ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サイバー攻撃」最新記事一覧

ガイドラインを発表:
スマートカーのセキュリティ、米英政府の対策は
さまざまな接続技術が自動車に搭載され始めている一方で、サイバーセキュリティ技術は十分に整っていない。米国と英国の政府は、コネクテッドカーのサイバーセキュリティに対するガイドラインを発表しているが、それらは十分なのだろうか。(2017/8/17)

何が重要か? どう提言するか?
経営者の言葉で語ればサイバーセキュリティ対策は格段に進展する
経営者の言葉で自社の営業の現状を語ると経営層はすぐに反応する。サイバーセキュリティもそれと同じだ。提言内容を経営層の言葉で考えてみよう。(2017/8/16)

AIで複雑化するサイバー攻撃、対抗できるのもまたAIか、それとも人か
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。複雑化するサイバー攻撃の現状、AI(人工知能)/機械学習、自動化、データ、人や組織体制に関するセッションを中心にレポートする。(2017/8/16)

世界を襲ったマルウェア攻撃、ウクライナ警察が容疑者逮捕
逮捕された51歳の男は、6月下旬の大規模サイバー攻撃に使われたマルウェアの拡散に関与したとされる。(2017/8/14)

キーパーソンインタビュー
Hadoopの父、カッティング氏に聞く今後のビッグデータ活用法
「Hadoop」の生みの親の1人であるカッティング氏に、現在の活動、Hadoopの今後、サイバーセキュリティとビッグデータの関係について聞いた。(2017/8/14)

最新技術よりも基本に目を向けるべし
セキュリティ“ずぶの素人”でも安全な「Windows 10」環境が手に入る“4つの基礎”
多くの企業のIT部門には、高度なサイバーセキュリティスキルを持つ優秀な人材が不足している。だがセキュリティ対策の基本を着実に実践すれば、「Windows 10」を安全に保つことが可能だ。(2017/8/10)

カルソニックカンセイ 新会社「WHITE MOTION」:
未パッチでも「停止」はできるように――過渡期ならではの「車のセキュリティ」を模索
カルソニックカンセイはフランスのサイバーセキュリティ企業であるQuarksLabとの合弁で、「車のセキュリティ」に取り組む新会社「WHITE MOTION」を設立した。サイバーセキュリティとセーフティの両立を目指すという。(2017/8/10)

IoT時代の安全組織論(3):
WannaCary騒動がもたらしたセキュリティへの「経営層の理解」をもう1段階進める
製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第3回は、日本が特に低いとされる、経営層のサイバーセキュリティに対する理解をどのように高めていくかについて説明する。(2017/8/8)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
構築例で学ぶ「ネットワーク仮想化」、導入前に知っておきたいセキュリティ知識
サイバー攻撃から自社のネットワークを守るセキュリティ対策としても導入が進むネットワーク仮想化。関連技術の中でも特に注目されている「分散ファイアウォール」を中心に、ネットワーク仮想化における重要ポイントを解説する。(2017/8/2)

欧州一般データ保護規則「GDPR」がもたらす“本当の問題”とは【前編】
GDPR適用開始で「サイバーセキュリティ保険」の保険料が増える?
EUの「一般データ保護規則(GDPR)」の適用開始まで1年を切り、その順守について真剣に取り組むべき時がきた。具体的に何をすればよいのか。(2017/7/28)

企業サイトの4割が容易に攻撃可能、CMSなどの容易なサイト構築に潜む脅威
NRIセキュアテクノロジーズは、企業の情報セキュリティ対策の実体と推奨する対策をまとめた「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017」を発表した。(2017/7/27)

GDPR対応よりも喫緊の課題でもある:
日本では“あまりにも”話題になっていない 「中国サイバーセキュリティ法」施行のリスク
デロイトトーマツサイバーセキュリティ先端研究所が、2017年6月に施行された「中国サイバーセキュリティ法」の現状を解説。日本では「同法の存在自体がほとんど知られていない」ことに警鐘を鳴らした。(2017/7/26)

