、現用系データのバックアップと世代管理である。
バックアップ − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
Competition:エンタープライズ・バックアップ&リカバリ・ソフトウェア15製品 − @IT
「バックアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

仮想バックアップの次なる進化
GDPRで変化する仮想バックアップ市場、テープデータの移行需要が拡大か
一般データ保護規則(GDPR)が企業のデータ保護プロセスに重くのしかかっている。仮想バックアップも例外ではない。データの量が増加するにつれて、全体的な管理も重要になるだろう。(2018/6/19)

ランサムウェアをブロックするクラウドバックアップ
これがランサムウェア対策の決定打、暗号化させないクラウドバックアップとは
ランサムウェア対策として今、バックアップが脚光を浴びている。特に注目したいのは、ランサムウェアを検知、遮断する機能を持つクラウドバックアップだ。(2018/6/15)

山市良のうぃんどうず日記(129):
続・フルバックアップからのWindows 10の復元が失敗!? でもそれが最後の希望だとしたら……
前回は、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)へのアップグレードが失敗する古いPCで、Windows 10 バージョン1803をクリーンインストールする実験的な試み(筆者としては成功)を紹介しました。その後、Windows 10 バージョン1709の最後のバックアップを復元しようとしたところ、「イメージでシステムを回復」がエラーで失敗。でも、慌てることはありません。そのバックアップがちゃんと取れているなら、何とかなります。(2018/6/12)

レッドブル・エアレース千葉2018:
エアレースの“頭脳”、レースコントロール内部に潜入! 航空管制とジャッジはいかにして行われているのか
すごい機材と緻密なバックアップ。レッドブル・エアレースが面白い理由の1つがここに。(2018/5/30)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【最終回】
どれを買う? クラウドを活用したバックアップ/DRに役立つ製品を一挙紹介
オンプレミスのデータやシステムをクラウドへバックアップ/DRする場合、どのような製品を利用すればいいのだろうか。バックアップ/DR方式別に、製品の組み合わせを解説する。(2018/5/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10の無料のセキュリティとバックアップは信頼できるか?
Windows 10ではセキュリティとバックアップの仕組みが搭載されている。無料で手に入るこれらの仕組みは、一体どのような機能を持っているのか。そしてどのくらい信頼できるものなのだろうか?(2018/5/18)

「サイバーリカバリー」という新潮流
狙われるバックアップファイル、「復旧」まで想定した対策はできているか
ビジネスの停滞を防ぐためにはバックアップとセキュリティ対策の統合的な運用が必要になってくる。本稿では「サイバーリカバリー」という新たな考え方を紹介する。(2018/5/9)

半径300メートルのIT:
ローカルストレージはもはや「キャッシュ」? 変わりゆくバックアップの常識
クラウドサービスの進化でローカルディスクに異変が……。(2018/5/2)

Linux基本コマンドTips(204):
【 xfsrestore 】コマンド――xfsdumpで作ったバックアップを復元する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、xfsdumpで作ったバックアップを復元する「xfsrestore」コマンドです。(2018/4/27)

Linux基本コマンドTips(203):
【 xfsdump 】コマンド――XFSファイルシステムをバックアップする
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、XFSファイルシステムをバックアップする「xfsdump」コマンドです。(2018/4/26)

機械学習による「自律型データベース」:
日本オラクル、自動管理や自動保護、自動修復が特長の「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」を提供開始
日本オラクルは、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の提供を国内で開始した。簡単な設定で、自動バックアップや暗号化、パッチの自動適用が可能になる他、高可用性に対応するデータベースシステムも構築できる。(2018/4/23)

意外に難しいクラウドデータ保護
クラウドバックアップの最適解はクラウド→クラウド
クラウドプロバイダーが責任を追うのは可用性であり、データ保護はユーザー企業が行わねばならない。だが、IaaSやSaaSのデータをバックアップするのは意外に難しい。(2018/4/23)

Linux基本コマンドTips(202):
【 restore 】コマンド――dumpで作ったバックアップを復元する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、dumpで作ったバックアップを復元する「restore」コマンドです。(2018/4/20)

