ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

サイバー攻撃 に関する記事 サイバー攻撃 に関する質問

「サイバー攻撃」最新記事一覧

トレンドマイクロ、標的型サイバー攻撃の早期対応体制の構築を支援へ
大手企業および中央省庁向けに、標的型サイバー攻撃の早期発見や迅速な対応にあたる組織体制の構築を支援するサービスを始める。(2014/4/7)

サイバー攻撃をリアルタイムに表示する地図がかっこいい カスペルスキーが公開
“脅威にさらされている国ランキング”もリアルタイムに分かっちゃう。(2014/4/5)

調査リポートが示す最新の脅威
あなたの銀行取引を監視 注意したい8つのバンキングトロイ
銀行を狙ったマルウェアが高度化・巧妙化を続けている。そうした機能を使って、サイバー攻撃者は標的の行動をより詳細に調べているという。その実態が最新の調査リポートから明らかになった。(2014/4/7)

標的型攻撃の脅威の侵入を防ぐ製品群を投入へ、トレンドマイクロ
トレンドマイクロが2014年度の法人顧客向け事業の戦略を発表。標的型サイバー攻撃への対抗策を大幅に強化する。(2014/3/25)

五輪開催で狙われる立場に──日本政府、サイバーセキュリティ対策を強化へ
2020年の東京オリンピックに向け、日本政府は米国に比べ遅れているサイバーセキュリティ対策を強化する。(ロイター)(2014/3/24)

「次世代」とはすなわち「速さ」:
PR:ソニックウォール製品が「セキュリティをオン」にしても遅くならない理由
標的型攻撃やゼロデイ攻撃など、企業を狙うサイバー攻撃はますます高度化し、一方でリッチなWebアプリケーションや動画によって、ネットワークに掛かる負荷は増大し続けている。そんな中、企業の「盾」となる次世代ファイアウォールには、トラフィックの内容を確実にチェックしながら、ネットワークパフォーマンスに影響を与えないことが求められている。そんな矛盾する要件を両立させる、デルソニックウォールの次世代ファイアウォールの特徴を紹介する。(2014/3/17)

“スマートな防御こそが優れた攻撃”を実践
セキュリティの新常識「SIEM」の食わず嫌いはもったいない
サイバー攻撃の早期発見に役立つ「セキュリティ情報イベント管理(SIEM)」。行き過ぎたベンダーの販売戦略で毛嫌いするなど、SIEMの良さを理解している企業は多いとはいえない。実は非常にもったいない話なのだ。(2014/3/7)

ラックが24時間対応の未知マルウェア監視サービス
FireEyeのサイバー攻撃検知システムを用いて、24時間体制で不正プログラムの解析や機器の運用、緊急時の対応支援などを行うという。(2014/3/6)

セキュリティ業界、1440度(6):
CODE BLUE――日本発のサイバーセキュリティカンファレンスの価値
日本発、世界へ発信を目指した「CODE BLUE」が2014年2月に開催されました。その価値は、参加費以上に大きいものなのです。(2014/3/14)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(5):
サイバー攻撃の脅威は、サプライチェーンにどういう危機をもたらすか
法律・知財の専門家が製造業のグローバルサプライチェーンに潜む課題と対策について解説する本連載。第5回では、高まるサイバーセキュリティの脅威の中、それがサプライチェーンにどういう影響を与えるかという点を、Ernst & Young のパートナーであり、アジア・パシフィック地域のインフォメーションセキュリティリーダーを務めるマイク・トロバート(Mike Trovato)氏と、Microsoftのアジアパシフィック地域の知財部門ディレクターであるケシャブ・S・ダカッド(Keshav S Dhakad)氏の対談を通じてお伝えします。(2014/3/6)

ビットコイン銀行にサイバー攻撃、「預金」盗まれ閉鎖
Flexcoinが提供するビットコイン用オンラインストレージの「ホットウォレット」に預けられていた896ビットコインが全て盗まれたという。(2014/3/5)

日本IBM、セキュリティ問題の緊急対応サービスを提供
サイバー攻撃などのセキュリティインシデント発生時に即応するサービスを始める。(2014/3/4)

