ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

サイバー攻撃 に関する記事 サイバー攻撃 に関する質問

「サイバー攻撃」最新記事一覧

Windowsカーネルへの攻撃も遮断、国産セキュリティ対策技術を開発へ
NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフト、FFRIが連携し、標的型サイバー攻撃対策の新たなサービスを開発する。(2014/12/18)

ソニー・ピクチャーズ、北朝鮮パロディ映画の公開を中止
SPEが、12月25日に全米で公開する予定だった北朝鮮の最高指導者暗殺を題材とするパロディ映画「The Interview」の公開を中止した。ネット上には同社にサイバー攻撃を仕掛けたとみられるGOPからの上映館爆破をにおわす警告メールが拡散されている。(2014/12/18)

Snapchat、ソニー・ピクチャーズ情報流出のとばっちりでCEOが怒りのメッセージ
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントへのサイバー攻撃で流出した同社CEOのメールから、CEOが取締役を務めるSnapchatの極秘情報がネット上で暴かれたことについて、Snapchatのエヴァン・シュピーゲルCEOが従業員とユーザーに向けて怒りと決意のメッセージを送った。(2014/12/18)

登録したら勧誘の電話が掛かってきたぞ→その原因は:
2014年に露見した三つの重大課題とは、ラックが今年のサイバー事件、事故を総括
内部不正が起きる日本ならではの理由は? 国家間のサイバー攻撃における本当の目的は? ラックが2014年の総括を行った。(2014/12/17)

ソニー・ピクチャーズがサイバー攻撃に反撃、盗まれた情報の流通を妨害
報道によると、新作映画や社外秘情報を盗まれたソニー・ピクチャーズが、ダウンロードを阻止するためにAWSを使って反撃に出たという。(2014/12/12)

ワンタイムパスより便利? 「スマホ認証」、常陽銀行がネットバンクに採用した新機能
サイバー攻撃での被害額が急増する中、金融機関はネットバンクサービスの安全性と利便性を高めるため、どんな対策を進めているか。常陽銀行がシマンテックの新機能「VIP Access Push」を導入した。(2014/12/11)

2015年に予測されるセキュリティの脅威、9つ
2014年後半も新規マルウェアやサイバー攻撃が激増しており、マカフィーはこうした実態をもとに2015年のセキュリティ脅威を予測する。(2014/12/11)

「サイバー攻撃は当社の対策を超えた」 苦戦する企業実態が浮き彫りに
米IBMによる調査ではサイバー攻撃の高度化によって、セキュリティ責任者の60%近くが課題を抱えていると答えた。(2014/12/11)

標的型サイバー攻撃対策の米Lastline、日本法人を設立
サンドボックスによる攻撃検知に特化したLastlineが日本法人を設立し、新たに2社と業務提携を行った。(2014/12/10)

ソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃は組織的かつ計画的 「前代未聞の犯罪」
ソニー・ピクチャーズへの大規模サイバー攻撃を調査している専門家は、組織的なグループによって十分な計画の下で実行された前代未聞の犯罪だと指摘している。(ロイター)(2014/12/9)

ソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃、過去の事件と多くの共通点も
攻撃に使われたマルウェアには、中東や韓国での攻撃に使われたマルウェアと多くの類似性が見つかったという。(2014/12/5)

世界16カ国の重要インフラにサイバー攻撃、航空保安情報など盗む
16カ国で主に航空・運輸、エネルギー、石油、ガス、通信などのインフラ企業や政府機関が狙われていた。(2014/12/3)

ソニー・ピクチャーズ、サイバー攻撃で新作映画が流出
「フューリー」や「アニー」などの新作映画がファイル共有サイトで大量にダウンロードされているという。(2014/12/2)

ソニー・ピクチャーズの未公開映画がWebに流出 サイバー攻撃と関連か
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの社内ネットワークが不正侵入されたと報じられる中、同社の未公開映画のコンテンツが複数のBitTorrentサイトに不正にアップロードされた。(2014/12/1)

ソニー・ピクチャーズにサイバー攻撃、「北朝鮮が関与」の見方も
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの社内ネットワークが不正侵入され、Twitterアカウントの乗っ取りや情報流出などの被害が発生しているという。(2014/12/1)

Siemensの産業制御システムに深刻な脆弱性、サイバー攻撃も発生か
「SIMATIC WinCC」などの製品に極めて深刻な脆弱性が見つかった。この脆弱性が悪用されている形跡があり、悪用コードが出回っている可能性もあるという。(2014/11/28)