Linux基本コマンドTips(201):
【 dump 】コマンド――ext2、ext3、ext4ファイルシステムをバックアップする
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ext2、ext3、ext4ファイルシステムをバックアップする「dump」コマンドです。(2018/4/19)

復旧できないバックアップはいらない
バックアップ運用見直しと併せて考えたいリカバリーの信頼性向上とコスト削減
本番系がダウンした時、スタンバイサイトにアクセスできるエンジニアがリカバリーのプロとは限らない。3つの失敗パターンから常にシステムを稼働し続ける方法を探る。(2018/4/26)

「Alexa、バックアップして」はまだ夢?
2028年の「バックアップ製品」はこうなる――「クラウド」「GDPR」が変化の鍵に
技術開発が進むバックアップ製品は、2028年にはどのように進化しているのか。鍵となるのは「クラウド」と「GDPR」だ。(2018/4/13)

容量「実質無限大」のフラッシュストレージも
エンタープライズのための新クラウドストレージ活用法
管理対象データが増えるとバックアップや保管データの扱いが課題になる。GDPR対策などを考えると保管データといえどもすぐアクセスしたい。この課題を解決する方法は?(2018/4/25)

新社長はマネックス勝屋敏彦氏:
マネックス、コインチェックを36億円で買収 和田・大塚両氏は執行役員に
マネックスグループがコインチェックを36億円で買収すると正式発表。オンライン証券事業で培ったノウハウを活用し、体制改善をバックアップするという。和田晃一良社長と大塚雄介COOは退任し、新社長にはマネックス常務執行役の勝屋敏彦氏が就任する。(2018/4/6)

即時に復元できなければ仕事が止まる
ランサムウェア最悪の大流行に備えるバックアップと災害復旧(DR)戦略
組織の弱体化を狙いとするランサムウェア攻撃のリスクを緩和するため、IT部門はデータの復元にさまざまなアプローチを導入している。とはいえ最も重要なのは、復元にかかる時間の短さだ。(2018/3/27)

山市良のうぃんどうず日記(122):
フルバックアップからのWindows 10の復元が失敗!? でもそれが最後の希望だとしたら……
システムのフルバックアップ(システムイメージ)は、ディスクの物理的な故障はもちろん、ソフトウェアの問題でPCが不調になってしまったとき(Windows Updateの副作用など)、元の正常な状態を取り戻すことができる保険になります(新しいデータは一部失われます)。でも、そのバックアップからの復元が失敗するとしたら、もうどうしようもないのでしょうか。諦めの悪い筆者なら、もう少しあがいてみます。(2018/3/20)

ディスクサイズが4TBまでのVMがバックアップ可能に:
「Microsoft Azure」が大容量ディスクバックアップをサポート、バックアップおよび復元も高速化
Microsoftは「Microsoft Azure」において、大容量ディスクVMのバックアップをサポートし、バックアップおよび復元時間を短縮する一連の機能改良を行った。(2018/3/15)

Box、国内でデータ管理を完結「Box Zones Japan」提供 金融・官公庁ニーズに対応
Box Japanが、クラウドストレージサービス「Box Zones」に、日本国内で全てのデータ保管とバックアップが可能なオプション機能「Box Zones Japan」を追加。(2018/3/13)

IT担当者が安眠できる
クラウドファーストのバックアップ戦略で得たストレスレス環境
バックアップシステムに不安を抱えていた英国の貿易業者が、クラウドファーストのバックアップ製品を導入。ビジネス継続性やロックインの懸念が解消したが、彼らはそれだけでなくある努力を続けている。(2018/3/13)

バックアップは定期的に
個人データをバックアップするなら? ベストプラクティス3選
あなたのデータは安全だろうか。バックアップのベストプラクティスには、データの定期バックアップや、異なる種類のドライブとメディアの活用などがある。(2018/2/25)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第3回】
バックアップ/DRで「システムの切り替え先にクラウドを使用する」8つの方式
オンプレミスからクラウドへ「サイト間のシステム切り替え」をしたい場合に用いる8つの方式を解説する。クラウドを使ったバックアップ/DRのための製品を比較選定する際に役に立つはずだ。(2018/2/22)