Mt.Goxが民事再生を申請 「ビットコインがなくなり迷惑かけた」とCEO
世界最大規模のビットコイン取引所「Mt.Gox」が民事再生を申請。サイバー攻撃を受け、ユーザーが預けていたビットコインほぼすべてがなくなっていることが判明したという。(2014/2/28)

「ビットコイン」発行ソフトを勝手にダウンロードさせるサイバー攻撃、日本に集中 被害6000件以上
ビットコインを無料で発行する専用ソフトを、他人のPCを遠隔操作してダウンロードさせるサイバー攻撃が昨年1月以降、日本で6000件以上も発生していることが分かった。(2014/2/17)

「サイバー・ジム」に世界から受講希望殺到 “サイバー強国”イスラエル、1日100万回の攻撃を防御
イスラエル政府は、1日100万回ものサイバー攻撃から自らを守っている“サイバー強国”だ。実践形式で対策を学べる「サイバー・ジム」には世界から受講者が殺到する。(2014/2/14)

セキュリティ業界、1440度(5):
自動車もサイバー攻撃の対象に?「Automotive World 2014」レポート
自動車の安全性といえば、「いかに事故を起こさないか」という点に着目してきました。自動車が進化するにつれ、「セキュリティ」も必要になってきたようです。(2014/2/13)

「企業内SOC」の運営を支援するソフト、EMCがリリース
サイバー攻撃や情報漏えいなどが疑われる「セキュリティインシデント」の対応プロセスを標準化し、対応時間や業務効率を改善するという。(2014/2/5)

インフラ狙いのサイバー攻撃急増、データセンターやモバイルインフラが標的に
ネットワーク事業者のインフラを狙ったDDoS攻撃やAPT攻撃が増加し、特にデータセンターは7割強で攻撃が報告された。(2014/1/30)

数年も検出されない例も
痕跡ゼロ? メモリ常駐で検出を妨害する「インメモリマルウェア」の脅威
メモリ常駐型のマルウェアを利用したサイバー攻撃が相次いで明るみに出ている。国家レベルでの関与も疑われる事例も明るみに出た。現状と対策をまとめる。(2014/1/29)

英国金融システムに一斉攻撃
「ATMは止まらない?」、疑似サイバー攻撃で銀行が試される
金融機関や金融システムに疑似サイバーを仕掛ける演習が英国で実施。「ATMが止まらないか」「金融システムの変化に対応できるか」「金融基幹と当局で適切に連絡が取れるか」などがテストされた。(2014/1/28)

Microsoft、サイバー攻撃でファイルを盗まれたと発表
Microsoftが従業員のアカウントをハッキングされ、政府当局からの要請に関連するファイルを盗まれたと発表した。(2014/1/27)

名前だけでなく、実在性証明プロセスにも大きな違いが
知らないと恥ずかしい「SSLサーバ証明書」「EV SSL証明書」の違いとは?
フィッシング詐欺などのサイバー攻撃の対策に役立つ「SSLサーバ証明書」と「EV SSL証明書」。名前が違うだけだと捉えているとしたら、それは大きな誤解だ。それぞれの特徴を整理し、「知ってるつもり」から卒業しよう。(2014/1/27)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
サイバー攻撃からソーシャルのリスクまで――情報資産を守るセキュリティ対策を考える
機密情報を狙うサイバー攻撃は先鋭化し、社員のSNS利用などによる情報漏えい事件も多い。企業を取り巻くセキュリティリスクがますます高まる中で、これからの対策にどう臨むべきか。ITmedia エンタープライズ編集部主催セミナーでは最新動向とソリューションの解説が行われた。(2014/1/23)

相次ぐ攻撃でリスク意識が上昇
金融システムを揺るがすサイバー攻撃は発生するか 警戒強める銀行
英国では、サイバー攻撃を脅威と認識する銀行が急増している。その背景には、2013年に相次いだサイバー攻撃があるようだ。イングランド銀行の調査結果から明らかになった。(2014/1/22)