標的型サイバー攻撃の痕跡を調べるサービス、トレンドマイクロが提供
新サービスではサイバー攻撃の侵入経路を過去に遡って追跡し、脅威の侵入元を特定できるよう支援する。(2014/11/27)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
情報セキュリティはガバナンスの一部――グループ企業全体としてのガバナンスが重要
「第28回 ITmedia エグゼクティブフォーラム」の基調講演に、デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 所長の丸山満彦氏が登場。「グローバル・ガバナンス強化とセキュリティ」と題し、これからの企業のグローバルセキュリティのあり方について講演した。(2014/11/26)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
欧州にみるIoT活用とリスク管理への挑戦
IoT(モノのインターネット)から生まれるビッグデータを活用したイノベーションが進む一方、プライバシー/個人情報管理、サイバーセキュリティなど、リスク管理上の課題も広がりつつある。厳格なプライバシー保護政策で知られる欧州諸国はどのように対応しているのだろうか。(2014/11/26)

国内5組織で7件のサイバー攻撃、メールのやり取りでウイルス感染
IPAが確認したのは約1年ぶりといい、過去の事案と同一の攻撃者である可能性が疑われる。(2014/11/21)

SDNフラッシュ
SDN活用でサイバー攻撃を“自動防御”――NECとトレンドマイクロが共同開発
SDNのセキュリティへの活用、定評あるSDNソフトウェアのオープンソース化など、10〜11月のSDNをめぐる最新事情を紹介。(2014/11/20)

NECとトレンドマイクロ、SDN型サイバー攻撃対策ソリューションを共同開発
NECとトレンドマイクロはSDN対応製品とセキュリティ製品を連携させ、サイバー攻撃を自動防御するソリューションを共同開発する。(2014/11/18)

本格サイバー攻撃の前触れか、米国務省のメールシステムも標的に
米政府機関を狙った一連の攻撃は、独立系または国家が関与するハッカー集団による「偵察段階」の攻撃かもしれないと専門家はみる。(2014/11/18)

ビル管理室からサイバー攻撃も セキュリティ対策が急がれるインフラシステム
セキュリティ対策はオフィスのコンピュータでは普及しているものの、ビルや工場などの管理システムでは遅れがちだといわれる。対策の手薄なシステムが乗っ取られ、サイバー攻撃の踏み台にされる事態が起き始めているようだ。(2014/11/15)

米機関で続く深刻なサイバー攻撃、衛星データ受信に障害発生
今度は米海洋大気局(NOAA)に対するサイバー攻撃が発覚し、過去数週間の間にNOAAの4つのWebサイトがハッキングされたと明らかにした。(2014/11/14)

「一太郎」悪用のサイバー攻撃再び、国内組織が標的に
ワープロソフト「一太郎」に新たな脆弱性が見つかり、この脆弱性を悪用してコンピュータを遠隔操作しようとする攻撃が発生している。(2014/11/13)

McAfee FOCUS Japan 2014 Report:
情報武装でサイバーの脅威を見逃さない――マカフィーがセキュリティ対策の新基盤
企業や組織におけるサイバーセキュリティが大きな課題となる中、マカフィーはセキュリティ対策製品の密な連携と情報の共有・活用を通じて、サイバー攻撃などの脅威を瞬時に検知・遮断する仕組みを発表した。(2014/11/13)

McAfee FOCUS JAPAN 2014:
2014年の10大セキュリティ事件ランキング――1位はベネッセの情報漏えい
マカフィーが国内ユーザーを対象に、2014年に起きたセキュリティ事件の認知度調査を実施。今後増加が予想されるサイバー攻撃についても言及した。(2014/11/12)

セキュリティ対策をつなげて迅速防御、複雑な脅威にソフォスが一手
法人向け事業が中心のソフォスは、標的型サイバー攻撃のような高度なセキュリティの脅威へ効果的に対処できるようにしていくという施策を明らかにした。(2014/11/11)

米郵政公社にサイバー攻撃、職員80万人の個人情報が流出か
米紙Washington Postはこの事件について、中国政府の関与が疑われると報じた。(2014/11/11)

サイバーセキュリティ基本法が成立
サイバー攻撃への対応に国が責務を持つとした「サイバーセキュリティ基本法」が成立した。(2014/11/6)

「もうIT部門だけの課題でないと知るべき」PwCが提言:
日本企業のセキュリティ意識は「水準以下」──経営層が、IT部門が、今すぐすべきこと
日本企業は「役員クラスの情報セキュリティリーダーを置くべきだ」。サイバーセキュリティに関する世界規模のオンライン調査で、日本企業、特に経営層のセキュリティ意識が水準以下であることが分かった。経営層とIT部門は今後、何を考えるべきか、PwCが提言した。(2014/11/5)

McAfee FOCUS 2014 Report:
サイバー攻撃ばかりでマヒ? 「未知」の脅威を「既知」に変える対策システムが登場
定義ファイルだけのセキュリティ対策はもう通用しないといわれる。この現状を打開するという対策手法をMcAfeeが披露した。鍵となるのは“怪しげな動き”だという。(2014/10/30)

標的型サイバー攻撃対策市場が急成長 今後の行方は?
IDC Japanによれば、2013年の同市場では特に製品分野が前年比155.8%の急成長を遂げた。(2014/10/23)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
政府や重要インフラへの攻撃から日本を守るサイバーセキュリティ戦略
「第31回 ITmedia エグゼクティブセミナー」の特別講演に、内閣官房 情報セキュリティセンター 内閣参事官の三角育生氏が登場。「我が国のサイバーセキュリティ政策について」をテーマに講演した。(2014/10/22)