アーク情報システム、利便性を高めたバックアップソフト「HD革命/BackUp」最新版
アーク情報システムは、同社製バックアップソフト「HD革命/BackUp」シリーズの最新版を発表した。(2018/2/16)

「仮想化ファースト」時代のバックアップ問題
仮想環境のバックアップ、知られていない「大規模特有の破綻リスク」と回避策
基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。(2018/2/19)

2019年までに半分以上のデータがクラウドへ
クラウドストレージ利用調査 企業の過半数がAWSを選ぶ理由は?
企業がクラウドストレージ導入に踏み切る主な理由は、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、コラボレーション用のストレージ容量の確保だ。(2018/2/7)

リアルな検証数値で分かったクラウドバックアップの実力
実用段階に入ったクラウド活用、本当の有用性を考える
クラウドが身近になってきたとはいえ、実際どこまで使えるのか。特に有用性の見極めが難しいバックアップについて、パフォーマンスを検証してみた。(2018/2/1)

SQL Serverトラブルシューティング(64):
バックアップ処理でタイムアウトが発生した(処理遅延トラブル)
本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「バックアップ処理でタイムアウトが発生した」場合の解決方法を解説します。(2018/1/22)

戻せないバックアップを取っていませんか
Windows 10担当者が喜ぶ「無料で優秀」なバックアップユーティリティーとは
バックアップと復元のツールにとって重要なのは信頼性だ。「これさえ入れれば」とはいかないが、無料でも優れた機能を提供してくれるツールは存在する。本稿では、サードパーティー製ユーティリティーを紹介する。(2018/1/21)

売れている納得の理由
「バックアップはどれも同じ」ではない、ビジネスを加速するツール選びとは
ベンダーによる長年の機能改善もあり「バックアップツールは今やどの製品も大差ない」と考える向きもあるだろう。そんな中で、企業規模を問わず注目を集める製品がある。(2017/12/28)

ランサムウェアに特化した機能とは
バックアップデータを狙ったランサムウェア攻撃が発生、データ復旧に使える製品は?
ランサムウェア攻撃は、通常のデータ損失事案とは異なる。データ保護を手掛けるベンダーの中には、それを念頭に、ランサムウェアに特化した機能を製品に搭載するところもある。(2017/12/21)

iPhone/iPadのデータをバックアップ&移行できる無料ソフト「EaseUS MobiMover Free 3.0」
EaseUS Softwareは、iPhone/iPad内にある画像、動画、音楽、連絡先などを別の端末やPCへワンクリックで移行できる無料ソフトウェア「EaseUS MobiMover Free 3.0」をリリース。iOS 11やiPhone X、iPhone 8/8 Plusに対応している。(2017/11/29)

IT部門の“クラウドベンダー化”にも貢献
バックアップ用途だからこそフラッシュストレージが輝く理由
フラッシュストレージの導入効果を引き出せるかどうかの鍵は、バックアップやアーカイブ用の「セカンダリーストレージシステム」が握っているという。それはどういうことなのか。(2017/11/27)

テープバックアップは不滅!?
NAS感覚で使える“テープNAS”で大容量バックアップ問題を解決
テープバックアップ不要論はいまだに根強いが、一方でテープの進化も着実に続いている。テープをNAS感覚で使えるようにするLTFSによって、“テープNAS”というバックアップ手段も選択肢に入ってきた。(2017/11/21)