調査レポートを読み解く:
産業用ロボットがハックされる!? トレンドマイクロがサイバー攻撃のリスクを検証
トレンドマイクロとミラノ工科大学は共同で、産業用ロボットのセキュリティに関する調査を実施し、産業用ロボットへの不正アクセスの可能性について検証した。その調査レポートを踏まえながら、産業用ロボットのセキュリティリスクについて、トレンドマイクロの上田勇貴氏に話を伺った。(2017/7/25)

サイバー攻撃、ライセンス違反も明日はわが身:
PR:IT資産管理の全てがここにある――ITAM World 2017レポート
仮想化、クラウドが多くの企業に浸透した近年、ITシステムは大幅に複雑化し、確実な把握・管理が年々難しくなっている。一方でサイバー攻撃はますます巧妙化し、われわれは常に甚大なセキュリティ、コンプライアンスリスクにさらされている状況だ。では一体どうすれば膨大なIT資産を確実に管理し、「攻めのIT」を支えることができるのだろうか? ITAM World 2017にその答えを探る。(2017/7/27)

FXサービス運営会社のWebサイト、情報漏えいの可能性 サイバー攻撃で
取引に必要なパスワード、マイナンバーは漏えいしていないという。(2017/7/18)

ネットワークに数年も潜伏するマルウェアも検出
情報セキュリティ侵害検知システム(BDS)の選び方、要らない機能を見極めるコツとは
サイバー攻撃を自動検出するシステムは、機械学習や人工知能(AI)が発達を続ける今日にあっては不可欠なものだ。自社のネットワーク環境に応じた、情報セキュリティ侵害検知システム(BDS)を選ぶ方法を学ぼう。(2017/7/18)

内閣サイバーセキュリティセンターが「情報セキュリティハンドブック」を電子書籍で無料配信開始 SNSとのつきあい方など
夏休みを迎える小中高校生に。(2017/7/14)

海外医療技術トレンド(26):
広がる米国の医療サイバーセキュリティ連携、製品レベルから産業全体を包括へ
米国で具体的な動きを見せていた医療機器のサイバーセキュリティ対策は、トランプ政権に移行する中で、製品レベルから医療産業全体のサイバーセキュリティエコシステム構築へと広がりつつある。(2017/7/14)

「サイバー攻撃って何?」――政府の“かわいい”ハンドブック、Amazonなどで無料公開
サイバーセキュリティの基礎知識を学べるという「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」を、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)がKindleストアなどで無料公開。(2017/7/13)

カスペルスキーは疑いを否定:
米政権、カスペルスキーのソフト調達停止 サイバー攻撃懸念で
トランプ米政権は、政府機関がハイテク機器を調達する指定業者からKaspersky(カスペルスキー)を除外した。(2017/7/12)

産業制御システムのセキュリティ:
産業用ロボットへのサイバー攻撃5つのパターンと対策
トレンドマイクロはミラノ工科大学と共同で、産業用ロボットへの不正アクセスの可能性を検証。損害を生みだす5つのパターンを確認した。(2017/7/11)

IoT時代の安全組織論(2):
ITとOTの組織連携はどうすれば進められるのか
製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第2回は、製造業にとって重要なIT(情報システム)とOT(制御システム)の組織連携の進め方について説明する。(2017/7/11)

トランプ米大統領、プーチン露大統領と合同サイバーセキュリティグループ結成で合意
ドナルド・トランプ米大統領は、7日のウラジーミル・プーチン露大統領との初会談で、選挙介入などに対処するための米露合同サイバーセキュリティ対策グループを結成することで合意したとツイートした。(2017/7/10)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第10回】
ランサムウェア被害で中小企業が倒産? 絵空事ではない事態に備える「バックアップ」
ランサムウェア「WannaCry」が世界中にもたらした混乱を考えると、中小企業がサイバー攻撃によって倒産するような事態はいずれ本当に起こるかもしれません。まずはデータのバックアップを検討しましょう。(2017/7/10)

Windows 10のセキュリティ対策に役立つツール各種
「Windows 10」がもっと安全になる“サイバー攻撃撃退”セキュリティツール24選
サイバー脅威は至る所に潜んでいる。「Windows 10」も決して例外ではなく、セキュリティ対策を強化するのに越したことはない。その目的にかなうセキュリティ対策ツールを紹介する。(2017/7/3)