FAニュース:
富士通がセキュリティ体制強化――制御セキュリティの自社実践ノウハウも提供
富士通はセキュリティに関連する製品・サービス群を体系化し「FUJITSU Security Initiative」として全社横断的に提供していくことを発表した。従来のセキュリティ製品やサービスだけでなく、自社実践に基づいたサイバー攻撃対策やコンサルティング、教育・訓練なども提供する。(2014/1/20)

標的型攻撃は人ごとではない:
ファイア・アイ、小規模環境向けにサイバー攻撃対策製品を拡充
ファイア・アイは仮想マシンベースで解析を行うセキュリティ対策製品のラインアップを拡充し、名称も一新した。(2014/1/15)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
専門家も思わず開封してしまったなりすましメールや迷惑メール
多くの人にとって身近なメールは、サイバー攻撃で最も使われる“道具”の1つ。実際に届いた「なりすましメール」や「迷惑メール」を紹介しつつ、思わず筆者も開封してしまったケースも交えて解説したい。(2014/1/10)

実益を狙った攻撃が拡大
実際はもっと深刻? サイバー攻撃に狙われる世界の主要銀行
世界の主要銀行50行のWebサイトのうち、半数以上がハッキング被害に遭っている。そうした実態が調査結果から明らかになった。銀行は果たしてどのような攻撃を受けているのだろうか。(2014/1/10)

次世代ファイアウォールなど主要8種の導入効果を解説
あらためて問う「ネットワークセキュリティ製品とは何か」
複雑化するサイバー攻撃に対処すべく、ネットワークセキュリティ製品の多様化や進化が急速に進む。ネットワークセキュリティ製品の現状は、どうなっているのか? 徹底解説する。(2014/1/9)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「情報漏えいやサイバー攻撃はバレなきゃ平気」という企業が増えるとどうなるか?
一見すると何気ないことでも、冷静になると実に不穏な感じがする出来事が身近で幾つも起きている。それはいったい、何の前触れだろうか――。(2013/12/27)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
海外のサイバー事件から占う2014年の脅威と日本
これまで2013年のセキュリティ事象から対策強化のための視点を解説してきたが、3月に韓国で発生したサイバー攻撃を分析していくと、実に恐るべき兆候が幾つもみえてくる。それは何か――。(2013/12/20)

管理と技術、経営と現場の双方を:
トーマツ、「サイバーセキュリティ先端研究所」を設立へ
トーマツは、サイバーセキュリティリスクの高まりを背景に、2014年1月に「デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所」を設立することを発表した。(2013/12/19)

トーマツ、「サイバーセキュリティ先端研究所」を設立へ
攻撃手法や対策技術の有効性などを研究するための組織を設立し、技術と人の両面からセキュリティ対策の向上に取り組むという。(2013/12/19)

導入事例:
沖縄県教育委員会、標的型サイバー攻撃検知システムを導入へ
調査でC&Cサーバへの不正通信などが見つかり、ネットワーク監視によるシステムを導入。併せて仮想サーバで稼働するWebシステムのセキュリティ対策も強化する。(2013/12/18)

ファイア・アイ、日本企業向けのセキュリティ事象即応サービスを発表
マルウェア感染やサイバー攻撃などのセキュリティインシデントに数時間以内に対応する。(2013/12/17)

国家によるサイバー攻撃の地域別特徴、FireEyeが分析
サイバー攻撃が国家レベルでも展開されつつある状況の中、地域によって攻撃の手口にさまざまな特徴がみられるという。(2013/12/16)

Enterprise Security Special セミナーレポート:
山積みのサイバーセキュリティ課題、解決に導く次のアプローチとは何か?
ITmediaエンタープライズ編集部が協力して10月22〜23日に開催されたセキュリティセミナー「2日間で習得するサイバーリスクの最前線とセキュリティの最適解」では標的型攻撃やモバイルのリスクといった企業が抱えるセキュリティ課題の解決を支援する方向性が示された。(2013/12/18)

銀行や株式市場、決済機関をテスト
「金融機関をハッキングせよ」 英国でサイバー攻撃演習が実施
英国で2年ぶりとなる対サイバー攻撃演習「Waking Shark作戦」が実施。演習には同国の主要銀行全てが参加した。執拗な攻撃に耐えられる能力が試される。(2013/12/13)