蓄電・発電機器:
災害時も情報を止めない、テレビ局の安定稼働を蓄電池で支える
奈良テレビ放送が自社の送信所に、無停電電源装置(UPS)を導入。ソニービジネスソリューションのリチウムイオン蓄電搭載のUPSを採用した。災害などによる停電時にも、デジタル送信システムを停止させないバックアップ用の電源として活用する。(2017/11/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(45):
「Azure Backupエージェント」による「システム状態」のバックアップが正式サポート
これまでプレビュー提供だった「Azure Backupエージェント」による個別サーバの「システム状態」のクラウドへのバックアップが、正式にサポートされました。これにより、オンプレミスのActive Directoryドメインコントローラー、ファイルサーバ、IISサーバのデータとシステム構成を、追加のバックアップサーバやバックアップ装置なしで、クラウドだけで保護できるようになります。(2017/11/15)

Druva、「バックアップデータが、そのままデジタルトランスフォーメーションにつながる」
Druvaは2017年8月、統合的なデータ保護/管理の新たなクラウドサービス、「Druva Cloud Platform」を発表した。同社はこれを「業界初のData Management as a Serviceソリューション」と呼んでいるが、どういう意味なのだろうか。Druvaの製品担当バイスプレジデント、プレム・アナンサクリシュナン氏に聞いた。(2017/11/1)

トーワ電機、自動バックアップソフト導入済みの大学/研究機関向けPC“影武者”
トーワ電機は、大学/研究機関向けPC「UNIV」シリーズのラインアップに自動バックアップ機能搭載モデル「KAGEMUSYA」を追加した。(2017/10/18)

Dell EMC XCシリーズがWindows Server 2016 Hyper-Vに対応:
Dell EMC、Microsoftユーザーのサポートを強化し、複数製品をアップデート
デルとEMCジャパンはXCシリーズのデータバックアップ機能を強化した。さらに、Dell EMC Ready Bundle for Microsoft SQL Serverに、最新のサーバ機とストレージ装置を追加した。(2017/10/18)

アナログ・デバイセズ LTC4418:
40V対応のデュアル入力電源プライオリタイザー
アナログ・デバイセズは、2.5〜40Vのシステム向けデュアル入力電源プライオリタイザー「LTC4418」を発売した。ACアダプターなど優先順位の高い主電源から負荷に電源を供給するが、主電源の電圧降下や電源喪失時はバックアップ電源に切り替える。(2017/10/3)

リアルタイムの業務を「守る」仕組み
オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは
業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。(2017/9/29)

ITインフラの運用管理に関する調査レポート
導入意欲が高いクラウドバックアップサービス、その理由と懸念とは
2017年7〜8月に「ITインフラの運用管理に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、特に運用管理担当者の課題を中心に調査結果の概要をまとめる。(2017/10/2)

【期間限定】オンラインセミナー
VMwareユーザーが本気で取り組むべき「バックアップ計画の見直し方」
VMware VDP提供終了の影響は? 「直前対策」では間に合わない(2017/9/29)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第2回】
「クラウドをバックアップデータの複製先」とする場合の構成と注意点
クラウドをバックアップデータの複製先として利用する際の構成パターンと注意点を解説する。希望の構成パターンの実現可否をベンダーに確認することで、製品/サービス選定に役立てることができるだろう。(2017/9/27)

「Commvault」でNutanix「AHV」を丸ごとバックアップ
ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ
企業ITが仮想環境を前提とする中、課題となるのがバックアップ。とりわけ、注目を集める「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」では、どうすればいいのだろうか。(2017/10/17)

アクロニス、ランサムウェア防御機能も備えたバックアップソフト「Acronis True Image 2018」
アクロニス・ジャパンは、同社製個人向けバックアップソフト「Acronis True Image」の最新版を発表した。(2017/9/20)

クラウド利用にも実は必須
「テープバックアップ」はZ(ゼタ)Bを超えるといわれるクラウドのデータ保持にも有効
クラウド全盛期ともいえる現在だが、これまで使われてきた技術が急に無くなるわけではない。アーカイブで活躍していたテープも、時代に合った進化を遂げている。(2017/9/20)

GoogleドライブのAndroidバックアップは2週間使わないと2カ月後に削除される
GoogleドライブではAndroid 6.0以降搭載の端末のデータバックアップが可能だが、端末に2週間以上アクセスしないと2カ月後にバックアップが削除されることはあまり知られていないようだ。(2017/9/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。