FAメルマガ 編集後記:
工場がサイバー攻撃で壊滅的打撃を受ける日
Xデーはいつか。近い将来必ず来る日です。(2017/6/30)

MBRへの感染でドライブ全体を暗号化:
また世界的サイバー攻撃 WannaCry風ランサムウェア「Petya」の攻撃の発端
WannaCryと似たランサムウェア、「Petya」ファミリーを使ったサイバー攻撃がウクライナを中心に世界的に拡散している。(2017/6/29)

Petya亜種による世界サイバー攻撃、65カ国に拡大 会計ソフト更新の仕組みを悪用か
Microsoftは、ウクライナの会計ソフトの更新の仕組みが悪用され、同国から欧州に感染が広がったと推定している。(2017/6/29)

IT用語解説系マンガ:食べ超(118):
もし故郷の村をサイバー攻撃されたら?
れんがの家もサイバー攻撃にはそこそこ無力です。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2017/7/3)

端末やネットの制御・添付ファイル編集・マルチOS対応:
PR:サイバー攻撃をも防ぐインテリジェントブラウザ「DoCAN」の実力とは
スマートフォンやタブレット端末を使って企業内のシステムを利用するリモートアクセスでは、セキュリティと利便性の両立が難しい。ランサムウェアや標的型攻撃などのウイルス被害を防ぎつつ、快適に利用する――こうした目的のために開発されたのが、インテリジェントブラウザ「DoCAN」だ。セキュアブラウザと知能化ゲートウェイを一体化し、端末・ネットワーク・通信コンテンツの管理制御を実現した。(2017/6/26)

ウイルス感染:
ホンダ、狭山工場の操業を一時停止 サイバー攻撃で
ホンダは、国内外のコンピューターネットワークがサイバー攻撃を受け、乗用車アコードなどを生産している狭山工場を一時停止したことを明らかにした。(2017/6/21)

ハイテク化で事故激減 自動車の保険料さらに下がる? サイバー攻撃で遠隔操作されたら?
任意の自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」が14年ぶりに引き下げられた。背景にあるのが車のハイテク化による事故の減少だ。(2017/6/21)

最大のセキュリティリスクはやはり「人間」?
ロシアが米大統領選で地方職員にサイバー攻撃、“人の脆弱性”を悪用か
米大統領選中に発生した地方自治体職員へのサイバー攻撃は、新たな流出文書でロシアの関与が明らかになった。投票改ざんの有無は不明だが、攻撃者は地方特有の“隙”を狙ったのではないか、という見方がある。(2017/6/21)

セキュリティ対策では可視化や一元管理が重要:
PR:企業ネットワーク全体のリスクを把握し、“点”ではなく“面”での防御を実現せよ!
本格的なIoT時代を迎え、接続デバイスが急増するなど企業ネットワークは複雑化の一途をたどっている。サイバーセキュリティ対策は、従来の手法では解決が難しい重要な経営課題となった。こうした課題に対して、企業はどのような対策を施せばよいのか。最新の解決策「フォーティネット セキュリティ ファブリック」を紹介する。(2017/6/21)

ランサムウェア「WannaCry」や未知の攻撃から従業員を守る
業務に酷似したメールに震撼、大量のメール攻撃を防ぐために海遊館がとった施策
巧妙化するサイバー攻撃を、従業員個々の力量に任せて防ぎ切るのは難しい。世界最大級の水族館「海遊館」では、限られた人員でどのように従業員を守っているのか。(2017/6/19)

業務用スマホも狙う「ランサムウエア」 企業からは悲鳴も
ランサムウエアによるサイバー攻撃が今年5月、世界各地で同時多発的に発生している。手口は巧妙化する一方で、対策コスト増は悩みだ。(2017/6/16)

米政府、北朝鮮のサイバー攻撃を「HIDDEN COBRA」と命名 技術詳細を公表
米国土安全保障省などは、北朝鮮がサイバー攻撃に使っているとされるツールやインフラについての技術的詳細を公表し、対策の徹底を呼び掛けた。(2017/6/15)