ウイルス対策ソフト4社の見解:
Android狙いは当たり前 iOSも油断ならず――2013年のスマホ脅威と未来予測
いまだ人気の衰えないスマートフォンは、サイバー攻撃者に格好の餌になっている。ウイルス対策ソフトベンダー4社が、2013年にみられたスマートフォンの脅威と2014年の予想を紹介してくれた。(2013/12/10)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第1回】
次世代ファイアウォールやWAFが“期待外れ”な6つの理由
サイバー攻撃の高度化に対処すべく、進化を続けるネットワークセキュリティ製品。だがユーザー企業は、現状のネットワークセキュリティ製品に必ずしも満足していないことが調査から明らかになった。その理由とは?(2013/12/2)

PR:ログのインテリジェンス活用からセキュリティ強化を実現する「次世代SIEM」に注目せよ!
巧妙なサイバー攻撃は発見が難しいとされるが、システムの各種ログをセキュリティ基盤強化のためのインテリジェンスとして「SIEM」で活用すれば、被害調査や問題検知を大幅にスピードアップさせることができる。マカフィーが提供する「McAfee SIEM(Security Information and Event Management)」は、その実現をサポートする新たなソリューションだ。(2013/11/28)

アズビル セキュリティフライデーやセキュアブレインが参画:
ラックが研究連携のためのフレームワーク、「一企業の努力だけでは対策は困難」
ラックは2013年11月25日、複雑化、巧妙化が進むサイバー攻撃への対策を目的に「サイバー・グリッド・ジャパン」構想を発表し、活動を開始した。(2013/11/25)

標的型攻撃の分析など、掘り下げた解析も視野に:
NICT、サイバー攻撃アラートシステム「DAEDALUS」を自治体やASEANに水平展開
情報通信研究機構は2013年11月13日、「nicter」をはじめとする、同機構が開発してきたサイバー攻撃対策技術に関する説明会を開催した。(2013/11/20)

金融業界に学ぶ、プロアクティブなセキュリティ対策【後編】
サイバー攻撃に備える「セキュリティ天気予報」とは
セキュリティ対策が大きな変化を迎えている。プロアクティブ(能動的)なセキュリティ対策を実現するためには、果たしてどのような取り組みが必要なのだろうか。(2013/11/18)

金融機関の顧客情報は格好の標的
銀行に対する最大のリスクは今やサイバー攻撃
サイバー攻撃に対する不安が日々高まっている。これはユーロ危機の不安さえも上回っており、銀行は自行を守るための対策を強化しなければならない。英中央銀行の幹部が訴え掛けている。(2013/11/12)

被害拡大を防ぐ方法をスペシャリストが解説
セキュリティインシデント発生後の初動対応の鉄則とは?
サイバー攻撃が巧妙になる中で、被害に遭うことを前提としたセキュリティ対策の重要性が増している。そこで鍵となるのが迅速な初動対応である。(2013/11/11)

ホワイトペーパー:
情報漏えいデータの96%がデータベースから。今こそRDBのセキュリティ対策が必要
大手ゲーム機器メーカーの大量個人情報漏えいもデータベースからという事実。サイバー攻撃に加え、内部犯行をどう見破るのか?金融企業でも採用が進むRDBのリアルタイム監視と機密情報漏えい防止について紹介する。(2013/11/7)

調査で分かった平均支出額
サイバー攻撃対策にいくら支払っていますか?
サイバー攻撃対策に関する平均の出費額が急上昇している。攻撃の複雑化に伴ってその対策も高度化しているのが一因だ。安全性を維持しながらもサイバー攻撃対策コストを抑えるにはどうすればいいだろうか。(2013/11/1)

導入事例:
広島県、約80拠点に標的型サイバー攻撃監視システムを導入
標的型サイバー攻撃が疑われるメールを県庁のシステムで受信し、不審な通信の発生を確認したことから、新たにネットワーク監視製品による対策を運用している。(2013/10/30)

Adobeへのサイバー攻撃、不正アクセスの影響は3800万人に
影響を受けたユーザーは当初290万人と発表されていたが、その後の調査で少なくとも3800万人に上ることが分かったという。(2013/10/30)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。