官公庁や重要インフラ企業でLANの防衛演習がスタート
総務省による官公庁や重要インフラ企業のLAN管理者を対象としたサイバー攻撃の防衛演習が始まった。(2014/10/21)

サイバー攻撃の今、昔(後):
サイバー攻撃から“身を守る”手法、その歴史を知る
後編では、サイバー攻撃による脅威への対策としてセキュリティベンダーが取り組んできた、さまざまな技術の進歩を追いかけます。(2014/10/21)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「当社をサイバー攻撃してくれないかなぁ」 コスパ企業の担当者が漏らした本音
セキュリティ分野の仕事をしていると、しばし経営者から「今期の情報セキュリティの実績はどう?」と聞かれる。経営視点での評価軸は1つだけではないはずだが、なぜか数字だけで考える経営者は少なくない。(2014/10/17)

ITpro EXPO 2014 Report:
「標的型攻撃を見つける、止める」先端的手法の出展相次ぐ
巧妙化する標的型サイバー攻撃での情報漏えいリスクが高まる中、攻撃へのスピーディーな対応を可能にしていく新たなセキュリティ技術や製品が登場した。(2014/10/15)

「Heartbleed」よりもココ――サイバー攻撃者が狙う多国籍企業の弱点
シスコによれば、セキュリティリスクでは標的型攻撃などインパクトの大きな脅威が注目される。しかし、実際には企業内の「脆弱なリンク」が問題になる。(2014/10/8)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバー攻撃は現実の脅威――ヤフーだけが特別ではなくすべての会社が対象
「第31回 ITmedia エグゼクティブセミナー」の基調講演に、ヤフー 社長室 リスクマネジメント室 プリンシパルである高元伸氏が登場。「セキュリティリスクをどう管理する その対策は何故するのか」をテーマに講演した。(2014/10/8)

JPMorganへのサイバー攻撃、7600万世帯と700万社の情報が流出
米金融大手のJPMorgan Chaseが今夏受けたサイバー攻撃で、約7600万世帯と約700万社の顧客情報が流出したことを明らかにした。(2014/10/3)

香港の民主派活動にサイバー攻撃? iOSの高度なマルウェア出現
この攻撃には国家が関与しているとセキュリティ企業のLacoonは推定する。国境を越えて個人や外国企業、政府機関が狙われる可能性もあるとした。(2014/10/2)

サイバー攻撃の今、昔(前):
脅威の変遷から見たサイバー攻撃の今、昔
サイバー攻撃の目的、対象、手法は時代とともに変わります。本記事ではサイバー攻撃の今昔を比較することで、脅威のこれからを考えます。(2014/10/2)

シグネチャで防げないマルウェアは、独自の仮想実行環境で検知:
PR:未知の脆弱性を悪用した標的型攻撃を確実に防御するファイア・アイのテクノロジ
サイバー攻撃には、最先端の技術で対応すべし。これまでの製品では回避されてしまうような攻撃も、ファイア・アイの「MVXエンジン」と「DTIクラウド」なら止められるのだ。(2014/10/1)

2014年度上半期 サイバーセキュリティ脅威の総まとめ
IT担当者の背筋を凍らせた「あの出来事」を振り返る
サイバー攻撃の脅威は以前にも増して深刻化し、被害も甚大になっている。脅威に備えるにはまず実態を知ることが第一歩。2014年度上半期に起こったセキュリティ関連のトピックを振り返りつつ、防御策を考える。(2014/9/30)

潜入ルポ:
マルウェアでブラックアウトの衝撃 インフラを狙うサイバー攻撃を体験してみた(後編)
不正プログラムや悪意を持った人間の行為で制御系システムに問題が起きると、社会がパニックに陥る事態になりかねない。制御系システムのセキュリティ対策を牽引する宮城県の制御システムセキュリティセンターの「CSS-Base6」ではそんなサイバー攻撃の怖さを体験できる。(2014/9/24)

潜入ルポ:
防衛隊も納得? 日本のインフラを守るセキュリティ技術の現場に行ってみた(前編)
ウイルス感染でオフィスビルや発電所が大惨事に!? まるでSF映画のようなシーンが現実に起こり得る状況になってきた。社会インフラシステムを守るサイバーセキュリティ技術の最前線ではどんなことが行われているのだろうか。(2014/9/22)

「9月18日」恒例のサイバー攻撃は下火? 週末も要注意
恒例となっている日本に対する「9月18日」のサイバー攻撃は、今年は下火だったようだ。ただ、攻撃者が休日に活動する可能性もあるという。(2014/9/19)

日本を狙うサイバー攻撃で注意喚起、不審なメールや対策状況の確認を
FireEyeが中国を発信源とする2種類の標的型サイバー攻撃に関する情報を公開した。2つの攻撃に数多くの共通性がみられるという。(2014/9/19)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。