Microsoft、Windows XPにも更新プログラム公開 WannaCry再発防止に向け
「一部の脆弱(ぜいじゃく)性は、政府機関によるサイバー攻撃の高いリスクを生じさせる」と判断して、既にサポートが終了しているWindows XPやWindows Server 2003向けにも更新プログラムを配信することにした。(2017/6/14)

「サイバーセキュリティ保険」を正しく理解する【第3回】
「サイバーセキュリティ保険」選びで失敗しない“3つのポイント”とは?
企業はサイバーセキュリティ保険をどのような視点で選定すべきなのか。保険料はどのような仕組みで決まるのか。詳しく説明する。(2017/6/12)

デジタルトランスフォーメーションの前提として取り組むべき:
PR:最新の仮想化技術で極める盤石のサイバーセキュリティ対策
高く跳び上がるためには、足元をよく固めておかなければならない――。デジタルトランスフォーメーションでビジネスの仕組みを変革するには、サイバーセキュリティの脅威に対するシステム耐性を高めておくことが極めて重要になる。その際の指針となるのが、経済産業省などが発している公的なガイドライン。ヴイエムウェアの仮想化技術は、セキュリティ対策にも大いに貢献する。(2017/6/12)

海外医療技術トレンド(25):
米国で具体化する輸血ポンプのサイバーセキュリティ対策
米国で具体的な動きを見せつつある医療機器のサイバーセキュリティ対策。医療機器ユーザーの視点に立ったガイドラインづくりも具体化している。(2017/6/9)

特選ブックレットガイド:
工場はこうして守れ! 製造業向けセキュリティソリューション導入の手引き
生産ラインの緊急停止――。これからは物理的なハードウェア故障だけでなく、サイバー攻撃の可能性も疑う必要があります。(2017/6/9)

鉄壁の防御からリスク最小化へ
ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか?
サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。(2017/6/8)

今後、脅威インテリジェンス基盤とそのサービスに需要増:
国内セキュリティサービス市場は2021年まで堅調、年間成長率5.6%で拡大 IDC
IDC Japanが2021年までのセキュリティ市場予測を発表。サイバー攻撃リスクやオリンピック開催を背景に堅調に推移し、2021年までにセキュリティ製品とセキュリティサービスを合わせた市場規模は1兆3000億円に達すると予測される。(2017/6/6)

AIで「悪意の回路」検知 政府と早大、IoT対応の新技術研究
あらゆるモノがインターネットにつながるIoT化が進展すれば、パソコンなどのソフトウエアに侵入するサイバー攻撃に次ぐ新たな脅威になる。(2017/6/6)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
低機能のIoTデバイスを守る方法は? 有線/無線のセキュリティ施策を解説
IoTやワークスタイルの多様化といったビジネス変革に対応できるネットワークセキュリティ対策が求められている。だが、巧妙化するサイバー攻撃に加えて、それらをカバーにするには課題が山積している。どう解決すればいいのだろうか。(2017/6/2)

IoT時代の安全組織論(1):
IoT時代の安心・安全に組織面の対応が重要となる理由
製造業がIoT(モノのインターネット)を活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第1回は、技術面以上に、なぜ組織面での対応が重要となるのかについて説明する。(2017/6/1)

PR:現状のサイバーセキュリティ対策で大丈夫? セキュリティ診断でチェック
サイバー犯罪の中身は、時代と共に変化している。先日話題になったランサムウェア「WannaCry」のように、ある日突然未知の攻撃が爆発的な勢いで増えることもある。(2017/6/1)

サイバー攻撃を偽のネットワークに誘いこむ「STARDUST」 NICTが開発
NICT サイバーセキュリティ研究室は、サイバー攻撃誘引基盤「STARDUST」を開発した。政府や企業のシステムネットワークを模した環境に誘い込み、長期に渡って挙動分析を行う。(2017/5/31)

piyokango氏に総務大臣奨励賞 ブログ「piyolog」で「セキュリティ向上に貢献」
セキュリティ情報ブログ「piyolog」のpiyokango氏などが「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」初の受賞者に。(2017/5/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。